2020年も引く手数多。ヴァンズのコラボスニーカー、厳選10足

相手は有名ブランドからアーティスト、アニメキャラまで。バリエーション豊かな『ヴァンズ』のコラボスニーカーから、おすすめをピックアップ! その魅力を読み解きます。

本間 新

本間 新

SHARE
記事をお気に入り
2020.11.17

もはやアート。『ヴァンズ』のコラボスニーカーで、着こなしがグッと華やかに

もはやアート。『ヴァンズ』のコラボスニーカーで、着こなしがグッと華やかに

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1966年にアメリカはカリフォルニアで創業した、スニーカーブランド『ヴァンズ』。その普遍性とタフさから、多くのプロスケートボーダーが愛用していることでも知られています。そして『ヴァンズ』の大きな魅力の1つといえるのが、多彩に展開されるコラボモデル。これまでに、国内外を問わずさまざまなファッションブランドやインテリアショップ、またイギリスのヘヴィメタルバンド「アイアン・メイデン」のような有名アーティストとのコラボも実現しています。基本となるカラーの変更だけでなく、素材やデザインそのものをアレンジ可能という自由度の高さも『ヴァンズ』ならでは。いつものシンプルな着こなしに1点加えるだけで、ピリッとスパイスの効かせたアクセントとして機能してくれるのです。

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

スニーカー・シューズ

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

熱狂的なファンが多い『ヴァンズ』のスニーカー。そのなかから、クラシック感が魅力の定番モデルをピックアップして詳しく解説します。着こなし術も合わせて一挙に紹介!

平 格彦

2019.04.05

ヴァンズの看板。エラの魅力とオーセンティックとの違い

スニーカー・シューズ

ヴァンズの看板。エラの魅力とオーセンティックとの違い

スニーカーの定番ブランドといえば、『ヴァンズ』ですよね。なかでも本ブランドを代表するモデルがエラ。誕生から40年が経つ今でも色あせない、その魅力に迫っていきます。

山崎 サトシ

2018.07.13

ヴァンズの代表作。オールドスクールの魅力とコーデ集

スニーカー・シューズ

ヴァンズの代表作。オールドスクールの魅力とコーデ集

ローテクスニーカーとして不動の人気を誇る『ヴァンズ』のオールドスクール。その魅力を、歴史や特徴、定番カラーのコーディネートなどとともに、ご紹介していきます!

編集ウエダ

2019.07.23

今買える10足。『ヴァンズ』のコラボスニーカーを厳選ピックアップ

ファッションブランドはもちろん『モマ』や『ナショナル・ジオグラフィック』といったアカデミックなパートナーを含めたおすすめコラボモデル10足を厳選。「オールドスクール」や「エラ」といった『ヴァンズ』の代表的アイコニックモデルを中心に、それぞれのブランドならではの個性を巧みに融合させた秀作を一気に披露します!

アイテム1

『アレキサンダーリーチャン』×『ヴァンズ』 ヒゲエラ 防水 スニーカー

『アレキサンダーリーチャン』×『ヴァンズ』 ヒゲエラ 防水 スニーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

90年代後半から2000年代初頭にかけてプロスケーターとして活躍したアレキサンダー・リー・チャン氏。こちらは、同氏が持つストリートカルチャーやミュージックなどのバックボーンを基軸にデザインを展開するブランド『アレキサンダーリーチャン』によるコラボモデルになります。『ヴァンズ』の代表的モデル「エラ」をベースに、トレッキングブーツ仕様へとアレンジされ、武骨でワイルドな雰囲気に。さらにライナーには透湿性&撥水性に優れたイーベントを搭載して、防水機能も大幅に強化されています。

アイテム2

『ヴァンズ and モマ』コンフィクッシュ オールドスクール

『ヴァンズ and モマ』コンフィクッシュ オールドスクール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

英文館名のイニシャルから『モマ』の愛称で知られるニューヨーク近代美術館によるコラボレーションモデルは、「オールドスクール」がベース。『ヴァンズ』では定番となるチェッカーフラッグ柄の一部をレッドやブルー、グリーンにアレンジして、ビビッドな雰囲気を加えています。右足に“MoMA”、左足には“VANS”のロゴプリントが入るほか、インソールにもコラボレーションの証しともいえる両ブランドのダブルネームをオン。さらに『ヴァンズ』の最新ソール技術であるコンフィクッシュを採用しているので、フィット感や軽量性も向上しています。

アイテム3

『ストレイラッツ』×『ヴァンズ』オールドスクール

『ストレイラッツ』×『ヴァンズ』オールドスクール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカのラッパー兼プロデューサーであるタイラー・ザ・クリエイター氏が手掛けるアパレルブランド『ゴルフワン』。同ブランドに携わる、アメリカ・マイアミを拠点とするデザイナー、ジュリアン・コンスエグラ氏主宰のブランド『ストレイラッツ』がこの度のコラボ先です。「オールドスクール」のアッパーをブルー基調のレオパードで大胆にアレンジ。トゥやシューホール周りを高級感のあるブラウンで構成したとにより、大人の足下にふさわしいシックな雰囲気も兼ね備えています。

アイテム4

『N.ハリウッド』×『ヴァンズ』オールドスクール

『N.ハリウッド』×『ヴァンズ』オールドスクール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

“過去にあった事もしくは、今ある古いものにフォーカスを当てる”をテーマに、シンプルかつ洗練されたリアルクローズを展開するブランド『N.ハリウッド』によるコラボ第4弾。「オールドスクール」の特徴を踏襲しながら、ツヤのあるカウレザーと漆黒のカウスエードをメインにモノトーンで統一し、洗練された雰囲気にブラッシュアップ。インソールに両ブランドのダブルネームを配するほか、シューレースのキャップにも『N.ハリウッド』のロゴをあしらうなど、ディテールにこだわり抜いた力作となっています。

アイテム5

『ナショナル・ジオグラフィック』×『ヴァンズ』エラ

『ナショナル・ジオグラフィック』×『ヴァンズ』エラ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

自然界の領域であらゆる未知を切り開き、人々の知的好奇心を満たすドキュメンタリー番組を放送する専門チャンネル『ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル』とのコラボレーションによる「エラ」。『ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル』のキーカラーである鮮やかなイエローを基軸に、雪山や爬虫類などを写した過去の雑誌版の表紙を全面にプリントし、大自然とストリートを融合させた1足へと仕上げられています。

アイテム6

『ヴァンズ』×『ザ・シンプソンズ』オールドスクール

『ヴァンズ』×『ザ・シンプソンズ』オールドスクール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1989年にFOXテレビで放送を開始した、アメリカ郊外に住む家族の生活をコミカルに描いた長寿アニメ番組『ザ・シンプソンズ』と『ヴァンズ』とのコラボレーションとなる「オールドスクール」。アッパーは『ザ・シンプソンズ』の世界観からインスピレーションを得たポップなカラーリングで彩られ、サイドには主人公のモー・シズラックや劇中でバーに集まる愉快な仲間たち“MOE’S”のキャラクターをオン。さらにヒールにも“MOE’S”のプリントが配されています。

アイテム7

『タカ・ハヤシ』×『ヴァンズ ヴォルト』スリッポン STYLE 47

『タカ・ハヤシ』×『ヴァンズ ヴォルト』スリッポン STYLE 47

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

画家でありイラストレーター、グラフィックデザイナーと多彩に活動するアーティスト、タカ・ハヤシ氏とのコラボレーションモデル。氏の作品は80年代アメリカのスケートボードシーンやストリートシーンから影響を受けた作風で知られていて、本アイテムでは『ヴァンズ』の「スリッポン」をキャンバスに替えて製作。オリーブカラーのコットンをメイン素材に、履き口や切り替えにベージュの補強を加え、ミリタリーテイストを感じさせる武骨な1足へと仕上げられています。

アイテム8

『スティーブン・アラン』×『ヴァンズ』オールドスクール

『スティーブン・アラン』×『ヴァンズ』オールドスクール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1994年にアメリカはニューヨークにて発足したセレクトショップ『スティーブン・アラン』が展開する、同名のオリジナルブランドによる別注。アメリカントラッドやオーセンティックなアメリカンカジュアルをベースに、シンプルで着心地が良いリアルクローズを展開しています。本アイテムは通常でもシンプルな「オールドスクール」をベースに、スエードのオールブラックでさらにミニマムにまとめ上げた『スティーブン・アラン』らしさが溢れる1足となっています。

アイテム9

『ヴァンズ』OG シド LX

『ヴァンズ』OG シド LX

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

エクスクルーシブモデルとはそのシーズン中、特定のショップのみでの販売など販路を限定しているアイテムのこと。そこでしか購入できない、という特別感は、ある意味別注に通ずるものがあります。こちらは、『ヴァンズ』のファッション性を高めることを目的に、2003年に生まれたハイエンドライン『ヴァンズ ヴォルト』から登場した「シド」。1970年代年当時にカリフォルニア州アナハイムにあるファクトリーで製造されていたクラシックモデルにフォーカスしたエクスクルーシブモデルとなっており、重厚感溢れる10オンスキャンバスやスエードを取り入れるなど、当時のディテールを忠実に再現しています。

アイテム10

『ヴァンズ』スケートハイ リシュー キャップ ハイカット

『ヴァンズ』スケートハイ リシュー キャップ ハイカット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本国内では限られた数少ないショップでしか取り扱いがないプレミアムライン『ヴァンズ ヴォルト』。同ラインには、リメイクデザインが特徴的な要注目シリーズ「カット アンド ペースト」が存在します。変幻自在なリメイクセンスで好評の本シリーズから登場した本アイテムのベースは「オールドスクール」。レーシング脇にファスナーを設けて脱ぎ履きを容易にしているほか、ヒールパッチをサイドにアレンジ。さらに内側サイドに“OFF THE WALL”プリントを施すなど、大胆な遊び心が見受けられます。

元祖を知る。ヴァンズのオーセンティック、魅力とコーデ

スニーカー・シューズ

元祖を知る。ヴァンズのオーセンティック、魅力とコーデ

『ヴァンズ』が創業して最初に作られた、スタイル#44のデッキシューズ「オーセンティック」。半世紀以上たった今でも支持される魅力、合わせ方や注目作まで紹介します。

桐田 政隆

2017.06.26

ヴァンズの名作、スリッポン。多彩な色柄・素材からおすすめ16足を選りすぐり

スニーカー・シューズ

ヴァンズの名作、スリッポン。多彩な色柄・素材からおすすめ16足を選りすぐり

幅広い層から支持を集め、根強い人気を誇っている『ヴァンズ』の「スリッポン」。その魅力を掘り下げつつ、多彩な商品ラインアップや合わせるべきボトムスを紹介します!

平 格彦

2019.04.17

25周年で注目度急上昇! ヴァンズのハーフキャブの魅力と履きこなし方

スニーカー・シューズ

25周年で注目度急上昇! ヴァンズのハーフキャブの魅力と履きこなし方

2017年でリリース25周年を迎えた『ヴァンズ』のハーフキャブ。スケシューならではの履き心地に加え、程良いボリューム感はコーデのアクセントにも重宝します。

伊藤 千尋

2017.11.04

スニーカーだけじゃない。ヴァンズのTシャツならではの魅力とは?

ウェア・コーデ

スニーカーだけじゃない。ヴァンズのTシャツならではの魅力とは?

90年代リバイバルによりロゴT需要が高まる中、何やら『ヴァンズ』のTシャツが使えるとの噂。そこで今回は、魅力あるナイスな一枚&大人の着こなしルールをご紹介します。

伊藤 千尋

2020.07.09

何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選30モデルを紹介

スニーカー・シューズ

何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選30モデルを紹介

スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作、注目作も合わせて紹介します。10ブランド、全30モデルは必見です!

TASCLAP編集部

2020.09.10

本間 新
本間 新
ファッションを中心に様々な雑誌やWEB媒体で執筆を行っているエディター/ライター。中でもスニーカーに特化し、年間400本近くのスニーカーレビュー記事を制作している。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND