この冬は、ボアパーカーに頼りたい。暖かくて今どきな15着をレコメンド

この冬は、ボアパーカーに頼りたい。暖かくて今どきな15着をレコメンド

フワフワで暖かく、こなれて見えるボアパーカーが今、人気。活用しない手はありません。その魅力を再確認しつつ、おすすめのアイテムをタイプ別にご紹介します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.08

寒い時期に大活躍。暖かくて着心地快適なボアパーカーを活用しよう

寒い時期に大活躍。暖かくて着心地快適なボアパーカーを活用しよう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

この冬、肌寒い日にはボアパーカーを活用するのがおすすめです。ボアの大きな特徴は長い毛足。フワフワして心地良い手触りを楽しめるうえ、リラックスできる着心地で今の気分にもフィットしています。さらに、空気を溜め込みやすいため軽量性や保温性が抜群。見た目も着心地も温かいので、まさに寒い日にうってつけというわけです。

寒い時期に大活躍。暖かくて着心地快適なボアパーカーを活用しよう 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そんなボアですが、まずは気軽に着回せるパーカーで取り入れてみるのが最良の選択。スウェットパーカーのような感覚で、着こなしに悩むことなく幅広いコーディネートに使うことができます。アイテム自体のデザインはシンプルなものが多く、ペア使いやお揃いコーデに使うのもいいでしょう。

幅広く活用可能。ボアパーカーを使った3パターンのコーデ法とは

ボアパーカーはスウェットパーカーと同じように着こなせばOK。コーディネートのイメージはしやすいと思いますが、ここで典型的な着こなしパターンいついて解説しておきます。保温性抜群のボアパーカーを使いこなせると冬のおしゃれの幅が広がるので、ぜひ活用しましょう!

パターン1

「プルオーバー」タイプをコーディネートに主役に

「プルオーバー」タイプをコーディネートに主役に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

もっともシンプルな着こなしパターンがこちら。凹凸感のあるボアパーカーは表情が豊かなので、シンプルに着こなしてもこなれたムードが漂います。このお手本では、ジーンズとスニーカーを黒で揃えてクールかつ大人っぽくまとめているのがポイント。プルオーバータイプを選んでいますが、ジップアップタイプのフロントを閉め切れば同じように着こなすこともできます。

パターン2

「フロントをオープン」でアウターとして着用

「フロントをオープン」でアウターとして着用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

保温性が高いボアパーカーは、アウターとしても優秀。このコーディネートでは、タートルネックTシャツ+コーチジャケットをインナーとして用いつつ、色使いで温かみを強調しています。こんなレイヤードを楽しみたいなら、ジップアップ仕様のボアパーカーを手に入れて活用するのがイチ押しです。

タートルネックを使った重ね着が洒落感アップに効く。5つの必修ルールとは

ウェア・コーデ

タートルネックを使った重ね着が洒落感アップに効く。5つの必修ルールとは

顔周りは、与える印象を大きく左右する要所。タートルネックを使った重ね着で首元に立体感を構築すると、おしゃれ感がグッと高まります。覚えておきたい五大法則をご紹介!

平 格彦

2020.12.03

パターン3

「インナー使い」で保温性とこなれ感をアップ

「インナー使い」で保温性とこなれ感をアップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フワフワしてボリューム感のあるボアパーカーですが、上にオーバーサイズのアウターを重ねるのもおすすめ。ライナーのないコート類に保温性をプラスするアイテムとしても重宝します。写真のコーデでは、ダウンジャケットを重ねてレイヤードを構築。裏地のみにボアが使われているタイプのパーカーを選んでいますが、ボアを見せることで温かみやこなれた感をプラス。小ぶりなショルダーバッグで新鮮な軽快感を加味したバランスもお見事です!

気楽に着られておしゃれ度抜群。タイプ別のおすすめボアパーカー15選

実践してみたいコーディネートのパターンはイメージできましたか? そのイメージに合うボアパーカーが見つけやすいよう、「ジップアップ」「プルオーバー」「裏ボア」の3タイプに分けてご紹介します。気楽に着回せそうな1着を見つけて存分にヘビロテしましょう!

▼「ジップアップ」タイプのボアパーカー

気軽には羽織ることができ、アウターとしても使えるのがジップアップ仕様のボアパーカー。リリースされているアイテム数がもっとも多いので、納得できる1枚が見つかるはずです。すぐに購入できるアイテムを厳選してご紹介!

アイテム1

『サニースポーツ』アール フーディージャケット

『サニースポーツ』アール フーディージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドで定番のレトロボア素材を使ったフーデッドジャケットです。実は、某アウトドアブランドが展開していた幻の名品がベース。オマージュを込めて再現しています。見るからにクラシックなムードで、シルエットも昔ながらのボックス型。とはいえ、リラクシングなワイドフォルムはむしろ今どきです。

アイテム2

『ファーストダウン』タンブリングボアパーカー

『ファーストダウン』タンブリングボアパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボリュームあるボア生地を使用したパーカー。ボディと同色のナイロン生地で切り替えた左胸のポケットがアウトドアテイストを醸しています。その他のデザインはシンプルで着こなしやすい仕上がり。カラーはチャコールグレーとブラックが選べます。

人気再び。ファーストダウンの注目アウター7選

ウェア・コーデ

人気再び。ファーストダウンの注目アウター7選

90年代がリバイバルしている影響もあり、2018年秋冬から再始動した『ファーストダウン』が引き続き注目株。歴史を魅力を掘り下げつつ、ラインアップを紹介します。

近間 恭子

2020.12.09

アイテム3

『チャンピオン』ジップフードジャケット

『チャンピオン』ジップフードジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットアイテムで名高い『チャンピオン』ですが、ボアアイテムもラインアップ。毛足の長いシェルパフリースを使ってモコモコした触感に仕上げています。左胸のロゴ刺繍をボディに馴染ませるなど、全体としてシンプルで着回しやすい面持ち。抗菌消臭機能も備える逸品です。

アイテム4

『ソフネット』パイルフリース ジップアップ フーディー

『ソフネット』パイルフリース ジップアップ フーディー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上質なブランケットを連想させるソフトなタッチと高い保温性を備える1着。適度なボリューム感で、インナーとしても着回しやすい作りです。また、両サイドに分かれたジップ式のポケットがさりげなく上品。フロントはダブルジップ仕様で、開き具合を調整することができます。

アイテム5

『ナノ・ユニバース』ボアフリーススーパーフルジップパーカー

『ナノ・ユニバース』ボアフリーススーパーフルジップパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

かなりボリューム感のあるボアフリースパーカー。見た目も着心地もかなり温かい1着です。装飾的なディテールがなく、ミニマルで着こなしやすいのもポイント。カラーはベージュ、ブラック、ネイビーの3色展開です。

アイテム6

『ウノ ピゥウノ ウグァーレ トレ リラックス 』マイクロボアパーカー

『ウノ ピゥウノ ウグァーレ トレ リラックス 』マイクロボアパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ウノ ピゥウノ ウグァーレ トレ』のリラックスラインでリリースされたアイテムです。「極上の普段着」を標榜しているコレクションだけあって、このボアパーカーでも究極の着心地を実現。使用しているマイクロボアはやや毛足が短めで、インナーとしても使いやすいボリューム感に抑えられています。

アイテム7

『ウィゴー』シャギーボアジップパーカ

『ウィゴー』シャギーボアジップパーカ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リラックス感のある今どきシルエットのボアパーカー。サラッとした触感の生地が快適なので、ルームウェアとしても最適です。裾にはドローコードが通っていて、左右から絞ることでシルエットのアレンジもできます。

▼「プルオーバー」タイプのボアパーカー

シンプルに着こなしやすいのはプルオーバータイプのボアパーカー。コーディネートの主役になるような1着を探し出して、街着としても部屋着としても着倒してみてください。ボアならでのウォーム感が際立つベージュ系やブラウン系のカラーがイチ押し!

アイテム1

『ワイルドシングス』フラッフィーボアパーカー

『ワイルドシングス』フラッフィーボアパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

肉厚なボア生地とリラックスできるシルエットを採用したスタンダードなプルオーバーパーカー。左胸のロゴパッチが唯一のアクセントとして効いています。ナチュラル、ブラウン、オリーブ、ブラックのカラバリはいずれも、大人のコーディネートにぴったり。

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

ウェア・コーデ

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

山崎 サトシ

2020.11.24

アイテム2

『リーボック』クラシックス ウインター エスケープ フーディー

『リーボック』クラシックス ウインター エスケープ フーディー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スキーロッジで過ごす冬のバケーションから着想を得たデザイン。フロントを横断する切り替えと、「クラシックス」コレクションであることを表す「ベクター」のロゴラベルがレトロ感や個性を主張しています。ベージュとブラックに加え、鮮やかなグリーンもラインアップ。

アイテム3

『アバハウス グレイ』ボア プルオーバー パーカー

『アバハウス グレイ』ボア プルオーバー パーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ミニマルなデザインのボアパーカー。ゆったりしたシルエットを採用しつつ、袖口と裾をリブ仕様にすることで防風性も確保しています。アーシーなキャメルやカーキに加え、シックなホワイトとブラックも展開。

アイテム4

『エマクローズ』ミックスボアフリース プルオーバーシャギーパーカー

『エマクローズ』ミックスボアフリース プルオーバーシャギーパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらもシンプルなデザインの1着ですが、少しダークなリブがさりげないアクセント。毛羽感の強いボア生地を使っているため、ボリュームが抑えめのわりに表情は豊かな印象です。温かみがあるのはベージュですが、ベージュとカーキは霜降り感が強くニットのような上質感を備えています。

アイテム5

『カンビオ』スイッチ ボア ルーズ プルパーカ

『カンビオ』スイッチ ボア ルーズ プルパーカ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上下でカラーを切り替えたバイカラー使いのデザインが独創的。インナーのレイヤードが楽しめるほどルーズなサイズ設定も特徴的です。ブラウン×ベージュのほかに、ブラック×グレー、ブラック×オリーブもラインアップ。

▼裏地にボアを採用した「裏ボア」パーカー

裏側だけにボアを使ったパーカーも少なくありません。保温性が高いのはもちろん、フードの内側は意外と目立つので冬らしいアクセントとして活用することができます。ボア地のアイテムに慣れていない人でも着回しやすいので、この裏ボアタイプからトライするのもおすすめです。

アイテム1

『チャンピオン』裏ボアパーカー

『チャンピオン』裏ボアパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

比較的オーセンティックなスウェットパーカーと思いきや、裏地がボア。フード内側のボアが意外なほど主張し、ウォーム感や上質感を演出してくれます。カラー展開はブラック、ホワイト、ピンクの3色ですが、裏地のボアはすべてホワイト。

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

ウェア・コーデ

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

我々にとって馴染み深いチャンピオンのパーカーですが、学生の頃と同じ雰囲気で着こなすのは禁物。大人ならではのアメカジコーデを覚えておきましょう!

山崎 サトシ

2020.10.14

人気のフリースもチャンピオンで。スウェットだけじゃない魅力とは?

ウェア・コーデ

人気のフリースもチャンピオンで。スウェットだけじゃない魅力とは?

今季の旬モノといえば、モコモコとした風貌で装いに冬らしさをもたらしてくれるフリース。なかでも『チャンピオン』の一品は、大人にとって利点だらけでマストバイです!

山崎 サトシ

2019.12.11

アイテム2

『アウトドアプロダクツ』裏ボアジップパーカー

『アウトドアプロダクツ』裏ボアジップパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

裏地に採用したボーダー柄のボアが挿し柄として映えている1着。シンプルなコーディネートのアクセントとして重宝します。カラバリによってボアの柄や色使いが異なるため、購入時にはチェックを忘れずに!

アイテム3

『アバハウス』リバーシブル モールニットパーカー

『アバハウス』リバーシブル モールニットパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

裏地にボア風の毛羽感ある生地を採用。表地はソリッドなニット生地で、上品なムードを感じさせます。裏面のブランドタグさえ取れば、リバーシブルで使えるのも大きな魅力。コーディネートに合わせて生地感が選べるので、1枚あると重宝します。

パーカーブランド厳選15。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

ウェア・コーデ

パーカーブランド厳選15。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

肌寒くなると出番が増えるパーカー。長いスパンで活用するアイテムだからこそ、セレクトは妥協できません。そこで、こだわる大人におすすめのパーカーを一挙ご紹介!

山崎 サトシ

2020.10.06

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

ウェア・コーデ

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

毎年秋冬になるとボアジャケットの注目度が上がりますが、今季はこれまで以上に脚光を浴びています。うまく味方につけて、着こなしの旬度アップを狙いましょう。

山崎 サトシ

2020.12.07

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

ウェア・コーデ

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

引き続き人気を集める90年代ファッション。そのムードを感じさせるボアブルゾンがブレイク中です。選び方から着こなしルール、おすすめアイテムまでを一気に解説します。

平 格彦

2019.10.19

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

ウェア・コーデ

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

TASCLAP編集部

2020.11.26

パーカーもフリースで。旬な着こなしが叶う人気ブランドのおすすめ10選

ウェア・コーデ

パーカーもフリースで。旬な着こなしが叶う人気ブランドのおすすめ10選

冬の定番素材ながら、これまで以上に注目されているフリース。なかでも人気がうなぎ上りのパーカーにスポットを当て、着こなしやおすすめブランドをご紹介します。

近間 恭子

2020.12.26

旬な素材で差をつける。ボアコートという選択がこの冬、新しい

ウェア・コーデ

旬な素材で差をつける。ボアコートという選択がこの冬、新しい

モコモコしたボア生地が今、注目の的。その軽くて暖かい特徴を生かしながら、上品に仕上げたボアコートが大人におすすめです。メリットを整理しつつ、おすすめ品を披露!

平 格彦

2020.12.27

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND