SY32を知ってる? スポーツMIXスタイルに最適な注目ブランド

SY32を知ってる? スポーツMIXスタイルに最適な注目ブランド

サッカー界のレジェンドが携わっている『SY32』をご存じですか? スポーツMIXコーデに重宝するアイテムが豊富に揃うアパレルブランドです。おすすめ品を厳選してご紹介!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.10

サッカー界のレジェンドが創設したブランドから派生した『SY32』

サッカー界のレジェンドが創設したブランドから派生した『SY32』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『SY32』というブランドはご存じでしょうか? 正確なブランド名は『SY32 by SWEET YEARS(エスワイサーティトゥ バイ スウィートイヤーズ)』で、イタリアに拠点を置く『スウィートイヤーズ』の兄弟ブランドです。

サッカー界のレジェンドが創設したブランドから派生した『SY32』 2枚目の画像

SY32

SY32

お気に入り追加

そもそも『スウィートイヤーズ』とは、イタリアサッカー界のレジェンド、パオロ・マルディーニ氏とクリスチャン・ヴィエリ氏のアイデアによって生まれたイタリアンカジュアルブランド。その10周年を節目として、2014年にスポーツカジュアルラインの『SY32』が誕生しました。『SY32』の「SY」は「SWEET YEARS」の頭文字、「32」はヴィエリ氏が現役時代につけていた背番号から取られています。

サッカー界のレジェンドが創設したブランドから派生した『SY32』 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

最大の特徴は、アクティブウェアのディテールを取り入れたデザイン。機能性や快適性だけでなくファッション性も追求しているのがポイントです。スポーツMIXスタイルが好きな人やサッカーファンにぜひおすすめしたいブランドで、普段のコーディネートに自分の好きな要素をさりげなく落とし込むことができます。

『SY32』のコレクションから、スポーツMIXに最適なおすすめ品をピックアップ

ブランドの概要を押さえたところで、さっそくおすすめのアイテムをご紹介。「スウェットアイテム」「アウター類」「Tシャツ類」「小物類」の4カテゴリに分けて披露します。どのアイテムも、スポーティなロゴが効いているのが魅力。シンプルなコーディネートのアクセントとして活用してみてください!

▼スウェットアイテム

スポーツ系ブランドということで、動きやすくてリラックスできるスウェットアイテムが充実。一度では網羅しきれないほどの多彩なラインアップですが、着回しやすいタイプを厳選してパーカー、トレーナー、パンツの逸品をご紹介します。

アイテム1

ボックスロゴ ビッグシルエットフーディー

ボックスロゴ ビッグシルエットフーディー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

裏毛スウェット生地を使用した定番的なパーカー。リラクシングなビッグシルエットと、スポーティかつストリートライクなボックスロゴが今どきな雰囲気を醸しています。袖口にフィンガーホールが設けられているので、手の甲まで覆うことが可能。襟伏せテープには消臭効果のあるタイプを採用しています。

アイテム2

アクティブスウェット ジップフーディー

アクティブスウェット ジップフーディー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

吸汗速乾性に優れるポリエステル100%の生地を使ったジップアップパーカー。スポーツシーンでも着用できるスペックですが、気軽にはおれるライトアウターとして重宝します。レーザー圧着加工で仕上げたルックスにはハイテク感があり、スポーティな雰囲気が強い仕上がりです。

アイテム3

ワールドスター プルオーバークルー

ワールドスター プルオーバークルー

SY32

SY32

お気に入り追加

12個の星でサークルを描いたバックプリントが印象的。2019年にリリースされた人気のグラフィックを定番化したものです。胸の中央には小さめなロゴ刺繍もレイアウトし、インナーとして使ってもブランドをさりげなく主張してくれます。

アイテム4

ニュータイプネオ メッシュ プルオーバークルー

ニュータイプネオ メッシュ プルオーバークルー

SY32

SY32

お気に入り追加

ブランドネームをアレンジしたジオメトリックなグラフィックは、「ニュータイプネオ」シリーズの象徴。派手すぎないけど主張のある存在感で、スポーティなスパイスとして最適です。このトレーナーは、スウェット生地にメッシュ生地を重ねた2枚仕立て。その質感がスポーツテイストをさらに強調しています。

アイテム5

ニュータイプネオ サイドテープ スウェットパンツ

ニュータイプネオ サイドテープ スウェットパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

このパンツも「ニュータイプネオ」シリーズの1本。両側のサイドラインに象徴的な幾何学模様が使われています。さらに、ふくらはぎ部分にもアイコニックな柄をレイアウト。バックスタイルでもスポーティな個性をアピールできます。

▼アウターウェア

『SY32』はスポーティなテイストのアウターも豊富にラインアップ。ライトなアウターが多いので、コートなどのインナーに活用してスポーツ調のアクセントとして効かせるのもおすすめです。

アイテム1

コーチジャケット

コーチジャケット

SY32

SY32

お気に入り追加

右袖のプリントがストリートライクなムードを高めているコーチジャケット。バックプリントのグラフィックも凝っていますが、使っている色数が少ないのでスタイリッシュにまとまっています。カラバリはブラック、グレー、ネイビー、ブルー、レッドの5色。

アイテム2

ダブルニット MA-1

ダブルニット MA-1

SY32

SY32

お気に入り追加

二重構造のダンボールニットを使ったブルゾンです。軽いのに保温性に優れているので、カーディガン感覚でインナーとして使うのもおすすめ。ショート丈のMA-1タイプだからこそ、レイヤードも楽しみやすいアウターです。バーティカルなレイアウトの大きめなロゴがスポーティなムードを主張!

注目度急上昇のダンボールニットとは? クリーンに着られる大人の味方

ウェア・コーデ

注目度急上昇のダンボールニットとは? クリーンに着られる大人の味方

ここ最近人気が高まっているダンボールニットを知っていますか? クリーンな印象なのにリラックス感のある生地で、大人にぴったり。魅力とおすすめ品を一気に解説します!

平 格彦

2020.12.18

アイテム3

ニュータイプネオ アノラックパーカー

ニュータイプネオ アノラックパーカー

SY32

SY32

お気に入り追加

防風性の高いアノラックタイプのアウター。撥水性も高いので、ちょっとした悪天候にも対応します。フロントのメッシュポケットで収納力も確保。内側のジオメトリック柄に加え、背面の「NEW TYPE NEO」のロゴが適度なアクセントとして効いています。

アイテム4

ポーラテック リバーシブル ブルゾン

ポーラテック リバーシブル ブルゾン

SY32

SY32

お気に入り追加

「ポーラテック」社のフリース生地を使用したブルゾンは、リバーシブルで使えて便利。片面は無地で、シールドロゴが入っただけのシンプルなデザインです。一方、反対のサイドは総柄仕様。グレー版の裏面は白地にロゴを敷き詰めたデザインで、ブラック版の裏柄はペイズリー柄になっています。軽くて温かいので、冬はインナーとしても大活躍!

▼Tシャツ&カットソー

スポーツ系ブランドなので、Tシャツ類もバリエーションが豊か。ロゴを効かせたビビッドなデザインが中心なので、スポーティなテイストを演出することができます。また、運動時に着用できる機能的なタイプもラインアップしています。

アイテム1

カラー ボックスロゴ ティー

カラー ボックスロゴ ティー

SY32

SY32

お気に入り追加

ボックスロゴをメインに使ったTシャツはカラバリが豊富。色の組み合わせだけでなく、カモフラージュ柄を使ったロゴもセレクトできます。サイズ感はジャストなので、今っぽさを演出したいならサイズアップして着こなすのがおすすめ。

アイテム2

ゴールド シールドロゴ ティー

ゴールド シールドロゴ ティー

SY32

SY32

お気に入り追加

『SY32』では人気の定番となっているシールドロゴを大胆に採用。光沢感まで細かく再現した転写プリントで、きらめくゴールドエンブレムを描いています。ありそうでない大胆なデザインで、ゴージャスなインパクトが欲しいときに選びたい1枚。

アイテム3

アームロゴ ロングスリーブティー

アームロゴ ロングスリーブティー

SY32

SY32

お気に入り追加

ストリートテイストの袖プリントが入ったロンTも『SY32』には充実しています。この1枚は、右袖にレイアウトした“SWEETYEARS”のロゴがアイキャッチ。1枚で着てもサマになるデザインです。ボディもプリントもブラックで統一されたタイプなら、個性を主張すぎずクールに着こなせます。

アイテム4

ニュータイプネオ ゴールキーパー ユニフォーム

ニュータイプネオ ゴールキーパー ユニフォーム

SY32

SY32

お気に入り追加

ポリエステル100%のドライな生地を使った1枚は、サッカーのゴールキーパーが身に着けるユニフォームがモチーフ。ボディのフロントとヒジ部分に「ニュータイプネオ」シリーズの幾何学柄を配置し、シックなのにインパクトがあるデザインに仕上げられています。バックにはブランドを象徴する背番号「32」をプリント。

▼小物&アクセサリー

トータルでコレクションを展開している『SY32』は、ウェア類だけでなく小物やアクセサリーも多数リリース。コーディネートに取り入れやすいシックなデザインから、ウィットの効いたタイプまで幅広く揃っています。

アイテム1

3Dロゴ ケーブルニットキャップ

3Dロゴ ケーブルニットキャップ

SY32

SY32

お気に入り追加

スタンダードなケーブル編みのニットキャップに見えますが、折返し部分のロゴがビッグサイズ。しかも立体刺繍で描かれているため、リュクスなムードを感じさせます。ブラック×ホワイト以外はボディとロゴが同色で、主張しすぎていないバランスが絶妙。同じロゴ刺繍を用いたベースボールキャップなども展開されています。

アイテム2

スナップバックキャップ(ミッキーマウス)

スナップバックキャップ(ミッキーマウス)

SY32

SY32

お気に入り追加

ミッキーマウスがサッカーボールを蹴る瞬間をモチーフにした『ディスニー』とのコラボコレクション。Tシャツも展開されていますが、シルエットのみを描いたキャップのほうが使いやすくておすすめです。コーディネートに遊び心を加味したいときに最適!

アイテム3

ノビシロ スナップバックキャップ

ノビシロ スナップバックキャップ

SY32

SY32

お気に入り追加

サッカーつながりとはいえ、驚きのコラボ。本田圭佑選手のモノマネで人気の芸人、じゅんいちダビッドソン氏のキラーフレーズである「のびしろですねぇ~」を立体刺繍で贅沢に配置しています。着けこなすハードルは高いデザインですが、失敗して落ち込んでいる人を励ましたいときにはうってつけかもしれません!

アイテム4

ニュータイプネオ オニキス ブレスレット

ニュータイプネオ オニキス ブレスレット

SY32

SY32

お気に入り追加

大ぶりな1cm大のビーズを使ったブレスレット。精神力をサポートするパワーストーンともいわれるオニキスを使用しています。「ニュータイプネオ」シリーズを略した「NTN」のモノグラム型チャームが目を引きますが、実は少し大きめなビーズにも同じモノグラムが描かれています。

アイテム5

ロールトップバックパック

ロールトップバックパック

SY32

SY32

お気に入り追加

『SY32』はバッグ類のラインアップも充実しています。このバックパックは、破れにくいリップストップナイロンを使用した大容量のロールトップ仕様。ロゴが見当たらないほどミニマルなデザインですが、左側のショルダーストラップにはロゴ入りのダグが付いています。

アイテム6

踊るリスポーン コラボ スクリーンバッグ

踊るリスポーン コラボ スクリーンバッグ

SY32

SY32

お気に入り追加

背面の大部分がメッシュになっている小ぶりなバッグは、ちょっとしたショッピング用や小物収納用として重宝。シックなデザインに見えますが、実はマンガ『踊るリスポーン』とのコラボアイテムで、「Dancin' Respawn × SY32」のロゴがフロントに入っています。

アイテム7

マイケルリンネル トラベルポーチ

マイケルリンネル トラベルポーチ

SY32

SY32

お気に入り追加

イギリスの旧郵政公社にメッセンジャーバッグを提供していたことでも知られる名門ファクトリーブランド『マイケルリンネル』とのコラボアイテム。A5サイズのポーチで、小物入れやバッグインバッグとして便利な大きさです。同じコラボシリーズで、モバイルポーチやサコッシュ、バックパックもリリースされています。

ちなみに今回は紹介しきれませんでしたが、『SY32』ではショルダーバッグや財布、アンダーウェアやソックス、タオルなども展開していますので、そちらもぜひチェックしてみてください!

簡単です。スポーツMIXコーデを攻略する、3つのステップ

ウェア・コーデ

簡単です。スポーツMIXコーデを攻略する、3つのステップ

旬度満点なうえに軽快感もたっぷりなスポーツMIXコーデは、春夏の装いにぴったり。大人ならではの攻略法を、3つのステップと着こなし実例で解説します。

山崎 サトシ

2019.05.07

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND