電子書籍リーダーで読書がグッと快適に。スマホやタブレットにはない利点とは

電子書籍リーダーで読書がグッと快適に。スマホやタブレットにはない利点とは

“積読”で困っているなら、電子書籍を使うのが得策。すでに電子書籍を利用中の人も、電子書籍リーダーを使えば読書が一層楽しめます。詳しく解説するので、ぜひ活用を!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.04.05

スマホやタブレットがあっても、電子書籍リーダーがやっぱり便利

スマホやタブレットがあっても、電子書籍リーダーがやっぱり便利

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

巣ごもりしながらでも手軽に購入できる電子書籍を利用する人が増えています。ビジネス書や自己啓発書はもちろん、最近はマンガを電子書籍で読む人も増加。それに伴い、電子書籍リーダーを使う人も増えているようです。

スマホやタブレットがあっても、電子書籍リーダーがやっぱり便利 2枚目の画像

楽天ブックス

楽天ブックス

お気に入り追加

スマホやタブレット、パソコンでも電子書籍を読むことはできますが、せっかくならば専用の電子書籍リーダーを使用するのがおすすめ。とっても便利で、筆者も実際に使っています。さまざまなメリットを享受できるので、これを機に電子書籍リーダーを積極的に活用してみましょう!

どこがいいの? 電子書籍リーダーを使うべき3つのメリットとは

専用の電子書籍リーダーを使うメリットはいろいろありますが、ここではスマートフォンやタブレットでは得られない3つのポイントに絞って解説します。自分がメリットを感じられるかどうかをチェックしながら確認してみてください。

メリット1

読書に集中できる

読書に集中できる

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

原則として、電子書籍リーダーは電子書籍の購入と読書だけができるツール。さまざまなアプリが使用できるスマートフォンやタブレットとは、「読書しかできない」という点が大きく異なります。SNSをチェックしたりメールを読んだり動画を見たりすることができないからこそ、半強制的に読書に集中することができるのです。

メリット2

目にやさしく疲れづらい

目にやさしく疲れづらい

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

電子書籍リーダーの大半が採用しているのは電子ペーパー。紙の読みやすさとディスプレイの利便性を併せ持つ反射型表示媒体です。電子ペーパーはブルーライトが発生しないので眠る前に読んでも覚醒しにくく、明るさがあるので暗くした寝室での使用にも適しています。

メリット3

バッテリーが長持ちする

バッテリーが長持ちする

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

電子書籍リーダーに使用している電子ペーパーは、他のディスプレイと比べて消費電力が少ないのも特徴。しかも用途を読書に特化しているので、その点でもバッテリーの消費が抑えられます。1度の充電で数日~数週間ほど使用でき、外出先でもバッテリーを気にせず読書が楽しめます。

まずはここを見る。電子書籍リーダーを選ぶ際の重要チェックポイント5つ

実際に電子書籍リーダーを選ぶ際には、押さえておくべきポイントがいくつかあります。必ず確認しておきたい項目を5つに絞って解説しますので、購入時には確実にチェックするようにしましょう!

チェックポイント1

対応している電子書籍ストア

対応している電子書籍ストア

楽天ブックス

楽天ブックス

お気に入り追加

日本で利用されている主要な電子書籍ストアは「Amazon」と「楽天」で、それぞれ『Kindle(キンドル)』『Kobo(コボ)』という電子書籍リーダーが対応しています。また、AndroidのOSを採用し、アプリを使用するタイプの電子書籍リーダーもあります。

チェックポイント2

自分が読むものに合った解像度とカラー表示

自分が読むものに合った解像度とカラー表示

楽天ブックス

楽天ブックス

お気に入り追加

画面の解像度が高いほど、写真やイラストの細部まで美しく映し出すことができます。マンガや写真集など、ビジュアル的な要素が重要な電子書籍を読む場合、解像度は高いほうがベター。目安としては300ppi以上がおすすめです。また、カラーで見たい場合には、電子書籍リーダーではなくタブレットを使わなければならないのが現状。ただし、カラー表示ができる電子ペーパーも開発されていて、海外では電子書籍リーダーに実装されはじめています。そう遠くないうちに日本にもカラーの電子書籍リーダーが登場することでしょう。

チェックポイント3

記憶容量などのスペック

記憶容量などのスペック

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

保存できる冊数に関わる記憶容量も大切なチェックポイント。テキスト中心の電子書籍よりも画像メインのほうが容量は多くなるため、どんなタイプの電子書籍を読むのかを想定しつつ選ぶのがポイントです。ちなみに、コミックで換算した大まかな保存可能冊数は、容量8GBで約130冊、32GBで約650冊です。また、PDFファイルが閲覧できる仕様だと便利。仕事用の資料や自作したデータなどを電子書籍リーダーで確認することができるので、用途がさらに広がります。

チェックポイント4

使いやすいサイズ

使いやすいサイズ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

電子書籍リーダーが同じなら、どんな電子書籍を読むときも手に触れる端末は一緒です。文字の大きさや明るさなどを変えることはできても、端末や画面の大きさや手触りなどは変えることができません。だからこそ、こだわって選ぶのがおすすめ。自分が持ちやすいサイズ、見やすい画面などをきちんとチェックするようにしましょう。

チェックポイント5

お風呂でも読める防水機能

お風呂でも読める防水機能

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

電子書籍リーダーの中には、防水機能を備えたタイプもあります。水に強い端末なら、お風呂に浸かりながら電子書籍を読むことが可能。さらに、ビーチやプールサイドでも使用できます。飲み物をこぼしても安心なので、予算に余裕があるなら防水性の高い電子書籍リーダーを選ぶことを推奨します。

快適な読書環境のために。 おすすめ電子書籍リーダー10選

以下では、現在すぐに購入できる主な電子書籍リーダーをご紹介。 似たようなデザインでも細かいスペックや機能、特徴などは異なりますので、気になる端末を見つけたら細部までチェックしながら検討してみましょう。

アイテム1

『キンドル』

『キンドル』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

もっともポピュラーな『キンドル』の中で、もっともベーシックな端末。モデル名がないほどスペックもベーシックですが、だからこそリーズナブルな価格を実現しています。文字を読むには十分なので、電子書籍リーダーのエントリーモデルとして最適!

アイテム2

『キンドル』ペーパーウェイト

『キンドル』ペーパーウェイト

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

防水機能を備えているのが大きな特徴。毎日のお風呂時間が読書タイムに変わります。ベーシックなモデルより解像度が高く、容量も8GBと32GBからセレクト可能。軽くて薄い作りなので、持ち運ぶのにも便利です。

アイテム3

『キンドル』オアシス

『キンドル』オアシス

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

大きな画面が最大のポイント。『キンドル』の他モデルは6インチですが、この「オアシス」は7インチになっています。色調調節ライトを搭載し、色味を変えられるのも特徴。クリアなホワイトから柔らかい暖色まで調整することができます。

アイテム4

『コボ』ニア

『コボ』ニア

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

お気に入り追加

楽天が展開している『コボ』のエントリーモデル。基本的な機能はクリアしているので、快適かつ気軽に読書を楽しむことができます。普段から楽天でショッピングをする機会が多い人は、最初に検討したい端末です。

アイテム5

『コボ』クレア HD

『コボ』クレア HD

楽天ブックス

楽天ブックス

お気に入り追加

コンパクトなサイズ感と最高クラスの解像度を両立した人気モデル。「高速ページめくり」を搭載しているので、ストレスなく読書に没頭できます。記憶容量は8GBで、普段使いならまったく問題ありません。

アイテム6

『コボ』ライブラ H2O

『コボ』ライブラ H2O

楽天ブックス

楽天ブックス

お気に入り追加

『コボ』が誇る最高級モデル。画面は7インチと大きく、IPX8規格準拠の防水性能を備えていて、ページめくりボタンで簡単に読み進めることができます。また、横向きにすることで見開き表示が可能。ベゼルや背面カバーのカラーをブラックとホワイトから選べるのも魅力です。

アイテム7

『ライクブック』マーズ 7.8インチ

『ライクブック』マーズ 7.8インチ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

Android OSを搭載しつつ電子ペーパーを採用しているのが特徴。電子書籍リーダーに近いタブレットといえる端末で、「Google Play」からアプリをダウンロードして使用します。ディスプレイはかなり大きめで7.8インチ。

アイテム8

『ライクブック』アレスノート 7.8インチ

『ライクブック』アレスノート 7.8インチ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ネーミングの通り、スタイラスペンでノートのように書き込むことができるモデル。手書き文字をテキストに自動変換する機能も備えています。フロントライトを搭載し、状況に合わせて暖色と寒色の切り替えができるので、目をケアしつつ読書が楽しめます。

アイテム9

『ブークス』ノート2

『ブークス』ノート2

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『ブークス』もAndroid OSを搭載。画面のサイズが数種類あり、「ノート」はA5サイズよりも大きな10.3インチのディスプレイを採用しています。2画面表示ができ、半分で電子書籍を開き、もう半分でノートアプリを使用することも可能。スタイラスペンが付属しています。

アイテム10

『ブークス』マックス ルミ

『ブークス』マックス ルミ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

「マックス」はその名の通り、電子書籍リーダーとしては別格なほどの大画面。13.3インチのディスプレイを採用しています。しかも高機能モデルの「マックス ルミ」は、フロントライトの色調調整機能も装備。大きな画面でストレスなく読書やメモができます。

机にちゃんと照明を。おしゃれなデスクライトの導入で仕事が進む、進む

インテリア・雑貨

机にちゃんと照明を。おしゃれなデスクライトの導入で仕事が進む、進む

机に向かって作業をする際は、専用のライトを活用するのがおすすめ。目が疲れにくくなり、効率アップにつながります。選ぶ際のポイントやおしゃれに使える推奨品をご紹介!

平 格彦

2021.03.05

電子メモパッドで仕事効率アップ。購入前に知りたい選び方とおすすめ10選

インテリア・雑貨

電子メモパッドで仕事効率アップ。購入前に知りたい選び方とおすすめ10選

いま電子メモパッドが人気で、ビジネスや日常のシーンで取り入れる人が増えています。タブレットPCのような高性能モデルから、1,000円以下のお得なモデルまで一挙ご紹介!

池田 やすゆき

2021.02.12

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事