このゆるさが新鮮だ。リーバイスの550で旬なリラックス感を手に入れる

このゆるさが新鮮だ。リーバイスの550で旬なリラックス感を手に入れる

今、リラックスシルエットのジーンズが注目されています。王道ブランド『リーバイス』では、名モデルと名高い「550」が人気。支持される理由からコーデ例まで解説します!

2022.04.11
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。 記事一覧を見る
...続きを読む

リラックスシルエットが今の気分。『リーバイス』の「550」から目が離せない

リラックスシルエットが今の気分。『リーバイス』の「550」から目が離せない

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウターやトップスのみならず、パンツ類にもルーズシルエットの人気が拡大し、もはや定番化しつつあります。当然、パンツの代表格であるジーンズにもその流れは波及。そしてジーンズを象徴するブランドである『リーバイス』でも、リラックス感のあるモデルが注目度を高めています。その筆頭が「550」です。

リラックスシルエットが今の気分。『リーバイス』の「550」から目が離せない 2枚目の画像

上野アメ横 Jalana(ジャラーナ)

上野アメ横 Jalana(ジャラーナ)

お気に入り追加

『リーバイス』の「550」は1985年に登場し、80年代後半から90年代前半に特に人気を集めたモデル。リラックス感がありつつ、どこかスマートな印象も感じさせるシルエットが大きな魅力です。裾に向かって細くなる絶妙なテーパードフォルムがそんな2つの相反する印象を実現しています。元々は古着として人気を集めていた「550」ですが、今や日本でも復刻されてオンラインや一部の実店舗でも購入できるようになっています。古くて新しい注目ジーンズを着こなしてみましょう!

リーバイスのジーンズ総特集。三大ニーズ別におすすめをピックアップ

ウェア・コーデ

リーバイスのジーンズ総特集。三大ニーズ別におすすめをピックアップ

ジーンズの代名詞として知られる『リーバイス』。150年以上も続くブランドの歴史や世界中で愛されている理由、そしてビギナーが買うべきモデルまでをこの機会におさらい。

TOMMY

2021.01.22

進化を続けるリーバイスの最定番。501のフルラインアップを徹底解剖

ウェア・コーデ

進化を続けるリーバイスの最定番。501のフルラインアップを徹底解剖

ジーンズの金字塔にして永遠の定番が『リーバイス』の「501」。誕生から120年を超える中で、常に時代とともに進化を続ける「501」の魅力について、改めて解説します。

那珂川廣太

2022.01.13

隠れた名作。リーバイス502の隠しきれない魅力とラインアップ

ウェア・コーデ

隠れた名作。リーバイス502の隠しきれない魅力とラインアップ

今、『リーバイス』の502が人気です。同ブランドといえばまず頭に浮かぶのが501ですが、なぜ最近になって502が注目されているのでしょうか? その理由を解説します。

髙須賀 哲

2021.03.22

今だからこそ、『リーバイス』の「550」を選ぶべき理由がある

今だからこそ、『リーバイス』の「550」を選ぶべき理由がある

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「550」を選ぶべき理由を改めて挙げると、リラックスできるシルエットが今の気分にハマる、というのが最大のポイントです。ジーンズのシルエットに適度なゆとりがあるだけで、コーディネートがリラクシングで今っぽく仕上がります。また、カラバリが豊富なのも同モデルの魅力。インディゴブルーがベースですが、ウォッシュ加工の違いがいろいろと揃っているのに加え、ブラックデニム版もラインアップされています。さらにサイズ展開も豊富。29~42インチまで揃っているので、自分にベストなサイズがきっと見つかるはずです。今なら、あえて大きめを選んでリラックス感を増幅させるのもいいでしょう。

今だからこそ、『リーバイス』の「550」を選ぶべき理由がある 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

そして、キング・オブ・ジーンズたる『リーバイス』ならでは、といえるオーセンティックな面持ちも特徴的。ツーホースマークが入ったレザーパッチ、レッドタブ、ロゴ入りリベット、ヒップポケットのアーキュエイトステッチといったアイコニックなディテールが採用されています。時代を超越したジーンズといえるので、細かいトレンドを気にせず長くはき回すことが可能です。

同じリラックスだけど……。「550」は「560」とどう違う?

同じリラックスだけど……。「550」は「560」とどう違う?

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

リーバイス「550」

お気に入り追加

同じリラックスだけど……。「550」は「560」とどう違う? 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

リーバイス「560」

お気に入り追加

『リーバイス』がリリースしている「リラックスできるテーパードシルエットの正統派ジーンズ」という意味では、「550」と「560」は同じ魅力を持っています。ただし、「550」と「560」では幅が異なります。王道の「501」よりもワイドなのが「550」で、さらに幅広なのが「560」というイメージ。ちなみに「550」はリラックスドフィットで、「560」はコンフォートフィットと名付けられています。好み次第ではありますが、バランスが良くオールマイティに使える「550」から揃えるのがおすすめです。

どの色が好み? 『リーバイス』「550」のカラーは5タイプ

すでに解説した通り、『リーバイス』の「550」はカラーバリエーションが豊富。5タイプからセレクトできるので、自分のスタイルや好みに合うカラーを選ぶことが可能です。以下で全種類ご紹介するので、好きなカラーを見つけてみてください!

カラー1

リンス

リンス

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

インディゴブルーの中でもっとも濃く、落ち着きを感じられるのが「リンス」。ワンウォッシュが加えられているため、洗うと縮むリジッドデニムよりもサイズのミスマッチが起こりにくいのがポイントです。はき込んで育てる楽しみを味わえるのも魅力。

カラー2

ダークウォッシュ

ダークウォッシュ

asty

asty

お気に入り追加

アタリなどのウォッシュ感はあるものの、濃いめで大人っぽいニュアンスも感じられるのが「ダークウォッシュ」です。ジーンズならではの表情とオールマイティに使える汎用性が両立していて、幅広いコーディネートに使えます。

カラー3

ミッドウォッシュ

ミッドウォッシュ

A-GRADE

A-GRADE

お気に入り追加

ヴィンテージテイストが感じられる程度までウォッシュ加工を施してあるのが「ミッドウォッシュ」。アタリはきっちり出ていますが、ヒゲなどはあまり入っていないため、色落ち感がありながらもきれいめなイメージをキープしています。テーラードジャケットなどの上品なトップスを着崩す際にも重宝。

カラー4

ライトウォッシュ

ライトウォッシュ

asty

asty

お気に入り追加

もっとも明るいトーンが「ライトウォッシュ」。「550」の中ではもっともハードなウォッシュド感で、軽妙かつ爽やかなコーディネートに仕上げることができます。持ち前のリラックス感が強調できるカラーですが、色落ち具合が均一でクリーンな印象を備えています。

カラー5

ブラック

ブラック

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

「550」は色落ち感のないブラックジーンズも選ぶことができます。リラックス感のあるシルエットにもかかわらずクールに映るので、簡単に大人なコーディネートを築くことが可能。カジュアルなスタイリングの引き締め役としても活躍してくれます。

今はくならこんな風に。『リーバイス』の「550」を使った大人コーデ8選

最後はおしゃれなコーディネート例をピックアップ。『リーバイス』の「550」を大人なコーディネートに取り入れたお手本を解説します。気になるスタイリングを参考にしながら、すぐにでも着こなしてみてください!

コーデ1

ライトブルー×モノトーンで爽やかなカジュアルスタイルに

ライトブルー×モノトーンで爽やかなカジュアルスタイルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

明るいトーンの「550」をセレクトしつつ、モノトーンを組み合わせて大人っぽく演出したお手本的コーデ。全体的にリラックス感のあるシルエットで、今どきな抜け感が出ています。白いスニーカーがクリーンなアクセントとして効果的!

コーデ2

ショート丈のアウターでジーンズのシルエットを主張

ショート丈のアウターでジーンズのシルエットを主張

WEAR

WEAR

お気に入り追加

適度にヴィンテージ感のある「550」と、ダークネイビーのバンドカラーブルゾンがメイン。ショート丈のアウターを選ぶことで、ジーンズのリラクシングなフォルムを強調しています。ブルー系カラーをメインにすることで、爽やかにまとめているのもポイント。

コーデ3

ブラックの「550」を使った都会はアウトドアスタイル

ブラックの「550」を使った都会はアウトドアスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックの「550」は古着で、程良いヴィンテージ感が漂っています。黒いブーツを合わせてもハードになり過ぎていないのは、ジーンズに味感があるからこそ。ボアフリース製のベストでこなれ感を加味しつつ、全身をモノトーン基調にしてシックにまとめています。

コーデ4

ロング&ルーズなアウターによってリラックス感を拡充

ロング&ルーズなアウターによってリラックス感を拡充

WEAR

WEAR

お気に入り追加

適度にルーズなジーンズにゆったりしたロング丈のモッズコートを合わせることで、リラックス感を最大限に。その一方、タートルネックのインナーを組み込んで、大人っぽく仕上げているのが見事です。オレンジのスニーカーで巧みに個性をプラス!

コーデ5

軽快なTイチスタイルは黒小物でバランスを

軽快なTイチスタイルは黒小物でバランスを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

Tシャツにジーンズ、そしてスニーカーと至ってベーシックなカジュアルスタイル。メガネや時計、レザーサコッシュなど、小物を黒やレザーといった上品なアイテムをリンクさせることでコーディネートの格上げに成功。なお、Tシャツはタックインしてこなれ感を出している点もポイントです。

コーデ6

ミリタリージャケットを爽快にアレンジしたスタイリング

ミリタリージャケットを爽快にアレンジしたスタイリング

WEAR

WEAR

お気に入り追加

注目のミリタリーテイストをデザートカモ柄のジャケットで取り入れつつ、爽やかにまとめることに成功。ジーンズのカラーはライトウォッシュを選び、シャツもライトブルーにすることで、軽快かつ上品な印象を演出しています。白いスエードシューズも爽快感を強調!

コーデ7

ジーンズ+スウェットパーカーを新鮮なイメージで昇華

ジーンズ+スウェットパーカーを新鮮なイメージで昇華

WEAR

WEAR

お気に入り追加

同じくベージュのトップスを合わせて軽やかに仕上げたコーディネート。カジュアルなイメージになり過ぎないよう、インナーに品のあるシャツを合わせて裾から覗かせているのがポイントです。キャップとスニーカーを黒で揃え、さりげなく引き締めたテクニックにも注目!

コーデ8

あくまできれいめを意識した上品な夏スタイル

あくまできれいめを意識した上品な夏スタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルージーンズはそれだけでカジュアル色の強いアイテムですから、小物やその他のアイテムでバランスを取ることが重要。開襟シャツやレザー素材のウエストポーチやサンダルなど、抜け感は意識しつつもあくまで上品さをキープしたハイレベルな着こなしです。

ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる

ウェア・コーデ

ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる

120年以上もの歴史を誇るジーンズブランド『リーバイス』。同ブランドといえば501が最も有名だが、今回はモダンなシルエットで注目を集める511を紹介。

大中 志摩

2022.04.15

リーバイスのジージャンはやっぱり王道だ。その変遷と今買えるアイテムを解説

ウェア・コーデ

リーバイスのジージャンはやっぱり王道だ。その変遷と今買えるアイテムを解説

流行事情に関係なく1着は持っておきたいジージャン。買いの筆頭候補はやっぱり王道の『リーバイス』でしょう。その歴史を読み解きつつ、今の狙い目モデルを指南します。

押条 良太

2022.03.04

大人がはくべきデニムブランド42選。長く付き合える理想のジーンズに出会う

ウェア・コーデ

大人がはくべきデニムブランド42選。長く付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うデニムブランドをしっかり押さえておきましょう。

那珂川廣太

2022.03.11

リーバイスレッドとは? 7年ぶりに復活した人気確定のラインアップ

ウェア・コーデ

リーバイスレッドとは? 7年ぶりに復活した人気確定のラインアップ

一斉を風靡した『リーバイス レッド』が7年ぶりに復活ということで、デニムシーンが色めき立っています。今一度同シリーズについて解説するとともに、最新作を一挙公開!

山崎 サトシ

2021.02.13

改めてリーバイス517に熱視線。ブーツカットの源流について今、知っておく

ウェア・コーデ

改めてリーバイス517に熱視線。ブーツカットの源流について今、知っておく

多数の名作ジーンズを誇る『リーバイス』の中で、ブーツカットといえば「517」。その歴史を掘り下げつつ、今どきの着こなし見本から現行のラインアップまでご紹介します!

平 格彦

2021.06.01

この記事の掲載アイテム一覧(全5商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『リーバイス』550 リンス
    『リーバイス』 550 リンス
  • 『リーバイス』550 ダークウォッシュ
    『リーバイス』 550 ダークウォッシュ
  • 『リーバイス』550 ミッドウォッシュ
    『リーバイス』 550 ミッドウォッシュ
  • 『リーバイス』550 ライトウォッシュ
    『リーバイス』 550 ライトウォッシュ
  • 『リーバイス』550 ブラック
    『リーバイス』 550 ブラック

掲載アイテムをもっと見る(-7商品)

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP