ワークシャツを攻略しよう。おすすめの10アイテムとコーデサンプル

ヘビロテも余裕な耐久性と作業着由来のベーシックなデザインを兼備したワークシャツは、確実に攻略しておくべき優良アイテム。コーデの頼れる主役となってくれます!

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2020.09.14

見た目と機能で考える、ワークシャツの魅力とは

見た目と機能で考える、ワークシャツの魅力とは

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

現在ではファッションアイテムとして定着していますが、名称通りワークシャツとはもともと作業着として生まれたアイテム。米国がゴールドラッシュで沸いた1850年代に誕生したといわれ、それ以降、炭鉱夫やファーマー、ペインターといった丈夫な服を求める労働者たちに幅広く親しまれてきました。デザイン面では、工具の収納に便利な両胸ポケットや、デニム、ツイル、シャンブレー、ネルなどの耐久性がある素材使いによるタフな印象が特徴。また、着脱性を高めるため、ジップやスナップボタンを採用したモデルも多く見られます。

見た目と機能で考える、ワークシャツの魅力とは 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

丈夫な生地に加えて、ダブルステッチやトリプルステッチなどの高強度な縫製が施されているため、ディテール面でも耐久性に秀でている点が魅力。デリケートに扱う必要がないですから、休日のヘビロテアイテムとしてガンガン活用できます。また、作業着由来の実用ウェアだけあって、デザインは基本的にベーシック。そのためオールラウンドプレイヤーとして活躍してくれること必至です。

こんなテイストのファッションを好む人に、ワークシャツはうってつけ

こんなテイストのファッションを好む人に、ワークシャツはうってつけ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

本懐であるワーク系ファッション以外にも、多種多様なコーディネートと高い親和性を発揮してくれるワークシャツ。例えば、きれいめスタイルを着崩したいときに効果的で、きっちりとしたスラックスやベージュチノに合わせれば程良く肩の力を抜いた着こなしに仕上げられます。一方、襟付きシャツであるが故にカットソーほどラフすぎないので、アクティブなショーツスタイルを大人っぽくまとめるのもアリ。1枚あれば、スタイリングの幅を大きく拡充してくれます。

これからの季節に重宝。ワークシャツのおすすめ10選

ワークシャツの特性を一通り押さえたところで、ここからはコーデの主力となってくれる新作モデルを一挙にご紹介。さまざまな素材でお見せしていくので、自身の手持ち服と相談しつつチョイスすると良いでしょう。使い勝手の良いデザインと、信頼の置ける頑丈な作りは全モデルの共通項!

アイテム1

『ビームスプラス』デニム ニューワークシャツ

『ビームスプラス』デニム ニューワークシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

希少度の高いジンバブエコットンで仕立てたデニムシャツは、1940年代のワークシャツがイメージソースに。左右非対称な胸ポケットや、肩&脇のトリプルステッチ、裾の空環仕様など、昔ながらのディテールが各所に反映されています。その上、シックな色合いですから都会的な着こなしにも難なくマッチ!

アイテム2

『ローター』ハーフジップ ヒッコリー ワーク シャツ

『ローター』ハーフジップ ヒッコリー ワーク シャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

脱着がクイックに行えるハーフジップスタイルの1着。腹部にカンガルーポケットを装備するユニークな仕様で、収納力にも長けています。素材にはがっしりとした肉感のコットンヒッコリーを抜擢しており、タフさに関しても申し分なし! 胸元に入るチェーン刺繍がさりげないアクセントとなっています。

アイテム3

『ベンデイビス』ベンズワイドワークシャツ

『ベンデイビス』ベンズワイドワークシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ハリ&厚みのある良質なコットンツイルを駆使した逸品。存在感あるクレイジーカラーが印象的ですが、落ち着いたダークトーンでまとめられているため大人のカジュアルにもすんなりと溶け込んでくれます。フォルムはトレンド感のあるワイドシルエットで、今っぽさの演出にもお役立ち!

アイテム4

『サニースポーツ』40’sオーガニックワークシャツ

『サニースポーツ』40’sオーガニックワークシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

'40sの古き良きワークシャツにインスパイアされた1枚。ボディには旧式のシャトル機を用いて丹念に織り上げた、オーガニックコットン製のシャンブレー生地を使用しています。加えて、昔ながらの天然染料によって染め上げているのもこだわりで、化学染料とは一味違ったコクのあるエイジングを楽しむことが可能です。

アイテム5

『シュガーケーン』×『ビームス』別注 ネルチェック ワークシャツ

『シュガーケーン』×『ビームス』別注 ネルチェック ワークシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカンスタイルのワークウェアを追求する日本の老舗ブランドと『ビームス』によるコラボ。しなやかなタッチのコットンネル生地はブリーチ加工が施されており、最初からヴィンテージさながらの風格です。現代的スタイルにすんなり落とし込めるよう、シルエットはリラクシングなオーバーサイズに。

アイテム6

『セーブカーキユナイテッド』SKUフィールドシャツジャケット

『セーブカーキユナイテッド』SKUフィールドシャツジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

それ単体はもちろんのこと、羽織りモノとしても活用しやすいシャツジャケットタイプ。ユーズド加工の風合い豊かなコットンツイルによる、こなれた表情も大きな魅力です。さらに、MADE IN USAという質実剛健なバックボーンも男心を刺激します。

アイテム7

『リー』×『チャオパニックティピー』デニムバンドカラーシャツ

『リー』×『チャオパニックティピー』デニムバンドカラーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

言わずと知れたデニム界のリーディングブランドとの別注。クラシカルなスナップボタンスタイルは踏襲しつつ、すっきりしたバンドカラー仕様や今季らしいビッグシルエットによって今の空気感も巧みに注入しています。他色ではネイビー&ブラックをスタンバイ。

アイテム8

『ジムマスター』ストレッチツイルスナップボタンシャツジャケット

『ジムマスター』ストレッチツイルスナップボタンシャツジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

滑らかなタッチの上品なツイル生地を使用したり、ギラつきを抑えた控えめな金属スナップボタンをあしらったりと、大人っぽさを重視したデザインが好印象。しかも、ストレッチが効いているため実にコンフォータブルな着心地です。利便性を高めるべく、胸元だけでなくウエストにもポケットをセッティング。

アイテム9

『ドゥニーム』6.0オンス シャンブレーワークシャツ

『ドゥニーム』6.0オンス シャンブレーワークシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

国内の工場で織り上げられた、ハイクオリティなシャンブレーを素材にピックアップ。さらりと軽い6.0オンスの生地ですから、一年を通じて着用できます。身幅&アームホールに適度なゆとりを与えつつ、着丈はやや短めに設定した重ね着しやすいシルエットも好印象。

アイテム10

『カーハートWIP』L/Sマスターシャツ

『カーハートWIP』L/Sマスターシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

汚れに強いうえ速乾性&洗濯耐性にも優れる、ポリエステル65%×コットン35%のツイルボディ。ガシガシ着られるのは心強い限りです。胸元にブランドラベルが鎮座するのみのシンプルデザインで、着回し力もハイレベル。ワードローブの軸となってくれること確実の1枚です。

コーディネートに見る、ワークシャツのおしゃれな着こなし方

定番的なアイテムであるワークシャツ。使いやすさ抜群のアイテムだけに、着こなし次第で自分のキャラクターを存分に打ち出せます。まずは上級者たちのコーデを参考にして、スタイリングのイメージを固めていきましょう!

コーデ1

武骨さの中にシルエットでリラックスムードを

武骨さの中にシルエットでリラックスムードを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニム地のワークシャツ×ミリタリーパンツという、武骨なコーディネート。それでいてほんのりとリラックス顔なのは、ボトムスが今どき感のあるワイドシルエットだから。全体的にシックなカラーリングでまとめることによって、大人っぽさを増幅させているのもキーポイント!

コーデ2

セットアップのハズしとしてワークシャツを投入

セットアップのハズしとしてワークシャツを投入

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュのテーラード&スラックスによる、クリーンなセットアップコーデがベース。そこにシャンブレーワークシャツやハイテクスニーカー、キャップなどカジュアルなアイテムを織り交ぜ、巧妙に着崩しを図っています。こんな風にワークシャツをスパイス的に取り入れるのもアリ!

コーデ3

ネイビーで呼応させワークスタイルをスマートに昇華

ネイビーで呼応させワークスタイルをスマートに昇華

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上下ともネイビーデニムを持ってきた、ミニマルなワントーンスタイル。骨太な印象のあるワークアイテムも、配色次第でこの着こなしのようにスマートに見せられるんです。 すらっとした細身のサイズバランスや、足元の革靴も都会感をアシスト。洗練されたワークスタイルを完成させています。

コーデ4

軽快ショーツを使いながらもちゃんと秋らしく

軽快ショーツを使いながらもちゃんと秋らしく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

夏アイテムの代表格といえるショーツですが、ワークシャツとのコンビネーションならそのまま秋スタイルにも転用可。長袖×膝上のメリハリあるシルエットが、コーディネートにあか抜けた雰囲気を生み出してくれます。着こなし自体はさっぱり系ですので、小物類で味付けするのも効果大!

コーデ5

堅苦しく見えない洒脱なタックインスタイル

堅苦しく見えない洒脱なタックインスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

端正な顔立ちのベージュチノに、シャンブレーシャツをタックイン。普通の無地シャツだとフォーマル指数がかなり高くなってしまいますが、ワークテイストなシャンブレーシャツであれば堅苦しく見えず、良い塩梅に帰結します。袖をラフにロールアップすれば、一段と気負わない印象に。

シャツジャケットこそ洒落者のマストハブ。そのメリットとおすすめ

ウェア・コーデ

シャツジャケットこそ洒落者のマストハブ。そのメリットとおすすめ

寒暖差に辟易することも多いこれからの時期、アイテム選びにはことさら苦労するものだ。そこで洒落者たちが見出した答えこそ、シャツジャケット。はたしてその理由とは?

菊地 亮

2020.09.17

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND