まさに万能選手。トラッカージャケットの名品10選

まさに万能選手。トラッカージャケットの名品10選

その汎用性の高さから、人気再燃中のトラッカージャケット。知っているようで意外と知らないその基本に加え、どんなコーデにもハマる万能選手っぷりと名品をご紹介。

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.03.01

アウター界の万能選手。トラッカージャケットって知ってる?

ファッショントレンドは一定周期で繰り返されるというのが定説。今、再び波がじわじわと戻ってきているモノの1つとして、トラッカージャケットは外せません。とはいえ、それが一体どんなシロモノなのかと聞かれると、ちょっと口ごもってしまう人も少なくないのでは? ということで、そのモヤモヤを解消するためにおさらいから。

アウター界の万能選手。トラッカージャケットって知ってる?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

まずは、そもそもトラッカージャケットとはなんだ? という疑問から。実はこれ、元々は『リーバイス』が1960年代にリリースしたサードタイプのデニムジャケットの呼び名。日本では“Gジャン”として親しまれていますが、英語圏ではトラッカージャケットと呼ばれています。基本はデニム仕立てですが、本国ではレザーをはじめ他の素材で仕立てられたモノもあるほどライフスタイルに溶け込んでいて、その過程でいつしかこのGジャン型のアウター全般がトラッカージャケットと呼ばれるようになったのだとか。そして、その最大の魅力は着回し力の高さ。短丈でクセのないデザインなので、ジーンズはもちろん、チノパンやウールのパンツといったきれいめなボトムスにも意外とスッと馴染んでくれるのが強み。今着るのであれば不朽の名作的な定番も魅力的ですが、身幅にゆとりを持たせたシルエットで旬を感じさせる着こなしに落とし込むのも気分です。

インにアウトに大活躍。トラッカージャケットの着こなし実例

次はトラッカージャケットの着回し力の高さと、コーデの勘どころを実例で見てみることにしましょう。このアウターは、着丈が短く、ボディの生地も厚過ぎず薄過ぎずの絶妙な塩梅なので、ライトアウターとしてさらりと羽織るだけでサマになるのは言わずもがな。しかも、寒くなってきたら冬アウターの下に1枚かませてレイヤードを楽しむことも可能です。その上、どカジュアルに限らず、きれいめな装いにも映えるユーティリティプレーヤーなのです。

着こなし1

王道のデニムオンデニムも、サイズ感次第で今どきに

王道のデニムオンデニムも、サイズ感次第で今どきに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トラッカージャケットに対し、同じ濃紺デニムのジーンズを合わせる王道のアメカジコーデ。ですが、上下ともにサイズ感をゆるめにすると、今の気分を感じられる装いになります。人気継続中のセットアップコーデの感覚で着こなせるので、コーディネートも簡単。あれこれテクニックを駆使しなくても、白Tシャツにパッと合わせるだけで雰囲気を出せるんです。

着こなし2

大人っぽい服に馴染んで、どこか力の抜けた印象に誘導。

大人っぽい服に馴染んで、どこか力の抜けた印象に誘導。

WEAR

WEAR

お気に入り追加

襟付きのシャツにコーデュロイパンツを合わせ、足元をローファーで引き締めた装いは、そのままテーラードジャケットを着たくなるほどクリーンな印象。ですが、こうしたきれいめな服にもスッと馴染んでくれるのがトラッカージャケットの良いところです。これでタイドアップしていても、違和感はありません。ジャストサイズも悪くないですが、こうやってトラッカージャケットをサイズアップしてゆったり着こなすと今っぽいバランスで楽しめます。

着こなし3

コートの中に仕込んでレイヤード上手に変身!

コートの中に仕込んでレイヤード上手に変身!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ステンカラーコートの中にタートルネックを合わせる装いは、ある意味鉄板の都会派コーデ。ですが、それだけではありきたりでちょっとコンサバ過ぎる印象も。ところが、その間に1枚トラッカージャケットをサンドしてあげると、一瞬でレイヤード上級者な印象にサマ変わりします。1着持っていると、こういう技も朝飯前です。

永世定番から新作まで。トラッカージャケットのおすすめ10選

トラッカージャケットの万能選手っぷりを再認識したうえで、恋(!?)に落ちてしまった人は自分好みの1着を探す次のステップに移行しましょう。歴史あるアウターなので、オーセンティックなブランドの定番で王道感を楽しむのも大いにありです。とはいえ、今っぽい空気感を出したいならやっぱり勢いのあるブランドの新作が狙い目ですね。

アイテム1

『リーバイス』トラッカージャケット

『リーバイス』トラッカージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

もっとも有名なトラッカージャケットと言っても過言ではない、『リーバイス』のサードタイプデニムジャケット。こちらのモデルは程良いウォッシュ加工が施され、最初から着慣れたような風合いです。リヨセル混紡の自然環境にやさしいデニム生地を使った、サステナブルな仕立ても見逃せません。

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

ウェア・コーデ

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

ライターR

2021.02.05

アイテム2

『リー』×『ナノ・ユニバース』別注101JカイハラデニムGジャン

『リー』×『ナノ・ユニバース』別注101JカイハラデニムGジャン

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

『リーバイス』の定番がサードタイプなら、『リー』を代表するのは「101J」。今作は『ナノ・ユニバース』よる別注モデルとなり、旬度の高いルーズフィットにアップデートされています。素材には日本屈指の名門デニムメーカー・カイハラ社製の11オンスストレッチデニムを活用し、コンフォートな着心地を実現しました。

アイテム3

『エドウイン』ベーシックデニムジャケット

『エドウイン』ベーシックデニムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フラップ付きポケットや胸~裾にかけてのV字プリーツなど、オーセンティックな意匠を踏襲したスタンダードな1着。税込で8,000円を切る良心プライスもポイントで、トラッカージャケットの入門モデルとしては適役です。ワンウォッシュ仕上げの濃紺カラーですから、今後のエイジングにも期待したいところ。

アイテム4

『ドゥニーム』サードタイプデニムジャケット

『ドゥニーム』サードタイプデニムジャケット

ミトマン楽天市場店

ミトマン楽天市場店

お気に入り追加

旧式の力織機を使いスローに織り上げた、表情豊かな14オンスのデニムボディ。ノンウォッシュ仕上げなので、イチから自分で“育てたい”人にぴったりです。デザインは王道のサードタイプがモチーフで、シルエットはややタイトめの設定となっています。“MADE IN JAPAN”ならではの質実剛健な作りでも目の肥えた大人を魅了。

アイテム5

『ヒステリックグラマー』デニムトラッカージャケット

『ヒステリックグラマー』デニムトラッカージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットンにナイロンをブレンドしたデニム生地。そのため、綿100%のモデルと比較してシワになりにくく、肌触りや強度にも秀でています。カタチは『ヒステリックグラマー』らしく適度に細身で、落ち着いた濃紺カラーとも相まって都会的スタイルとも違和感なくマッチ!

アイテム6

『ファクトタム』EデニムストレッチGジャン

『ファクトタム』EデニムストレッチGジャン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニムの聖地・岡山産のファブリックを使い、職人のハンドシェービングでフィニッシュ。自然なユーズド感を備えており、無地Tにサラッと合わせたベーシックなコーデでもちゃんと絵になります。おまけに、キックバックの良いストレッチ生地ゆえ、シャープな形状とは裏腹に着心地は快適そのもの。

アイテム7

『オアスロウ』サードタイプ60’sデニムジャケット

『オアスロウ』サードタイプ60’sデニムジャケット

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

60年以上前と同じ製法で織り上げた、ブランドこだわりのオリジナルデニム。独特のネップやねじれは、リアルヴィンテージさながらです。しかも、すっきりしたアームホールや小ぶりの襟など現代的なアプローチを取り入れることにより、スマートなムードも演出しています。上品にもカジュアルにも難なく振れる完成度の高いルックスなので、日常着として重宝するのは確実。

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ウェア・コーデ

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージを背景に、目の肥えた大人をうならせる圧巻のクオリティーで支持を集める『オアスロウ』。定番モデルを中心に、その魅力を解剖します。

山崎 サトシ

2019.04.11

アイテム8

『モンキータイム』デニムトラッカージャケット

『モンキータイム』デニムトラッカージャケット

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

お気に入り追加

ガシッとしたヘビーオンスデニムやゆとりあるシルエットで武骨さを打ち出しつつ、ミニマルなドットボタンでクリーンな印象もさりげなく注入。モダンクラシックなデザインに帰結させています。身幅&袖幅のどちらにも余裕を持たせていますから、スウェットを始めとした地厚なインナーを着込んでも問題ありません。

アイテム9

『エストネーション』ストレッチコットンリネントラッカージャケット

『エストネーション』ストレッチコットンリネントラッカージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

清々しいベージュカラーを纏っており、春スタイルの主役としてうってつけ。トラウザーと合わせてかっちりまとめても、デニムを持ってきてラフに装ってもOKです。ボディはコットン×リネンの涼やかなストレッチ素材。ボリュームを抑えた仕立てですから、ヘビーアウターのインナーとしても◎です。

アイテム10

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』トラッカージャケット

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』トラッカージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大御所スタイリスト・馬場圭介氏が監修。アメカジの定番であるサードタイプトラッカージャケットに、英国テイストなチェック柄のサキソニー素材を組み合わせているのが実にユニークです。王道のデニムトラッカーを既に持っている……という人は、こういった“変化球”に挑戦しても良いかもしれませんね。

選ぶなら大人らしさにこだわって。ジージャンの定番&高コスパブランド20

ウェア・コーデ

選ぶなら大人らしさにこだわって。ジージャンの定番&高コスパブランド20

アウターとしてもインナーとしても活用できるジージャンはやっぱり便利。でも、大人らしく着こなせるジージャンとはどんなものなんでしょう?

平 格彦

2021.02.10

Gジャンコーデの作り方。春秋冬おしゃれに着こなすポイント

ウェア・コーデ

Gジャンコーデの作り方。春秋冬おしゃれに着こなすポイント

タイムレスなカッコ良さはもちろん、夏以外の全シーズンに対応する懐の広さもGジャンの魅力。日常で大いに活用するためにも、こなれて見せるコーデ術を覚えましょう。

山崎 サトシ

2020.09.23

デニムジャケットの着こなし。5つのタイプ別コーデ術

ウェア・コーデ

デニムジャケットの着こなし。5つのタイプ別コーデ術

デニム素材が注目された春夏シーズンでしたが、秋以降も人気は継続。パンツが象徴的ですがここではデニムジャケットに着目します。さまざまなタイプの着こなし実例を紹介!

平 格彦

2016.09.01

デニム・オン・デニムは難しくない! おしゃれコーデを作る簡単ハウツー

ウェア・コーデ

デニム・オン・デニムは難しくない! おしゃれコーデを作る簡単ハウツー

コーディネートにデニム・オン・デニムを取り入れたことはありますか? セットアップ感覚で使えて、簡単におしゃれな着こなしが完成するのでぜひ積極的に活用しましょう!

平 格彦

2021.03.19

遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事