ビルケンシュトックの新顔・KYOTOとは。着物モチーフの1足を読み解く

ビルケンシュトックの新顔・KYOTOとは。着物モチーフの1足を読み解く

『ビルケンシュトック』といえば世界の都市名を冠したサンダルが有名ですが、待望の新作は日本が世界に誇る京都を着想源にした「KYOTO」。そんなNEWモデルの魅力をご紹介!

2020.08.11
SHARE
記事をお気に入り
遠藤 匠

執筆者

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。 記事一覧を見る
...続きを読む

本コンテンツはTASCLAPが制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

『ビルケンシュトック』の新定番。履き心地にも優れる「KYOTO」

『ビルケンシュトック』の新定番。履き心地にも優れる「KYOTO」

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

サンダルにこだわりを持って選んでいる人なら、ボストン、フロリダ、アリゾナ、リオ、といった都市名を聞いて、すぐに『ビルケンシュトック』の名作が思い浮かぶのではないでしょうか。そんな名作群の新メンバーとしてお目見えしたのが、ずばり「KYOTO(キョウト)」というモデルです。その名の通り、伝統ある京都という街を感じさせる作り込みがなされているわけですが、デザインとしてはダブルストラップで甲部を包み込む「チューリッヒ」をベースにしているのだとか。ちなみに、日本の都市名が採用されるのは、34年前の「トキオ」以来のこと。果たして、『ビルケンシュトック』の目線で見た京都は、どのようなディテールに落とし込まれているのでしょうか。気になるその全貌を見てみましょう。

サンダルの大定番。ビルケンシュトックの選び方と押さえておきたい人気モデル9選

サンダルの大定番。ビルケンシュトックの選び方と押さえておきたい人気モデル9選

PICK UP

おしゃれで快適、が新基準。リピーター続出の“スニーカーライク”な進化系革靴を履こう

SPONSORED by アシックス商事

PICK UP

1着で4通り以上の使い方!? 平日から週末まで、“変幻自在アウター”をとことん着回そう

SPONSORED by ブラックレーベル・クレストブリッジ

見た目ははんなり、でもフィット感は満点。「KYOTO」の特徴とは

見た目ははんなり、でもフィット感は満点。「KYOTO」の特徴とは

「KYOTO」というモデルを特徴付けるディテールといえば、“着物の襟合わせ”をイメージしたアッパーのデザイン。もちろんこれは京都という古都の風土を感じさせる意匠なのですが、スエードとヌバックという風合いの異なる革をまさしく和装のように左右から重ね合わせる設計で表現されています。そんな和を感じさせるデザインでいつもの“ビルケン”とひと味違う足元を演出できるわけですが、ブランドの持ち味である足にやさしい作りは健在。解剖学に基づいて設計された立体的なフットベッドは、履き込んでいくと足裏の形状に自然と馴染むコルク製です。ちなみにこのフットベッドのコルクは、原木を伐採せずに採取できるサステナブルなモノ。つまり、足にも自然にもやさしいサンダルなんですね。EVA樹脂を採用したアウトソールもお馴染みのモノで、確かなグリップ力を発揮してくれます。

見た目ははんなり、でもフィット感は満点。「KYOTO」の特徴とは 2枚目の画像

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

着物の前合わせのように左右の革を重ね合わせる「KYOTO」のアッパーには、他のサンダルにはない工夫が盛り込まれています。実はこの左右の革は、よくあるストラップやバックルではなく、面ファスナーで留めるようになっているんです。面ファスナーは無段階でフィット感を調節できるので、個人差のある足の形状や厚みにアジャストしながら、自然なフィッティングを得ることが可能。一段上の快適さを味わえるのです。

グッと上品に。『ビルケンシュトック』の「KYOTO」はこう履きこなす

さて、「KYOTO」の魅力がわかってきたら、今度はその着こなし方も気になりますよね。実はこのサンダルの配色は、『ビルケンシュトック』の他のサンダルにも採用されているトープ、ネイビー、サンド、デザートセージといった定番色に、新色のウルトラブルーを加えた全5色がラインアップされています。足の甲部が露出し過ぎないデザインのおかげでサンダルながら品良く履ける「KYOTO」ですが、色によってちょっとした印象の違いを演出できるので実際のコーデで見ていきましょう。

着こなし1

爽やかなブルーを生かし、ひと味違うジャケットスタイルに

爽やかなブルーを生かし、ひと味違うジャケットスタイルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーに染まった「KYOTO」は、まるで紺ブレのごとくクリーンな印象を発揮。なので、ネイビー系のテーラードジャケットにもすんなり馴染んでくれます。総柄パンツのクセの強さも中和してくれるので、こんな風にサンダルの色で上下を合わせれば上級者感のある着こなしを楽しめます。

着こなし2

トープは茶系でまとめてあげるとグッとシックに

トープは茶系でまとめてあげるとグッとシックに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

力が抜けて見えるのにどこか落ち着き感もあるトープ。例えばパンツとTシャツを同じようなアースカラー系のトーンでまとめあげることでシックさが際立ち、あざとく見えないワントーンに仕上げることができます。ワイドパンツのリラックス感も自然と引き立てることが可能。パンツの丈感は、サンダルがしっかり見える9分丈がバランス良し。

着こなし3

ウルトラブルーは淡青合わせで清々しさ増量!

ウルトラブルーは淡青合わせで清々しさ増量!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーよりも発色が鮮やかで、清々しさを感じさせるウルトラブルー。ライトブルーのTシャツのように清潔感溢れる配色でコーデを作ってあげると、見た目はもちろん、自分自身も爽やかな気分になれそうです。ちなみにサンダルにちょっぴりボリューム感があるので、Tシャツはジャストサイズよりビッグシルエットが好相性です。

PICK UP

今ビジネスマンが指名買い。あの“売れ筋メガネ”の限定モデルがお仕事コーデを格上げする

SPONSORED by ポリス

PICK UP

袖ありかベストか、それが問題だ。タイオンに学ぶ“使える”インナーダウンの選び方

SPONSORED by タイオン

『ビルケンシュトック』の「KYOTO」。全5色をピックアップ

コーデの楽しみ方も押さえたら、次のステップは自分好みのカラーを選ぶこと。5色それぞれで微妙に印象が異なるうえ、それぞれ相性の良い色も違うので、手持ちの服やこれから手に入れようと思っている服を踏まえて選ぶのも必要といえそうです。

1足目

ウルトラブルー

ウルトラブルー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

夏の海にも青空にも抜群に映える、とびきり鮮やかな発色が目を引くウルトラブルー。他の色と同じく、アウトソールの配色まで統一されているので、印象的な色がなおのこと際立って見えます。この写真のように、ホワイトジーンズとの合わせで清潔感を印象付けるコーデにもトライしてみたいですね。

2足目

サンド

サンド

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベージュ系でも少し赤みがかった色調なのが、このサンド。ヌバックやスエードといった起毛革が映える色合いで、肌馴染みの良い色でもあります。リラックスした印象のカラーなので、色落ちしたブルーデニムや黒デニムと合わせても雰囲気良く履けそうです。

3足目

トープ

トープ

トープは、ベージュ基調の少しくすんだような色合いが特徴的。良い意味で土っぽい配色なので、オリーブ色のカーゴパンツや迷彩系のカーゴショーツといったミリタリー系のパンツにもスッと馴染んでくれます。サンドよりも赤みが抑えられている分、大人っぽさを出しやすい色といえそうです。

4足目

ネイビー

ネイビー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベージュ系だとカジュアル過ぎて合わせにくい、という方は、万能色のネイビーならトライしやすいはず。濃紺デニムはもちろん、ダークトーンのジャケットとも相性が良く、サンダル特有の脱力感が抑えめのコーデに仕上げられます。他のカラーと違い、フットベッドの色とのコントラストによってちょうど良い抜け感も演出できています。

5足目

デザートセージ

デザートセージ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

このデザートセージは、『ビルケンシュトック』公式オンラインショップの限定色として制作されたモノ。淡色でほんのりグリーンがかった独特の色合いが特徴で、他の定番サンダルでも着用率の高いトープやサンドとの違いを出したいときに、このまろやかな配色が活躍してくれそうです。

サンダルの人気ブランド完全網羅。メンズが押さえておくべき鉄板20選

サンダルの人気ブランド完全網羅。メンズが押さえておくべき鉄板20選

4,000円台からのビルケンシュトック。EVAシリーズが機能的でお買い得

4,000円台からのビルケンシュトック。EVAシリーズが機能的でお買い得

ビルケンシュトック屈指の人気者。チューリッヒの魅力と今どきコーデ術

ビルケンシュトック屈指の人気者。チューリッヒの魅力と今どきコーデ術

説明不要のロングセラー。ビルケンシュトックのボストン

説明不要のロングセラー。ビルケンシュトックのボストン

この記事の掲載アイテム一覧(全4商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ビルケンシュトック』KYOTO ウルトラブルー
    『ビルケンシュトック』 KYOTO ウルトラブルー
  • 『ビルケンシュトック』KYOTO サンド
    『ビルケンシュトック』 KYOTO サンド
  • 『ビルケンシュトック』KYOTO ネイビー
    『ビルケンシュトック』 KYOTO ネイビー
  • 『ビルケンシュトック』KYOTO デザートセージ
    『ビルケンシュトック』 KYOTO デザートセージ

掲載アイテムをもっと見る(-8商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

1着で4通り以上の使い方!? 平日から週末まで、“変幻自在アウター”をとことん着回そう

オンとオフの境界線がなくなりつつある今、必要なのはどちらにも対応するアウター。そこで出番となるのが『ブラックレーベル・クレストブリッジ』が誇る二大アウターです。

SPONSORED by ブラックレーベル・クレストブリッジ

続きを読む

袖ありかベストか、それが問題だ。タイオンに学ぶ“使える”インナーダウンの選び方

冬に欠かせないインナーダウンですが、なかでも抜群の品質を誇る『タイオン』は鉄板の選択肢。ジャケット&ベストの両型が揃うので、各々の特性を把握しつつ選びましょう。

SPONSORED by タイオン

続きを読む

おしゃれで快適、が新基準。リピーター続出の“スニーカーライク”な進化系革靴を履こう

革靴は重くて硬い……そんな常識は『テクシーリュクス』には当てはまりません。正統派の顔付きながら、軽くてしなやかな履き心地。進化系革靴が多大な恩恵をもたらします。

SPONSORED by アシックス商事

続きを読む

今ビジネスマンが指名買い。あの“売れ筋メガネ”の限定モデルがお仕事コーデを格上げする

見た目の印象は信頼につながる大事な要素。なかでも顔周りは特に気を使っておきたいポイントです。今こそ『ポリス』のメガネを有効活用して、デキる男を演出しませんか?

SPONSORED by ポリス

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP