人気沸騰中。パタゴニアのロス・ガトス・クルーの魅力とコーデ術を徹底解説

『パタゴニア』の新定番「ロス・ガトス・クルー」は要チェック。快適なフリース製トップスで街着、部屋着、アウトドア用として活躍必至。特徴とコーデ例をご紹介します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.11.20

完売続出。『パタゴニア』の新たな定番、ロス・ガトス・クルーを知ってる?

完売続出。『パタゴニア』の新たな定番、ロス・ガトス・クルーを知ってる?

WEAR

WEAR

お気に入り追加

登場間もないながら、早くも『パタゴニア』の定番になりつつある注目アイテムが「ロス・ガトス・クルー」です。2018年にリリースされて以来、毎シーズン完売するほど人気を集めています。どんなものかというのを端的に表すと、ハイパイルフリース生地を使ったクールネック仕様のプルーオーバートップス。セーターやスウェットに近い感覚で気軽に着回すことができるのが大きな魅力です。『パタゴニア』の他のフリース製アイテムと比較するとややリーズナブルなので、その点もウケている要因の1つといえるでしょう。

完売続出。『パタゴニア』の新たな定番、ロス・ガトス・クルーを知ってる? 2枚目の画像

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ちなみに2019年には、ブラウン、ネイビー、グレーの3色展開でしたが、2020年はグレー、ブラック、グリーン(モスグリーン)、パープルの4色がラインアップ。毎年カラーバリエーションが変更されるので、すでに持っていても新色を買い足したくなってしまう人が多いようです。

サイズ感がジャストに近いためか、今はビッグシルエットで着こなせる大きめのサイズが特に人気。今季もすでに品切れのショップが続出しているので、気になる人は早めに確保しましょう!

これで納得。『パタゴニア』のロス・ガトス・クルーが支持されている5つの理由

人気沸騰中のロス・ガトス・クルーですが、すでに上で挙げた他にも人気を集めている理由があります。ここでは、5つのポイントに絞って解説。ひと通り読んでもらえれば、高評価なのもうなずけるはずです!

理由1

シンプルなのにブランドの“らしさ”をしっかり主張するデザイン

シンプルなのにブランドの“らしさ”をしっかり主張するデザイン

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ロス・ガトス・クルーはシンプルなプルオーバータイプのフリースですが、異素材使いの胸ポケットがデザイン上のアクセントとして効いています。これがブランド大定番の「クラシック・レトロX」を連想させ、ロゴとともに『パタゴニア』であることを存分に主張。着こなしやすさと程良い個性が高次元で融合した、絶妙なバランスです。

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

ウェア・コーデ

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

TASCLAP編集部

2020.11.02

理由2

吸湿発散性と保温性に優れるソフトなフリース生地

吸湿発散性と保温性に優れるソフトなフリース生地

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

使用されているハイパイルフリース生地は、吸湿発散性に優れています。着用時に内部をドライに保ってくれるだけでなく、旅行先などで洗濯しても素早く乾くので重宝します。毛足が長く、保温性や柔軟性に秀でているのも大きな特徴。快適な着心地で、タウンユースやアウトドア用だけでなく、ルームウェアとしても活躍してくれます。

理由3

耐久性撥水加工でちょっとした悪天候に対応可能

耐久性撥水加工でちょっとした悪天候に対応可能

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロス・ガトス・クルーは耐水性撥水(DWR)加工が施されているため、表面に付いた水分を水滴化して、飽和状態を防止。つまり、雨を弾いて濡れた状態になるのを防いでくれます。本格派アウトドアブランドの『パタゴニア』だからこそ、天候の変化にも対応できる加工を採用しているのです。

理由4

ポケットが3つ付いているので収納性も申し分なし

ポケットが3つ付いているので収納性も申し分なし

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

アイコニックなナイロン製の胸ポケットだけでなく、裾付近の両サイドにもハンドウォーマーポケットをレイアウト。すべてのポケットはジップ式で、財布やスマホ、カギや小物類などを入れておいも落とす心配がなくて便利です。

理由5

環境に配慮したリサイクルポリエステルを採用

環境に配慮したリサイクルポリエステルを採用

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『パタゴニア』はブランドとして世界の環境問題に配慮。工場の従業員にプレミアムな賃金が支払われる「フェアトレード・サーティファイド」の縫製を採用しているほか、リサイクルポリエステルも起用。ロス・ガトス・クルーのフリース生地に用いられるポリエステルの一部は、ペットボトルや着古した衣類などをリサイクルした素材が使われています。

『パタゴニア』のロス・ガトス・クルーはどう着る? 参考にすべきお手本コーデ集

ここからは、ロス・ガトス・クルーを使ったコーディネートの好サンプルをご紹介します。おしゃれに着こなすためのテンプレートになるよう、5つのテーマごとにピックアップ。これらを参考にしつつ着こなしてみてください!

▼ストリート系スタイルをベースにさりげなくアウトドアMIX

ロス・ガトス・クルーの持ち味であるリラックス感は、最近のトレンドとして人気が続いている大人っぽいストリート調のスタイルと相性が抜群。オーバーサイズを意識して、適度にルーズなシルエットでまとめるとストリート感が演出できます。

コーデ1

ゆったりしたワークパンツでスケーター調に

ゆったりしたワークパンツでスケーター調に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロス・ガトス・クルーもワークパンツもオーバーサイズをセレクト。パンツの裾をロールアップしてこなれ感を加味しつつ、ローテクスニーカーを思い切り主張することでスケーター風のストリート感を醸しています。それぞれのアイテムがシンプルだからこそ、トップスのアウトドア感が引き立って新鮮です。

コーデ2

コーデュロイパンツとダークトーンで大人っぽく

コーデュロイパンツとダークトーンで大人っぽく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドパンツはコーデュロイ製。トップスとともにダークトーンで落ち着かせてクールな大人ストリートのスタイルを築いています。トップスはグリーン、ボトムスはパープルという色使いでさりげなく個性を加味したさじ加減も圧巻。ロス・ガトス・クルーのアウトドアテイストがラフで無造作なムードを感じさせます。

▼アースカラーでまとめてナチュラルに大人なムードを醸成

ロス・ガトス・クルーは過去に2種類のブラウンがリリースされていますが、その色味を利用して全身をアースカラーでまとめると上品に仕上がります。現行カラーではグリーンがオリーブに近い色味なので、そちらを活用するのもおすすめ。トラッドなムードを意識することで大人っぽく着こなしてみてください!

コーデ3

茶系カラーの統一感とトラッドな柄で上品に

茶系カラーの統一感とトラッドな柄で上品に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ガンクラブチェックのスラックス系パンツを選ぶことで、大人な風格を加味しているのが最大のポイント。ロス・ガトス・クルーやパンツだけでなく、インナーやスニーカーまで茶系のカラーで揃えた統一感も品格を高めています。

コーデ4

同系色の挿し色でさりげなく個性をプラス

同系色の挿し色でさりげなく個性をプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

比較的シンプルな着こなしですが、チノパン(に近いクライミングパンツ)を合わせることで落ち着かせているのがポイント。全身をブラウン系のカラーで統一しているのも大人っぽくまとまっている理由です。マスタードカラーのスニーカーをアクセントにすることで、無難なだけではないコーディネートに格上げしているのも巧妙!

▼ブラックのパンツで引き締めて落ち着かせるのも有効

アウトドア顔のロス・ガトス・クルーは基本的にカジュアルなアイテム。大人っぽいコーディネートにまとめるなら、着崩し過ぎるのはNGです。そこで、黒いパンツで引き締めて品格をアップするのがおすすめ。スタイリッシュなイメージも演出できます。

コーデ5

ブラックジーンズで大人っぽくまとめた好例

ブラックジーンズで大人っぽくまとめた好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

存在感のあるパープルのロス・ガトス・クルーを選びつつ、黒いジーンズで引き締めて大人っぽく仕上げたお手本。スニーカーやウエストバッグ、サングラスまでブラックでリンクさせてクールに演出しています。ジーンズのスリムなシルエットがモダンなイメージを醸成。

コーデ6

黒いクライミングパンツで都会的アウトドア調に

黒いクライミングパンツで都会的アウトドア調に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックのクライミングパンツを合わせてアーバンなアウトドアコーデを構築。全体的にダークな色使いですが、パンツの短めな丈感で軽やかさも加味しています。明るいトーンのリュックからも軽快な印象が漂い、重厚なイメージを払拭。

▼明るい色落ちジーンズでサーフテイストにまとめると新鮮

毛足が長めでソフトタッチなフリース生地を使ったロス・ガトス・クルーは、リラックス感が特徴的。そんな魅力が共通するサーフ系のコーディネートとも好相性です。明るいトーンのジーンズを合わせればサーフテイストが漂うので、実践してみてください!

コーデ7

明るいジーンズ&スニーカーで爽快感を演出

明るいジーンズ&スニーカーで爽快感を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『ユニクロ』のスリムなジーンズを合わせることで、サーフ調の爽快感をMIX。インナーのネルシャツがラフなリラックス感もプラスしています。また、鮮やかなグリーンのスニーカーを挿し色にしてフレッシュなイメージも加味。ロス・ガトス・クルーもグリーン系なので、足元だけが悪目立ちせずバランス良くまとまっています。

コーデ8

暖色と寒色の組み合わせで軽快な装いに

暖色と寒色の組み合わせで軽快な装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロス・ガトス・クルーとスニーカーは暖色系のブラウンですが、ジーンズは寒色系のインディゴカラー。しかもトーンが明るいので、軽快なアクセントとして映えています。トップスは今どきなオーバーサイズですが、ジーンズはテーパードが効いていてスリムな印象で、全体としてスタイリッシュにまとまっています。

▼迷ったら、上下モノトーンでシックにまとめればOK

カジュアルなイメージのフリースアイテムを着こなす自信がない場合は、全身をモノトーンで揃えればOK。自動的に大人っぽく仕上がります。ロス・ガトス・クルーは現在、ブラックとグレーが展開されているので、どちらかを確保すればモノトーンでまとめやすく、シックに着こなすのも簡単です。

コーデ9

ブラック×ホワイトでシックに仕上げたお手本

ブラック×ホワイトでシックに仕上げたお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロス・ガトス・クルーはブラックを選びつつ、ホワイトジーンズを合わせることでシックにまとめた好サンプル。頭のてっぺんから足先まで黒&白で揃えることにより、モダンなニュアンスを全身に拡充させています。

コーデ10

グレーを上手に使った都会派コーディネート

グレーを上手に使った都会派コーディネート

WEAR

WEAR

お気に入り追加

全身をグレー基調でまとめてスタイリッシュに仕上げた着こなしです。『パタゴニア』のロス・ガトス・クルーと『ユニクロ』のスラックス風アンクルパンツをグレーで揃え、都会的なスタイリングのベースを確立。ハットとスニーカーを黒でリンクさせて上下から引き締めているのもポイントです。赤いソックスでスパイスを効かせたバランスも絶妙!

なお、ロス・ガトス・クルーのグレーは2年連続でリリースされている唯一のカラー。スタイリッシュに着こなしやすいので、人気が高いのも当然です。グレーに限らず、気になるカラーのロス・ガトス・クルーを見つけたらすぐに確保して着こなしてみてください!

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

ウェア・コーデ

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2019.09.24

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

ウェア・コーデ

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

アウトドアトレンドを追い風にフリース人気が爆発中! とくに『パタゴニア』は頭ひとつ抜けた支持率を誇ります。そのラインアップと着こなし術を押さえておきましょう。

山崎 サトシ

2018.11.15

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

ウェア・コーデ

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

TASCLAP編集部

2020.11.26

ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

ウェア・コーデ

ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

マウンテンパーカーやダウンでお馴染みの『ザ・ノース・フェイス』は、機能と見栄えを両立したフリースも必見。モコモコ系アイテムは今季の旬でもあるので要チェックです。

山崎 サトシ

2020.11.06

フリースパンツがマストハブ。アウトドアでも街でも着こなしたい

ウェア・コーデ

フリースパンツがマストハブ。アウトドアでも街でも着こなしたい

冬の定番、フリース素材のアイテムの中でも今年はパンツに注目です。暖かいのはもちろん、旬なアウトドアMIXやスポーティな装いが可能なフリースパンツをクローズアップ!

ai sato

2020.11.10

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND