スポーツバッグを買う前に。アクティブ用途に重宝する11アイテムをレコメンド

ジム通いをはじめ、アクティブなシーンで活躍するスポーツバッグ。定番のボストンバッグ型や日常使いにもおすすめのバックパック型など、多彩なモデルをご紹介します。

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2020.10.29

まずは、“スポーツバッグとは何か?”というところから考えよう

まずは、“スポーツバッグとは何か?”というところから考えよう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

まずは、“スポーツバッグとは何か?”というところから考えよう 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スポーツバッグといっても、そのスタイルは多彩。なかでも典型的なのが、一気室のボストンバッグ型でしょう。これは中に間仕切りなどがないシンプルな設計なので、ボールやシューズ、ウェアといったスポーツ用品をサッと詰め込める点が非常に便利。総じて素材や縫製も丈夫なので、バスケットボールやサッカーといったさまざまなスポーツのシーンで使われています。また、ここにきて支持率を高めているのが、ノートPCや書類と一緒にスポーツ用品を収納できるバックパック型。「仕事終わりや外出帰りにジムに立ち寄る」という現代的なニーズが読み取れます。

スポーツグッズと侮るなかれ。この利便性は、何ものにも代えがたい

スポーツグッズと侮るなかれ。この利便性は、何ものにも代えがたい

RAINBOW MARKET

RAINBOW MARKET

お気に入り追加

スポーツバッグは、素材使いの面でも機能性に配慮して作られています。例えば、軽量かつ丈夫なシェル系の素材を採用したものならラフに扱えるだけでなく、汗などで濡れても乾きやすいという利点があります。また、設計の面ではサングラスなどの小物を小分けに収納できるものも珍しくなく、最近では汗で濡れたウェアやトレーニングシューズを他の荷物とは別のスペースに収納できるものも増えています。

スポーツバッグは用途に合わせて選ぼう

スポーツバッグは用途に合わせて選ぼう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

従来のボストン型に加えバックパック型も浸透していることは前述しましたが、選択肢はそれだけにとどまりません。トートバッグ型やトップ部分を巾着状に絞り込むだけのナップサック型も根強い人気があります。比較的ギア類が多い場合には、容量のあるボストンライクな形状のほうが使い勝手は良好。外出のついでにスポーツを楽しむ場合や、移動手段が自転車などのときは、両手が自由になるバックバック型、またシューズやタオルといった最小限の荷物で体を動かしに行くならトートバッグやナップサック型、というように用途に合わせて使い分けるのが賢い選択といえそうです。

日常使いも可能。スポーツバッグを選ぶならこの11品から

最近は専業メーカーに限らず、ファッション畑のメーカーもスポーツバッグに参入したことで、スポーツ感をがっつり出しすぎないデザインを選ぶことも可能になっています。せっかく使うのであれば、日常使いとスポーツ用途を兼用できるモノを選ぶのも1つの手ですよ。

アイテム1

『ザ・ノース・フェイス』ベースキャンプ ダッフル

『ザ・ノース・フェイス』ベースキャンプ ダッフル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

この「ベースキャンプ ダッフル」は本来、遠征隊にも愛用されている本格アウトドアバッグですが、そのタフさと使い勝手の良さでスポーツ用途においても人気を集めています。本体は濡れや汚れに強いTPEラミネート素材で、耐摩耗も非常に高いのが特徴。D字型の開口部を手早く開き、荷物をガンガン詰め込めます。荷物が重くなっても持ちやすいグラブハンドルを備え、長さ調整可能なストラップで肩掛けすることも可能。

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

バッグ・ファッション小物

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

本格派のアウトドアから街使いまで、種類豊富な『ザ・ノース・フェイス』のリュック。3つの需要別に、適切なシーンにハマる一品をレコメンドします。

TASCLAP編集部

2020.10.07

アイテム2

『エアー』トラベルパック2

『エアー』トラベルパック2

ツナグテ

ツナグテ

お気に入り追加

街映えするミニマルデザインに旅で重宝する機能を盛り込んだバックパックですが、ボトム部分にシューズ専用の収納スペースを用意。主室にはノートPCや書類の収納に便利な作りで、小物用のオーガナイザーも搭載。メッシュの収納も備えた前室は洋服をたたんで入れやすい作りなので、ここにスポーツウェアを入れておいて仕事終わりにスポーツ施設へ……、なんていう使い方にも重宝しそうです。

人気に納得。エアーのバッグは見た目も機能も大人向け

バッグ・ファッション小物

人気に納得。エアーのバッグは見た目も機能も大人向け

モダンなデザインに高機能が備わった『エアー』のバッグ。「今の時代にフィットする」と感度の高い大人から支持される、その理由とは。同ブランドの魅力に迫ります。

近間 恭子

2019.05.08

アイテム3

『ブリーフィング』トランジション ワイヤー ゴルフ

『ブリーフィング』トランジション ワイヤー ゴルフ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ショルダーバッグとしても使えるこの2WAYトートバッグは、前面の大きなポケットに汚れたウェアを収納可能。ボトムには、シューズ専用のポケットも備わっています。トートでありながら開口部が開きっぱなしではなく、巾着状に閉じることができるので安心感があり、持っていくウェアがかさばっていてもギュッと詰め込めます。本体は撥水性のあるコーデュラナイロン製で、生地自体も非常に堅牢です。

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

バッグ・ファッション小物

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ミルスペックに準拠した屈強性とタウンユースを考慮した収納性、適度に男っぽさが薫るデザイン性を兼ね備えた『ブリーフィング』のバッグは大人の定番品。徹底解説します!

平 格彦

2020.02.14

アイテム4

『ナイキ』エッセンシャルトート BA6142-011

『ナイキ』エッセンシャルトート BA6142-011

スポーツオーソリティ バリュー

スポーツオーソリティ バリュー

お気に入り追加

こちらのトートバッグは、開放部をジッパーで閉じることができる設計で、内部にはノートPCを収納するためのスリーブ付き。フロントのメッシュポケットは非常に大型で、シューズを中の荷物と分けて持ち歩けるようになっています。ボトムに撥水コーティングを施しているので、うっかり濡れた場所にバッグを置いてしまっても安心。ハンドルは、手持ちしても、肩掛けしてもちょうど良い長さになっています。

アイテム5

『アシックス』エンセイ ダッフル40

『アシックス』エンセイ ダッフル40

ビューティーファイブ

ビューティーファイブ

お気に入り追加

バックパックとして背負うこともできる、2WAY仕様のダッフル。片方でも開けやすいL字型に開くフロントポケットは、シューズの収納スペースとして作られています。主室は容量40Lの一気室で、ウェアやギア一式を気兼ねなく詰め込めるシンプル構造が魅力。本体は堅牢なポリエステル素材で、背負ったときに見栄えが悪くないよう、ボトム部にもお馴染みの『アシックス』ロゴが鎮座しています。

アイテム6

『アンダーアーマー』アンデナイブル 4.0スモール

『アンダーアーマー』アンデナイブル 4.0スモール

GOLF J-WINGS

GOLF J-WINGS

お気に入り追加

“UA ストームテクノロジー”の採用で、耐水性を高めたダッフルバッグ。これも側面から靴を横方向に収納できるシューズ専用ポケットを備えています。フロントポケットの外側にはさらにもう1つ小さなポケットが付いていて、内部にもイヤホンなどの小物を入れるのに便利な収納も用意。シューズ専用ポケットの逆サイドには、ドリンクボトルなどをサッと入れられるメッシュポケットもあります。

アンダーアーマーのリュックは逸品揃い。タイプ別に人気10モデルを厳選!

バッグ・ファッション小物

アンダーアーマーのリュックは逸品揃い。タイプ別に人気10モデルを厳選!

近年もっとも成功したスポーツブランドといわれ、人気もうなぎ上りの『アンダーアーマー』。今回はリュックにフィーチャーし、その魅力とおすすめモデルをご紹介します。

近間 恭子

2020.07.10

アイテム7

『リーボック』アクティブ エンハンスト コンバーチブル グリップバッグ

『リーボック』アクティブ エンハンスト コンバーチブル グリップバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

この2WAYボストンバッグは、高さを抑えた設計だからバックパックのように背負ったときの見栄えも良好。ハンドルとは別にショルダーストラップも用意されているため、長さの調整ができて背負い心地も快適です。内部には取り外し可能なメッシュバッグがあり、そこに濡れたタオルやウェアを入れておくこともできます。

アイテム8

『ブリーフィング』アーバン ジム+3WAY パック

『ブリーフィング』アーバン ジム+3WAY パック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バックパックとして背負うだけでなく、ブリーフケースやショルダーバッグとして横持ちしたり、縦持ちしたりもできる3WAY仕様。ジム用のウェアやシューズを収納しやすいように広マチに作られていますが、背面側にはノートPC用の収納があり、サイズ感はB4サイズの書類も収納可能。持ち方を変えながら平日と休日の両方で使い分けられます。本体に採用したナイロンは、タイヤの芯材にも使われる強靭なもの。テフロン加工によって撥水性も高められています。

アイテム9

『ルコック スポルティフ』ボストンバッグ QMAPJA28

『ルコック スポルティフ』ボストンバッグ QMAPJA28

サードウェイブ ゴルフ&スポーツ

サードウェイブ ゴルフ&スポーツ

お気に入り追加

一気室のシンプルな設計で、非常に軽量なドラム型バッグです。容量は大きすぎず、小さすぎもしない33L。パッカブル仕様なので、内ポケットの中に本体をたたんで入れるとコンパクトにしまえます。外ポケットのないミニマルに徹したデザインですが、ハンドルとショルダーストラップの両方が付いているなど、細かいところまで機能的な作りに。

アイテム10

『オークリー』スカル トート 14.0

『オークリー』スカル トート 14.0

アルペン楽天市場店

アルペン楽天市場店

お気に入り追加

質感の高いフェイクレザーで仕立てた街顔トートですが、フロントにはアイウエア専用のポケットを含む、合計3つのアウトポケットを用意。さらに、こう見えて内側には、シューズ専用のポケットも付いていて非常に機能的な作りになっています。側面のポケットには、ドリンクボトルの収納スペースとしても使い勝手良し。

オークリーのリュックは収納力に秘密あり。今手にしたい15モデルを厳選

バッグ・ファッション小物

オークリーのリュックは収納力に秘密あり。今手にしたい15モデルを厳選

サングラスでお馴染みの『オークリー』ですが、実はリュックも秀作がズラリ。収納性良好で頑丈、しかもおしゃれと三拍子揃っているので、日常シーンでフル活用できます!

山崎 サトシ

2020.07.02

アイテム11

『アンダーアーマー』サックパック 20L

『アンダーアーマー』サックパック 20L

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ナップサック型のスポーツバッグも、『アンダーアーマー』が手掛けるとやっぱりひと味もふた味も違う作りに。こちらは、フロントに4本のデイジーチェーンが施された作りで、ここにカラビナを引っ掛けてボトルなどを取り付けておくことも。さらに、大きなジップポケットもフロント側に用意されています。バッグの設計自体は、ショルダーストラップを兼ねたひもで開放部をギュッと絞るだけの巾着袋で、気軽に使えるのが魅力。

トレーニングシューズ15選。ジムに行くなら正しく選んで効果アップを

スニーカー・シューズ

トレーニングシューズ15選。ジムに行くなら正しく選んで効果アップを

ジムなどの室内でトレーニングを行うときにどんな靴を履いていますか? 動きやすければOKですが、専用シューズを履くとさらに効果増大。選び方とおすすめをご紹介します。

平 格彦

2020.08.28

ジムの服装って何が正解?アイテム選びのポイントとおすすめ15選

ウェア・コーデ

ジムの服装って何が正解?アイテム選びのポイントとおすすめ15選

健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

近間 恭子

2019.09.12

高機能で見た目もおしゃれなトレーニングウェア

ウェア・コーデ

高機能で見た目もおしゃれなトレーニングウェア

トレーニングだからといってウェア選びの手を抜いていないだろうか。トレーニングをサポートする高い機能性とおしゃれも楽しめるデザイン性に優れたアイテムを厳選。

大中 志摩

2019.01.22

ナルーマスクが今、アツい。スポーツマスク専業ブランドゆえの魅力に迫る

バッグ・ファッション小物

ナルーマスクが今、アツい。スポーツマスク専業ブランドゆえの魅力に迫る

スポーツマスクを手掛けるブランドが増えていますが、頼れるのはやはり専業ブランド。運動好きを中心に、多くの支持を集める『ナルーマスク』について詳しく掘り下げます。

平 格彦

2020.07.21

バフに熱視線。ランニングに使えるネックゲイターの役割とおすすめ10品

バッグ・ファッション小物

バフに熱視線。ランニングに使えるネックゲイターの役割とおすすめ10品

ランニングの際のエチケットとして注目され、巷で大ヒットアイテムとなっている “バフ”。一体どんなモノなのかを詳しく解説しつつ、おすすめモデルを紹介していきます。

山崎 サトシ

2020.06.15

遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND