大塚製靴は日本最古参のシューメーカー。皇室御用達の名門が持つ魅力とは

大塚製靴は日本最古参のシューメーカー。皇室御用達の名門が持つ魅力とは

西洋靴という新しい文化を日本に定着させた『大塚製靴』。日本人に合う靴へのこだわりからおすすめのモデルまで、その魅力を余すとこなくご紹介します。

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2021.02.09

皇室御用達。日本人に合う靴を発信する『大塚製靴』

皇室御用達。日本人に合う靴を発信する『大塚製靴』

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

1872年に創業した『大塚製靴』は、革靴が将来日本人のライフスタイルに必需品になると考え、西洋靴の技術の取得に邁進。1882年には皇室御用達として天皇陛下御靴調整を拝命し、その10年後には万博博覧会で金碑を受賞し、創業わずか20年足らずで世界の靴メーカーと技術力で肩を並べるほどに。1922年には日本でいち早くグッドイヤーウェルト式製靴機械を取り入れ、機械靴の製造をスタートさせました。そんな『大塚製靴』が創業当初から掲げている理念は、”日本人にとって履き良い靴”を作ること。技術力にさらに磨きをかける同時に、日本人の足に対する知見も深めていきました。現在も日本人に合った靴を追求しつつ、新しいトレンドなどを取り入れた革靴を世に送り出しています。

『大塚製靴』ならではの靴作りへのこだわりとは

日本人に合う革靴はどのように作られているのか気になるところ。そこで『大塚製靴』ならではの靴作りのこだわりを深掘りします。

こだわり1

MADE IN JAPANが誇る丁寧な靴作り

MADE IN JAPANが誇る丁寧な靴作り

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

生産拠点を横浜・日吉から東京に移し、今もなおMADE IN JAPANの靴作りを続けている『大塚製靴』。最大の強みは、あらゆる面において愚直であること。コバ部分を”く”の字に削るヤハズ仕上げをはじめ、数々の受賞歴をもつ職人の技術は次の世代に受け継がれ、まるでビスポークのように丁寧に作られています。

こだわり2

長い歴史で培われた日本人の足に合ったラスト

長い歴史で培われた日本人の足に合ったラスト

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

日本人のライフスタイルや体格は時代とともに変わっています。”日本人にとって履き良い靴”を理念にする『大塚製靴』では、その変化にも柔軟に対応。卓越した技術を要する足なり形状のラストなど、特に靴の骨格ともいえるラストは、日本人の体格の変化に合わせて進化させているのです。

こだわり3

グットイヤーウエルト製法は『大塚製靴』の象徴

グットイヤーウエルト製法は『大塚製靴』の象徴

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

約100年以上前から『大塚製靴』がこだわっているグッドイヤーウェルト製法。それは常に履き良い靴を作ることにおいて、この製法の構造が最も理想的な技術であると確信しているからです。現在もあらゆるシリーズに採用され、『大塚製靴』にとって欠かせないものになっています。

『大塚製靴』が手掛けるブランドについて知る

注文靴からスタートした『大塚製靴』ですが、今ではさまざまなブランドを展開しています。『OTSUKA M-5』をはじめとする代表的な3つのブランドをピックアップし、その魅力を深堀りしてご紹介。

ブランド1

『大塚製靴』の原点であり、代表ブランドの『オーツカ M-5』

『大塚製靴』の原点であり、代表ブランドの『オーツカ M-5』

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

注文靴からはじまった『大塚製靴』の原点に立ち返って2002年に立ち上げた『オーツカ M-5(エム・ファイブ)』。”M-5”は”明治5年創業”を意味し、サンプルモデルを提案して受注生産するシステムになっています。すべて手縫いの「ドレス クラシック」や5万円で手に入る「コンテンポラリー ドレス」など、全3シリーズで展開されています。

ブランド2

歩き心地にとことんこだわった『オーツカプラス』

歩き心地にとことんこだわった『オーツカプラス』

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

『OTSUKA M-5』の好評を受けて2014年にスタートしたのが、レディメイドのプレステージライン『オーツカプラス』。かかとをしっかり安定させて地面を蹴り出す動きを妨げない、”歩き心地”にとことんこだわって作られています。ラストは、左右で微妙に異なる肉付きかかとに合わせたヒールカップ、足の甲の峯の位置と傾斜を計算した内振り形状が特徴。

ブランド3

1足目に手に入れたい『オーツカ ヨコハマ メイド』

1足目に手に入れたい『オーツカ ヨコハマ メイド』

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

1人でも多くの人が自分に合った靴を履いてほしい。そんな脈々と受け継がれた想いを形にしたのが、長年生産拠点となっていた横浜工場から生まれた『オーツカ ヨコハマ メイド』。手に取りやすい価格とは裏腹に、約150年もの歴史で培った技術やラストなどを最大限生かして作られており、足を包み込むような履き心地が味わえます。

ビジネススタイルの格上げに。『大塚製靴』のおすすめ10選

品格漂うルックスと快適な履き心地を両立させている『大塚製靴』の革靴。上記でご紹介した3ブランドから、おすすめのモデルを厳選しました。ビジネススタイルの格上げにもうってつけのモデルばかりですよ。

アイテム1

『オーツカ M-5』M5-300

『オーツカ M-5』M5-300

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

厳選された良質なフレンチカーフを採用した内羽根ストレートチップシューズ。スクエアトゥ「ラスト715」による端正な顔つきも特徴で、フォーマルからビジネスシーンまで活躍する1足です。細かく目付けされたウェルトや繊細な技術を要するかんぬきなど、細部にも『大塚製靴』の技術力の高さが伺えます。

アイテム2

『オーツカ M-5』M5-218

『オーツカ M-5』M5-218

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

ともすると野暮ったく見えるウイングチップデザインも、つま先に伸びのあるラウンドゥ「ラスト815」なら上品かつ洗練された印象。手染め仕上げによるブラウンの発色もポイントで、ラストの美しさを高めるのに一役買っています。ソールは耐久性・耐水性・グリップ力に優れたダイナイトソール製。

アイテム3

『オーツカ M-5』M5-217

『オーツカ M-5』M5-217

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

アッパーの飾りを一切排除し、ラストの美しさを際立たせたホールカットシューズ。1枚革を用いていながらシワ一つなく、もはや芸術品とも呼べる仕上がりです。後部の口周りのステッチを二重に施して履き口の傷みを最小限に抑えるなど、日本人のライフスタイルに合わせたディテールにも注目を。ダイナイトソール製。

アイテム4

『オーツカプラス』OP-1001

『オーツカプラス』OP-1001

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

ウェルトのすくい縫いをするために内底に貼り付けるリブに、『オーツカプラス』では柔らかいレザーを使用。グッドイヤーウェルト製法をさらに進化させることで、より返りの良い履き心地を実現しています。動きを妨げない内振りのラストや消耗の早いつま先部分に貼り付けたラバーなど、”歩き”に強い仕様も見逃せません。

アイテム5

『オーツカプラス』OP-1005NA

『オーツカプラス』OP-1005NA

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

歩きにこだわった内振りラストで釣り込むことで、他のローファーとは一線を画す抜群のフィット感を提供。こちらもウェルトのすくい縫いの際のリブに柔らかなレザーが使われ、快適な履き心地をさらに向上させています。スリムなシルエットなのでカジュアルはもちろん、ビジネススタイルにも活躍。

アイテム6

『オーツカプラス』OP-1004

『オーツカプラス』OP-1004

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

『大塚製靴』ならではの作りの丁寧さが際立つ外羽根プレーントゥ。薄く染色した革にさらに濃い色の染色を手で塗り上げ、より美しくグラデーションを表現したシャドーアンティーク仕上げも目を引きます。シンプルなデザインゆえに着こなしに取り入れやすく、それでいて洒脱な足元を演出してくれますよ。

アイテム7

『オーツカ ヨコハマ メイド』OG-1000

『オーツカ ヨコハマ メイド』OG-1000

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

足裏にぴったり寄り添う独自の立体中底を採用した、撥水レザー製のストレートチップ。職人によるすくい縫いで仕上げたハンドソーン式製法(9分仕立て)により、グッドイヤーウェルト製法ながらソールの返りが抜群です。さらにしっかりとホールドするかかとの形状も相まって、長時間履いても疲れにくい設計なのもうれしいポイント。

アイテム8

『オーツカ ヨコハマ メイド』OT-1011

『オーツカ ヨコハマ メイド』OT-1011

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

シンプルかつ洗練されたデザインに映える、きめ細かく上質なヨーロッパ原皮のスムースレザーをアッパーに使用。立体感ある中底が足の盾と横のアートをしっかりサポートし、かつ凹方に成型したかかと部分が今までにないホールド感を提供してくれます。アウトソールはグリップ性や軽量などに優れたモールドソール。

アイテム9

『オーツカ ヨコハマ メイド』OG-1004

『オーツカ ヨコハマ メイド』OG-1004

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

OTSUKA M-5 ONLINE(大塚製靴)

お気に入り追加

職人によるハンドソーン式製法(9分仕立て)で履き心地を向上させたコインローファー。内底を立体にすることで生まれる隙間をコルクで埋めることで、履き始めから快適なだけでなく、履き込むほどに自分の足形に自然に沈むという履きならす楽しさも味わえます。アッパーはエイジングも楽しめる上質な牛レザー。

アイテム10

『オーツカ ヨコハマ メイド』OT-1014

『オーツカ ヨコハマ メイド』OT-1014

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

フィット感を高めるラストや内底に加え、アッパーの内側にクッション材を入れているのが特徴。そのため足をやさしく包み込み、同時に歩く際などに生まれる負担を軽減してくれます。アウトソールは軽量で耐摩耗性も高いラバー製のモールドソール。グリップ力にも優れているので、雨の日でも安心して履くことができますよ。

男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

スニーカー・シューズ

男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

スニーカーもいいですが、男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。

近間 恭子

2020.09.30

ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

スニーカー・シューズ

ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

足元はビジネススタイルの要。見た目はもちろんですが、履き心地も重視したいところです。頼れる1足を見つけるために、選び方のポイントや信頼できるブランドをご紹介!

近間 恭子

2021.01.15

革靴の王道。リーガルのおすすめシューズ15選

スニーカー・シューズ

革靴の王道。リーガルのおすすめシューズ15選

多くの男性に愛され、日本の革靴文化をけん引してきた『リーガル』。ビジネスマンから支持される同ブランドのおすすめモデルとともに、その魅力を改めて探ってみましょう。

近間 恭子

2021.03.08

三陽山長が作る日本人のための革靴。定番&注目作のおすすめ8選

スニーカー・シューズ

三陽山長が作る日本人のための革靴。定番&注目作のおすすめ8選

日本の伝統職人によるモノ作りに定評がある『三陽山長』。素材からラスト、縫製に至るまで、類いまれなこだわりによって生み出される品質本位の革靴の魅力に迫ります。

近間 恭子

2019.10.18

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事