見せるコーデがおしゃれ。ナイキのソックスがセンスアップに効く

見せるコーデがおしゃれ。ナイキのソックスがセンスアップに効く

象徴的なロゴやアイコンを効かせることで、簡単に着こなしへスポーティなアクセントを加味できる『ナイキ』のソックス。着こなし術とおすすめのラインアップをご紹介!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.22

今主流のシンプルコーデに『ナイキ』のソックスが効く

今主流のシンプルコーデに『ナイキ』のソックスが効く

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ノームコアという単語こそあまり聞かなくなりましたが、シンプルなコーディネートの人気は続いています。ただし、あまりに無難な量産型の着こなしではおしゃれとはいえません。そこで、『ナイキ』のソックスをアクセントにしてさりげなく差別化を図るのがおすすめです。

今主流のシンプルコーデに『ナイキ』のソックスが効く 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

見せるソックスと言えば白。白いソックスでトラッドなムードを演出するのが王道的スタイリングですが、シンプルなソックスのなかに『ナイキ』のロゴやアイコンが入っているだけでスポーティなムードの上乗せが可能。スポーツMIXとまでいかなくても、“スポーツPLUS”くらいのイメージで足元に『ナイキ』のソックスを効かせてみてください。

『ナイキ』のソックスはスポーツブランドならではの機能性を備えたタイプが大半で、履き心地も快適です。軽快感や抜け感、快適性がさりげなくプラスでき、コーディネートの鮮度やおしゃれ度がアップ。価格もリーズナブルなので、ぜひ『ナイキ』のソックスを活用してみてください!

ナイキのスニーカー20選。新作と人気作からおすすめを厳選

スニーカー・シューズ

ナイキのスニーカー20選。新作と人気作からおすすめを厳選

老若男女を問わず、多くのフォロワーを獲得し続けている『ナイキ』のスニーカー。最新モデルから定番まで、いま入手できるラインアップから20モデルを厳選して紹介します。

TOMMY

2020.07.21

ナイキのエアジョーダンシリーズ 歴史・モデルを紹介

スニーカー・シューズ

ナイキのエアジョーダンシリーズ 歴史・モデルを紹介

バスケットボールシューズでありながらストリートファッションの名スニーカーとして数えられる『ナイキ』のエアジョーダン。誕生から現在まで魅力とともに全モデルを紹介。

宮嶋 将良

2016.05.30

ナイキ エアマックスの今。注目作から最新作まで人気モデル早見表

スニーカー・シューズ

ナイキ エアマックスの今。注目作から最新作まで人気モデル早見表

今のスニーカー人気の礎は90年代に培われたといって良い。当時、主役を担っていたのが『ナイキ』の「エアマックス」。今なお色褪せない魅力を名モデルとともに振り返る。

菊地 亮

2020.02.18

活用テクニック別に解説。『ナイキ』のソックスを使ったコーデ見本5選

『ナイキ』のソックスを活用できると、足元にさりげなくスポーティなムードを加味することができます。その効果を証明するために、コーディネートの実例とともに履きこなし術を解説します。気になるテクニックがあったらすぐにでも実践してみてください!

テクニック1

白いソックスでさりげなく軽快な抜け感を加味

白いソックスでさりげなく軽快な抜け感を加味

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニムジャケットにスウェットパンツを合わせたアメカジテイストのコーディネート。ベースは定番的な着こなしですが、パンツをロールアップしてソックスのスウッシュを効かせることで、軽快かつスポーティな雰囲気をプラスしています。まさに、ソックスで爽やかな個性を加味した好例!

テクニック2

靴も靴下も『ナイキ』で揃えてスポーツ感を強調

靴も靴下も『ナイキ』で揃えてスポーツ感を強調

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ソックスだけでなくスニーカーも『ナイキ』で統一すると、スポーツテイストを相乗的に増幅することができます。このコーディネートで選んでいる「エア ハラチ」のように、ハイテク感のあるスニーカーを選ぶといっそうスポーティ。モッズコートをメインにしたカジュアルなスタイルがスポーツMIXなイメージに仕上がっています。

テクニック3

革靴とソックスの色を揃えて上品かつ新鮮に

革靴とソックスの色を揃えて上品かつ新鮮に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シューズとソックスの色を統一すると、アイコンやロゴが映えてさりげなく『ナイキ』のソックスを主張することができます。このお手本では、黒い革靴とソックスのセットがポイント。上品かつ抜け感もあるバランスが絶妙です。デニムがメインのカジュアルなコーディネートですが、大人っぽさと新鮮味が感じられます。

テクニック4

柄入りのソックスで個性を思い切りアピール

柄入りのソックスで個性を思い切りアピール

WEAR

WEAR

お気に入り追加

このコーディネートで使っているソックスは、ボーダー柄が特徴的。そのカラーリングに倣い、全身もブラック&ホワイトでまとめて大人なストリートスタイルに仕上げています。シンプルなアイテムを合わせることで、ソックスの存在感を際出たせたテクニックはお見事!

テクニック5

ソックスインで足元のスポーツ調をマックスに

ソックスインで足元のスポーツ調をマックスに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

足元のスポーティなムードを最大限まで高めたいなら、ソックスインがおすすめ。パンツの裾をソックスの中に入れる上級者向きの着こなしです。このお手本では、スニーカーを赤にすることでスポーツ感をさらに強調。スポーツテイストの爽やかさを感じさせるストリート系コーディネートにまとめています。

アクセントに効果的。『ナイキ』のおすすめソックス10選

ここからは、おすすめしたい『ナイキ』のソックスを一気にご紹介。さまざまなデザインがリリースされていますが、まずはスウッシュのみが入ったモノトーン系のシンプルなタイプから取り入れてみるのがおすすめ。ソックス使いに自信がついたら、他のカラーや総柄タイプなども活用してみてください!

アイテム1

エブリデイ クッション アンクル トレーニングソックス(3足)

エブリデイ クッション アンクル トレーニングソックス(3足)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルなデザインとアンクル丈が履きこなしやすいソックス。厚手のテリー生地が衝撃を吸収し、リブ地のアーチバンドや筒部分でフィット感を確保します。価格がかなり良心的なので、とりあえず手に入れて履きこなしてみましょう。

アイテム2

エブリデイ クッション ロー トレーニングソック(3足)

エブリデイ クッション ロー トレーニングソック(3足)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上でご紹介したソックスのローライズバージョン。低めの丈感で、フチのリブ部分にスウッシュがあしらわれています。「ドライフィット」テクノロジーを採用し、ソックス内が蒸れにくいのも大きな魅力です。

アイテム3

ナイキ エブリデイ クッション クルー トレーニングソックス(3足)

ナイキ エブリデイ クッション クルー トレーニングソックス(3足)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらも「エブリデイ クッション」シリーズで、ふくらはぎの下部までカバーするクルー丈のタイプ。スウッシュがスニーカーやシューズで隠れることのないバランスなので、パンツの裾をロールアップするか丈が短めのパンツを選ぶことでその存在を思い切り主張することが可能です。

アイテム4

ナイキ マルチプライヤー ランニング アンクル ソックス(2足)

ナイキ マルチプライヤー ランニング アンクル ソックス(2足)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ランニング用のアンクル丈ソックスは、スニーカーなどを履いても“NIKE”の文字がアクセントとして映えます。足先には大きめのスウッシュが描かれ、靴を脱いでもおしゃれ。定番のデザインに飽きたらぜひトライしてほしい1足です。

アイテム5

ナイキ ワイルドカード アンクル ソックス(2足)

ナイキ ワイルドカード アンクル ソックス(2足)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2つに分かれたつま先と、大小の「スウッシュ」が縦に並ぶグラフィックが秘かに独創的。カラーが異なる2足のセットで、履きこなしやすいベージュ&ブラックやホワイト&ブラックだけでなく、イエロー&ピンク、ライトブルー&オレンジといったスパイスカラーも選べます。

アイテム6

ジョーダン ジャンプマン クルー バスケットボールソックス(3足)

ジョーダン ジャンプマン クルー バスケットボールソックス(3足)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

根強い人気を誇る『ジョーダン』ブランドを象徴する「ジャンプマン」が足元のアクセントとして主張。全体としてはシンプルなデザインですが、ホワイトとブラックだけでなくレッドも選べるので、色選びで個性が演出できます。フィット感や通気性に優れた作りでタウンユースからワークアウト、スポーツシーンまで対応。

アイテム7

ナイキ エリート クルー バスケットボールソック(3足)

ナイキ エリート クルー バスケットボールソック(3足)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

土踏まずのダイナミックバンドがフィットして足を包み込むバスケット用ソックス。すね部分のスウッシュはシンプルですが、背面側の「ELITE」のテキストがインパクトを振りまきます。『ナイキ』独自の「ドライフィット」テクノロジーがドライな履き心地をキープ。

アイテム8

パリサンジェルマン ホーム スタジアム ソックス

パリサンジェルマン ホーム スタジアム ソックス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

世界トップクラスのスカッド(メンバー)を誇るフランスの名門サッカークラブ「パリサンジェルマン」のソックスです。フランスらしいトリコロールに加えて“PARIS”の文字がさりげなくシック。ハイソックスの中央付近にライン+ロゴが入るデザインなので、少したるませるとアクセントとして使いやすくなります。

アイテム9

ミニアイコン クォーター ソックス(3足)

ミニアイコン クォーター ソックス(3足)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

実際にシューズを履いたときに見えるのはブランド名と「スウッシュ」ですが、全体的にカラフルなスニーカーの柄あしらあわれていて、靴を脱ぐと個性が際立ちます。3足セットとは思えないリーズナブルな価格設定も魅力。

アイテム10

バスケットボール クルー ソックス

バスケットボール クルー ソックス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バスケットボールコレクションは、1960年代後半のサンフランシスコに充満していた自由な空気をイメージしたグラフィックを採用。ブルー×イエローの配色が目を引くソックスも、サイケデリックなスパイスが効いています。外側にドリッピーな「スマイリースウッシュ」、内側には“PEACE LOVE BASKETBALL”のメッセージをレイアウト。

人気の靴下ブランドで、足元のおしゃれをブラッシュアップ

バッグ・ファッション小物

人気の靴下ブランドで、足元のおしゃれをブラッシュアップ

毎朝なんとなく選んでしまいがちな靴下ですが、マンネリしがちなスタイリングのカギとして非常に効果的。おしゃれがもっと楽しくなる、おすすめブランドをご紹介します。

TASCLAP編集部

2019.09.20

フットカバーって何だ? 見た目は素足なのに不快感しらずの優れモノ

バッグ・ファッション小物

フットカバーって何だ? 見た目は素足なのに不快感しらずの優れモノ

革靴やスニーカーを履くときにフットカバーを履いていますか? 素足に見えるのに素足より快適なので、活用しない手はありません。選ぶポイントからおすすめ品までご紹介!

平 格彦

2020.09.04

足元こそ抜け目なく。ソックス+スニーカーで作るおしゃれな着こなし

バッグ・ファッション小物

足元こそ抜け目なく。ソックス+スニーカーで作るおしゃれな着こなし

年中通じてヘビロテのスニーカー。夏は素肌を見せた軽快な足元が主流ですが、それ以外の季節はソックスが必須です。コーデを格上げするソックス使いをご紹介します!

植木 麻利子

2017.10.09

初心者歓迎。スポーツサンダル×靴下コーデのヒント

スニーカー・シューズ

初心者歓迎。スポーツサンダル×靴下コーデのヒント

スポーツサンダルに靴下を合わせるのは、あり? もちろん、ありですが着こなしにはこだわりたいもの。そこで、スポサン×ソックスのポイントやコーデサンプルをご紹介。

TASCLAP編集部

2019.07.24

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND