ワークウェアスーツに注目。WWSのマストハブと多彩なコーデサンプル

作業着の機能性を持ちながらも見た目はスーツという、既成概念を覆すプロダクトで注目される『ワークウェアスーツ(WWS)』。その魅力とおすすめをご紹介します。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2020.09.03

作業着だけど見た目はスーツ。『ワークウェアスーツ(WWS)』をご存じ?

作業着だけど見た目はスーツ。『ワークウェアスーツ(WWS)』をご存じ?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

働き方改革の影響もあり、ビジネスパーソンが仕事服に求めるニーズが変化しています。顕著なのは、単純な見た目だけではなく、機能性の高さやオン・オフ兼用で使える汎用性。そんな現代の“欲しい”に応えるブランドこそが『ワークウェアスーツ(WWS)』です。2018年にデビューしたこの新鋭ブランドが提案するのは、これまでになかった“スーツ型の作業着”。見た目はきちんとフォーマルであるにもかかわらず、抜群の機能と優れた着回し力まで備えたそれは、瞬く間にビズシーンで受け入れられるようになりました。

驚きの出生秘話。『ワークウェアスーツ』のルーツと、“ならでは”の魅力

驚きの出生秘話。『ワークウェアスーツ』のルーツと、“ならでは”の魅力

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

他に類を見ない“スーツ型作業着”で話題沸騰中の『ワークウェアスーツ』ですが、この斬新なコンセプトにはブランドの誕生背景が関係しています。実は同ブランドの親会社は、水道工事の事業を行うカンパニー。つまり、もともと作業着の持つ有用性を熟知していたんです。『ワークウェアスーツ』が目指したのは、現場作業を想定した高いスペックと、作業員がプライドを持って働くための“かっこいい”デザインを両立した新しい仕事服。この二律背反的な考えから生まれたのが“スーツ型作業着”というキーワードでした。事実、そのマインドが多くのビジネスマンの心をキャッチし、今や大ヒットブランドとして成長。百貨店やセレクトショップでも取り扱われるほどメジャーなアイテムとして浸透しているのです。

驚きの出生秘話。『ワークウェアスーツ』のルーツと、“ならでは”の魅力 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

続いて、この“スーツ型作業着”がどう凄いのかを具体的に掘り下げていきましょう。まず見ておくべきは、作業着由来ならではの優秀な機能性。特にうれしいのが、どのモデルもウォッシャブル(家庭洗濯対応)という点で、どれだけ汚れても常に衛生的な状態をキープ可能です。各所のディテールに関しても、小物の紛失を防ぐジップポケットや楽ちんな履き心地を実現する背面のウエストゴム仕様など、合理性が光っています。その上、生地のポテンシャルも一級品! 撥水・透湿・速乾・ストレッチ・形態安定など多彩な機能を備えるオリジナル素材“アルティメックス”を筆頭に、快適なマテリアルを駆使して仕立てられています。

驚きの出生秘話。『ワークウェアスーツ』のルーツと、“ならでは”の魅力 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワークウェアとしてのスペックを宿しながらも、見た目は驚くほどに端正。モダンかつ洗練された仕上がりで、フォーマルな場面にだって難なく溶け込んでくれます。また、メインラインの『ワークウェアスーツ』だけでなく、遊び心を落とし込んだデザイナーズライン『ワイゾー』や、ストリート×モードを指針にしたMADE IN JAPANラインの『エム・エヌ・ティ』など、幅広いラインアップを誇るのも魅力的。自身のスタイルに応じてチョイスできます。

『ワークウェアスーツ』のマストハブはコレ。ジャケット、ボトムス、カットソーが秀逸

ブランド不動の売れ筋といえば、ジャケット、ボトムス、カットソーの三大アイテム。ここからは、『ワークウェアスーツ』に加えて、兄弟ラインである『ワイゾー』、『エム・エヌ・ティ』も含めて、おすすめモデルをレコメンドします。どれもビジネスとカジュアルを横断して活躍してくれること請け合い! なお、ご紹介するパンツとジャケットはすべてセットアップ対応となっています。

アイテム1

『ワークウェアスーツ』テーラードジャケット

『ワークウェアスーツ』テーラードジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

多機能素材“アルティメックス”を使ったブランド定番の逸品。無駄なもたつきのないスマートなシルエットでありながらも、ノーストレスな着用感です。大小7つのポケットを装備した優秀な収納性も、さすが作業着由来といったところ。袖の本切羽など細かなディテールへの注力も見逃せません。

アイテム2

『ワークウェアスーツ』テーラードライトジャケット

『ワークウェアスーツ』テーラードライトジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

通常のテーラードジャケットと比較して、約1/2の重さとなっているライトウエイトモデル。通気性に長けた一枚仕立てとも相まって、暑い日や身軽に動きたい日の主役としてうってつけです。こちらも“アルティメックス”製のため、スペック面に関しても申し分ありません。

アイテム3

『エム・エヌ・ティ』サイドジップジャケット

『エム・エヌ・ティ』サイドジップジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

サイド部分に配置されたジップが最大の特徴。閉めればシュッとしたフォルムのテーラードになり、オープンすればゆるっとしたワイドシルエットに変化します。4WAYストレッチや撥水、接触冷感など、コンフォート性をグッと高める多種多様な機能もストロングポイント!

アイテム4

『ワイゾー』カラーパイピングテーラードジャケット

『ワイゾー』カラーパイピングテーラードジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デザイナーズラインの1着らしく、裏地のカラーパイピングや胸ポケットに配置されたカラージップでさりげなく個性をアピール。オンはもとより、休日コーデにおいても効果的な一手となってくれます。素材にはソフトタッチでありながら、高い形状記憶性&ストレッチ性を持つソロテックスを使用。

アイテム5

『ワークウェアスーツ』フルレングスストレートパンツ

『ワークウェアスーツ』フルレングスストレートパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“アルティメックス”使いの本アイテムはレッグラインに沿った美しいストレートシルエット。ただし、ストレッチ性に特化しているので締め付けを感じることはありません。ウエストの背面にはゴムが入っていますから、ベルトレスでも着用OK。ポケットは合計5つ装備します。

アイテム6

『エム・エヌ・ティ』4WAYストレッチワイドパンツ

『エム・エヌ・ティ』4WAYストレッチワイドパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

今のトレンドを意識したワイドシルエットながら、程良くテーパードが掛かっているため野暮ったさとは無縁。洒脱なオフィスカジュアルをメイクできます。モデル名の通り4方向へのストレッチ性もフォローしており、運動性も良好。加えて、鮮やかなカラーリングの裏地を用いた茶目っ気ある意匠も好印象です。

アイテム7

『ワイゾー』サイドラインアンクルテーパードパンツ

『ワイゾー』サイドラインアンクルテーパードパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大胆なサイドラインが施されたアンクルカットパンツですが、モノトーン配色でまとめられておりビズコーデやきれいめカジュアルにもマッチ。ポケット口に止水ジップを配しているのも実にユニークです。ボディは伸縮性に秀でるソロテックス製で、足運びが楽ちんである点も現代的!

アイテム8

『ワークウェアワーク』究極の白T クルーネック

『ワークウェアワーク』究極の白T クルーネック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボディに使用しているのはオリジナル素材の“ポリコットン”。ポリエステル100%でありながら綿のようにナチュラルな風合いを持つのがその特徴です。それでいて、速乾性や防シワ性といった化繊ならではの強みも併せ持っているのだから言うことナシ。日々の盟友となってくれるアイテムです。

アイテム9

『ワークウェアワーク』究極の黒T 浅Vネック

『ワークウェアワーク』究極の黒T 浅Vネック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

同じく“ポリコットン”を使ったバリエーションモデルで、こちらは浅めのVネック&胸ポケなし仕様となっています。非常に滑らかな着心地ですが地肌が透けにくいため、それ1枚で着ても安心。XXS~2XLまで豊富にサイズが揃う点も『ワークウェアワーク』のTシャツの強みです。

アイテム10

『ワイゾー』シームテープポケットTシャツ

『ワイゾー』シームテープポケットTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

胸元にデザインした色鮮やかなシームテープが、プレーンな白Tのアクセントとして機能。ボディはポリエステル製で、透けにくさや毛羽立ちにくさ、さらには速乾性など多くのメリットを兼ね備えています。後ろ身頃は着丈をやや長めに設定し、しゃがんだ際に腰が露出しないよう配慮。

オンでもオフでも大活躍。『ワークウェアスーツ』の着こなしサンプル

最後に『ワークウェアスーツ』を取り入れた着こなしサンプルを一挙ご紹介。ご覧の通り、ビジネスシーンだけでなくカジュアルな場面でも大活躍してくれますので、その費用対効果は計り知れません。オンでもオフでも賢く活用して、くつろぎの日常を手に入れましょう!

着こなし1

程よく肩の力の抜けたビジカジコーデ

程よく肩の力の抜けたビジカジコーデ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ワークウェアスーツ』のスーツを用いてきっちり感を出しながらも、インナーのBDチェックシャツで適度にリラックス。オフィスから休日まで対応できる、今っぽいビジカジコーデに帰結しています。しかも、機能的な生地のおかげですっきりしたサイズ感ながらノーストレス!

着こなし2

デニムスタイルを上品テーラードで格上げ

デニムスタイルを上品テーラードで格上げ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウォッシュドデニムでラフな印象を描き出した一方、『ワークウェアスーツ』のテーラードや『エム・エヌ・ティ』のシャツで上品さにも訴求。きれいめ×カジュアルの異テイストMIXスタイルに仕上げています。足元にはシックさと動きやすさを両取りできる黒スニーカーをピックアップ。

着こなし3

かっちりフォーマルな装いだってお手のモノ

かっちりフォーマルな装いだってお手のモノ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

言わずもがな、正統派のビジネススタイルにも難なく対応。『ワークウェアスーツ』の才色兼備なスーツなら、風格と快適さを兼備した理想的なオンコーデが適います。スーツ、シャツ、タイを同系色ですっきりとまとめ、あか抜けたムードを高めているのもポイント。

着こなし4

機能素材のセットアップだからチャリ移動も余裕!

機能素材のセットアップだからチャリ移動も余裕!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

プルオーバーのパーカーやミラーサングラスで適度に着崩して、自転車に似合うアクティブテイストの着こなしに。運動性が弱点となりがちなセットアップですが、ストレッチ性抜群な『ワークウェアスーツ』の高機能モデルであれば、ペダリングもいたってスムーズです。

着こなし5

モノトーンでも軽やかに見せる技ありのコーディネート

モノトーンでも軽やかに見せる技ありのコーディネート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ワークウェアスーツ』のセットアップを軸としてスタイリングを形成。上下ブラックでも重く見えないのは、カットソーや足元のランニングスニーカーなど、スポーティなアイテムを織り混ぜたおかげです。さらに、アンクルカット仕様のパンツが軽やかさをブーストしています。

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND