ネックは高めが◎。ダウンパーカーで首周りもふっくらほっこり

ネックは高めが◎。ダウンパーカーで首周りもふっくらほっこり

冬に活躍するダウンパーカーは、首周りが特徴。フード&ネックで風の侵入を防いでくれて、レイヤードも楽しめます。着こなし例とおすすめ品を一気にご紹介!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.25

首周りあったか。ダウンパーカーがあれば、防寒性もおしゃれも万全

首周りあったか。ダウンパーカーがあれば、防寒性もおしゃれも万全

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

寒さが厳しくなってくると、軽くて温かいダウンアウターの人気が高まります。その中でも、フード一体型のダウンパーカーの支持率は圧倒的。フードと高めのネックによって首周りの防風性に優れているのが大きな魅力です。

首周りあったか。ダウンパーカーがあれば、防寒性もおしゃれも万全 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

それ1着でも十分すぎるほどの保温性は確保できますが、首周りのレイヤードを楽しみながら保温性をさらに高めることもできます。シンプルなデザインさえ選べば着こなすのは難しくありません。この冬はダウンパーカーのコーディネートをマスターして、首周りのおしゃれを楽しみながら厳しい寒さを乗り越えましょう!

ポイントは首周り。ダウンパーカーを生かしたコーデ構築のハウツー

ダウンパーカーのチャームポイントはやっぱり首周り。コーディネートでも首の周辺を意識するのがポイントです。ダウンパーカーがメインの着こなしでもサマになりますし、他のアイテムを組み合わせることで印象や防寒性をコントロールすることもできます。合わせるアイテム別にコーデ実例を挙げながら解説しますので、ぜひ参考に。

▼ダウンパーカー×スウェットパーカー

ダウンパーカーにスウェットパーカーを合わせるという、パーカーの2枚重ねを実施しているおしゃれ上手をよく見掛けます。フードが重なるのをこれまで避けていた人もいるかもしれませんが、実は好相性なんです。首元もフードもレイヤードできるのでおしゃれに映り、首周りのボリュームがさらにアップして防寒性も高まります。

コーデ1

旬な要素を取り入れつつブラックで引き締めたお手本

旬な要素を取り入れつつブラックで引き締めたお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今どきなルーズシルエットのダウンパーカーを選びつつ、新鮮味のあるニュアンスカラーのスウェットパーカーを合わせた、この冬らしいバランスの上半身を構築。本来はカジュアルなアイテム同士ですが、シンプルなデザインを選ぶことで大人っぽい印象にまとまっています。イージースラックスやレザーシューズも黒で統一してさらに上品なムードを後押し。

コーデ2

スポーティかつ爽やかなコーディネートが新鮮

スポーティかつ爽やかなコーディネートが新鮮

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダウンパーカーもスウェットパーカーも本来はスポーティなアイテム。その魅力を軽快なトリコロールのカラーリングでさらに引き出しています。しかも、ホワイトの分量が大きいので爽快なイメージが増長。ワイドジーンズも明るいトーンを選び、さらに爽やかに仕上げています。キャップとスニーカーだけはダークトーンを選んでさりげなく落ち着かせたテクニックもお見事!

▼ダウンパーカー×タートルネック

大人のカジュアルスタイル作りに欠かせない冬のインナーといえば、タートルネックのニットやカットソー。首周りがポイントという共通の特徴を持つダウンパーカーをセット使いすることで、相乗的に魅力を高めることができます。もちろん、この組み合わせの防寒力は最高レベル!

コーデ3

タートルネックとモノトーンで上品にまとめた理想形

タートルネックとモノトーンで上品にまとめた理想形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックのダウンパーカーにグレーのタートルネックニットを合わせて上品なコーディネートに導いたお手本。ツイード生地のテーパードパンツも品格を高めています。足元はスニーカーですが、全体をブラックとグレーのみで構成されているので落ち着いたムードです。シンプルな着こなしですが、計算し尽くされた絶妙なサイズ感もおしゃれ。

コーデ4

ニットの柄を駆使して首元のアクセントを強調

ニットの柄を駆使して首元のアクセントを強調

WEAR

WEAR

お気に入り追加

首元に視線を集めるレイヤードがお見事。全体をダークトーンでまとめつつ、白いタートルネックカットソーをクリーンな挿し色として効かせているのが大きなポイントです。さらに、ニットの柄によって首周りに視線を集めているのも巧妙。ネックを軸に広がる求心柄はアイスランディッシュセーターの特徴で、ダウンパーカーとの相性も抜群です!

▼ダウンパーカー×マフラー

首周りにアクセントを加えるアイテムとしては巻き物が有効。冬ならマフラーを活用するのがおすすめです。ダウンパーカーは首元を開くことでマフラーが巻きやすいスペースが生まれるので、両者の相性は抜群。色の選び方で印象が大きく変わるので、実例で解説します!

コーデ5

同系色のダウンパーカー&マフラーで落ち着かせた基本形

同系色のダウンパーカー&マフラーで落ち着かせた基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダウンパーカーとマフラーを色使いで調和させたコーディネート。ダウンはブラックの無地、マフラーはブラックウォッチ柄を選んでいて、ダークトーン同士でも馴染みすぎず、マフラーが何げない挿し柄として効いているバランスが絶妙です。ブラックウォッチは定番のタータンチェック柄ですが、落ち着きがあって控えめなスパイスとして最適です。

コーデ6

マフラーを挿し色として効かせたコーディネートが巧妙

マフラーを挿し色として効かせたコーディネートが巧妙

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックのダウンパーカーにウインドウペン柄のパンツを合わせたダークなコーディネートは落ち着いたムード。そこにマフラーを巻いて首元のアクセントとして効かせています。テラコッタに近い深みのあるオレンジが、暖色ならではの温かみを加味。マフラーはボリューム感がありますが、ダウンパーカーの首元を開けることでナチュラルにフィットしています。

▼ダウンパーカーのフロントを首元まで閉める

ダウンパーカーのフロントを首元まで閉めれば、防風性はかなりのレベルに。そんな着こなしでも、おしゃれにコーディネートするポイントが実はあります。上手に着こなしているお手本をピックアップして解説します。

コーデ7

インナー&ブーツのホワイトでヘビーな印象程良く緩和

インナー&ブーツのホワイトでヘビーな印象程良く緩和

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダウンパーカーのフロントをすべて留めて着用したコーディネート。トレンドのミリタリーパンツを合わせて武骨にまとめていますが、ダウンパーカーの裾から白いインナーを覗かせてクリーンな軽快感を加味。バランスを整えています。さらに『クラークス』のワラビーはやわらかなベージュ。足元からもヘビーな印象を低減しています。

コーデ8

首元は締めつつ裾を開けることでさりげなく抜け感を演出

首元は締めつつ裾を開けることでさりげなく抜け感を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダウンパーカーをシンプルに着ているだけのコーディネートに見えるかもしれませんが、フロントの開き具合に工夫が見られます。裾から胸まで開くことで白いインナーを覗かせ、軽快感や抜け感を演出しているのが巧みなテクニックです。首元から風が入らないだけでも、防風性は十分。どうしても寒いときは温度調整を優先してすべて閉じればOKです。全身をモノトーンで揃えてモダンにまとめているのも見逃せないポイント。

首周り、抜かりなし。おすすめのダウンパーカー10選

最後におすすめのダウンパーカーを厳選してご紹介します。レイヤードがしやすいスタンダードなデザインに絞ってセレクトしていますが、それでもバリエーションは多種多様。お気に入りのダウンパーカーがきっと見つかるはずです!

アイテム1

『ザ・ノース・フェイス』マウンテンダウンジャケット

『ザ・ノース・フェイス』マウンテンダウンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気の高い定番アイテム「マウンテンダウンジャケット」。特徴的な切り替えには意味があり、肩・ひじ・背面側の裾が強度の高い生地で補強されています。他の箇所は2層構造のゴアテックスで、防風性・防水性・透湿性を兼備。撥水コーティングも施しているため、雨や雪に強い作りです。クリーンなバージンダウンで高い保温性も確保。

圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

ウェア・コーデ

圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

アウドドア人気を牽引する『ザ・ノース・フェイス』。なかでも、象徴的デザインと圧巻の機能で人気を集めているのが「マウンテンダウンジャケット」です。

平 格彦

2020.11.17

今季も大本命。ザ・ノース・フェイスの人気ダウン15モデル

ウェア・コーデ

今季も大本命。ザ・ノース・フェイスの人気ダウン15モデル

『ザ・ノース・フェイス』の人気ダウンを総特集。人気のバルトロライトジャケットを筆頭に極寒仕様からタウンユースな1着まで、見た目もスペックも徹底的に紹介します。

深澤 正太郎

2020.11.19

アイテム2

『ウールリッチ』アークティックパーカ

『ウールリッチ』アークティックパーカ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1970年代に誕生した名作のアップデート版。耐水性と透湿性を併せ持つ伝統的な機能生地「60/40クロス(ロクヨンクロス)」にテフロン加工を施すことで、撥水性が強化されています。ウエストにドローコードを備え、シルエットやフィット感が調整可能。内側には大容量のポケットも装備しています。フードに付属するコヨーテファーは取り外し可能で、機能性に富んでいます。

ウールリッチのダウンを今買うなら! アークティックパーカー以外も見惚れる傑作選

ウェア・コーデ

ウールリッチのダウンを今買うなら! アークティックパーカー以外も見惚れる傑作選

180年以上の歴史をもつアメリカ最古のアウトドアブランド『ウールリッチ』。代表格のアークティックパーカーをはじめ、注目のダウンジャケットを一挙ご紹介します。

TASCLAP編集部

2020.12.10

アイテム3

『デサント オルテライン』マウンテニア

『デサント オルテライン』マウンテニア

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

水沢工場で作られるいわゆる「水沢ダウン」の中でもハイスペックなモデル。フードの内側に水や雪が溜まるのを防ぐパラフードシステムを搭載しています。また、フロントにはデュアルジップベンチレーションを採用し、着用したまま熱や湿気を放出することができます。熱接着ノンキルト加工+シームテープ加工による圧巻の防水性は健在。

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル

ウェア・コーデ

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル

ダウンの弱点を克服し、ダウンそのものの定義を一新させた水沢ダウン。当記事では「水沢ダウンとは?」というそもそも論や魅力を、代表モデルの紹介とともに掘り下げます。

深澤 正太郎

2020.09.28

アイテム4

『ナンガ』オーロラダウンジャケット

『ナンガ』オーロラダウンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本国内の生産にこだわる『ナンガ』のフラッグシップモデルです。独自開発の高機能生地「オーロラテックス」を使用し、防水力、防風力、保温力を併せ持っているのが大きな特徴。シンプルなデザインなのでオールマイティに使えるのも人気の理由です。フードは大きめの設定で、ニットキャップなどの上からでも被りやすくなっています。

ナンガの代表作。オーロラダウンジャケットがやっぱり素敵だ

ウェア・コーデ

ナンガの代表作。オーロラダウンジャケットがやっぱり素敵だ

注目ブランド、『ナンガ』を代表するオーロラダウンジャケット。その定番から別注モデルまでラインアップをご紹介していきます。

TASCLAP編集部

2020.11.18

アイテム5

『ファーストダウン』パネルショートダウン

『ファーストダウン』パネルショートダウン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカのダウンジャケットブランドを代表する1着。ワイドなシルエットながら、丈が短めでモダンな印象に仕上がっているのがポイントです。その一方、カラーブロックはレトロなムード。保温性に優れているのはもちろんですが、フードと高めのネックで外気の侵入もしっかり防いでくれます。

人気再び。ファーストダウンの注目アウター7選

ウェア・コーデ

人気再び。ファーストダウンの注目アウター7選

90年代がリバイバルしている影響もあり、2018年秋冬から再始動した『ファーストダウン』が引き続き注目株。歴史を魅力を掘り下げつつ、ラインアップを紹介します。

近間 恭子

2020.12.09

アイテム6

『エフシーイー』×『ナンガ』ノルディック ダウンパーカー

『エフシーイー』×『ナンガ』ノルディック ダウンパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『エフシーイー』の定番、N3-Bジャケットを進化させたアイテム。透湿防水性・ストレッチ性・軽量性を併せ持つ高機能素材を採用し、着心地を追求しています。フードにはドローコードが通っていて、開き具合の調整が可能。フロントのポケットが充実していて、使い勝手も優れています。さらにバックにもポケットを装備し、グローブやストールを収納することもできます。

アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

バッグ・ファッション小物

アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

機能美あふれるデザインで人気を集めるブランド『エフシーイー』。代表的アイテムであるバッグを中心にウェア類やコラボ品を紹介しながら、その魅力を解説していきます。

平 格彦

2019.02.11

アイテム7

『ナノ・ユニバース』西川ダウン シールド ジーツー アルファ

『ナノ・ユニバース』西川ダウン シールド ジーツー アルファ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

西川ダウンを代表するモデル「G2ジャケット」を完全リニューアル。最大の魅力である軽さは引き継ぎながら、防風性も強化しています。また、ステッチワークにも変化をつけ、シルエットが美しく見えるように工夫。フードを一体化することで首元をシンプルに修正しています。ダウンの品質は高く、体からの熱線を効率的に活用する「メタルギア・ダウンテック」も採用。撥水機能まで備えています。

納得の品質。西川ダウン、即買い必至のアイテムラインアップ

ウェア・コーデ

納得の品質。西川ダウン、即買い必至のアイテムラインアップ

デザインはもちろん、抜群の着心地で大人を魅了する人気の『西川ダウン』。7年目を迎える今季は、定番モデルを大幅にアップデート。高機能を搭載した新作にも注目です。

山崎 サトシ

2019.11.08

アイテム8

『アーバンリサーチ ドアーズ』ダウンパーカー

『アーバンリサーチ ドアーズ』ダウンパーカー

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

日本屈指の先端ファブリックメーカー「小松マテーレ」のオリジナル生地、サイトスを採用。高い耐水圧と透湿性、防風性と耐久性を兼ね備えています。ステッチレスでスマートに仕上げたデザインも特徴的。上質なホワイトダックダウンを使用して抜群の保温性を閉じ込めています。

アイテム9

『ゴールドウィン』フーデッドダウンコート

『ゴールドウィン』フーデッドダウンコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

丈が長めのダウンコートタイプ。シンプルに見えますが、前立てを2本のジップが縦断し、気分やコーディネートに合わせてシルエットがアレンジできる優れモノです。しかも、その前立て部分は取り外すことが可能で、独立したネックウォーマーなどとして使用できます。天然のダウンだけでなく、遠赤外線効果でナチュラルな温かさをキープする光電子ダウンを活用し、見た目以上の保温性も実現。

アイテム10

『エーディーエス』モンスターパーカ ダウンジャケット

『エーディーエス』モンスターパーカ ダウンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンパーカーの中でもっとも防寒性が高く、もっともビッグシルエットといえるのがモンスターパーカー。この1着は『ADS(エーディーエス/アドバンスド・ダウン・システム)』製です。ダウンをパック化せず特許技術の「Zテープ」で閉じ込めているのが画期的。内部で空気が流動的に行き来するため、少量のダウンでも十分な膨らみが得られ、羽毛が吹き出しにくい構造になっています。また、フードを使わないときは襟の中に収納可。

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ウェア・コーデ

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

TASCLAP編集部

2020.10.29

中綿ジャケットが、むしろ好都合。ダウンにはないメリットと、おすすめを網羅

ウェア・コーデ

中綿ジャケットが、むしろ好都合。ダウンにはないメリットと、おすすめを網羅

ダウンでは街使いには暑過ぎるし、かさばるのが気になる……という人におすすめしたいのが化繊の中綿ジャケット。街使いにベストバランスな、その作りを読み解きます。

遠藤 匠

2020.12.22

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND