古典ながら独創的。タグ・ホイヤーのモナコ、その重厚な背景に惚れる

古典ながら独創的。タグ・ホイヤーのモナコ、その重厚な背景に惚れる

1969年の誕生以来『タグ・ホイヤー』のアイコンとして長年愛され続けている、角型フォルムが特徴の「モナコ」。ここでは圧倒的な存在感を持つ「モナコ」の魅力に迫ります。

夏目 文寛

2020.07.13

タグ・ホイヤー(TAG HEUER)
腕時計

『タグ・ホイヤー』の「モナコ」は、唯一無二の腕時計だ

角型時計は数多あれど、その中でも「モナコ」はもっとも有名なモデルの1つといって過言ではありません。今から半世紀も前、1969年に誕生した「モナコ」ですが、特徴的なスクエアケースとスポーティな文字盤のテイストはそのまま現行モデルに継承。時計好きなら一度は所有したいと思う名品です。モータースポーツと深く関わってきた歴史から、生粋のスポーツウォッチと思われがちですが、現行モデルは高級感ある仕上げが施され、オンスタイルにも馴染む汎用さが魅力。そんな「モナコ」について徹底的に掘り下げます。

“世界初”の自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載した角型モデル「モナコ」

「モナコ」が登場した1969年は、腕時計の歴史にとって重要な年。この年、世界で初めて自動巻きクロノグラフが生まれたのです。「クロノマティック」(キャリバー11)と呼ばれるこのムーブメントは、『ブライトリング』『ハミルトン』『タグ・ホイヤー』(当時は『ホイヤー』)、そして『デュボア・デプラ』が連合して作り上げたモノ。『デュボア・デプラ』はクロノグラフを作るムーブメントメーカーであって腕時計の完成品メーカーではないので、それ以外の3ブランドからそれぞれ、自動巻きクロノグラフ搭載モデルが発売されることになります。そして『タグ・ホイヤー』が世界初の自動巻きクロノグラフ搭載モデルの1つとして発表したのが「モナコ」だったのです。

世界初の先進的なムーブメントを「モナコ」に搭載するにあたって、『タグ・ホイヤー』はスクエア型という、当時のクロノグラフでは斬新なフォルムのケースを採用します。さらにリューズを通常とは反対の9時位置に配置、左手に着けたときに右手で操作しにくい位置にあえてリューズを配置することで、もはや手動でゼンマイを巻き上げる必要がないことをアピールしました。

当時、技術的に角型で実現するのは非常に困難とされていた防水仕様で発売されたのも話題を呼びました。これによって、「モナコ」は“世界初の自動巻きクロノグラフを搭載した角型の防水時計”としても時計史にその名を永遠に刻むことになったのです。

初めからヒット作ではなかった、「モナコ」の過去から現在

レーシングシーンと馴染みが深い『タグ・ホイヤー』。この「モナコ」の名もF1のモナコグランプリが由来となっています。多くの世界初を搭載して華々しく登場した「モナコ」ですが、発売当初の売り上げは芳しいものではありませんでした。角型のフォルムが斬新すぎたこと、革新的な機構ゆえムーブメントの価格が割高だったこと、そしてスイス時計界を襲ったいわゆる“クォーツショック”が主な原因です。

そんな低迷期を経て、「モナコ」を一躍有名にしたのが、アメリカの名優スティーブ・マックイーン氏。マックイーン氏がレーサー役を演じた自身の代表作『栄光のル・マン』(1971年公開)で、「モナコ」を装着したのです。もともと『タグ・ホイヤー』はモータースポーツと縁が強いブランドですが、劇中に採用されたことでレーシングファンの支持を集めただけでなく、知名度を上げることにも成功しました。とはいえ、当時はクォーツ式が一世風靡。いくら革新的だったとはいえ、伝統的な機械式ムーブメントを搭載した「モナコ」は'70年代に生産中止になってしまいます。しかし、'90年代に入るとスイスを中心として機械式を主力とするブランドが復活。そして1998年、ついに「モナコ」も復刻されることとなりました。

『タグ・ホイヤー』の「モナコ」で押さえておくべきは、3つのムーブメント

1998年に復刻されたのが、「モナコ キャリバークロノグラフ」です。こちらは'70年代の「モナコ」を元にした右リューズモデルで、オリジナルとは異なるもののムーブメントには当時と同じ名のキャリバー12を搭載していました。また2009 年には、誕生40周年を記念してオリジナルに忠実な左リューズモデルを復刻。搭載ムーブは初代搭載モデルと同じキャリバー11の名を冠しました。そして50周年になる2019年には、『タグ・ホイヤー』の上位機種に搭載される自社ムーブメントのホイヤー02を搭載した「モナコ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ」を発表。これにより『タグ・ホイヤー』にとって、「モナコ」は完全なる看板モデルとなったのです。

ムーブメント1スティーブ・マックイーン氏への憧憬。キャリバー11で叶える男のロマン

2009年に限定で登場した左リューズモデルは、2015年に現行モデルとして再登場。現在に至るまで「モナコ」のアイコンモデルとして存在感を放っています。搭載するキャリバー11は、1969年に誕生した世界初の自動巻きクロノグラフにちなむもの。仕様はブラッシュアップされていますが、クロノグラフのパーツはオリジナル同様『デュボア・デプラ』製を採用しています。バーインデックスが水平に配置された左リューズモデルはオリジナルよりエレガントで高級感溢れる仕上げになっていますが、スポーティなパンチングレザーベルトやレッドクロノグラフ針の採用によってレーシーな雰囲気はそのまま再現されています。

ムーブメント2実用性で選ぶならこちら。右リューズ仕様のキャリバー12

1998年に復活したモデルの現行がこちら。1970年代に登場した右リューズモデルで、搭載ムーブメントは当時と同じ名のキャリバー12。このキャリバー12は、上で紹介した現行左リューズモデルに搭載されたキャリバー11とリューズ位置が異なるだけで、ほぼ同スペックといっても差し支えありません。腕時計は左腕に着ける、という人にとっては、リューズが右に配置されているほうが操作性は高いのは確か。実用性は左リューズモデルより上といえるでしょう。しかも、上記モデルより定価で10万ほど安価なのも魅力です。

ムーブメント3クロノグラフムーブメントとしてさらなる進化を遂げた、ホイヤー02

『タグ・ホイヤー』が誇る自社開発ムーブメント・キャリバー02を搭載した「モナコ」が、誕生50周年の2019年に発表されました。このキャリバー02の最大の特徴は80時間のパワーリザーブ。一度ゼンマイが最大まで巻き上がると3日以上も駆動し続けるなど、抜群の実用性を誇ります。また、オリジナルに存在したクロノグラフの12時間積算計を復活させたことも大きなトピックです。腕時計にロマンを求めるなら、非常にうれしいディテールです。

デザインバリエーションが豊富な『タグ・ホイヤー』の「モナコ」

「モナコ」は上で紹介したように異なるムーブメントを搭載した3モデルをベースに、限定モデルなどさまざまなバリエーションが存在します。ここで、個性を表現するのにうってつけなそんなモデルたちをご紹介します。

モデル1モナコ クロノグラフ スティーブ・マックイーン

スティーブ・マックイーン氏が映画『栄光のル・マン』の劇中で着用していたレーシングスーツのデザインを、時計の文字盤に落とし込んだのがこちらのモデル。ムーブメントは、もちろん左リューズのキャリバー11を搭載。ストライプの文字盤は非常にスポーティなイメージですが、トリコロールカラーでまとめられた配色は同時に爽やかさも醸し出しており、きれいめな装いにもマッチします。

モデル2モナコ クロノグラフ クラブモナコ

F1モナコグランプリを主催する「モナコ自動車クラブ」とパートナーシップを記念して作られた限定1,200本のスペシャルモデル。ブルーが基本の「モナコ」の文字盤カラーをブラックに変更し、針やステッチにオレンジの挿し色を投入したことでよりレーシーな雰囲気を増幅しています。6時位置には「モナコ自動車クラブ(ACM)」の紋章があしらわれているのもポイントです。

モデル3モナコ キャリバー11 ガルフ

「モナコ」といえばスティーブ・マックイーン氏というイメージが強いですが、こちらの1本もそんな固い結びつきを象徴するモデルです。映画『栄光のル・マン』でスティーブ・マックイーン氏が搭乗するポルシェ917のカラーリングをあしらった文字盤は、ひと目見ただけでレーシーな雰囲気を印象づけます。ちなみにこのライトブルーとオレンジの組み合わせは、スポンサーだったガルフ石油のコーポレートカラーです。ムーブメントにはキャリバー11を搭載し、マックイーン氏が着用したのと同様に左リューズ仕様。さらにはバーインデックスも水平に配置され、オリジナルの雰囲気も満点です。

高級時計界の登竜門。タグ・ホイヤーを知りたいなら

高級時計界の登竜門。タグ・ホイヤーを知りたいなら

『ロレックス』『オメガ』と並び、スイスの名門ブランドとして知られる『タグ・ホイヤー』。高級時計の登竜門ともいえる同ブランドの魅力をとことん掘り下げます。

夏目 文寛

本物のダイバーズウォッチ。タグ・ホイヤーのアクアレーサーが持つ魅力

本物のダイバーズウォッチ。タグ・ホイヤーのアクアレーサーが持つ魅力

『タグ・ホイヤー』といえば誰もが、希代の名作「カレラ」を想起します。しかし、ブランドの入門機としても人気の高い「アクアレーサー」も忘れてはいけません。

TASCLAP編集部

タグ・ホイヤーが誇る名作。カレラの魅力とラインアップ

タグ・ホイヤーが誇る名作。カレラの魅力とラインアップ

高級時計の1つに数えられる『タグ・ホイヤー』。なかでも多くの男性から支持される人気モデル「カレラ」の魅力とともに、同モデルの豊富なバリエーションを公開する。

菊地 亮

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

出版社勤務時にはファッション誌、モノ情報誌の編集を15年にわたって従事。各雑誌で編集長を歴任し、2017年よりフリーの編集者に。男の嗜好品に詳しく、特に腕時計は機械式の本場スイスをはじめとするヨーロッパに何度も取材に行くほど情熱を傾けている。興味のない人にもわかりやすく!がモットー。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    多忙なビジネスマンにとって、電池交換の手間もかからず常に正確な時間を表示するソーラー電波時計は心強い味方。信頼度の高い日本のブランドから、名品を厳選しました。

    牟田神 佑介

    BACK