60年以上続く元祖美脚パンツ。ラングラーのランチャーは、何がすごい?

60年以上続く元祖美脚パンツ。ラングラーのランチャーは、何がすごい?

ワイドパンツに飽き足りない大人がはき始めているフレアパンツ。その本命として再燃中なのが『ラングラー』の「ランチャー」です。美脚フォルムはフレアデビューにも最適!

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.04.22

お手頃に手に入る身近な名品。『ラングラー』の「ランチャー」とは

お手頃に手に入る身近な名品。『ラングラー』の「ランチャー」とは

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドパンツ人気は継続中。ですがその一方で、少し前から『リーバイス』の「517」が古着好きから人気を集めるといった現象も散見され、フレアパンツが流行の兆しを見せつつあります。そんな中、感度の高い大人たちの間で再評価の機運が高まっているのが、『ラングラー』の名作パンツ「ランチャー」。1960年の誕生以来、時代を超えて愛されてきた名品ですが、最近はセレクトショップの店頭でも見かける頻度が再び増加傾向に。その魅力は後述しますが、最大の持ち味はそのフレア過ぎない絶妙なフレアシルエットにあり。はくだけで美脚を描けるフレア感とセンタープレスの相乗効果によって、抜群の脚長効果が期待できるのです。それでいて、色違いで揃えたい誘惑に駆られるお手頃プライスというのもロングセラーアイテムたる所以。トレンド云々は別にしても、ワイドパンツの食傷気味の人は一度、はいてみる価値大のパンツといえそうです。

お手頃に手に入る身近な名品。『ラングラー』の「ランチャー」とは 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

そもそもこのパンツは、1960年代のカウボーイたちがパーティなどでおしゃれを楽しむために開発されたもの。ゆえに、正式名である「ランチャードレスジーンズ」にも、正装用という意味合いがこめられています。当時のカウボーイたちは、ウエスタンブーツに被せても美脚を描けるこの絶妙なフレアシルエットと、洗濯をしても消えないセンタープレスで“ここぞ”のときのおしゃれを楽しんでいたというわけです。

ラングラーのジーンズは名品揃い。定番から注目作まで大集合

ウェア・コーデ

ラングラーのジーンズは名品揃い。定番から注目作まで大集合

デニム業界に燦然と輝く『ラングラー』ですが、その詳しいラインアップは意外と知らない方も多いかと思います。定番から注目作まで一挙ご紹介していきましょう。

山崎 サトシ

2018.02.06

トレンド素材を取り入れるなら、ラングラーのランチコートに注目を!

ウェア・コーデ

トレンド素材を取り入れるなら、ラングラーのランチコートに注目を!

世界3大ジーンズブランドとしても知られる『ラングラー』。ボア人気もあり、ランチコートも注目の的に。着こなし方から狙い目アイテムまで、まとめてお届けします!

大中 志摩

2018.10.13

『ラングラー』の「ランチャー」は、このフレアシルエットがキモ

『ラングラー』の「ランチャー」は、このフレアシルエットがキモ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「ランチャー」特有の美脚&脚長効果を生み出しているのが、この絶妙なフレアシルエット。腰周りはタイトめで、膝から下に向かってゆるやかにフレアしています。シューカットとも呼ばれるこの裾のわずかな広がり具合は、これ見よがしなフレアパンツに苦手意識がある人も抵抗なくはけること請け合いです。そのすっきり洗練されたシルエットは、『リーバイス』の「スタプレスト」と並び普遍的な美しさとバランスの良さを備えています。

シルエットだけにあらず。「ランチャー」が愛される理由とは

「ランチャー」が長きにわたって愛されている理由は、シルエットに限ったことではありません。実用面でも申し分のない生地の組成や、お直しなしで自分好みのサイジングに出会えるラインアップといった、“ならでは”の魅力を深掘りしてみましょう。

理由1

ポリエステル100%の恩恵。タフさとラクさを兼ね備えた素材である

ポリエステル100%の恩恵。タフさとラクさを兼ね備えた素材である

ココチヤ

ココチヤ

お気に入り追加

採用した生地はポリエステル100%のストレッチツイルですが、高密度に織られているのでジャージっぽさは皆無です。仕立て映えのするハリのある生地なので、ウールスラックス顔負けのかっちり感を印象付けられます。加えて、洗濯しても消えないセンタークリースはアイロンなしで長くキープでき、型崩れやシワを気にせずはくことが可能。洗濯機でガシガシ洗ってもノンアイロンではけてしまう、イージーケアも魅力です。

理由2

さまざまな体型に対応。36通りから選べるサイズ展開

さまざまな体型に対応。36通りから選べるサイズ展開

WEAR

WEAR

お気に入り追加

これはジーンズを手掛けている『ラングラー』ならではの特徴といえますが、サイズ展開が非常に豊富です。まず、ウエストサイズはW28インチからW42インチまでの12サイズ展開。そのうえで、レングス(股下)はL29インチ、L30インチ、L32インチの3サイズを用意。これらを合わせると、36通りのサイズからマイサイズを選べるようになっています。とりわけフレアパンツの場合、裾上げをし過ぎてしまうと本来の美シルエットが失われてしまいがち。その点、「ランチャー」ならお直しなしでジャストサイズに巡り会えるというわけです。店舗によってフルサイズを取り揃えていないケースもありますが、一度試着してマイサイズがわかっていれば、サイズ展開豊富なオンラインショップでポチるだけでいつもの自分サイズが手に入るという安心感も魅力です。

理由3

発色の良さもポリエステル譲り。お好みのカラーが見つかる色バリ

発色の良さもポリエステル譲り。お好みのカラーが見つかる色バリ

ココチヤ

ココチヤ

お気に入り追加

サイズ展開に加え、カラーバリエーションの豊富さも圧巻です。ソリッドカラーの無地で6色、杢調のヘザーカラーで4色という全10色のラインアップ。さらに最近はセレクトショップのカラー別注も盛んに行われており、ペールカラーのような新鮮味のある配色も楽しめるようになってきています。

『ラングラー』の名作「ランチャー」。洒落者たちはこう着こなす

美脚効果に定評のある「ランチャー」は、目を引くシルエットでもあるので、コーデの主役を任せるにはうってつけ。温故知新なカジュアルはもとより、クリーンで都会的な着こなしを完成させるパンツとしても頼りになります。特徴的なシルエットを味方につけるコツを、洒落者たちの着こなしとともに見てみましょう。

着こなし1

ネイティブ柄の強さをいなし、温故知新な装いを構築

ネイティブ柄の強さをいなし、温故知新な装いを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

このコーデの主役として纏ったネイティブ柄のカーディガンは、その力強さゆえ、1つ間違うとキャラ立ちし過ぎてしまいがちなアイテム。ですが、ここに「ランチャー」を合わせてあげると、自然なフレアシルエットによってカーデの強さが中和され、温故知新な大人アメカジに落とし込めます。

着こなし2

セットアップ感覚でこなせば、美脚も際立つ

セットアップ感覚でこなせば、美脚も際立つ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは、黒の「ランチャー」に対し、同じく黒のトラッカージャケットを合わせたセットアップ風のスタイル。アウターをオーバーサイズにすることによって、フレアシルエットのすっきり感がなおのこと強調され、街に溢れる上下ビッグシルエットのセットアップとはまた違った洗練されたスタイルを印象付けられます。

着こなし3

シンプルなTイチコーデもフレアの威力で個性的に

シンプルなTイチコーデもフレアの威力で個性的に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

プリントTにサンダル履きというシンプル極まりない装いが何だかしゃれて見えるのも、「ランチャー」ならではの演出効果。美脚フレアによってコーデに独特のメリハリが生まれ、個性を感じる着こなしに落とし込めます。サンダルを履くときはこのコーデのように、少し長めのレングスで裾にクッションを作ってあげてもバランス良くまとまります。

『ラングラー』の「ランチャー」。名作ゆえに、コラボも続々

タイムレスな魅力を備えた名作にして、ネクストトレンドと目されるフレアパンツの本命的な存在ということで、コラボの相手としても引っ張りダコ。定番とはひと味違う「ランチャー」もまた、魅力的です。

1本目

『ジャーナル スタンダード』別注ランチャー ドレスパンツ

『ジャーナル スタンダード』別注ランチャー ドレスパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ジャーナル スタンダード』が手掛けたこちらは、通常品との違いをさりげなく印象付けられる別注感が絶妙。生地やシルエットはそのままに、トップボタンとヒップポケットのタグをよく見ると、かつて使われていた筆記体ネームに変更されています。さらにヒップポケットにも、普通は入らないW型の飾りステッチをセット。

2本目

『ベイフロー』別注ランチャードレスパンツ

『ベイフロー』別注ランチャードレスパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらは、インラインにはない清々しいペールカラーをラインアップした『ベイフロー』による別注色。写真のスカイブルーのほか、よりリラックスした佇まいのライトベージュも揃っています。街にいながらにして海を感じたいときは、こんな配色を取り入れるのも手でしょう。

3本目

『ナノ・ユニバース』別注ランチャードレス

『ナノ・ユニバース』別注ランチャードレス

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

美脚フレアはそのままに、楽ちんさを追い求めたのが、『ナノ・ユニバース』による別注。ウエストにゴムを入れて、腰周りをストレスフリーに仕上げています。生地自体もソロテックスの混紡によって、柔らかな肌触りを実現しつつ、ストレッチ性もプラス。キックバック性のある生地でもあるので、シワや型崩れが起きにくいという利点があります。

人気再燃。フレアパンツのおすすめ10選と今っぽいコーデのヒント

ウェア・コーデ

人気再燃。フレアパンツのおすすめ10選と今っぽいコーデのヒント

ボトムスのトレンドはワイドパンツ全盛ですが、早い大人の間ではフレアパンツ人気が上昇中。巷にあふれかえる“太パン”に飽きたなら、周囲に先駆けて取り入れてみては?

山崎 サトシ

2021.08.31

今、はきたい形。ブーツカットデニムのおすすめ10選と最新コーデ術

ウェア・コーデ

今、はきたい形。ブーツカットデニムのおすすめ10選と最新コーデ術

懐かしくも新鮮なデニムとして注目されているブーツカット。巷に溢れる太デニムに食傷気味なら、いち早くトライしてみるべきです。選び方や着こなしはぜひ当記事を参考に。

山崎 サトシ

2021.05.19

注目編集者
遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

暖かいだけじゃもう物足りない。エーグルと探る、これからの冬アウターの条件とは

徐々に寒くなりアウターに手が伸び出すこの時期。今の時代に合ったその選び方を、フランス発の名ブランド「エーグル」の優れモノを軸に読み解いていきます。

SPONSORED by エーグル

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

“わかっている”引き算がありがたい。チャムスのゴアテックスアウターが、僕たちに響く理由

大人のアウトドアMIXは肩肘張らないこなれ感がカギ。頼れるスペックの中に引き算の美学を落とし込んだ『チャムス』のゴアテックスアウターなら、相棒として完璧です!

SPONSORED by チャムス

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

シャカではじめる冬支度。サンダル譲りのコンフォートなシューズで装いを新たに

街に野遊びに、この夏お世話になった人も多いであろう『シャカ』のサンダル。しかし、同ブランドが活躍するのは夏だけにあらず。秋冬も頼れる逸品が揃っています!

SPONSORED by シャカ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事