クールにリラックス気分を味わう。黒スウェットのパーカーやトレーナーが今の本命

ソフトでリラックスできる着心地と、クールでスタイリッシュな印象が同居している希少な存在が、黒スウェット生地のトップス。コーデ術から推奨アイテムまでご紹介します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.10.22

リラックスコーデをクールに見せる。黒のスウェットアイテムに頼りたい

リラックスコーデをクールに見せる。黒のスウェットアイテムに頼りたい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

最近は家で過ごす時間が増えていて、ルームウェアやワンマイルウェアとしても使えるリラクシングなアイテムが重宝されています。その筆頭がスウェット素材のアイテム。スウェットパンツが人気ですが、温かさも求められる秋~初春にはスウェットのトップス類も積極的に活用すべきでしょう。

リラックスコーデをクールに見せる。黒のスウェットアイテムに頼りたい 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タウンユースも視野に入れるのであれば、リラックスできる着用感に加えておしゃれに着こなせるルックスも重要。その点、黒のスウェットトップスはクールでスタイリッシュな印象を兼備しています。リラックスできる着心地とクールな見た目が同居する黒スウェットのパーカー&トレーナーを存分に着回しましょう!

黒スウェットのパーカー&トレーナーで、コーデを成功へと導く5つの具体策

ブラックのスウェット素材を使ったパーカーやトレーナーは、クールなイメージなのでおしゃれに着こなすのも難しくありません。黒が持つスタイリッシュな印象を生かしながら着こなすのが大きなポイント。以下で具体的なコーディネートの方法を5パターン提案しますので、ぜひ参考にしてください。

▼ルール1:ブラック+ホワイトの配色でヘビーな印象を緩和

ブラックのトップスが主役のコーディネートは、ヘビーな印象に偏りがち。そこで、軽快感の強いホワイトのアイテムを組み合わせてバランスを整えるのが得策です。言うまでもなく、両カラーの相性は抜群。細かいことは考えなくても合わせられる便利なカラーリングです。

コーデ1

ブラックを中心にしつつ適量のホワイトを挿した基本系スタイル

ブラックを中心にしつつ適量のホワイトを挿した基本系スタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バックプリント入りのトレーナーをメインにしつつ、シックにまとめたコーディネート。ブラックのスラックスを合わせて上品にまとめつつ、Tシャツとスニーカーでホワイトを挿して軽やかにアレンジしたバランスが絶妙です。

コーデ2

ブラックとホワイトを同じくらいの分量にしてより軽やかに

ブラックとホワイトを同じくらいの分量にしてより軽やかに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

少し大きめな黒いスウェットパーカーに白いスラックス系パンツを合わせた着こなし。単純な組み合わせですが、クールな色使いでモダンに仕上げています。ウェア類ではなくトートバッグをアクセントにすることで、ラフになり過ぎないように個性をプラスしたテクニックも巧妙!

▼ルール2:中にシャツをセットして個性と品の良さを両得

黒スウェットのパーカーとトレーナーの中にシャツを取り入れることで、品良くアレンジするテクニックもおすすめです。上品にまとめるにはシンプルなシャツが効果的ですが、シャツの色や柄で個性を演出してもOK。ラフになり過ぎることはなく、大人っぽいスタイリングにキマります。

コーデ1

シンプルなシャツで大人な品格を加味した好サンプル

シンプルなシャツで大人な品格を加味した好サンプル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スウェットパーカー、スリムなジーンズ、アウトドア系シューズのすべてをブラックで統一。シックなコーディネートのベースを固めたうえで、淡いサックスブルーのシャツを足して爽やかさと軽量感をさりげなく加えています。まさに、インナーとしてシャツを活用した着こなしのお手本。

コーデ2

総柄のシャツを組み合わせることで個性を演出

総柄のシャツを組み合わせることで個性を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレーナーにスラックスを合わせた、シンプルで落ち着きあるカジュアルスタイルがベース。そこにペイズリー柄のシャツを組み込み、個性をプラスしています。ダークで主張の少ない総柄シャツを選ぶことで、大人なニュアンスをキープしながらアレンジしたバランスが見事!

▼ルール3:季節感あるカラーを組み合わせて相乗的に魅力を強調

黒はオールマイティに使えるカラーですが、季節感のないカラーともいえます。季節のムードは他のアイテムで取り入れるのが賢明。秋冬には温かみのあるカラーのアイテムを取り入れましょう! 黒のクールな魅力とウォームカラーのほっこりしたムードをお互いに際立たせるよう意識してみてください。

コーデ1

クールな黒パーカーとウォーミィな茶パンツを巧みに対比

クールな黒パーカーとウォーミィな茶パンツを巧みに対比

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックのスウェットパーカーとブラウンのコーデュロイシェフパンツを対比させ、それぞれが持つクールな魅力と温かみを相乗的に引き立たせたコーディネート。どちらも定番カラーで相性は良好です。シンプルなアイテムを選ぶことで、印象的なパーカーのバックプリントをアクセントとして際立たせているのもポイント。

コーデ2

秋色のコートを使って大人なカジュアルスタイルを構築

秋色のコートを使って大人なカジュアルスタイルを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウターでウォームカラーを取り入れるのもおすすめ。シンプルなコートは特に品があり、大人っぽいコーディネート作りをバックアップしてくれます。また、大きなサイズ感のコートなら厚手のトレーナーも難なく合わせられて合理的。このお手本は、白いパンツで軽快にまとめているのも巧妙です。

▼ルール4:やっぱり1番クールなのは黒のワントーンスタイル

黒スウェットのトップスは、ワントーンスタイルを築くのにも持ってこい。ワントーンスタイルはそもそも、全身を同じカラーで揃えつつ、素材感の変化などでさりげなく表情を生み出すのがポイントですが、トップスを風合い豊かなスウェット地にすることで表情が生まれやすくなるからです。実例で詳しく解説しましょう。

コーデ1

ストリート風カジュアルも黒のワントーンならクール

ストリート風カジュアルも黒のワントーンならクール

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックスウェットのトレーナーにブラックデニムのワイドイージーパンツを合わせた着こなしは、ストリートな雰囲気。キャップやスニーカーもそんなムードを盛り上げています。しかし、全身が黒なのでクールな印象はしっかりキープ。スウェットとデニムの生地感の変化によって表情があり、こなれたコーディネートに仕上がっています。

コーデ2

パーカーのプリントをワントーンスタイルのスパイスに

パーカーのプリントをワントーンスタイルのスパイスに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『アディダス』のパーカーはトレフォイルのアイコンをアレンジした大きなプリントが印象的。そんなポイントをコーディネート全体のアクセントとして活用した好例です。スリムなスラックスで上品にまとめているのも見事。黒いアイテムばかりを選んでいますが、すべて質感が異なるので着こなしに奥行きを感じられます。

アディダスのパーカー&トレーナーをおしゃれに着こなす。その方法とおすすめ9選

ウェア・コーデ

アディダスのパーカー&トレーナーをおしゃれに着こなす。その方法とおすすめ9選

ファッションアイテムとしても人気の高い『アディダス』のパーカー&トレーナー。洒落者たちの着こなしからおすすめモデルまでをピックアップし、その魅力を読み解きます。

近間 恭子

2020.09.11

▼ルール5:ニット感覚でテーラードジャケットのインナーとして活用

ブラックのスウェット生地を使ったパーカーやトレーナーをあえて脇役として使うとコーデが上品にまとまります。黒スウェットはクールなので品のある着こなしにも使えますが、スウェットのラフな風合いが目立ち過ぎないように着こなすと一層品良く仕上がります。ニット感覚でテーラードジャケットに合わせられると、着こなしの幅が一気に拡大!

コーデ1

上半身を一体化して品格を高めたジャケパースタイル

上半身を一体化して品格を高めたジャケパースタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パーカーもテーラードジャケットも黒で揃えているのが最大のポイント。同じカラーにすることでパーカーの存在感が薄まり、ジャケットの品格が際立っているのです。ホワイトのスラックスで上品かつ軽快なムードもプラス。スニーカーで抜け感を加味して大人なカジュアルスタイルに仕上げています。

コーデ2

ダブルブレストのジャケットを主役にした巧妙な装い

ダブルブレストのジャケットを主役にした巧妙な装い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレーナーの上にジャケットを重ねると、スウェット素材の見える面積が小さくなるため、おのずと上品に昇華されます。しかもこの着こなしでは、トレーナーとコーデュロイパンツをブラックで揃え、カジュアルなトレーナーの存在感を低減。これによりブラウンのダブルジャケットが際立って気品のあるムードを思い切り主張!

黒スウェットのおすすめパーカー&トレーナー、今狙うべき12枚

最後は、おすすめの黒スウェットトップスを選りすぐってご紹介。セレクトしたのはクールなデザインのアイテムばかりなので、タウンユースにも適しています。大人なコーディネートにも馴染みやすいので、部屋から街まで大いに着回しましょう!

▼「パーカー」タイプの黒スウェット6選

スウェットパーカーは本来かなりカジュアルなアイテムですが、ブラックならクールな印象。シンプルなデザインを選べば、スタイリッシュでモダンな魅力が一層際立ちます。プルオーバータイプからジップアップタイプまで、広い選択肢から厳選してご紹介しましょう。

アイテム1

『チャンピオン』リバースウィーブ プルオーバー フーデッドスウェット

『チャンピオン』リバースウィーブ プルオーバー フーデッドスウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットの王道ブランド『チャンピオン』を象徴するリバースウィーブ製法のプルオーバーパーカー。トレンドを超越して使い続けられる名作です。左胸と左袖の「C」ロゴ刺繍が適度なアクセントに。1970年代のモデルから復刻したネームタグは「青単タグ(青単色タグ)」で、細部まで凝った作り。厚手の生地は着込むほどに味わいが深まっていきます。

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

ウェア・コーデ

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

我々にとって馴染み深いチャンピオンのパーカーですが、学生の頃と同じ雰囲気で着こなすのは禁物。大人ならではのアメカジコーデを覚えておきましょう!

山崎 サトシ

2020.10.14

アイテム2

『フリークスストア』ヘビーウェイト オーバーサイズスウェットパーカー

『フリークスストア』ヘビーウェイト オーバーサイズスウェットパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

他ではなかなか見ることができないほどのヘビーウェイトな生地を起用。ただし、計算し尽くしたパターンによって着用時に重さを感じないように配慮されています。ビッグシルエットを採用しつつ、ボリュームのあるフードと大きめのカンガルーポケットもビッグなサイズ感を強調。

パーカーもビッグシルエット。大人が取り入れやすいおすすめはこの10アイテム

ウェア・コーデ

パーカーもビッグシルエット。大人が取り入れやすいおすすめはこの10アイテム

ビッグシルエットブームは今季も継続していますが、なかでもおすすめなのがパーカー。コーデを今っぽく、かつこなれた印象に格上げするのにうってつけのアイテムなんです。

近間 恭子

2020.10.13

アイテム3

『ナノ・ユニバース』カーゴポケットプルフーディー

『ナノ・ユニバース』カーゴポケットプルフーディー

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

スタンダードなプルオーバーパーカーに見えるかもしれませんが、実は胸ポケットが個性的。リップストップ生地のジップ式カーゴポケットがミリタリーなムードを与えています。ボディは裏毛スウェット素材で、大きめのシルエットとともにストレスフリーな着心地をもたらしてくれます。

アイテム4

『ザ・ノース・フェイス』バックスクエアロゴフーディ

『ザ・ノース・フェイス』バックスクエアロゴフーディ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

背面にボックスロゴをレイアウトした『ザ・ノース・フェイス』の注目作。バックプリントは大きいものの、ブラック×ホワイトの配色でクールかつシックに仕上げられています。実はこちら、ペットボトルを原料とするポリエステル100%の高機能生地を使用。速乾性に優れているので、洗ってもすぐに乾きます。肌面の触感はソフトで、静電気の発生も抑制。

機能的でおしゃれ。ザ・ノース・フェイスのパーカー&トレーナーは大人向け

ウェア・コーデ

機能的でおしゃれ。ザ・ノース・フェイスのパーカー&トレーナーは大人向け

『ザ・ノース・フェイス』といえばファッション性も機能性も高いアイテムが豊富。いま狙いたい、タウンユースしやすいおすすめパーカーとトレーナーを厳選しました。

近間 恭子

2020.09.20

アイテム5

『アーバンセントウ』×『ハーグ』ジップパーカ

『アーバンセントウ』×『ハーグ』ジップパーカ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

東京杉並区高円寺の老舗銭湯「小杉湯」と、その周りのコミュニティとともに『アーバンリサーチ』が展開しているのが『アーバンセントウ』です。このジップアップパーカーは肌触り抜群の銭湯ウェア。上質なコットンの開発を行ってきたスマイルコットン社が手掛ける『ハーグ』とのコラボアイテムです。

アイテム6

『ナイキ』スウッシュ フルジップ フーディー

『ナイキ』スウッシュ フルジップ フーディー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベースはスタンダードなジップアップパーカーですが、左胸に並ぶ2つのスウッシュがさりげなく独創的。右袖には大きく「SWOOSH」のテキスト、バックの右裾付近にはメッセージも刺繍されています。全体としてはクールな印象で、着こなしやすい1枚。

街コーデから家着まで。ナイキのパーカー&トレーナーがスポーツMIXに効く

ウェア・コーデ

街コーデから家着まで。ナイキのパーカー&トレーナーがスポーツMIXに効く

旬なスポーツMIXコーデに使えて、リラックスした着心地も堪能できる『ナイキ』のパーカー&トレーナーが人気です。最新ラインアップからおすすめ品を一気にご紹介!

平 格彦

2020.10.15

▼「トレーナー」タイプの黒スウェット6選

パーカーよりもシンプルな作りのトレーナーは、より汎用性の高いアイテム。ワンポイントのアクセントやクールなプリントなどで個性を加味することもできるので、自分らしく着こなせそうなデザインを見つけましょう。

アイテム1

『キャンバー』クルーネック

『キャンバー』クルーネック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘビーウェイトなスウェット製アイテムなどを生産しているアメリカの老舗ブランドが『キャンバー』です。このトレーナーも密度の高い厚手の生地を使用していて、長く愛用することが可能。極めてミニマルなデザインですが、ワイドシルエットで着用すると今っぽくキマります。

USメイドのタフなヤツ。キャンバーのTシャツが今、選ばれている理由

ウェア・コーデ

USメイドのタフなヤツ。キャンバーのTシャツが今、選ばれている理由

Tシャツはシンプルなアイテムゆえに、素材や縫製にしっかりこだわって選びたいもの。今人気の『キャンバー』の1枚には、大人が見逃せない質実剛健な魅力が詰まっています。

那珂川廣太

2020.05.29

アイテム2

『ザ トゥエンティーセブン』ジャージーズ スウェット クルーネック

『ザ トゥエンティーセブン』ジャージーズ スウェット クルーネック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リラクシングなワイドシルエットを採用した1着。アメリカを代表するアスレチックウェアブランド『ラッセル アスレティック』がプリンタブルウェアラインとしてスタートした『ジャージーズ』のボディを使用しています。クオリティはお墨付きなので、ぜひヘビーローテーションで。

アイテム3

『ディスカス』USA裏毛スウェットクルー

『ディスカス』USA裏毛スウェットクルー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカの名門ブランド『ディスカス』のトレーナーは、コットン100%のスウェット生地を使用していて肌触りが抜群。左袖の先端部にロゴ刺繍、左裾にはタグが配置されていて、さりげないアクセントになっています。信頼できる品質なのに価格がリーズナブルなのも大きな魅力です。

アイテム4

『ビューティ&ユース』クリア カットオフ スウェット

『ビューティ&ユース』クリア カットオフ スウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

首周り、裾、袖口をカットオフした仕様がリラックス感を高めている1枚。クルーネックとボートネックの中間くらいな広さのネックが、適度なルーズ感を醸しています。シルエットは少しワイドな程度で、ダラしない印象にならないバランスで着こなせます。

アイテム5

『チャンピオン』ラインリブクルースウェット

『チャンピオン』ラインリブクルースウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リブ部分に入ったラインがスポーティなムードを強調。インナーとして使っても、ネック周りや裾などがアクセントになるデザインです。左胸と左袖には『チャンピオン』であることをさりげなくアピールできるお馴染みのアイコンもセットされています。

アイテム6

『ダブルファンタジー』×『アダム エ ロペ』ラブ クルーネック スウェット

『ダブルファンタジー』×『アダム エ ロペ』ラブ クルーネック スウェット

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

モノトーンのプリントなら、黒スウェットのクールな魅力を損なうことはありません。その具体例がこの1枚。大規模なエキシビションがイギリスのリバプールから東京に上陸するのを記念したコラボコレクションのトレーナーです。ジョン・レノン氏とオノ・ヨーコ氏の物語を彼らの言葉や作品で綴る展示内容に沿って、彼らの作品から着想を得たデザインを採用。フロントの“LOVE”は、1970年に発売されたアルバム『ジョンの魂』の収録曲名です。

秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着こなす3つの方法

ウェア・コーデ

秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着こなす3つの方法

アメカジを象徴する定番アイテムのなかでも、グレーのスウェットシャツは肌寒い季節のマストハブ。より大人らしく、おしゃれに着こなす秘訣を披露しましょう。

平 格彦

2020.10.27

白パーカーを取り入れよう。参考にしたいコーデ例とおすすめ5選

ウェア・コーデ

白パーカーを取り入れよう。参考にしたいコーデ例とおすすめ5選

取り入れるだけでおしゃれにキマるパーカー。本記事では、クリーンな雰囲気を醸し出せる白のプルオーバー型にフィーチャーし、着こなし方からおすすめまでをご紹介します。

近間 恭子

2020.10.07

パーカーブランド厳選15。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

ウェア・コーデ

パーカーブランド厳選15。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

肌寒くなると出番が増えるパーカー。長いスパンで活用するアイテムだからこそ、セレクトは妥協できません。そこで、こだわる大人におすすめのパーカーを一挙ご紹介!

山崎 サトシ

2020.10.06

パーカーコーデのヒント集。挑戦しやすい5つの着こなしアレンジ方法とは?

ウェア・コーデ

パーカーコーデのヒント集。挑戦しやすい5つの着こなしアレンジ方法とは?

季節問わず着られて、どんなテイストにもハマるパーカーは着回しに最適! ここではきれいめからカジュアルまで、パーカーを使った5タイプのおすすめコーデを紹介します。

山崎 サトシ

2020.10.16

黒シャツをワードローブに。おしゃれに着こなす3つの方法とコーデ集

ウェア・コーデ

黒シャツをワードローブに。おしゃれに着こなす3つの方法とコーデ集

着こなしが難しそう、と敬遠されがちな黒シャツ。でも、実は高いポテンシャルを秘めた有能アイテムなんです。選び方やコーデ法をしっかり押さえてフル活用しましょう!

近間 恭子

2020.09.27

黒Tシャツを着こなして夏もシックに装う

ウェア・コーデ

黒Tシャツを着こなして夏もシックに装う

Tシャツコーデはついついラフになりがちですが、大人ならシックにまとめるべきです。そんな時に役立つ黒Tシャツの着こなし方とおすすめ5着を解説します!

平 格彦

2020.08.12

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND