旬な素材で差をつける。ボアコートという選択がこの冬、新しい

旬な素材で差をつける。ボアコートという選択がこの冬、新しい

モコモコしたボア生地が今、注目の的。その軽くて暖かい特徴を生かしながら、上品に仕上げたボアコートが大人におすすめです。メリットを整理しつつ、おすすめ品を披露!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.27

ボアコートを着こなせば、冬のコートスタイルが一気に鮮度アップ

この冬は、見た目も着心地も温かいボア素材がトレンドとして脚光を浴びています。保温性が高いだけでなく、軽くて比較的リーズナブルなので、この機会に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ボアコートを着こなせば、冬のコートスタイルが一気に鮮度アップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボアを使ったアウターは防寒性が高いため、もともとはアウトドアスタイルで重宝されていました。ただし最近では、上品に味付けされたアイテムも増加中。ボアを全面的に使ったコートもラインアップがかなり充実しています。ボアであっても、コートタイプなら上品に着こなしやすいので大人におすすめ。軽快で保温性に優れ、新鮮味もあるボアコートをこの冬、ぜひ取り入れてみましょう!

2種類のボアコート、その違いについて知っておく

ボア生地がトレンドとして浮上し、それに合わせてボアコートも注目されていますが、実はボアコートは昔から愛用されてきました。ただし、昔ながらのタイプはデザインがちょっと異なります。今と昔のボアコートの概要をまとめたので、すぐにでもチェックしてみてください。 2タイプの違いを把握しつつ、どちらのボアコートを活用するか吟味するのが賢い選択です。

タイプ1

ボアを全面的に使った品のあるロングコート系

ボアを全面的に使った品のあるロングコート系

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

最近は、軽くて温かいボアの特徴を最大限に活用したコートが増えています。わかりやすいのは、メイン素材としてボアを全面に配したチェスター仕様のロングコート。上質感のあるボア生地を使ったシンプルなコートは、ツイードやメルトンといった毛羽感のあるコートに近い雰囲気で、上品な印象です。さすがにビジネススタイルには馴染みませんが、少しリラクシングな大人っぽいカジュアルスタイルには好適なコートです。

ボアを全面的に使った品のあるロングコート系 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

その一方で、アウトドアスタイルの定番であるボアジャケットをアレンジしたコートも増えています。カジュアルなアウターがベースですが、ロング丈になっただけで上品さが加わり、大人なカジュアルスタイルにぴったりのバランスに仕上がっています。とはいえカジュアルな雰囲気は残っているので、着こなす際はシンプルなアイテムを合わせて少し品格をアップすると、大人っぽくて今っぽいコーディネートが完成します。

旬のロングコート。何を選ぶ?どう着こなす?の正解集

ウェア・コーデ

旬のロングコート。何を選ぶ?どう着こなす?の正解集

現在コートの主流となりつつあるのが、ロング丈の1着です。今すぐロングコートをフル活用できるよう、選び方、着こなし方、おすすめアイテムまでを一気に紹介します!

平 格彦

2020.12.04

タイプ2

裏地にボアを使ったアメカジ的なランチコート系

裏地にボアを使ったアメカジ的なランチコート系

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボアを使ったアウターとしては、ランチコートが有名。ボアの総裏仕様に加え、襟にもボアを使用し、ハイレベルな保温性を実現しています。実のところジャケットやブルゾンに近いデザインも多いのですが、丈が長めのタイプもあり、ランチコートと総称されています。ランチコートはもともとカウボーイの作業用アウターで、かなりラフな印象。アメカジを代表する防寒アウターですが、今ならあえて上品なテイストで着こなすのがおすすめ。ブルージーンズではなく、ブラックジーンズやイージースラックスなどを合わせると新鮮なコーデが完成します。

裏地にボアを使ったアメカジ的なランチコート系 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ちなみにランチコートの表地で定番といえば、コーデュロイ、デニム、バッファローチェックのウール混生地、スエード、ムートンなど。ムートンとボアの違いがわかりづらいかもしれませんが、ムートンは羊の毛皮、ボアはポリエステルなどと使ってモコモコした触感に仕上げた生地のことを指すのが一般的です。

ボアコートを大人っぽく着こなしたお手本コーディネート5選

コートのデザインがどうであれ、ボア生地が使われていると基本的にはややカジュアルな印象になります。そのため、コーデに組み込むならシンプルなインナーや落ち着きのあるパンツなどを合わせて大人っぽくバランスを整えるのがセオリー。少し品のあるキレイめな着こなしに仕上げたほうが、ボアのカジュアルな表情が際立ちます。具体例で解説しましょう!

コーデ1

シンプルなアイテムばかりを選んで生地感を強調

シンプルなアイテムばかりを選んで生地感を強調

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボアを全面的に使ったステンカラーコートをセレクト。着こなしが上品に見えるのは、コートを含めてシンプルなアイテムばかりをチョイスしているからです。その一方でこなれた印象も感じさせるのは、表情のあるアイテムを選んでいるから。ボアのコート、ニット地のクルーネック、コーデュロイのパンツはどれも表情が豊かで温かみがあります。暖色ばかりでウォーム感を強調しているのも高ポイントです。

コーデ2

品のあるコートをパーカーで着崩しつつもシックな印象に

品のあるコートをパーカーで着崩しつつもシックな印象に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

前立て部分が切り替えられた『レインメーカー』のボアコートを着用。ノーカラー仕様なので、厚手のフードが重なってもかさばらずにバランス良くまとまっています。上品なコートをスウェットパーカーで着崩した定番的な着こなしともいえますが、スリムなブラックジーンズで引き締めてシックにまとめているのが見事。足元のブーツも上品なイメージを高めています。

コーデ3

スポーティかつクールにまとめた大人カジュアル

スポーティかつクールにまとめた大人カジュアル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スポーツテイストやアウトドアテイストを感じさせるロング丈のボアコートが主役。そのムードを拡張するように、カレッジプリントが入ったスポーティなスウェットシャツをセットしています。ただし下半身は、黒いスキニーパンツで引き締めて大人っぽく調整。白いスニーカーを合わせ、クールなイメージはキープしつつ軽快感や清潔感を加味したバランスが絶妙です。

コーデ4

王道のランチコートは配色で落ち着かせるのが今の気分

王道のランチコートは配色で落ち着かせるのが今の気分

WEAR

WEAR

お気に入り追加

このお手本ではランチコートをセレクト。ボア使いが特徴の個性的デザインなので、他のアイテムをシンプルにまとめてアウターを引き立てています。ジーンズも含めて下半身はモノトーンでまとめて落ち着かせているのが大きなポイント。さらに、暖色のインナーでアクセントも加味しています。裾のレイヤード感で洒脱なイメージも演出!

コーデ5

襟をボアで切り替えた上品コートはシンプルに装えばOK

襟をボアで切り替えた上品コートはシンプルに装えばOK

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボアで切り替えられた襟が特徴的なコートは、やっぱり襟がアクセント。その魅力を生かすためには、この好例のように装飾要素のないアイテムを合わせるのがイチ押しです。具体的には、スリムなブラックジーンズで引き締めて品格をアップ。スエードブーツも上品な印象を上乗せしています。他のアイテムがシンプルなので、コートのボリュームあるボアが際立っていますね。

見た目も着心地もホカホカ。おすすめのボアコートをピックアップ

ボアコートの種類と特徴、コーディネートの具体例を押さえたら、あとは実際にボアコートを選ぶだけ。すでに説明した2つのタイプに分けてご紹介しますので、気になるタイプからチェックしてみてください。お気に入りのボアコートで、この冬のおしゃれをエンジョイしましょう!

▼表地にボアを使ったロングコート10選

まずは、より今シーズンらしいタイプからご紹介。全面的にボアを使用したロング丈のコートばかりを選んでみました。コートのデザインもボアの生地感もさまざまですが、どれを取っても軽くて温かいのがポイント。上品に見えてリラクシングなコートを、コーディネートの主役に抜擢しましょう!

アイテム1

『マイセルフ アバハウス』オーバーサイズ ダブル ポロコート

『マイセルフ アバハウス』オーバーサイズ ダブル ポロコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

肉厚なポリエステルシープボアを使用したロング丈の1着。オーバーサイズにアレンジされているため、今どきなリラックス感をたたえています。ポロコートをベースにしたクラシックなムードも特徴的。フロントの裏地にクラシックなチェック柄を用い、内側が見えても上品な印象です。カラーはモカ、チャコールグレー、ブラックの3種類。

アイテム2

『ハレ』ウールパイルボアコート

『ハレ』ウールパイルボアコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウールがメインのパイルボア生地を採用。上品な印象と高い防寒性を兼ね備えた1着です。シンプルなデザインのダブルブレストコートですが、ドロップショルダーのビッグシルエットでアップデート。その一方で、ビッグラペルがクラシックなムードも主張しています。カラバリは、深みのあるグリーンとグレーの2色。

アイテム3

『ティーエムティー』グリズリー ボア ランチコート

『ティーエムティー』グリズリー ボア ランチコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドのオリジナル生地を使った1着。高密度で肉感あるボア生地を全面的に使用し、ランチコートをラグジュアリーに格上げしています。立体感のあるラペルで上質感を演出しているのもポイント。イメージソースはアメリカに生息するグリズリー(アメリカヒグマ、ハイイログマ)で、防寒性も圧巻です。

アイテム4

『パイピングホット フューチャー』クリス イー ロングライン パッファ

『パイピングホット フューチャー』クリス イー ロングライン パッファ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーバーサイズのスタンドカラーコート。袖や裾にはリブが付属し、防風性もかなり高い作りになっています。軽くて保温性に優れるのも大きな特徴。リサイクル100%のソフトなボアフリースを使用していて、左胸には刺繍で“For Clean Oceans”のメッセージが入っています。

アイテム5

『マージン』パイルフリース カーディガン ロングコート

『マージン』パイルフリース カーディガン ロングコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウールライクなポリエステル製のパイルボアをメインに起用したロングコート。ヴィンテージナイロンツイルで比翼部分を切り替え、アウトドアテイストを感じさせるデザインに仕上げられています。大容量のメッシュポケットや静電気を抑えるライニングなどを採用し、実用性も優秀です。

アイテム6

『リー』フリースコート

『リー』フリースコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

やみつきになるほど軽快なユニセックス仕様のコート。柔軟なタッチのボアフリースを使用しつつ、肩から胸までをコットン×ナイロン生地で切り替え、顔の周辺を明るく照らしたようなカラーリングを採用しています。スタンドカラーの適度な高さもポイントで、マフラーを巻いても重くならないように配慮。パープル、ピンク、ベージュ、オリーブ、ブラックの5色展開です。

アイテム7

『ジャギッドエッジ・マウンテンギア』×『ジャーナル スタンダード』別注ボアコート

『ジャギッドエッジ・マウンテンギア』×『ジャーナル スタンダード』別注ボアコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1990年代に起こったアウトドアムーブメントの際に人気を集めた『ジャギッドエッジ・マウンテンギア』は、今季『ジャーナル スタンダード』のみで展開。アイコニックなコートは、当時のアーカイブをベースにした完全別注の限定品です。柔らかいボアフリース生地を使用しつつ、チロリアンテープとコンチョボタンを駆使した民族テイストのデザインが印象的。

アイテム8

『カンビオ』パイピング ボア ロングコート

『カンビオ』パイピング ボア ロングコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

首周りのレイヤードが楽しみやすいノーカラー仕様のロングコート。ルーズなシルエットも重ね着に適しています。トレンドのボア素材を起用しつつ、パイピングと胸ポケットの切り替えでアウトドアテイストもMIX。カラバリは、オリーブ、ブラック、ホワイトの3種類です。

アイテム9

『ラッセル アスレチック』×『シップス』別注 ボアフリース ノーカラーロングコーディガン

『ラッセル アスレチック』×『シップス』別注 ボアフリース ノーカラーロングコーディガン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

別注生地でアレンジされた1着。ダブルフェイスのボアフリースを使用していて、表地はソフトでフワフワしていますが、裏地は袖通りの良い滑らかなタッチになっています。ワイドなシルエットを採用したユニセックス仕様で、リッチなムードとスポーティな雰囲気がバランス良く調和しています。

アイテム10

『アーミーツイル』×『ジャーナル スタンダード レリューム』別注 2WAY ライナーコート

『アーミーツイル』×『ジャーナル スタンダード レリューム』別注 2WAY ライナーコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1940年代にアメリカで誕生した『アーミーツイル』への別注コートです。1950年代に北欧のミリタリーで使用されていたライナーをモチーフにしながら、ディテールで再構築。かなりワイドなシルエットでモダナイズしています。リバーシブルで使えるのもポイントで、ポリエステル100%のボアフリース面と、コットン100%のブロークンツイル面が選べます。

▼裏地にボアを使ったコート7選

ここからは、裏地に加えてポイント使いのボアも効いているコートをピックアップ。王道のランチコートをモチーフにしたデザインが中心ですが、個性のある他のタイプもセレクトしています。いずれにしても、大人っぽいコーディネートで着こなすのが今っぽくておすすめ!

アイテム1

『ティーエムティー』コットンウール バッファローチェック ボア ランチコート

『ティーエムティー』コットンウール バッファローチェック ボア ランチコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドオリジナルのボリュームたっぷりなボアを裏面と襟に使用したランチコートです。ボディはアウトドア感が強いバッファローチェックの生地。コットン50%×ウール50%で見た目以上の保温性を備えアップ。

アイテム2

『ラングラー』フォー『ジャーナル スタンダード レリューム』別注 デニムボア ランチコート

『ラングラー』フォー『ジャーナル スタンダード レリューム』別注 デニムボア ランチコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ラングラー』では「レンジコート」とも呼ばれているランチコートを別注でアレンジ。表地のメインはデニム生地ですが、裏地と襟にボアに採用しています。さらに、ボアのトリミングで個性をプラスしているのがポイント。ウォーム感やワーク感が強調されています。ワイドな身幅で今っぽいリラックス感も演出。

アイテム3

『ニルウェイ』スモーキーカラー イージーケアコーデュロイ ランチコート

『ニルウェイ』スモーキーカラー イージーケアコーデュロイ ランチコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コーデュロイ製のスタンダードなランチコートがベースですが、スモーキーカラーでトレンド性を加味。グレイッシュベージュはもちろん、アイボリー、ベージュ、ブラウン、グリーン、ネイビーといったカラバリのすべてにニュアンスがあって新鮮なムードです。同じコーデュロイ生地を使った別売りのパンツを揃えれば、セットアップスタイルも楽しめます。

アイテム4

『マージン』デニム ボア キルティングコート

『マージン』デニム ボア キルティングコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

薄手のデニム生地を使用しつつ、ボアを組み合わせることで保温性を高めたコート。さらに中綿も封入されているので、見た目からは想像できないほど温かい着心地です。スリムなシルエットが『マージン』らしく、はおるだけでかなりスタイリッシュ。アメカジ感の漂うインディゴブルー×ホワイトだけでなく、クールなブラック×ブラックも展開しています。

アイテム5

『ミスターオリーブ』ウォータプルーフ ブリティッシュシャンブレー セミシングル ボア ラペル コート

『ミスターオリーブ』ウォータプルーフ ブリティッシュシャンブレー セミシングル ボア ラペル コート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クラシックな風格を放つセミダブル仕様の1着です。素材の追求が『ミスターオリーブ』ならではで、コットン製のシャンブレーツイル生地は英国調のエレガントな雰囲気ですが、撥水加工が施されているので水や汚れを弾いてくれます。また、裏地には滑りの良いキュプラを採用。中綿をキルティングで閉じ込めつつ、襟にはボアを配して保温性も高めています。

アイテム6

『モノマート』ビッグシルエットフリースロング丈コーディガン

『モノマート』ビッグシルエットフリースロング丈コーディガン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

表地がフリース、裏地がボアフリースのコーディガン(=コートとカーディガンの中間的なアウター)。フードの折り返し方によって首周りのボアの見え方をアレンジできます。薄手で柔らかく、ふんわりと包み込んでくれる心地良い着用感が魅力。オーバーサイズ&ドロップショルダーに加え、曲線を描くフォルムがリラクシングなのに、エレガントなムードも感じさせる独特なデザインです。

アイテム7

『チャンピオン』ハーフコート

『チャンピオン』ハーフコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スポーツシーンでボアコートといえば、こんなデザインのアウターのこと。コーチジャケットの丈を長くしつつ裏地にボアフリースを採用したデザインが特徴的です。この1着はフード付きのタイプで、フード内の赤いボアが挿し色として主張。袖口のラインとともにスポーティなムードを高めています。さらに、バックの大きなロゴもスポーツ感を強調!

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

ウェア・コーデ

ボアジャケットが流行中! 味方につけたい人気ブランド&コーデ

毎年秋冬になるとボアジャケットの注目度が上がりますが、今季はこれまで以上に脚光を浴びています。うまく味方につけて、着こなしの旬度アップを狙いましょう。

山崎 サトシ

2020.12.07

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

ウェア・コーデ

旬度MAX。ボアブルゾンの今どきコーデテクとおすすめ12選

引き続き人気を集める90年代ファッション。そのムードを感じさせるボアブルゾンがブレイク中です。選び方から着こなしルール、おすすめアイテムまでを一気に解説します。

平 格彦

2019.10.19

この冬は、ボアパーカーに頼りたい。暖かくて今どきな15着をレコメンド

ウェア・コーデ

この冬は、ボアパーカーに頼りたい。暖かくて今どきな15着をレコメンド

フワフワで暖かく、こなれて見えるボアパーカーが今、人気。活用しない手はありません。その魅力を再確認しつつ、おすすめのアイテムをタイプ別にご紹介します!

平 格彦

2020.12.08

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

ウェア・コーデ

フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

TASCLAP編集部

2020.11.26

冬コートを新調しよう。今季流の選び方と大人におすすめしたい厳選21着

ウェア・コーデ

冬コートを新調しよう。今季流の選び方と大人におすすめしたい厳選21着

この冬の主役を任せられるコートはありますか? まだ確保していないなら、すぐにでも手に入れましょう。トレンドの傾向を押さえつつ、おすすめの冬コートをご紹介します!

平 格彦

2020.12.05

コートの種類を再認識。チェックすべき8種のデザインと着こなし方

ウェア・コーデ

コートの種類を再認識。チェックすべき8種のデザインと着こなし方

目移りするほどに豊富なメンズコートの種類。定番から旬モノまで、押さえておきたい型を8種にまで絞り込み、着こなし例と合わせて解説します。

平 格彦

2019.10.07

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事