キッズスニーカーをパパ目線で選ぼう。子供に履いてほしい15ブランド

キッズスニーカーをパパ目線で選ぼう。子供に履いてほしい15ブランド

幼児期の子供はあっという間に成長します。だからこそ、適正なキッズスニーカーを選ぶことが重要。チェックポイントに加え、おすすめのアイテム&ブランドもご紹介します!

2020.09.07
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

70ほどのメディアで執筆。オンラインサロンも運営

平 格彦
ファッション誌の編集部を経て独立。雑誌、書籍、WEBマガジン、オウンドメディア(ファッションブランドやECサイトなど)で執筆・編集を担当してきた。幅広いテイストのファッションを分析してきた「俯瞰的な視点」が強み。最近はDMMでライター向けのオンラインサロンも運営。 記事一覧を見る
...続きを読む

本コンテンツはTASCLAPが制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

キッズスニーカーは、パパが信頼を置くブランドから選ぼう

キッズスニーカーは、パパが信頼を置くブランドから選ぼう

WEAR

WEAR

お気に入り追加

子供の成長は早いもの。ジャストサイズのスニーカーを選んでもすぐに小さくなってしまいます。だからといって大きめのサイズを選んでいませんか? 大き過ぎる靴は動きにくく、子供の行動を制限して発達に悪影響を与えかねません。それとは逆に、きつくなっていることに気付かず、小さめの靴を履き続けている場合もあるかもしれません。小さくて窮屈な靴は足の成長を阻害するので要注意です。3~4か月ごとにサイズをチェックし、適正な靴を選ぶようにしましょう。子供の足は個人差が大きいため、サイズを測る場合は足長、足幅、足囲をすべて計測するのがベストです。

キッズスニーカーは、パパが信頼を置くブランドから選ぼう 2枚目の画像

適正なサイズのスニーカーを選ぶのは大前提ですが、クッション性などの基本的な性能や耐久性、品質なども重要。これらは実際に履いてみないとわかりづらい部分ではありますが、パパが普段から信頼を置いているブランドのモノなら安心。サイズもスペックも納得できるスニーカーなら、子供も思いっきり動き回れて発育の好影響にもつながります。成長が早い幼児期はそう長くはないので、子供のスニーカーをきちんと選んであげましょう!

キッズスニーカー選びで重要な、5つのチェックポイント

ここではサイズ以外にチェックすべき5つのポイントを解説。信頼できるブランドにはさまざまなタイプのスニーカーがあるので、ここで挙げるポイントを目安にしながら最適な1足を絞り込んでください。

ポイント1

かかと周りがしっかりしているか

かかと周りがしっかりしているか

かかと周りがしっかりした作りできちんと足を支えてくれるスニーカーを選ぶようにしましょう。安定した歩行できれば、かかと部分の骨が成長することもにもつながります。かかとの骨が成長しないと、足の変形、扁平足、X脚やO脚などの原因にもなりかねないので、かかとのサポート性能は大切です。

ポイント2

つま先部分に適度な余裕があるか

つま先部分に適度な余裕があるか

子供は大人よりも足で地面をつかむようにして歩きます。そのためには足の指が自由に動かせる余裕が不可欠。歩いても転びやすかったり疲れやすかったりする場合は、足指があまり動かせていないのかもしれません。幼児期に足の指をきちんと動かすことは、指の周りの筋肉や腱、ふくらはぎの筋肉などの発達に直結します。

ポイント3

足の動きに合わせてソールが反るか

足の動きに合わせてソールが反るか

靴のニシムラ

靴のニシムラ

お気に入り追加

足の指の付け根部分できちんと曲がるスニーカーがベスト。サイズが合っていないと位置がズレてしまうので注意しましょう。ソールは分厚いほうがクッション性が高くて良い気もしますが、屈曲性とのバランスも大切。つま先が反りやすいタイプか、もともと反り上がっているスニーカーならつまずきにくくなり、前に進む際の蹴り出しもスムースになります。

ポイント4

フィット感が調整しやすいか

フィット感が調整しやすいか

靴のニシムラ

靴のニシムラ

お気に入り追加

つま先には適度な余裕が必要ですが、可動の必要がない甲の部分はしっかりホールドできることが大切。子供の足は個人差が大きくて甲の高さなどがそれぞれ異なるのに加え、幼児期は足の成長も早いので、フィット感が調整できるスニーカーがマストです。フィット感の調整を気軽にでき、子供自身で脱ぎ履きしやすいベルクロタイプなどがおすすめです。

ポイント5

子供自身が気に入るデザインか

子供自身が気に入るデザインか

WEAR

WEAR

お気に入り追加

機能性やブランドなどを吟味してスニーカーを選んでも、子供自身が気に入らなければ履いてくれないかもしれません。どうせなら、子供が喜んで出かけたくなるようなスニーカーを選びたいものです。そのためには先回りして、子供が好きになりそうなデザインを最優先し、その候補から最適な機能を備えたスニーカーを選ぶのがおすすめ。2~3足に絞ったあとの最終ジャッジを子供に委ねるというのも賢いフローです。

信頼できるブランドから厳選。キッズスニーカーのおすすめ15足

自分自身でキッズスニーカーを履くことはできないからこそ、ブランドだけは信頼できるところを選んであげましょう! パパにお馴染みのブランドを中心に、おすすめのブランドとキッズスニーカーをピックアップしましたので、ぜひご参考に。パパとお揃いのブランドなら、子供も喜んでスニーカーを履いてくれるはずです。

アイテム1

『ニューバランス』IZ996

『ニューバランス』IZ996

ジョイスキップ

ジョイスキップ

お気に入り追加

ブランドを象徴する定番モデルの1つ、「996」の幼児向けバージョンです。比較シンプルなデザインで、コーディネートに合わせやすい面持ち。落ち着いたカラーを選べば発表会やセレモニー、フォーマルなシーンにも最適です。『ニューバランス』ならではのミッドソールを採用し、クッション性も抜群!

ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

アイテム2

『ナイキ』スカイジョーダン

『ナイキ』スカイジョーダン

honey(ハニー)

honey(ハニー)

お気に入り追加

『ナイキ』が展開する『ジョーダン』ブランドの名作「エアジョーダン1」をイメージしたキッズスニーカーです。アイコニックなムードを残しつつ、どこかかわいらしさも感じられるバランスが絶妙。ソフトなフォームクッショニングが小さな足への衝撃を吸収して守ってくれます。

ナイキのエアジョーダンシリーズ 歴史・モデルを紹介

ナイキのエアジョーダンシリーズ 歴史・モデルを紹介

アイテム3

『アディダス』ZX 500

『アディダス』ZX 500

1980年代のムードを感じさせつつ時代やトレンドを超越したスタンダードな面持ちに仕上がっている「ZX 500」は、キッズ用を含む幅広いサイズをラインアップ。合わせるコーディネート選ばないので、子供らしいスタイルにもマッチします。当然ながら、クッション性やクオリティも申し分なし。

ランニングシューズとは思えない。アディダスのZXシリーズをご存じ?

ランニングシューズとは思えない。アディダスのZXシリーズをご存じ?

アイテム4

『プーマ』バスケットクラシック

『プーマ』バスケットクラシック

靴のシナガワ

靴のシナガワ

お気に入り追加

1970年代のクラシックなバスケットシューズをベースにしていて、レトロかつおしゃれ。パパが履き回したくなるような顔つきです。屈曲性やクッション性に優れるグリップラバーソールを採用するなど、機能面も優秀です。

プーマのスニーカー、おすすめモデルは? 定番から新作まで17足を紹介

プーマのスニーカー、おすすめモデルは? 定番から新作まで17足を紹介

アイテム5

『リーボック』バーサ ポンプフューリー

『リーボック』バーサ ポンプフューリー

honey(ハニー)

honey(ハニー)

お気に入り追加

『リーボック』を代表する先鋭的スニーカー「インスタポンプフューリー」から着想を得たキッズスニーカー。ポンプを押すとキュートな音が響きます。オリジナルよりも安定感のあるソールを採用し、クッション性と抗菌作用を備える素材を使用するなど、キッズ向けにアレンジしているのもポイントです。

理由を解説。リーボックのインスタポンプフューリーは、なぜ人気なのか?

理由を解説。リーボックのインスタポンプフューリーは、なぜ人気なのか?

アイテム6

『アシックス』アイダホ BABY KT-ES

『アシックス』アイダホ BABY KT-ES

着物のように1枚の布で包み込む構造の「キモノフィットタン」を起用したスニーカー。フィット感が抜群で、安定した歩行を実現してくれます。快適な靴内環境を実現するアッパー&インソールなど、機能面もハイレベル。レトロなデザインは今っぽくて新鮮です。

アイテム7

『オニツカタイガー』メキシコ ミッドランナー TS

『オニツカタイガー』メキシコ ミッドランナー TS

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

モチーフは、前回の東京オリンピックが行われた1964年の日本代表選手用トレーニングシューズ。市販されることのなかったスペシャルなスニーカーですが、『オニツカタイガー』らしさが漂っています。キッズバージョンでは、着脱しやすいベルクロ仕様にアレンジ。

今また新鮮。オニツカタイガーのメキシコ66が、履きたい

今また新鮮。オニツカタイガーのメキシコ66が、履きたい

アイテム8

『コンバース』チャイルドオールスター N Z HI

『コンバース』チャイルドオールスター N Z HI

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドを象徴する「オールスター」を子供向けにモディファイ。しなやかに曲がるフレックスソールなどを採用しつつ、履いたり脱いだりしやすいサイドジップもプラスしています。これはハイカットタイプですが、ローカットバージョンもラインアップ。

永久定番といえばコンバースのオールスター! 王道のキャンバスから最新モデルまで網羅

永久定番といえばコンバースのオールスター! 王道のキャンバスから最新モデルまで網羅

アイテム9

『ヴァンズ』SK8-HI(スケートハイ) ベイビー

『ヴァンズ』SK8-HI(スケートハイ) ベイビー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ヴァンズ』もキッズスニーカーを豊富にラインアップ。ブランドを象徴する名作の「オーセンティック」「オールドスクール」「スリッポン」「スケートハイ」の子供バージョンを選ぶことができます。その中でもおすすめなのは、足首までホールドできる「スケートハイ」。サイドジップ付きで着脱も簡単です。

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

定番&隠れた名品がズラリ。ヴァンズのハイカットこそ大人ストリートに最適だ

定番&隠れた名品がズラリ。ヴァンズのハイカットこそ大人ストリートに最適だ

アイテム10

『ヴィジョンストリートウェア』アンソニー ジュニア

『ヴィジョンストリートウェア』アンソニー ジュニア

アメリカの名門スケート系ブランド『ヴィジョンストリートウェア』。キッズシューズの「アンソニー」はスポーツに対応するように計算されていて、耐摩耗性の高いソールなどを起用しています。ブランドらしいストリート感溢れるレオパード柄がイチ押しですが、シックなブラックや爽やかなブルーもラインアップ。サイズ展開は19cmからです。

アイテム11

『ムーンスター キャロット』MS C2259

『ムーンスター キャロット』MS C2259

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『ムーンスター』は子供向けのレーベルを複数展開しています。子供たちの「速く走りたい」というの想いに応える『スーパースター』も人気ですが、今回は『キャロット』からピックアップ。足の正しい成長をサポートする機能が数多く盛り込まれています。その一方、星のワンポイントが映えているデザインも秀逸。かわいらしいピンクに加え、クールなブラックも選べます。

ムーンスターの人気スニーカーを厳選。長く愛すならMADE IN KURUMEで

ムーンスターの人気スニーカーを厳選。長く愛すならMADE IN KURUMEで

アイテム12

『アキレス』瞬足 足育(シュンソク ソクイク)C-232

『アキレス』瞬足 足育(シュンソク ソクイク)C-232

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

校庭などの左回りのコーナーが走りやすいように「左右非対称ソール」を搭載して人気を集めた「瞬足」。その後、子供たちの運動能力の危機感を持ち、順天堂大学との産学共同研究プロジェクトで誕生したのが「瞬足 足育」シリーズです。健康で正常な成長を促す設計思想で、屈曲するだけでなく高反発性の備える「プレート構造」や、ブレを抑える「ヒールロックシステム」などのギミックが満載。このモデルはラベンダーのほかに、サックスブルーやネイビーも展開されています。

アイテム13

『ザ・ノース・フェイス』サージ ペラム

『ザ・ノース・フェイス』サージ ペラム

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

アウトドアブランドの『ザ・ノース・フェイス』もキッズサイズのスニーカーを展開しています。その中でも、着脱がしやすいスリッポンタイプでありながらフィット感が簡単に調節できる「サージ ペラム」は特におすすめ。「リバウンドヒールカウンター」でかかとがズレにくくなっているのもポイントです。カラーリングも個性的でおしゃれ!

ザ・ノース・フェイスはスニーカーも頼りになる。街向けから山用までおすすめを網羅

ザ・ノース・フェイスはスニーカーも頼りになる。街向けから山用までおすすめを網羅

アイテム14

『キーン』ユニーク スニーク

『キーン』ユニーク スニーク

「ユニーク スニーク」のキッズ版です。足を保護しながら圧倒的な通気性を確保しているのがポイント。夏は素足で着用し、涼しくなったらソックスとともに履くのがおすすめです。カラバリが豊富で、ライトブルーのほかにはダークブルー、グレー系、ブラック×ホワイト、ブラック×レッドを展開。

まさにユニーク。キーンのユニークシリーズから人気12モデルを厳選

まさにユニーク。キーンのユニークシリーズから人気12モデルを厳選

アイテム15

『イフミー』イフミーライト

『イフミー』イフミーライト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

まだ馴染みのないパパもいるかもしれませんが、『イフミー』は子供向けのシューズをリリースしている人気ブランド。その中で軽量なスニーカーを展開しているシリーズが「イフミーライト」です。足裏の滑らかな体重移動をサポートする「ツーステップソール」やアーチ形状を促進する中敷きの「ウインドラスソーサー」など、専門ブランドならではの工夫をいくつも採用しています。

パパ目線で選ぶキッズ用リュック。失敗しない選び方とおすすめ16選

パパ目線で選ぶキッズ用リュック。失敗しない選び方とおすすめ16選

おしゃれキッズ大喜び。子供のクリスマスプレゼントにMY定番ブランドの洋服を

おしゃれキッズ大喜び。子供のクリスマスプレゼントにMY定番ブランドの洋服を

パパママ必見!WEARで見つけたおしゃれキッズコーデ集

パパママ必見!WEARで見つけたおしゃれキッズコーデ集

目指すはかっこいいパパ! 運動会コーデでハズさない服装選びのコツ

目指すはかっこいいパパ! 運動会コーデでハズさない服装選びのコツ

我が子に着てほしい! キッズTシャツのおすすめ15ブランドをピックアップ

我が子に着てほしい! キッズTシャツのおすすめ15ブランドをピックアップ

たまにはパパもお揃いで! 親子ペアルックでおしゃれがもっと楽しくなる

たまにはパパもお揃いで! 親子ペアルックでおしゃれがもっと楽しくなる

早めにラン活を。人気のランドセルと失敗しない選び方のポイント

早めにラン活を。人気のランドセルと失敗しない選び方のポイント

この記事の掲載アイテム一覧(全11商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ニューバランス』IZ996
    『ニューバランス』 IZ996
  • 『ナイキ』スカイジョーダン
    『ナイキ』 スカイジョーダン
  • 『プーマ』バスケットクラシック
    『プーマ』 バスケットクラシック
  • 『リーボック』バーサ ポンプフューリー
    『リーボック』 バーサ ポンプフューリー
  • 『オニツカタイガー』メキシコ ミッドランナー TS
    『オニツカタイガー』 メキシコ ミッドランナー TS
  • 『コンバース』チャイルドオールスター N Z HI
    『コンバース』 チャイルドオールスター N Z HI
  • 『ヴァンズ』SK8-HI(スケートハイ) ベイビー
    『ヴァンズ』 SK8-HI(スケートハイ) ベイビー
  • 『ムーンスター キャロット』MS C2259
    『ムーンスター キャロット』 MS C2259
  • 『アキレス』瞬足 足育(シュンソク ソクイク)C-232
    『アキレス』 瞬足 足育(シュンソク ソクイク)C-232
  • 『ザ・ノース・フェイス』サージ ペラム
    『ザ・ノース・フェイス』 サージ ペラム
  • 『イフミー』イフミーライト
    『イフミー』 イフミーライト

掲載アイテムをもっと見る(-1商品)

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP