コスパで選ぶならこれ。GERRY(ジェリー)のダウンが今、ちょうど良い

コスパで選ぶならこれ。GERRY(ジェリー)のダウンが今、ちょうど良い

ダウンの豊富な選択肢の中でも、複数の要素がバランス良く盛り込まれているのが『GERRY(ジェリー)』です。おすすめの理由と要チェックアイテムをご紹介します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.16

コスパなダウンで人気を集める『GERRY(ジェリー)』をご存じ?

コスパなダウンで人気を集める『GERRY(ジェリー)』をご存じ?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

最初に言及しておくと、『GERRY』は“ゲリー”ではなく“ジェリー”と読みます。そしてこの『GERRY』は、1945年にジェラルド・カニンハム夫妻がニューヨーク州ユティカで創業した「ジェリー・マウンテニアリング」社を前身に持つ、歴史あるアメリカのアウトドアブランドです。最近では、過酷な環境に対応するアウトドアウェアのノウハウをベースにしながら、トレンド感を融合したカジュアルウェアを展開。21世紀の新たな開拓地としてストリートファッションに目を向けています。そして、コレクションのメインアイテムこそがダウンウェアです。コストパフォーマンスに優れ、デザインの評判も上々。さまざまな面で好バランスなのが大きな魅力です。今や『GERRY』はダウンジャケットの選択肢として外せない存在になっています。

『GERRY』のダウンをおすすめしたい3つの理由

ダウンを購入する際に『GERRY』にも注目すべき理由を3つに絞ってご紹介します。すでに挙げているコストパフォーマンスも含めて掘り下げますので、すぐにダウンアイテムを買う予定があってもなくても、ひとまず魅力を確認してみてください!

ポイント1

歴史あるブランドの信頼性

歴史あるブランドの信頼性

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンウェアを得意とするブランドはいくつもありますが、エビデンスに基づいた信頼性まで担保できているブランドはそう多くありません。その点、『GERRY』は半世紀以上もの歴史を紡いできた名門です。1953年に人類初のエベレスト登頂を達成したエドモンド・ヒラリー卿や、1963年に世界で初めてエベレスト縦走を行ったアメリカ登山隊の正式装備に採用された実績を持ち、品質と機能に関しては折り紙付きです。さらに最近は、人気セレクトショップからの別注品も増えています。これも信頼あるブランドの証しといえるでしょう。

ポイント2

レトロで着回しやすいデザイン

レトロで着回しやすいデザイン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『GERRY』のダウンウェアはシンプルなデザインが基本。定番モデルはワントーンのミニマルな表情で、幅広いコーディネートに対応するデザインになっています。さらに最近は、アーカイブを復刻したデザインが増加中。レトロなムードがかえって新鮮なので、今こそ『GERRY』のダウンがおすすめなのです。

ポイント3

抜群のコストパフォーマンス

抜群のコストパフォーマンス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『GERRY』よりも低価格のブランドはありますが、クオリティを考えれば決して高い価格設定ではありません。ブランドの信頼性も考慮すれば、コストパフォーマンスはむしろ優秀といえます。例えば定番的なモデルは、ゆったりしたシルエットでふっくらした作り。その分、ダウンを贅沢に封入しています。それなのに価格は3万円以下。高価なダウンアウターでも3万円代程度です。コストパフォーマンスに優れているからこそ、『GERRY』のダウンをおすすめできます。

今、これが買い。『GERRY』のダウンアウター、おすすめアイテム11選

老舗アウトドアブランド『GERRY』がリリースしているダウンウェアの魅力は把握できたでしょうか? ここからは実際のアイテムで魅力を確認してみてください。定番モデルはもちろん、セレクトショップなどからの別注品も含めたおすすめのダウンアイテムをご紹介します。

アイテム1

ビッグ ダウンジャケット

ビッグ ダウンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

不動の人気を誇るアイコニックな復刻ダウンジャケット。オーバーサイズなシルエットは今のトレンドにもマッチしています。表地に超軽量素材を用いつつ、裾に向かってふっくら仕上げられたフォルムも特徴的。600フィルパワー以上の上質なダウンを使用し、保温性も抜群です。デザインはシンプルでオーセンティックですが、全9色ものカラバリを展開しています。

アイテム2

『フリークスストア』別注ダウン

『フリークスストア』別注ダウン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

定番の「ビッグ ダウンジャケット」や「アークティックダウンジャケット」を連想させるデザインですが、さらにレトロなムードの別注品。ツヤ感のある生地が1990年代テイストを放っています。肩周りなどがよりシンプルな半面、裾付近までステッチを入れているのもポイント。中綿はダウン80%×フェザー20%で、体を温かく包み込んでくれます。

アイテム3

『ユニオンステーション』別注 スタンド ジップアップブルゾン

『ユニオンステーション』別注 スタンド ジップアップブルゾン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

高機能なポリエステル素材の中綿を用いることで、保温性を損なうことなくスッキリと仕上げた別注ブルゾン。バイカラーのデザインや左肩の大きなタグがレトロなムードを高めています。カラバリは3種類で、ブラックのみワントーンでクールに仕上げられています。

アイテム4

『レイジブルー』別注 中綿ジャケット

『レイジブルー』別注 中綿ジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらも別注で誕生した中綿入りのアウター。ショルダー部分だけでなく、裾もブラックに切り替えたカラーパレットがさりげなく独創的です。左肩付近にレイアウトされたタグも存在感を主張。カラバリはパープルとネイビーの2種類で、どちらもレトロな個性と適度な落ち着きを兼ね備えています。

アイテム5

『ユニオンステーション』別注 ユーティリティブルゾン

『ユニオンステーション』別注 ユーティリティブルゾン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

すでにご紹介した「スタンド ジップアップブルゾン」と同じシリーズで、パターンからオリジナルの完全別注で誕生したアイテムです。こちらはタウンユースを強く意識し、シンプルな面持ちで汎用性を高めているのがポイント。幅広いコーディネートにマッチします。キャメル、カーキ、ブラックのカラバリはどれも、男っぽさと大人っぽさが両立しています。

アイテム6

『フリークスストア』別注 3WAY マンパコート

『フリークスストア』別注 3WAY マンパコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

インラインの「アノラックコート」に似たデザインですが、ディテールで差をつけたユニセックス仕様の別注品。ロゴを刺繍にしつつ位置をズラしたり、肩の切り替えを袖まで拡大したり、ポケットをフラップ付きにしたりすることで違った表情に仕上げています。その一方、3WAY仕様は健在。中綿入りのライナーが付属し、組み合わせでも単体でも使えて便利です。

アイテム7

ノーカラーダウンジャケット

ノーカラーダウンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アーカイブを復刻したダウンカーディガン。フロントのバックルがアイキャッチになっていて、シンプルに着こなすだけで個性が自然と匂い立ちます。袖先の切り替えをはじめとするディテールも凝っていて、ダウンも良質。600フィルパワーを上回る羽毛を使っているので、軽量で薄手なのに外見以上の保温性を備えています。

アイテム8

『ビーミング ライフストア』別注ノーカラー ボアダウンジャケット

『ビーミング ライフストア』別注ノーカラー ボアダウンジャケット

丸井(マルイ)楽天市場店

丸井(マルイ)楽天市場店

お気に入り追加

「ノーカラーダウンジャケット」のシェルを旬なボアフリースでアップデート。裏地とロゴのカラーを統一し、控えめなアクセントとして効かせています。ボアだけでも暖かさは十分ですが、ダウン80%×フェザー20%の中綿まで使用。想像以上に温かいアウターに仕上がっています。

アイテム9

光電子 インサレーション ジャケット

光電子 インサレーション ジャケット

j・x・t-style

j・x・t-style

お気に入り追加

コットンライクな風合いを持つポリエステル性のストレッチ生地を起用したシャツジャケット。厚手のシャツと同じく、アウターとしてもインナーとしても着回せる便利なアイテムです。中綿に高機能な「光電子」を採用しているのもポイント。練り込んだ数種類のセラミックが、34~37度の体温域で効率よく遠赤外線を輻射してくれます。

アイテム10

河田グース ジャケット

河田グース ジャケット

j・x・t-style

j・x・t-style

お気に入り追加

日本屈指のブランド羽毛「河田フェザー」を採用したインナーダウンです。800フィルパワー以上のダウンを使用していて、軽さからは想像できないほどの保温性を発揮。表地にコーティングを施すことで耐水性と透湿性もプラスしています。つまり、アウターとしての能力もハイレベル!

高品質ながら良心価格。河田フェザーの注目ダウンジャケット

ウェア・コーデ

高品質ながら良心価格。河田フェザーの注目ダウンジャケット

ダウンジャケット人気が継続していますが、まだ手にしていない方も多いはず。そんな大人に向けて、即戦力となる『河田フェザー』の魅力やラインアップを紹介します。

深澤 正太郎

2018.12.27

アイテム11

ハイ デンシティ スイッチング ダウンベスト

ハイ デンシティ スイッチング ダウンベスト

MAVERICK GROUP ONLINE STORE

MAVERICK GROUP ONLINE STORE

お気に入り追加

明るいカラーとブラックとのバイカラー使いが印象的な復刻ダウンベスト。スカイブルー以外にブルー、グリーン、イエロー、ピンク、ライトグレーをラインアップしています。ややポップなイメージですが、上質なダウンを使用しているので保温性は万全。加工によって撥水性も付加しています。

中綿入りの小物などにも注目。『GERRY』の防寒アクセサリーをピックアップ

ダウンアイテムに匹敵するほどの保温性を誇る小物類も『GERRY』には充実しています。特に、高機能な中綿を使った巻き物はおすすめ。活用することで、コーディネートにアウトドアテイストを加味しつつ、寒い日も温かく過ごすことができます!

アイテム1

中綿入りキャップ

中綿入りキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

中綿に加えて耳当てとフリース性の裏地も採用した、かなり防寒性の高いキャップ。ジェットキャップがベースのデザインで、ストリート調のコーディネートにマッチします。その一方、フロントの左側に付いたロゴパッチ以外はミニマルな面持ち。大人な着こなしにも難なく馴染みます。

アイテム2

別注ナカワタマフラー

別注ナカワタマフラー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

通常の中綿よりも軽いのにしっかりと温かい高機能中綿を使用したマフラーです。肌に触れる面にボアフリースを起用してソフトな触感を確保しつつ、外側の面にはソリッドな生地を用いてアウトドア調に仕上げています。ベージュ、グレー、カーキはブラックとのバイカラー仕様ですが、ブラックはワントーン。

あの暖かさを首元にも。ダウンマフラーは頼もしい冬のパートナー

バッグ・ファッション小物

あの暖かさを首元にも。ダウンマフラーは頼もしい冬のパートナー

防寒の要であるマフラー。今おすすめしたいのは断然、ダウン素材の1本です。暖かさは抜群だし、さらに旬のアウトドアテイストも手に入るとくれば、これはマストハブ!

TASCLAP編集部

2020.12.22

アイテム3

中綿入りスヌード

中綿入りスヌード

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上述のマフラーと同じ高機能な中綿を起用。ペットボトルを再利用したエコな素材なのに実用性にも優れています。ステッチが横断するだけのシンプルなスヌードなので、あらゆるコーディネートに対応。ただし、パープルのタグがワンポイントとしてレトロな個性も加味しています。スナップボタンで簡単に着脱でき、ドローコードでフィット感が調整可能。

アイテム4

インサレーションパンツ

インサレーションパンツ

SILVER BULLET シルバーバレット

SILVER BULLET シルバーバレット

お気に入り追加

アクセサリーではありませんが、中綿入りのパンツも完成度が高いのでご紹介しておきます。この1本は、高機能な中綿素材の「シンサレート」を採用し、薄い・軽い・温かいを実現しています。腰から太もも周りに中綿を入れつつ、膝下には裏起毛素材を配置。ストレッチ性のある生地を使用し、動きやすさも追求しています。スリムなパンツなので、シルエットを妥協せずコーディネートに取り入れることができるのもポイントです。

ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

ウェア・コーデ

ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

TASCLAP編集部

2020.12.10

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ウェア・コーデ

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

TASCLAP編集部

2020.10.29

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

ウェア・コーデ

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2019.09.24

今こそ、ダウンベスト。ラフに羽織れる人気ブランドの1着に熱視線

ウェア・コーデ

今こそ、ダウンベスト。ラフに羽織れる人気ブランドの1着に熱視線

街使いにちょうど良い保温力を得られ、レイヤード巧者への近道にもなるのが、ダウンベストのメリット。冬のおしゃれの本命として、見逃せないその魅力をご紹介します。

遠藤 匠

2020.12.16

インナーダウンはアウトドアブランドで。選ぶ理由とおすすめ10選

ウェア・コーデ

インナーダウンはアウトドアブランドで。選ぶ理由とおすすめ10選

秋冬にマストハブなインナーダウンは、アウトドアブランドから狙うのが正解。その理由とともに、インナーダウンの指名買いリストを発表します。

平 格彦

2020.11.05

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND