この冬は、ボアパーカーに頼りたい。暖かくて今どきな19着をレコメンド

この冬は、ボアパーカーに頼りたい。暖かくて今どきな19着をレコメンド

フワフワで暖かく、こなれて見えるボアパーカーが今、人気。活用しない手はありません。その魅力を再確認しつつ、おすすめのアイテムをタイプ別にご紹介します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.11.04

寒い時期に大活躍。暖かくて着心地快適なボアパーカーを活用しよう

寒い時期に大活躍。暖かくて着心地快適なボアパーカーを活用しよう

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

この冬、肌寒い日にはボアパーカーを活用するのがおすすめです。ボアの大きな特徴は長い毛足。フワフワして心地良い手触りを楽しめるうえ、リラックスできる着心地で今の気分にもフィットしています。さらに、空気を溜め込みやすいため軽量性や保温性が抜群。見た目も着心地も温かいので、まさに寒い日にうってつけというわけです。

寒い時期に大活躍。暖かくて着心地快適なボアパーカーを活用しよう 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そんなボアですが、まずは気軽に着回せるパーカーで取り入れてみるのが最良の選択。スウェットパーカーのような感覚で、着こなしに悩むことなく幅広いコーディネートに使うことができます。アイテム自体のデザインはシンプルなものが多く、ペア使いやお揃いコーデに使うのもいいでしょう。

幅広く活用可能。ボアパーカーを使った3パターンのコーデ法とは

ボアパーカーはスウェットパーカーと同じように着こなせばOK。コーディネートのイメージはしやすいと思いますが、ここで典型的な着こなしパターンいついて解説しておきます。保温性抜群のボアパーカーを使いこなせると冬のおしゃれの幅が広がるので、ぜひ活用しましょう!

パターン1

「プルオーバー」タイプをコーディネートに主役に

「プルオーバー」タイプをコーディネートに主役に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

もっともシンプルな着こなしパターンがこちら。凹凸感のあるボアパーカーは表情が豊かなので、シンプルに着こなしてもこなれたムードが漂います。このお手本では、ジーンズとスニーカーを黒で揃えてクールかつ大人っぽくまとめているのがポイント。プルオーバータイプを選んでいますが、ジップアップタイプのフロントを閉め切れば同じように着こなすこともできます。

パターン2

「フロントをオープン」でアウターとして着用

「フロントをオープン」でアウターとして着用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

保温性が高いボアパーカーは、アウターとしても優秀。このコーディネートでは、タートルネックTシャツ+コーチジャケットをインナーとして用いつつ、色使いで温かみを強調しています。こんなレイヤードを楽しみたいなら、ジップアップ仕様のボアパーカーを手に入れて活用するのがイチ押しです。

タートルネックを使った重ね着が洒落感アップに効く。5つの必修ルールとは

ウェア・コーデ

タートルネックを使った重ね着が洒落感アップに効く。5つの必修ルールとは

顔周りは、与える印象を大きく左右する要所。タートルネックを使った重ね着で首元に立体感を構築すると、おしゃれ感がグッと高まります。覚えておきたい五大法則をご紹介!

平 格彦

2021.10.26

パターン3

「インナー使い」で保温性とこなれ感をアップ

「インナー使い」で保温性とこなれ感をアップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フワフワしてボリューム感のあるボアパーカーですが、上にオーバーサイズのアウターを重ねるのもおすすめ。ライナーのないコート類に保温性をプラスするアイテムとしても重宝します。写真のコーデでは、ダウンジャケットを重ねてレイヤードを構築。裏地のみにボアが使われているタイプのパーカーを選んでいますが、ボアを見せることで温かみやこなれた感をプラス。小ぶりなショルダーバッグで新鮮な軽快感を加味したバランスもお見事です!

気楽に着られておしゃれ度抜群。タイプ別のおすすめボアパーカー19選

実践してみたいコーディネートのパターンはイメージできましたか? そのイメージに合うボアパーカーが見つけやすいよう、「ジップアップ」「プルオーバー」「裏ボア」の3タイプに分けてご紹介します。気楽に着回せそうな1着を見つけて存分にヘビロテしましょう!

▼「ジップアップ」タイプのボアパーカー

気軽には羽織ることができ、アウターとしても使えるのがジップアップ仕様のボアパーカー。リリースされているアイテム数がもっとも多いので、納得できる1着が見つかるはずです。すぐに購入できるアイテムを厳選してご紹介!

アイテム1

『サニースポーツ』アール フーディージャケット

『サニースポーツ』アール フーディージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドで定番のレトロボア素材を使ったフーデッドジャケットです。実は、某アウトドアブランドが展開していた幻の名品がベース。オマージュを込めて再現しています。見るからにクラシックなムードで、シルエットも昔ながらのボックス型。とはいえ、リラクシングなワイドフォルムはむしろ今どきです。

アイテム2

『タトラス』ウォマ

『タトラス』ウォマ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

しっかりと肉厚なボア素材ながらも、『タトラス』らしい美麗な細身フィットで野暮ったさとは無縁! 袖口&&裾がストレッチパイピング仕様となっていたり、裏地が通気性の良いメッシュとなっていたりと、着心地面への配慮も隙がありません。胸元はナイロンで切り替え、ちょっとしたアクセントに。

アイテム3

『シップスエニィ』×『チャンピオン』別注ボアジップパーカー

『シップスエニィ』×『チャンピオン』別注ボアジップパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『チャンピオン』お得意の“シェルパフリース”を使った別注の1着。軽さ・柔らかさ・保温性の三拍子が揃った素材なので、快適性は折り紙付きです。また、ゆるっとしたオーバーシルエットにつき、今どきなリラックスコーデを狙うのにもおあつらえ向き! ハイネック仕様となっていて、冷たくなりがちな首元まで暖められるのもうれしいポイントです。

アイテム4

『ソフネット』パイルフリース ジップアップ フーディー

『ソフネット』パイルフリース ジップアップ フーディー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上質なブランケットを連想させるソフトなタッチと高い保温性を備える1着。適度なボリューム感で、インナーとしても着回しやすい作りです。また、両サイドに分かれたジップ式のポケットがさりげなく上品。フロントはダブルジップ仕様で、開き具合を調整することができます。

アイテム5

『ナノ・ユニバース』ボアフリーススーパーフルジップパーカー

『ナノ・ユニバース』ボアフリーススーパーフルジップパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

かなりボリューム感のあるボアフリースパーカー。見た目も着心地もかなり温かい1着です。装飾的なディテールがなく、ミニマルで着こなしやすいのもポイント。カラーはベージュ、ブラック、ネイビーの3色展開です。

アイテム6

『ディーゼル』ユニセックス スウェット パーカー ボア オーバーサイズ

『ディーゼル』ユニセックス スウェット パーカー ボア オーバーサイズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

モコモコボア×大胆カラーの競演により、圧倒的な存在感を演出! トレンド感たっぷりなドロップショルダー仕様とも相まって、コレ1着でサマになる装いが完成します。シルエットは裾に施されたアジャスターで微調整できるので、その日の気分でアレンジするのも◎です。

アイテム7

『ペンドルトン』ジャカードボアフーディ

『ペンドルトン』ジャカードボアフーディ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメカジ界きっての老舗が放つ1着。ブランドの定番柄であるハーディング柄が堂々とあしらわれ、着こなしにインパクトをもたらしてくれます。加えて、オーバーシルエットのボリュームある風貌とは裏腹にライトウェイトなのも魅力の1つ。楽ちんな着心地ですから、ワンマイルシーンにおいても活躍しそうです。

アイテム8

『ベンデイビス』ボア リバーシブル パーカー

『ベンデイビス』ボア リバーシブル パーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウォーム感溢れるボアサイドと、シンプルに着こなせるナイロンサイドとの両A面デザイン。シチュエーションに応じて自在にスイッチできますので、汎用性は抜群です。ゆったりめの身幅に対して着丈はやや短めという、バランスの取れたワイドシルエットもこだわり。

アイテム9

『ファーストダウン』タンブリング ボア フーディ

『ファーストダウン』タンブリング ボア フーディ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

防寒性に秀でるタンブリング ボアで仕立てた1着。肌触りが良く蒸れにくいトリコットメッシュを裏地に採用することで、快適性を一段とアップさせています。クリーンな白地のボアパーカーにつき、トラウザーのようなきれいめパンツと合わせても良いでしょう。カラバリではブラック&ブラウンを用意。

人気再び。ファーストダウンの注目アウター16選

ウェア・コーデ

人気再び。ファーストダウンの注目アウター16選

90年代がリバイバルしている影響もあり、2018年秋冬から再始動した『ファーストダウン』が引き続き注目株。歴史を魅力を掘り下げつつ、ラインアップを紹介します。

近間 恭子

2021.11.02

▼「プルオーバー」タイプのボアパーカー

シンプルに着こなしやすいのはプルオーバータイプのボアパーカー。コーディネートの主役になるような1着を探し出して、街着としても部屋着としても着倒してみてください。温もり感が際立つベージュ系やブラウン系のボアパーカーから、柄や意匠を効かせたキャラ立ちモデルまで幅広くお披露目していきます。

アイテム10

『カーハートダブリューアイピー』ボアフリースプルオーバーパーカー

『カーハートダブリューアイピー』ボアフリースプルオーバーパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

肉感の良い10.3オンスのポリエステルパイルボアを使用した逸品。厚手すぎない仕立てなので、ヘビーアウターのインナーとして着用することも可能です。各所をナイロン生地で切り替えるなど、さりげないメリハリ付けも好印象! なお、フィット感を高めるために袖口&裾の縁にはストレッチ素材を使っています。

アイテム11

『エーグル』ボアフリース アノラックパーカー

『エーグル』ボアフリース アノラックパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アノラックがデザインベースとなったボアパーカーは、ハーフジップ仕様でインナーとのコントラストを楽しめます。フロントポケット&フードに異素材を取り入れた、洒脱なデザインでも大人を魅了。シルエットは太過ぎず細過ぎずなレギュラーフィットとなっており、組み合わせるボトムスを選びません。

アイテム12

『アバハウス グレイ』ボア プルオーバー パーカー

『アバハウス グレイ』ボア プルオーバー パーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ミニマルなデザインのボアパーカー。ゆったりしたシルエットを採用しつつ、袖口と裾をリブ仕様にすることで防風性も確保しています。アーシーなキャメルやカーキに加え、シックなホワイトとブラックも展開。

アイテム13

『ルーカ』ボアプルオーバーパーカー

『ルーカ』ボアプルオーバーパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

周囲との差別化を狙うなら、ボアパーカーでは珍しいこんなカモフラージュ柄モデルに照準を定めてみるのもアリ! モコモコとした素材感が迷彩柄特有のハードさを和らげてくれるので、意外にもすんなりと手持ちのワードローブに溶け込んでくれます。胸元にはワンポイントでロゴマークが鎮座。

アイテム14

『ヒュンメル』ヘビーボアパーカー

『ヒュンメル』ヘビーボアパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ポリエステル生地で切り替えてアクティブ感を打ち出しているのは、スポーツライフスタイルブランドならでは! ポケット口にあしらわれたブランド十八番のシェブロンラインも目を引くディテールです。また、脱着しやすさを考えてサイドにはファスナーをセッティング。

アイテム15

『カッパ』×『アンカー スミス』シャギーボア 筆記体ロゴ オーバーサイズ プルオーバーパーカー

『カッパ』×『アンカー スミス』シャギーボア 筆記体ロゴ オーバーサイズ プルオーバーパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

毛足の長いシャギーボアを使うことで、立体感のある出で立ちに。おまけに、胸元に配された『カッパ』の筆記体ロゴが絶妙なアイキャッチとして機能しています。裾と袖口に施したリブをあえて薄くすることにより、ボアを一段ときわ立たせているのも技アリ! カラーは豊富に全6色がスタンバイします。

▼裏地にボアを採用した「裏ボア」パーカー

裏側だけにボアを使ったパーカーも少なくありません。保温性が高いのはもちろん、フードの内側は意外と目立つので冬らしいアクセントとして活用することができます。ボア地のアイテムに慣れていない人でも着回しやすいので、この裏ボアタイプからトライするのもおすすめです。

アイテム16

『チャンピオン』ウラボアスウェットパーカー

『チャンピオン』ウラボアスウェットパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

比較的オーセンティックなスウェットパーカーと思いきや、裏地がボア。フード内側のボアが意外なほど主張し、ウォーム感や上質感を演出してくれます。カラー展開はこのロイヤルブルーに加えてブラック、ホワイトの3色ですが、裏地のボアはすべてホワイト。シルエットはややゆったりめの設定となっています。

チャンピオンはスウェットパーカーの王者だ! その着こなしとおすすめを網羅

ウェア・コーデ

チャンピオンはスウェットパーカーの王者だ! その着こなしとおすすめを網羅

“キング・オブ・スウェット”の王座を揺るぎないものにしている『チャンピオン』。いつでも着こなしに正解をもたらしてくれる鉄板の名作と、コーデの要諦を再確認します。

遠藤 匠

2021.11.19

人気のフリースもチャンピオンで。スウェットだけじゃない魅力とは?

ウェア・コーデ

人気のフリースもチャンピオンで。スウェットだけじゃない魅力とは?

今季の旬モノといえば、モコモコとした風貌で装いに冬らしさをもたらしてくれるフリース。なかでも『チャンピオン』の一品は、大人にとって利点だらけでマストバイです!

山崎 サトシ

2019.12.11

アイテム17

『レアセル』ウオームボア フーデッド パーカー

『レアセル』ウオームボア フーデッド パーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

胸元にドリームキャッチャーの刺繍があしらわれた、遊び心あるルックス。裏面には毛足の長いボアがボンディングされており、ヘビーアウターにも負けないほどの防寒性を誇っています。インナーを着込みやすい、程良くゆとりを持たせた作りもGOOD!

アイテム18

『アバハウス』リバーシブル モールニットパーカー

『アバハウス』リバーシブル モールニットパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

裏地にボア風の毛羽感ある生地を採用。表地はソリッドなニット生地で、上品なムードを感じさせます。裏面のブランドタグさえ取れば、リバーシブルで使えるのも大きな魅力。コーディネートに合わせて生地感が選べるので、1着あると重宝します。

アイテム19

『コンバース』裏ボア ワンポイント刺繍 フルジップパーカー

『コンバース』裏ボア ワンポイント刺繍 フルジップパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『コンバース』のオールスターロゴが胸元にデザインされたジップパーカー。フロントジップをオープンして着こなせば、表情豊かなボアライナーがスタイルのアイキャッチとなってくれます。肌触りがふんわりと心地良いので、ルームウェアやご近所着として活用するのもおすすめです。

パーカーブランド厳選17。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

ウェア・コーデ

パーカーブランド厳選17。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

肌寒くなると出番が増えるパーカー。長いスパンで活用するアイテムだからこそ、セレクトは妥協できません。そこで、こだわる大人におすすめのパーカーを一挙ご紹介!

山崎 サトシ

2021.09.13

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

ウェア・コーデ

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

毎年秋冬になるとボアジャケットの注目度が上がりますが、今季はこれまで以上に脚光を浴びています。うまく味方につけて、着こなしの旬度アップを狙いましょう。

山崎 サトシ

2021.11.05

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

ウェア・コーデ

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

引き続き人気を集める90年代ファッション。そのムードを感じさせるボアブルゾンがブレイク中です。選び方から着こなしルール、おすすめアイテムまでを一気に解説します。

平 格彦

2021.03.01

今年のフリースはこの中からどうぞ。選びのポイントと大人におすすめの13着

ウェア・コーデ

今年のフリースはこの中からどうぞ。選びのポイントと大人におすすめの13着

フリースジャケットが頼りになる季節到来。ダウンと肩を並べる冬の主役は、選択肢が増えた現在、群雄割拠の状態に。選びの要点を押さえつつおすすめ品を披露しましょう。

遠藤 匠

2021.10.29

パーカーもフリースで。旬な着こなしが叶う人気ブランドのおすすめ10選

ウェア・コーデ

パーカーもフリースで。旬な着こなしが叶う人気ブランドのおすすめ10選

冬の定番素材ながら、これまで以上に注目されているフリース。なかでも人気がうなぎ上りのパーカーにスポットを当て、着こなしやおすすめブランドをご紹介します。

近間 恭子

2020.12.26

旬な素材で差をつける。ボアコートという選択がこの冬、新しい

ウェア・コーデ

旬な素材で差をつける。ボアコートという選択がこの冬、新しい

モコモコしたボア生地が今、注目の的。その軽くて暖かい特徴を生かしながら、上品に仕上げたボアコートが大人におすすめです。メリットを整理しつつ、おすすめ品を披露!

平 格彦

2020.12.27

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP