男の到達点。オーデマ ピゲのロイヤルオークがあれば、他に何も要らない

男の到達点。オーデマ ピゲのロイヤルオークがあれば、他に何も要らない

憧れ時計の代表格にして、中々手が届かない存在でもある名機『オーデマ ピゲ』の「ロイヤルオーク」。持つ人を問わず格上げする、その普遍的な魅力を徹底解剖します。

石井 良

石井 良

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.19

ラグスポウォッチのど真ん中。『オーデマ ピゲ』の「ロイヤルオーク」は本物だ

ラグスポウォッチのど真ん中。『オーデマ ピゲ』の「ロイヤルオーク」は本物だ

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

今、最も売れているといっても過言ではないラグジュアリースポーツウォッチ(通称“ラグスポ”時計)のジャンル。近年の時計市場における一大ブームとなっている理由は、ズバリ1本で何でもこなせる万能さと高級感にあります。スポーティさとドレス感が同居する作りは、まさに唯一無二。ほとんどドレス専業だった高級ブランドまでもがスポーティなモデルを市場に投入し始めたことで、本格的にブームに火がつきました。では、そんなラグスポ時計はどこから始まったのか。その元祖は、『オーデマ ピゲ』の「ロイヤルオーク」だといわれています。

巨匠、ジェラルド・ジェンタ氏によって拓かれた腕時計と『オーデマ ピゲ』の新地平

巨匠、ジェラルド・ジェンタ氏によって拓かれた腕時計と『オーデマ ピゲ』の新地平

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

「ロイヤルオーク」が誕生したのは1972年。当時の腕時計のトレンドは主に薄型でしたが、スポーツウォッチの中には堅牢さを持たせるために厚みのあるモノも見受けられました。そんな折りに時計界の鬼才ジェラルド・ジェンタ氏によってデザインされたのが「ロイヤルオーク」です。オクタゴンベゼルを持つスポーティな外観でありながら、腕時計としては薄型で、針やインデックスに至ってはまるでドレスウォッチのように華奢。そして当時の時計界が何より衝撃を受けたのが、それまで高級時計に用いられることがなかったステンレススチールを素材に採用したことでした。しかし先鋭的過ぎたのか、はたまた製造コストが価格に直に反映されたからなのか、当時は鳴かず飛ばず。ですが、1976年に『パテック フィリップ』の「ノーチラス」、その翌年に『ヴァシュロン・コンスタンタン』の「222」という、ラグスポ御三家に数えられるモデルをジェンタ氏が続けてデザインしていることを考えると、時計界への影響は相当に大きかったと考えられます。

よみがえるジェラルド・ジェンタのデザイン

腕時計・ウォッチ

よみがえるジェラルド・ジェンタのデザイン

『オーデマ ピゲ』ロイヤルオークなど、ラグジュアリーでベゼルのデザインに妙味のある時計は、1人の天才デザイナーが生み出しました。その定番デザインに注目です。

黒野 一刻

2015.06.28

美は細部に宿る。『オーデマ ピゲ』の「ロイヤルオーク」、その魅力

美は細部に宿る。『オーデマ ピゲ』の「ロイヤルオーク」、その魅力

BELLE MONDE

BELLE MONDE

お気に入り追加

「ロイヤルオーク」のデザイン的な特徴として、アイコニックなのが八角形のベゼルです。これは戦艦の舷窓をモチーフとしたもので、8本のビスで留められています。この意匠は後にもジェラルド・ジェンタ氏を代表する1つのスタイルとして、氏が手掛ける他の腕時計へと受け継がれていきます。そして、見逃せないのが文字盤の手彫りによるギョーシェ。タペストリー文字盤という立体感を演出する仕掛けですが、スポーツウォッチといえば視認性を意識したフラットな文字盤が当たり前だったところ、意匠性を重視した文字盤のデザインはとても新鮮に映りました。

美は細部に宿る。『オーデマ ピゲ』の「ロイヤルオーク」、その魅力 2枚目の画像

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

そして重要なのが、その薄さです。着用感にも直結するため薄さは重要なファクターでしたが、ジェラルド・ジェンタ氏は「ロイヤルオーク」を水にも強い腕時計としてデザインしたかった。そのため、ただ薄くするのではなく、同時に防水性を高める工夫が必要でした。しかし、主流であるスクリューバックのケースでは薄さが出ません。そこで考案したのがインナーケースを用いる機構です。ベゼルとケースの間に、ラバー製のインナーケースをパッキン代わりに挟み込み、ベゼルを8本のビスでしっかりと留めることにより、薄さとスポーツウォッチとして求められる50m防水を両立したのです。見た目のデザインだけかと思われがちですが、実は機能美に基づいた意匠だったのですね。

美は細部に宿る。『オーデマ ピゲ』の「ロイヤルオーク」、その魅力 3枚目の画像

トキオカ本店

トキオカ本店

お気に入り追加

また、腕時計全体のラグジュアリー感を高めているのがブレスレットです。ケースと一体化していることも斬新でしたが、何よりも特筆すべきはその仕上げの精緻さ。7種類のコマから構成されているこのブレスレットですが、よく見ると接続部の角がしっかりと面取りされており、かつヘアラインとポリッシュで磨き分けられています。これによって柔軟な動きを実現し、腕に沿うようなフィット感とラグジュアリーな輝きを獲得しているのです。

バリエーションもさまざま。「ロイヤルオーク」の派生モデルをチェックする

そんな「ロイヤルオーク」の人気が爆発したきっかけが2005年に登場した[Ref.15300ST]。そしてそれ以降、オリジナルを再現した「エクストラシン」にクロノグラフ、さらにはトゥールビヨンまで、さまざまな派生モデルが登場しています。ここではその中から代表的なモデルにフォーカスしてみましょう。

1本目

ロイヤルオーク エクストラシン

ロイヤルオーク エクストラシン

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

「ロイヤルオーク」の誕生40周年を記念して登場した「ロイヤルオーク エクストラシン」は、1972年に登場したファーストモデルを忠実に再現。39mmのケースサイズ、ダイヤルデザインはもちろん、ムーブメントも同様に秒針のない2針タイプであるのが特徴です。72年には人気の出なかったこのスタイルですが、今では「これでなければ!」というファンも多いプレミアムなモデルとなっています。

2本目

ロイヤルオーク 41mm

ロイヤルオーク 41mm

ブランドウォッチ ジュビリー

ブランドウォッチ ジュビリー

お気に入り追加

「ロイヤルオーク」の人気が出るきっかけとなったのが2005年に登場した3針タイプ。秒針の分だけ少し厚みは増しましたが、その分実用性が高まり、ラグスポ時計の基本形を確立しました。3世代に渡って受け継がれ、写真のモデルは2019年のフルモデルチェンジを経た4世代目。Cal.4302というムーブメントを搭載し、パワーリザーブが約60時間から約70時間となるなど、着実なアップデートが図られています。

3本目

ロイヤルオーク クロノグラフ

ロイヤルオーク クロノグラフ

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

初めて「ロイヤルオーク」としてのクロノグラフが登場したのは、1998年のこと。正面からの見た目はほぼ変わりませんが、ケース径39mmと小さく、厚みも控えたモデルでした。その精度の高さからさまざまなコラボモデルや限定モデルも登場。現在の41mm径になったのは、2012年のことです。また、ケース素材違いやベルトもレザーやラバーが登場するなど、一段とバリエーションが豊かになっていきます。写真は2017年に登場した41mmモデルですが、2019年には38mmモデルが登場するなど、時流を汲んだ変化が「ロイヤルオーク」をより魅力的に見せています。

もう1つの選択肢。スポーティさを増した「ロイヤルオーク オフショア」

もう1つの選択肢。スポーティさを増した「ロイヤルオーク オフショア」

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

1993年に発表され、ビースト(野獣)と揶揄された「ロイヤルオーク オフショア」。42mm径の大振りなケースを採用し、男らしさを押し出したスポーティな腕時計は、またしても“早過ぎ”ました。しかし、それもそのはず。「ロイヤルオーク」の誕生20周年の節目に新しい客層を取り込むために作られた、次の時代を見据えたモデルだったのです。当時は36mmから38mm径が主流で、まだまだ薄く小さいことがステータスだった頃。その真逆を打ち出した「ロイヤルオーク オフショア」は当時すでに退職していたジェラルド・ジェンタ氏からも批判されましたが、その後長らく続いたデカ厚ブームの先駆けとなるとは当時誰も思わなかったでしょう。

1本目

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

42mm径の迫力あるケースにクロノグラフを搭載した初代「ロイヤルオーク オフショア」は縦目のクロノグラフでした。ケース一体型のメタルブレスレットやブルーの文字盤を持ち、元祖「ロイヤルオーク」をリスペクトしたデザインでしたが、当のジェラルド・ジェンタ氏本人が展示会のブースに怒鳴り込んできたという逸話も持っています。そんな歴史を受け継ぐこちらは、2017年に登場したモデル。文字盤には大振りのタペストリーが刻まれ、ストラップはハンドステッチのアリゲーターを採用しています。

2本目

ロイヤルオーク オフショア ダイバー

ロイヤルオーク オフショア ダイバー

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

クロノグラフだけでなく、ダイバーズモデルもラインアップされています。インナーベゼルを左上のリューズで回転させることで潜水時間を計ることが可能。そうすることで、アイコンである八角形のベゼルのデザインを残しているのです。ラバーストラップを採用することで本格的にスポーティなスタイルを手に入れています。サイズは変わらず42mm径で、300m防水に対応。

3本目

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ

銀座NJタイム

銀座NJタイム

お気に入り追加

登場以来、セラミックベゼルやチタンケースなどさまざまな素材を採用しながら新しいことにチャレンジしてきた「ロイヤルオーク オフショア」。44mm径ケースを採用した、さらにデカ厚なモデルも登場しています。ブティック限定の2020年新作は、ブラックセラミックケースにダークグリーンのベゼル&ダイヤルという個性的なスタイルに。スポーツシーンなど腕元にこの上ないインパクトをもたらしてくれますが、お値段もインパクト大なレアモデルです。

オーデマ ピゲの格。一目置かれる腕時計の超絶技巧

腕時計・ウォッチ

オーデマ ピゲの格。一目置かれる腕時計の超絶技巧

『オーデマ ピゲ』と聞いてピンとくる人は時計好きでもなければ少ないはず。時計ブランドのなかでも名門中の名門を、ここでしっかり深掘りしてみましょう。

夏目 文寛

2019.02.18

メンズが腕時計を選ぶ5つの基準。機能、ルックス、それともブランド力か

腕時計・ウォッチ

メンズが腕時計を選ぶ5つの基準。機能、ルックス、それともブランド力か

腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

夏目 文寛

2021.08.13

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

腕時計・ウォッチ

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

2021.11.24

石井 良

人一倍影響されやすい散財ライター

石井 良
編集・ライターのアシスタントを経て独立。「ファイン」「LEON.jp」などでカジュアルを中心に手掛けるほか、企業広告、オウンドメディアにて執筆。絡まった糸を解くようなわかりやすい記事作りがモットー。(良い意味で)興味が散漫で影響されやすく散財する日々。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

この冬はブーツ&革靴が人気復活。アンダー5,000円でGUと叶える旬な“足元改革”

トレンド継続のリラックスコーデ。ただし、足元はブーツ&革靴で上品に仕上げるのが今季の新常識です。賢く足元を格上げするなら『GU』のハイコスパな新作に頼るのが正解!

SPONSORED by GU

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP