家でもアウトドアでも。ロッジのスキレットを手に入れて、料理上手な男に!

家でもアウトドアでも。ロッジのスキレットを手に入れて、料理上手な男に!

男心をくすぐるキャストアイアン製の調理器具、『ロッジ』社のスキレット。グリルも煮込みもこなし、素材の旨さを引き出す優秀さは、野外でもお家でも頼り甲斐十分です。

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.04.14

頼りになる存在感。『ロッジ』のスキレット1つで広がる調理の幅

頼りになる存在感。『ロッジ』のスキレット1つで広がる調理の幅

KOZLIFE コズライフ

KOZLIFE コズライフ

お気に入り追加

『ロッジ』社といえば、アウトドアの世界ではダッチオーブンと呼ばれるキャストアイアン(鋳鉄)製の万能鉄鍋でお馴染みのメーカー。本記事でスポットライトを当てるスキレットも同じキャストアイアンを用いた調理器具で、同社の看板製品として100年以上も愛されている名品です。見た目はフランパンのようですが、優秀さはそれ以上。このキャストアイアンという素材は、熱の伝わり方が穏やかなのが特徴。蓄熱性と熱制御力が非常に高いため、食材にムラなく熱を伝えられ、旨味を芯から引き出すことができます。焦げつきの心配がなく、温度ムラなどもないので、料理男子デビューしたての人でも気軽に使いこなせるのが魅力。難しそうな弱火のじっくり調理なども、簡単に成功させることができます。

頼りになる存在感。『ロッジ』のスキレット1つで広がる調理の幅 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スキレットならではの持ち味として忘れてはならないのが、その万能選手っぷり。サッカーでいうところのポリバレントな性質を持った調理器具です。じっくり放熱しながら調理する素材特性によって、ステーキやグリル料理をおいしく焼き上げられるのは言わずもがな。セットで使うために販売されている同じ鋳鉄製の重たい蓋を使えば、重みを生かして圧力鍋に近い能力を発揮。食材を芯から柔らかく調理できるうえに、食材から蒸発した水分を逃さず料理に落とすので、蒸し焼きや煮込みといった料理もおいしく仕上がります。

数あるスキレットから、『ロッジ』を選ぶべき3つのポイント

スキレット自体は現在、国内外の多くのメーカーが手掛けています。では、そんな中で『ロッジ』が選ばれている理由とは? ここ“ならでは”の強みは、3つのポイントに集約されるんです。

ポイント1

“シーズニング”いらず。すぐ使えるのは、『ロッジ』の大きなメリット

“シーズニング”いらず。すぐ使えるのは、『ロッジ』の大きなメリット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

キャストアイアン製のスキレットは、使い始める前にシーズニングという慣らしが必要というのが、一般的な認識。これは錆びたり、焦げたりしないために行う事前のお手入れのこと。油を塗ってからの空焼きを数回繰り返す必要があるので、それなりの手間がかかります。その点、『ロッジ』の製品は、出荷前にこのシーズニングを済ませてあります。なので、購入したら即使い始めることができるんです。

ポイント2

『ロッジ』のスキレットは、IHにもきっちり対応

『ロッジ』のスキレットは、IHにもきっちり対応

KOZLIFE コズライフ

KOZLIFE コズライフ

お気に入り追加

直火での料理に慣れていない人や、そもそも集合住宅のキッチンにIHのクッキングヒーターしか設置されていないというパターンも。それでも『ロッジ』のスキレットなら問題なし! 直火に限らず、IHクッキングヒーターやハロゲンヒーターにも対応。オーブンにもかけられるので、これでパイを焼く人もいるようです。

ポイント3

各サイズ揃えたくなる。『ロッジ』のスキレットはお値段もお手頃

各サイズ揃えたくなる。『ロッジ』のスキレットはお値段もお手頃

イエノLabo.

イエノLabo.

お気に入り追加

形状やサイズの多彩さも、『ロッジ』のスキレットならではの魅力です。一般的な目安としては、6-1/2インチのモノが1人用。キャンプで大人数に料理を振る舞うなら10-1/4インチ以上がベターとされており、このサイズになればある程度の深さがあるので、唐揚げなども作れます。5インチサイズの小型のモノは、アヒージョのような小皿料理を作るのにも最適。いずれのサイズも手を出しやすい価格設定なので、人数分を揃えて別々に調理し、そのまま食卓に出して雰囲気良く使うこともできます。

スキレットカバーで広がる世界。燻すも蒸すも自由自在!

スキレットカバーで広がる世界。燻すも蒸すも自由自在!

ニッチ・エクスプレス

ニッチ・エクスプレス

お気に入り追加

冒頭でも少し触れましたが、各サイズにはセットで使える専用蓋が別売りで用意されています。これを使うことで、作れる料理の幅が格段に広がるので、スキレットのポテンシャルを引き出す意味でも持っていて損はありません。この蓋を使うことで圧力鍋のような効果を得られ、蒸したり、燻したりといった調理にも対応。圧力鍋でよく行われている、食材の水分だけを使う無水調理を楽しむ人も少なくありません。ちなみに蓋の裏側の突起は、蒸気となった旨味成分を素材に戻す“ベイスティング”の役割を担うディテールです。

スキレットカバーで広がる世界。燻すも蒸すも自由自在! 2枚目の画像

KOZLIFE コズライフ

KOZLIFE コズライフ

お気に入り追加

蓋をすれば油はねも怖くないので、揚げ物にも気軽に挑戦できること請け合い。餃子の仕上げに欠かせない蒸し焼きも問題なし。外側をカリッと、中はふっくらジューシーという理想の焼き加減も、夢ではありません。また、熱が満遍なく食材に行き渡るので、目玉焼きなどもおいしく焼き上げられますよ。

『ロッジ』のスキレット、基本の5種。その違いを細かくご紹介

ラインアップが多彩な『ロッジ』のスキレット。ここで集めたのは、その中でも人気の高い5モデル。使用人数の目安や向いている料理といった、使い分けのヒントもご紹介します。

アイテム1

スキレット 10-1/4インチ

スキレット 10-1/4インチ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ステーキやハンバーグのグリルに加え、煮込みや蒸し焼きといった幅広い料理に対応する深さ(約4.7cm)を備えているのが、この10-1/4インチサイズ。調理できる料理人数の目安は、2~4人。このサイズ以上はハンドルの対角線上に取っ手がついているので、鍋感覚で使えます。

アイテム2

スキレット 6-1/2インチ

スキレット 6-1/2インチ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本のキッチンでの取り回しがいいサイズ感としても人気が高いのが、グリルパンと呼ばれるこの6-1/2インチサイズ。内径約15.5cmという、1人分の料理に適したモデルです。他との違いは、網焼きができる設計。肉や野菜に焼き目をつけながら、グリルすることが可能です。1人分のパンケーキやハンバーグのパティを焼くのにも、ちょうどいいサイズ感!

アイテム3

ロジック コンボクッカー LCC3

ロジック コンボクッカー LCC3

PRO-SHOP YASUKICHI

PRO-SHOP YASUKICHI

お気に入り追加

10-1/4インチのスキレットと、深鍋がセットになったのが、この「ロジック コンボクッカーLCC3」。双方を単体でも使えますが、深鍋を主役にしてスキレットを蓋として使うことも可能。こうすれば、フライドチキンなどの揚げ物や煮込みも3~4人分は余裕で作ることができます。もちろん、別々に使えば、グリル料理と煮込み料理を同時に調理することも。

アイテム4

ロジック スクエアスキレット 5インチ

ロジック スクエアスキレット 5インチ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スクエア型の5インチサイズは、丸型よりスペースを効率良く使え、空焚きにもならないのが魅力。朝食などで1人分のオムレツを作ったり、パンをトーストしたりするのにもうってつけ。そのままテーブルに出すのにもちょうどいいサイズ感で、ナッツやチーズをさっと温め、おつまみにひと手間加えても美味。家飲みの相棒にも最高です。

アイテム5

シェフコレクション スキレット12インチ

シェフコレクション スキレット12インチ

TOPPIN

TOPPIN

お気に入り追加

ステーキ3枚をまとめて焼ける余裕のサイズ感がうれしい、12インチ。アウトドア用のツーバーナーはもちろん、家庭用のレンジでも使えるサイジングです。ペペロンチーノのようなパスタや焼きそば、チャーハンといった料理なら5人分は余裕で作れ、いずれも蓄熱性の高さを生かしておいしく調理できること請け合いです。

おいしくいただいたら。『ロッジ』と長く付き合うためのお手入れ術

おいしくいただいたら。『ロッジ』と長く付き合うためのお手入れ術

KOZLIFE コズライフ

KOZLIFE コズライフ

お気に入り追加

スキレットを良好なコンディションで使い続けるためにも、使用後は軽くお手入れしておくことが賢明です。まず調理後に洗うときは、洗剤を使わず、スチールウールのタワシとお湯だけを使って汚れを洗い流します。洗剤を使うと馴染ませてある油が抜けやすいので、なるべく使わないように。焦げが気になるときは、スレーバーを使ってそぎ落とすか、重曹を使って落としましょう。洗浄後は、水気を拭き取ってから加熱して水分の蒸発を促し、十分に乾いたら仕上げに植物油を塗布。こうすることで、錆び予防になります。

アウトドア派の必需品。スキレットを選ぶ&使うための基本とおすすめ10選

アウトドア・キャンプグッズ

アウトドア派の必需品。スキレットを選ぶ&使うための基本とおすすめ10選

おいしい料理を簡単に作れて、調理後はそのままテーブルに出すことのできるスキレット。あればキャンプではもちろん、自宅やちょっとした屋外での食事が楽しくなります!

平 格彦

2021.02.17

武骨でクラシック。タークのフライパンは長く愛用できる逸品だ

インテリア・雑貨

武骨でクラシック。タークのフライパンは長く愛用できる逸品だ

ジーンズのように育てる楽しみが味わえる鉄のフライパン。なかでも料理好きに支持されているのが『ターク』です。その魅力からお手入れ法まで詳しく解説します。

近間 恭子

2020.05.31

料理の入り口に卵焼きフライパンを。焦げ付きにくさで選ぶおすすめ10品

インテリア・雑貨

料理の入り口に卵焼きフライパンを。焦げ付きにくさで選ぶおすすめ10品

卵焼きフライパンは素材やデザインなどによって仕上がりも異なり、実は奥が深いアイテム。料理の第一歩として卵焼きを極めるなら、フライパン選びにもこだわってみては?

近間 恭子

2020.08.08

料理男子の頼れる相棒。おしゃれで機能的なキッチン用品15選

インテリア・雑貨

料理男子の頼れる相棒。おしゃれで機能的なキッチン用品15選

おうち時間を充実すべく、料理にハマる男性が増えています。そんな料理男子のために、機能性はもちろん、キッチンで映えるおしゃれな調理器具をピックアップしてご紹介!

ai sato

2020.06.19

ダッチオーブンで料理上手に。屋内でも屋外でも、一目置かれる男になる

インテリア・雑貨

ダッチオーブンで料理上手に。屋内でも屋外でも、一目置かれる男になる

食材を入れて焚き火にかけるだけで極上のローストチキンから無水調理のカレーまで作れてしまうダッチオーブン。男の料理にぴったりな、ダッチオーブンの魅力に迫ります!

那珂川廣太

2020.06.16

遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事