コーデのスパイスにスカーフを。巻き方からコーデ法、おすすめ品まで

大人の男性ならぜひ活用したい、スカーフ。取り入れれば簡単にコーデをクラスアップできる、おすすめの小物です。気になる巻き方や着こなしへの合わせ方など、徹底解説!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.09.12

スカーフを足せば、シンプルなコーデでもすぐに品格アップが可能

スカーフを足せば、シンプルなコーデでもすぐに品格アップが可能

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スカーフを愛用している男性はそう多くないかもしれませんが、ぜひ積極的に活用してみることをおすすめします。コーディネートを簡単にクラスアップできて、シンプルな着こなしでもすぐに洒脱なムードに仕上げることができるアイテムなんです。首に巻くだけでなく、首から垂らすだけでもサマになりますし、さらに手に巻いたり、バッグに付けたりと、使い方で個性を演出できるのも重宝するポイントといえます。

スカーフを足せば、シンプルなコーデでもすぐに品格アップが可能 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ちなみに、スカーフとよく似たアイテムにバンダナがあります。その違いは現在では曖昧ですが、バンダナがコットンなどのマットな生地なのに対し、スカーフはシルクなどの光沢感がある生地というのが基本。着け方や使い方はそう変わりませんが、スカーフのほうがエレガントなイメージが演出しやすいのです。品格アップのアクセントとして最適なアイテムなので、これを機にスカーフを取り入れてみませんか?

巻いて良し、挿して良しのおしゃれなバンダナブランド

バッグ・ファッション小物

巻いて良し、挿して良しのおしゃれなバンダナブランド

ハンカチのようにラフに汗をぬぐっても良いし、ポケットに忍ばせてさりげないアクセントにもできるバンダナ。便利でしゃれた8枚をレコメンドします。

TASCLAP編集部

2018.07.11

まずはここから。男性が最初に覚えるべきスカーフの巻き方5選

スカーフをあまり使ったことがない人は、巻き方や取り入れ方が最も気になるポイントではないでしょうか。そこで早速、最初に覚えるべき巻き方&取り入れ方を伝授します。巻き方を細かく分けると数十種類に上りますが、ここでは5つに絞って解説。あまり深く考えず、バランス良く巻くことができれば問題ありません。慣れてきたら、ここでは挙げていないマフラー風やネクタイ風の巻き方も含め、どんどんスカーフをアレンジして使ってみてください! いろいろ試すうちに自分に適した巻き方がわかってくるはずです。

……とその前に、まずは基本となる「バイアス折り」をマスターしよう

……とその前に、まずは基本となる「バイアス折り」をマスターしよう

Candy 楽天市場店

Candy 楽天市場店

お気に入り追加

正方形のスカーフをコンパクトに巻く準備として必要なのが「バイアス折り」。ひし形状に斜めに置き、折りたたんで細長くするイメージです。まずは、裏側が内側になるように上の角を中心付近まで折り、下の角も同様に折ります。次に、上から1/3くらいの箇所で折り、下から1/3の箇所も同じように折ります。さらに上から1/3くらいの箇所を…と適度な細さになるまで繰り返せばOKです。

▼巻き方1:ひと結び

▼巻き方1:ひと結び

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バイアス折りしたスカーフを首に掛け、1回結んで垂らせば「ひと結び」は完成。結び目を正面ではなく左右にズラすと無造作感が生まれます。また、先端をトップスの中に入れるとコンパクトにまとまり、首元のアクセントとして好バランス。悪目立ちすることがないので、最初はトップスの中に入れる着け方から試してみるのがおすすめです。

▼巻き方2:固結び

▼巻き方2:固結び

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バイアス折りにしたあとのスカーフを首に掛け、2回結べば「固結び」はでき上がり。左右の長さや結び目をズラすことで、こなれ感を演出できたら完璧です。しっかり結ぶかゆったり結ぶかによってボリューム感や表情が変わるので、自分なりにアレンジしてみてください。

▼巻き方3:三角ドレープ巻き

▼巻き方3:三角ドレープ巻き

WEAR

WEAR

お気に入り追加

三角形になるようにスカーフを対角線で折り、左右の角を首の後ろで固結びすれば「三角ドレープ巻き」が完成。結び目の位置をズラしたり、正面部分の膨らみやドレープ感を整えたりして、無造作なニュアンスに仕上げてください。この三角ドレープ巻きを覚えると、結ぶ位置をサイドにすることで「三角スライド巻き」にアレンジできます。さらに、スカーフの両端を首に1周させて正面で結べば「ウエスタン巻き」や「カウボーイ巻き」と呼ばれる巻き方にも。やりやすい巻き方や似合う巻き方を模索してみましょう!

▼巻き方4:リングでアレンジ

▼巻き方4:リングでアレンジ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

巻くのが面倒に感じる人は、スカーフリングを使うという手もあります。結ぶ必要がないだけでなく、結び目に該当する位置を簡単にズラすこともできて便利。リングのメタリック感でリュクスなムードが上乗せできるのもメリットです。スカーフとリングがセットになっているアイテムもあるので、興味があれば使ってみましょう。専用のスカーフリングを使う前に、手持ちの指輪で代用して試してみるのもおすすめです。

▼使い方5:腰周りのアクセントに

▼使い方5:腰周りのアクセントに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スカーフの使い方は首に巻くだけではありません。腰周りのアクセントとして活用するのも1つの活用法。腰から下げたり、ヒップポケットから覗かせたり、ベルト代わりに巻いたりするのが定番テクニックです。細かいルールはありませんので、コーディネート全体のバランスに気をつけながら使ってみてください。腰周り以外では、手首にバングル風に巻いたり、バッグにアクセサリーとして付けたりするのもおすすめです。

スカーフをコーデに取り入れるために意識すべき3つの基本パターン

スカーフに慣れていない人は、自分がどんなコーディネートを目指すべきかわからない……ということも多いはずです。そこで、着け方がイメージできるような具体例を3つのパターンに分けて解説します。スカーフの活用法を意識することで、コーディネート全体も組みやすくなりますので、ぜひ参考に!

▼パターン1:シンプルな装いの上品なアクセントとして効かせる

▼パターン1:シンプルな装いの上品なアクセントとして効かせる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベーシックでシンプルなコーディネートのアクセントとしてスカーフを使うのが基本形。Tシャツにカーゴパンツを合わせたラフなコーディネートも、スカーフを巻くだけでどこかエレガントな雰囲気に一変します。この着こなしは、スカーフを「ひと結び」でコンパクトにまとめつつも、グリーン系のTシャツやパンツに映えるレッド系を選ぶことで適度にアクセントを効かせているのが巧妙。

▼パターン1:シンプルな装いの上品なアクセントとして効かせる 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

エレガントな柄のスカーフを首元に効かせて格上げした好例。ロンTは『ユニクロユー』ですが、スカーフの存在も相まって気品を感じさせるコーディネートに仕上がっています。スカーフは「固結び」でコンパクトに巻くことで、主張し過ぎないバランスに仕上げているのもポイント。

▼パターン2:装いに同調させてさりげなくクラスアップ

▼パターン2:装いに同調させてさりげなくクラスアップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

大判のストールを使ったり長く垂らして使ったりする場合は、悪目立ちしないようにメインアイテムと同系色に揃えるのがおすすめ。このコーディネートは人気が高まっているカジュアルなセットアップスタイルがベースなので、その色に近い色味のスカーフを選んで品良くまとめています。

▼パターン2:装いに同調させてさりげなくクラスアップ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ホワイトやベージュをメインにしたコーディネート。ジャケット&パンツに近いトーンの総柄スカーフが、周囲に馴染みつつラグジュアリーなムードを放っています。ジャケットは『ユニクロ』ですが、高見えするコーデに仕上がっていますね。

▼パターン3:スカーフをスタイリングの主役として活用

▼パターン3:スカーフをスタイリングの主役として活用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スカーフを思いきりアピールしたい場合は、コーディネートの主役に抜擢してみましょう。上品な柄のスカーフを選びつつ、スタンダードな無地の服を合わせるのが原則。スカーフ自体に品格があれば、自動的に大人っぽくまとまります。このスタイリングで使っているスカーフは、伝統的なペイズリー柄と深いグリーンの色味が品位を感じさせます。

▼パターン3:スカーフをスタイリングの主役として活用 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スカーフを主役にする方法は、スカーフの面積を広げたり、色使いで目立たせたりするだけではありません。スカーフをキーアイテムにしてリンクコーデを築くというテクニックもおすすめです。ペアではなくひとりで完結させたい場合は、スカーフと小物類をリンクさせるという方法もあります。自由な発想で自在にスカーフを活用しましょう。

品格アップが簡単に叶う! すぐ買えるおすすめのスカーフ10選

着けるだけでコーディネートをクラスアップできるのがスカーフ最大の魅力。以下では、高い効果が望める優秀なスカーフをピックアップしてご紹介します。素材もサイズも形状も価格も多彩なので、いろいろなアイテムをチェックしながら自分がこだわりたいポイントを確認してみてください。

アイテム1

『トゥモローランド』シルク ドットスカーフ

『トゥモローランド』シルク ドットスカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ドット柄のみで模様を描いた比較的シンプルなスカーフ。コーディネートに馴染みやすいので着けやすく、汎用性が抜群の1枚です。素材はシルク100%で、スカーフらしいエレガントな光沢感を宿しています。

アイテム2

『 チャコール トーキョー』シルク ペイズリー スカーフ

『 チャコール トーキョー』シルク ペイズリー スカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ペイズリー模様を中心にしたバンダナ柄を採用していますが、素材がシルク100%なのでエレガント。「上質を好む大人」をターゲットにした東京・広尾のショップによるオリジナルアイテムらしい仕上がりです。通年いつでも使える首周りのアクセントとして提案しています。

アイテム3

『ヨシオクボ』ロープシルクスカーフ

『ヨシオクボ』ロープシルクスカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2020年に『ヨシオクボ』が掲げたテーマは「BIG CATCH FLAG(ビッグキャッチフラッグ)」。「大漁旗」と「結ぶ」にフォーカスしてコレクションを展開しています。スカーフに描かれているグラフィックは、船が停泊する際に使用するアンカーロープがモチーフ。全体としてクラシックかつ気品ある印象で、コーディネートのクラスアップに貢献してくれます。

アイテム4

『デスティン』クラウド スカーフ

『デスティン』クラウド スカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『デスティン』はイタリアのストールブランド。ハイブランドのコレクションも手掛けるデザイナーのブランドだけあって、ハイセンスで独創的な柄を採用しています。1辺80cm程度のサイズ感は、巻いたときに最も美しく映るバランスを計算した結果。コットンとシルクをブレンドした生地感も絶妙で、心地良い感触です。

アイテム5

『マニプリ』シルクスカーフ

『マニプリ』シルクスカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『マニプリ』は日本のブランドですが、ヨーロッパを中心とする海外でも人気を集めています。1940~70年代にヨーロッパで生産されたヴィンテージスカーフの雰囲気を残しつつ、今の時代にマッチするスタイルへと昇華したコレクションが特徴的。フチの始末は手作業による三つ巻き縫いで仕上げるなど、細部まで凝った作りも圧巻です。

アイテム6

『ニール』シルクタッチ大判スカーフ

『ニール』シルクタッチ大判スカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

レトロかつ上品なムードの柄を取り入れたバリエーション豊富なスカーフ。全10種類も展開されていて、1/2や1/4で模様が変わるタイプも選べます。シルキーなタッチのポリエステル生地を使用し、リーズナブルな価格を実現しているのもポイント。

アイテム7

『ノーアイディー』バンダナスカーフ

『ノーアイディー』バンダナスカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

3種類のグラデーションカラーと1種類のアクセントカラーで構成した4面パネルの柄が独特。カジュアルになりがちなバンダナ柄ですが、ニュアンスカラーが上品なムードを感じさせます。素材はポリエステル100%ですが、フォーマルなシーンにも対応可能な高級感を内包。

アイテム8

『ウタタネ』シルクスカーフ 浮世絵

『ウタタネ』シルクスカーフ 浮世絵

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シルク100%の上質な生地に浮世絵をレイアウトした日本製のスカーフ。葛飾北斎をはじめ、伊藤若沖、喜多川歌麿、歌川広重、歌川国芳、歌川国貞の作品を採用しています。コンパクトに巻くと絵の一部しか見えなくなるため、意外と幅広いスタイリングに使えます。

アイテム9

『キンロック』アニマル柄シルクスカーフ

『キンロック』アニマル柄シルクスカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

巻き方のパートで解説したように、スカーフをコンパクトに巻く際に必要なのが、バイアス折り。その手間やボリュームを軽減してくれるのが、三角形のスカーフです。『キンロック』はミラノのブランドで、芸術性や遊び心を感じさせるスカーフやハンカチなどを展開。この1枚も象徴的で、小紋柄に見えるほど細かいアニマル柄が斬新です。

アイテム10

『アルテア』バンダナ柄コットンシルクスカーフ

『アルテア』バンダナ柄コットンシルクスカーフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらもコンパクトにまとまりやすいよう、細長いダイヤ型の形状を採用。素材はコットンにシルクをMIXしていて、高級感があるのにカジュアルなコーディネートにも馴染みます。ネクタイからスタートしたミラノのブランドらしいこじゃれた柄や色味も魅力。

ストールの巻き方5種を覚えて、こなれた着こなしを楽しもう

バッグ・ファッション小物

ストールの巻き方5種を覚えて、こなれた着こなしを楽しもう

いつものコーデをより洗練させてくれる、ストールの巻き方をご紹介。これさえマスターすれば簡単に旬のこなれ感を出せてしまいます。春の着こなしのアクセントに。

CANADA

2018.03.06

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

バッグ・ファッション小物

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。

桂川 千穂

2020.02.03

ポケットチーフのおしゃれな折り方5選。柄別におすすめブランドも紹介!

バッグ・ファッション小物

ポケットチーフのおしゃれな折り方5選。柄別におすすめブランドも紹介!

普段のジャケットスタイルやフォーマルな装いを華やかに演出してくれるポケットチーフ。大人として押さえておきたい基本の5つの折り方と、おすすめのアイテムをご紹介。

大中 志摩

2018.04.18

Vゾーンを格上げするネクタイの結び方。基本から応用まで5パターンを紹介

バッグ・ファッション小物

Vゾーンを格上げするネクタイの結び方。基本から応用まで5パターンを紹介

結び方一つでスーツスタイルの仕上がりが変わるともいえるネクタイ。大人らしくスマートに着こなすためにも、押さえておくべき5つの結び方を紹介します。

池田 やすゆき

2018.03.28

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND