ナチュラルカラーを味方に。ベージュのシャツは、こなれた大人の新定番だ

ナチュラルカラーを味方に。ベージュのシャツは、こなれた大人の新定番だ

定番色のシャツを持っているなら、次に狙うべきはベージュの1枚。上品かつ爽やかな面持ちで、大人のスタイル格上げに好適です。着こなし術からおすすめ品まで一気に解説!

2022.04.08
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。 記事一覧を見る
...続きを読む

大人のための新定番。ベージュのシャツが着こなしの洒落感アップに効く

大人のための新定番。ベージュのシャツが着こなしの洒落感アップに効く

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ベージュのシャツは持っていますか? もしも持っていないなら、ぜひ買い足してみましょう。おすすめする理由は主に2つあります。1つ目は、ベージュ系のナチュラルカラーが今シーズンのトレンドになっているから。ベージュ自体はもともとメンズファッションの定番カラーでコーディネートしやすい色ですが、現在さらに注目度が高まっているのです。

大人のための新定番。ベージュのシャツが着こなしの洒落感アップに効く 2枚目の画像

green label relaxing

green label relaxing

お気に入り追加

2つ目の理由は、大人に最適なカラーだから。ベージュは基本的に上品なイメージがあるので、大人っぽいコーディネート作りにぴったりです。品が良いカラーなので合わせるアイテムを選ばず、着こなしやすいのも魅力です。ベージュはトレンチコートやミリタリーシャツなどでは定番ですが、ドレスライクなシャツで取り入れるとちょっと意外性があって新鮮。こなれたムードも適度に漂います。しかも、明るいトーンなら爽やかで軽やか。今こそベージュのシャツをコーディネートに取り入れましょう!

ベージュのシャツを着るならこんなふうに。コーデを成功に導く5つの着こなし法則

実際のところ、ベージュのシャツはどれほどコーディネートしやすいのか。実例をピックアップしてみたので、ぜひ確認してみてください。おすすめしたい5つの着こなしパターンについて解説しますので、気になったコーディネートから挑戦してみましょう!

▼パターン1:ブラックのパンツで引き締めるのが基本テク

ベージュシャツの上品な要素を生かすなら、ブラックのパンツを合わせるのがセオリー。フォーマルなホワイト×ブラックよりも少し柔らかい印象で、ベージュ×ブラックは普段使いにぴったりな配色です。まずは、ベージュのシャツにブラックのパンツを合わせてみるところから始めましょう。

コーデ1

ワイドなシャツを黒いスラックスで引き締めた好例

ワイドなシャツを黒いスラックスで引き締めた好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シンプルなコーディネートですが、シャツをはじめとするすべてのアイテムをワイドなシルエットにすることで今っぽいリラックス感を演出。ベージュ×ブラックのカラーリングがエレガントなので、全体として大人なバランスにまとまっています。スニーカーも黒ですが、アッパーがメッシュで軽やかなイメージ。

コーデ2

ドレス感をアップするならシャツのタックインが得策

ドレス感をアップするならシャツのタックインが得策

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーテイストのユーティリティシャツをセレクトしつつ、ブラックのスラックスで引き締めたお手本です。ソックスやレザーシューズもブラックで揃え、下半身をクールにまとめているのもポイント。パンツの丈が短めなので、さりげなく軽量感も演出しています。シャツの裾をタックインしてエレガントなニュアンスをさらに強調!

▼パターン2:ジーンズを合わせつつきれいめにまとめるとさらに新鮮

メンズファッションの大定番であるジーンズは、ベージュのシャツとも相性抜群。シャツが上品だからこそ、ジーンズを合わせても大人っぽくまとまります。とはいえ、ダメージ感が強いとアンバランスになることもあるので、加工感の少ないジーンズを選んで落ち着きのあるコーディネートに仕上げるよう心掛けましょう。

コーデ3

今っぽいリラックス感をナチュラルに演出したお手本

今っぽいリラックス感をナチュラルに演出したお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

開放感のあるオープンカラーシャツを選びつつ、ややルーズなシルエットのジーンズとタンクトップを合わせてリラックス感のあるコーディネートにまとめた好例。どのアイテムもシンプルなデザインで、大人っぽい印象に仕上がっています。足元をレザーシューズでさりげなく引き締めているのもお見事。

コーデ4

シンプルにワイドジーンズを合わせた大人な着こなし

シンプルにワイドジーンズを合わせた大人な着こなし

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジーンズを合わせただけの簡単なコーディネートですが、シンプルな着こなしだからこそ大人らしいムードが漂っています。さらに、クセのないコーディネートの中でベージュならではのこなれたムードが引き立っているのもポイントです。パンツはワイドシルエットで幾分リラクシング。今っぽい脱力感のある印象です。

▼パターン3:同系色のブラウンを組み合わせてアーシーかつ上品に

ベージュの同系色に挙げられるブラウンを組み合わせたコーディネートもおすすめ。アースカラーならではのナチュラルなテイストが、トレンド感を一層強調してくれます。相性の良いカラー同士なのでコーディネートがしやすく、落ち着いた雰囲気を自動的にキープできます。

コーデ5

パンツをブラウンにすることで落ち着かせた基本形

パンツをブラウンにすることで落ち着かせた基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュのシャツとブラウンのイージーパンツがメイン。ナチュラルかつ落ち着きのあるコーディネートのベースを固めつつ、インナーとレザーシューズをブラックで揃えて引き締めています。ワードローブにブラウンのパンツがあるなら、すぐにでも実践できる着こなしです!

コーデ6

バイカラー使いでスタイリッシュに仕上げた応用コーデ

バイカラー使いでスタイリッシュに仕上げた応用コーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドなブラウンのパンツだけでなく、インナーのTシャツもブラウンで統一して全身をツートンカラーのコーディネートに。色数を抑えつつ、Tシャツの裾をタックインすることでスタイリッシュに仕上げているのもポイントです。スニーカーとトートバッグをホワイトで揃え、クリーンなアクセントとして効かせているのも好バランス!

▼パターン4:ホワイトのパンツで明るく爽やかな印象を強調

ベージュの繊細なニュアンスを引き立てるなら、ホワイトのパンツを合わせるのがイチ押し。クリーンかつナチュラルなコーディネートを築くことができます。全体的に明るいトーンのコーディネートになり、挿し色を効かせやすいのもメリット。

コーデ7

レザーシューズでシックにまとめるのが常套手段

レザーシューズでシックにまとめるのが常套手段

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シンプルな半袖シャツにワイドシルエットのパンツを合わせたコーディネート。ベージュ×ホワイトの組み合わせで爽やかなイメージを確保しつつ、レザーシューズを合わせて適度に引き締めています。この好例のように、メインのカラーリングを生かしたいならモノトーンのアイテムを合わせるのがおすすめ。

コーデ8

アクセントカラーのインナーで個性を加味

アクセントカラーのインナーで個性を加味

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミニマルなシャツジャケットとスラックスがスタイリングの主役。どちらもゆとりのあるシルエットで、リラクシングなムードが漂っています。インナーのTシャツで淡いブルーを挿し、爽やかなイメージを強調しているのも見逃せないテクニック。足元はヘビーな印象のブラックですが、サンダルなので軽やかに仕上がっています。

▼パターン5:セットアップを使ったベージュのワントーンスタイル

最近は、シャツを含むセットアップも増えています。ベージュのシャツを起点とするセットアップを着こなせば、ベージュが持つ魅力を思い切り強調することが可能。コーディネートが簡単にキマるので、ベージュのシャツと同素材のパンツを揃えておくのがおすすめです。

コーデ9

ベージュシャツを含むセットアップスタイルのお手本

ベージュシャツを含むセットアップスタイルのお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

キュプラをブレンドした滑らかな生地のシャツ&イージーパンツがコーディネートの主役。上品な色味はもちろん、ソリッドな素材感もエレガントなムードを放っています。インナーにペールトーンのオレンジを合わせることで個性も加味。淡いトーンがメインで爽やかな印象ですが、黒いスニーカーで落ち着きもプラスしています。

コーデ10

シャツ・パンツ・ジャケットの3点でベージュの魅力を主張

シャツ・パンツ・ジャケットの3点でベージュの魅力を主張

WEAR

WEAR

お気に入り追加

吸水速乾や遮熱といった効果を期待できる高機能生地、シェルテックを使ったセットアップを着用。シャツ、スラックス、テーラードジャケットがすべて同じ生地で作られているスリーピースタイプで、立体的なワントーンスタイルを築いています。インナーとスニーカーを明るいトーンにして、バランス良く抜け感をプラス!

大人コーデによく似合う。ベージュのシャツおすすめ12選

ここまででベージュ色のシャツがいかに大人に最適で、取り入れやすさも抜群ということがわかっていただけたのではないでしょうか。それならば、あとはお気に入りのベージュシャツを見つけるだけ! すぐに買えるおすすめアイテムをセレクトしたので、ぜひ参考に。

アイテム1

『ソフネット』スコーピオン ベーシック ボタンダウンシャツ

『ソフネット』スコーピオン ベーシック ボタンダウンシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スタンダードなスペックのボタンダウンシャツも、ベージュならマイルドで新鮮。素材はコットン100%で、高密度のタイプライタークロスが洗練されたイメージです。スコーピオンのアイコン刺繍がワンポイントとして主張し、『ソフネット』であることをさりげなく物語っているのも魅力的。

洗練された日常着。ソフが展開する3ブランドが大人に似合う

ウェア・コーデ

洗練された日常着。ソフが展開する3ブランドが大人に似合う

ソフが展開する『ソフネット』などの3ブランドは、機能美に満ちたデザインが魅力。今どきなスポーツMIXに使えるアイテムも豊富なため、大人こそ活用したいところ。

平 格彦

2018.01.02

アイテム2

『グリーンレーベルリラクシング』ガーメントダイ リングドット レギュラーカラーシャツ

『グリーンレーベルリラクシング』ガーメントダイ リングドット レギュラーカラーシャツ

green label relaxing

green label relaxing

お気に入り追加

ベーシックなデザインで、シーンを問わず着回せるレギュラーカラーのシャツです。さらりとしたナイロン素材を製品染めした、淡いトーンのベージュが爽やかな表情を演出。ゆったりとしたシルエットと自然なシワ感のおかげで、ナチュラルな雰囲気で着こなせます。さりげなさが光るリングドットボタンも主張が強すぎず、全体にすっきりとした印象に見えるのも◎。

アイテム3

『センスオブプレイス』カラールーズオープンカラーシャツ

『センスオブプレイス』カラールーズオープンカラーシャツ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

これからの季節にお似合いの、開放的な雰囲気を狙うならこんな開襟シャツもおすすめ。こちらは薄手の素材をルーズなシルエットに仕上げ、サイドにはスリットも入っているため、1枚ではもちろん軽めの羽織りアイテムとしても大活躍。ストレッチ性がありシワになりにくい素材感は、デイリーにも旅の相棒としてもうってつけ。同じシリーズでワイドパンツやテイパードパンツも揃うので、セットアップとして着ることも可能です。

アイテム4

『ユナイテッドアローズ』ツイル バンドカラーシャツ

『ユナイテッドアローズ』ツイル バンドカラーシャツ

UNITED ARROWS

UNITED ARROWS

お気に入り追加

スタイリッシュでこなれ感たっぷりなバンドカラーシャツを、ゆとりあるフォルムでどこかリゾート感のあるスタイルに。コットンとキュプラ、さらにリネンをMIXした生地は、清涼感がありながら控えめな光沢で、上品な印象も漂います。フラップ付きのポケットや長めの着丈を生かせば、ちょっとTシャツ1枚では肌寒い、なんていうときの軽めアウターとして着こなすのもあり。

アイテム5

『ステュディオス』QRコードプリント長袖シャツ

『ステュディオス』QRコードプリント長袖シャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ほど良く張りのある生地が、きれいめかつシャープな表情を添える1着です。シンプルなレギュラーカラーシャツに、胸のQRコードモチーフのプリントで今どきでエッジの効いたアクセントをプラス。さらにバックの左肩にもバーコードモチーフのプリントを施し、後ろ姿も洒落感に抜かりなし! シルエットは広めの身幅とドロップショルダーでゆったりと仕上げており、さらにトレンド感を加速させているのも魅力です。

アイテム6

『アダム エ ロペ』オーバーサイズ スキッパーシャツ

『アダム エ ロペ』オーバーサイズ スキッパーシャツ

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

心地良いラックス感が漂うオーバーシルエットのスキッパーシャツは、1枚でおしゃれ上級者の貫禄が漂う優れモノ。1つボタンのバンドカラーというミニマルなデザインで、コーデにこなれた雰囲気を醸せます。密度の高いコットンツイル生地に、手染めのような工程を用いて丁寧に染色することで、ふわりとしなやかな風合いを実現。どんなボトムとも合わせやすく、なかでもワイドなパンツとラフに合わせると旬顔に仕上がります。

アイテム7

『チャオパニックティピー』OSOROウォッシャブルリネンバンドカラー7分袖シャツ

『チャオパニックティピー』OSOROウォッシャブルリネンバンドカラー7分袖シャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そのままでもさっと羽織ってもキマるバンドカラーの7分袖シャツは、春から秋までヘビロテ必至! リネン×レーヨンのMIX素材を使用しており、清涼感のあるさらりとした肌ざわりとケアのしやすさを両立した1枚となっています。同じデザインでレディース、キッズ、ベビーのラインアップを備えているので、その名の通り家族全員でお揃いコーデを楽しむ、なんていうのもいいですね。

アイテム8

『タケオキクチ』スローダイ ローン シャツ

『タケオキクチ』スローダイ ローン シャツ

WORLD ONLINE STORE(株)ワールド

WORLD ONLINE STORE(株)ワールド

お気に入り追加

こちらの淡いベージュは、なるべく糸に負荷をかけずに染色作業を行う“スローダイ”によるもの。糸はコットン100%の細番手を選び、均一ではなくゆらぎのある風合いを表現しており、全体に柔らかな印象となっています。やや透け感のある生地感のため、下に重ねるアイテム次第ではさらにニュアンスのある表情に。カジュアルのみならず、上品コーデやかっちりとしたジャケットのインナーに合わせるのもおすすめです。

アイテム9

『アーバンリサーチ ドアーズ』パナマドビー7分袖シャツ

『アーバンリサーチ ドアーズ』パナマドビー7分袖シャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらはレギュラーカラーの7分袖シャツ。明るいトーンのベージュが持つ軽やかなイメージを半端丈の袖が強調しています。生地はコットン100%のパナマドビー。奥行きのある質感で、ベージュならではのこなれたニュアンスが拡大しています。リラックスしたムードも感じられ、今っぽさを簡単に醸成することができます。

アイテム10

『パブリック トウキョウ』シアーオーバーシャツ

『パブリック トウキョウ』シアーオーバーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ゆるめのシルエットとエアリーな素材感が魅力の、シアーシャツです。定番のレギュラーカラーながら、この透け感のある生地と切り替えデザインの効果で、さりげなく個性を出すには最適。インナーの色によって表情が変わるので、ダークトーンと重ねて落ち着いた印象に仕上げたり、同系色でシックに見せたりとアレンジ自在! かなり軽い着心地なので、真夏の羽織りアイテムとしても重宝します。

アイテム11

『フリークスストア』リラックスフィット レギュラーカラーシャツ

『フリークスストア』リラックスフィット レギュラーカラーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベーシックなレギュラーカラーのデザインに、ごく薄いトーンのベージュという合わせるボトムを選ばない万能アイテム。張りがあるのできちんと見えつつ、軽めの質感のコットン素材を使うことで、シーンや季節を問わず着やすいスタイルになっています。ジャケットのインナーとしてはもちろん、トレンドを意識した程良いビッグシルエットで、1枚で着てもスタイリッシュな印象に。

アイテム12

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』7分袖 コットン/リネン ノーカラーシャツ

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』7分袖 コットン/リネン ノーカラーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットン×リネン素材に柔軟加工を施し、肌ざわりの良さをアップ。気軽に着られるノーカラーのプルオーバータイプというデザインもあって、着心地も見た目もリラックス感たっぷりになっています。とはいえ、胸元のボタンを開けてもだらしなく見えないよう衿高をバランス良く調整し、7分袖は折り返し仕様にするなど細かい部分の上品さにもこだわり、大人好みの1着に仕上げているのもポイントです。

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

ウェア・コーデ

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

大人のワードローブとして、シャツは欠かせない。定番ゆえに色で印象は大きく変わるが、カーキカラーを選んでおけばスタイリングに悩むことは無い。

NAKAYAMA

2022.03.07

大人メンズのための白シャツコーデ学。おしゃれに着こなす3つのヒント

ウェア・コーデ

大人メンズのための白シャツコーデ学。おしゃれに着こなす3つのヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に広がる。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

2022.09.16

ネイビーシャツを着こなそう! 知的で上品な大人コーデの参考集

ウェア・コーデ

ネイビーシャツを着こなそう! 知的で上品な大人コーデの参考集

上品で落ち着いた印象こそネイビーの持ち味。シャツはきちんと感も演出できるため、ネイビーシャツは大人にうってつけのアイテムです。そのコーデのヒントと実例をご紹介。

近間 恭子

2021.04.21

ベージュと好相性な色はどれ? 大人に試してほしい、5つのカラーパターンを伝授

ウェア・コーデ

ベージュと好相性な色はどれ? 大人に試してほしい、5つのカラーパターンを伝授

ベージュは大人コーデに欠かせない定番色ですが、暖色ゆえの着膨れや地味感を回避する工夫が必要。ではどう着こなせばいいのか? おしゃれに見せる秘訣は配色でした。

TASCLAP編集部

2022.02.15

ベージュのスニーカーがニュアンスUPに効く。コーデのツボとおすすめ10足

スニーカー・シューズ

ベージュのスニーカーがニュアンスUPに効く。コーデのツボとおすすめ10足

大人のスニーカーといえばモノトーンが基本ですが、実はベージュも狙い目。品があって柔和な印象が持ち味です。コーデ術とおすすめモデルをご紹介するので、ぜひ参考に!

平 格彦

2021.03.18

大人こそベージュジャケットを。おしゃれに着こなす配色のコツとおすすめ10選

ウェア・コーデ

大人こそベージュジャケットを。おしゃれに着こなす配色のコツとおすすめ10選

ジャケットというと定番のネイビーやグレーを選びがちですが、大人のおしゃれを楽しむならベージュもおすすめ。与える印象やイチ押しの配色など、詳しく解説します。

近間 恭子

2020.09.30

欲しいのはこなれ感。ベージュTシャツの着こなしテクとおすすめ15選

ウェア・コーデ

欲しいのはこなれ感。ベージュTシャツの着こなしテクとおすすめ15選

こなれた印象と上品なムードを兼備するベージュのTシャツは大人にぴったり。コーデ構築のポイントからおすすめアイテムまで解説しますので、ぜひ着こなしてください!

平 格彦

2022.08.12

今っぽくて大人っぽい。ベージュのセットアップでワンランク上の洒落者に

ウェア・コーデ

今っぽくて大人っぽい。ベージュのセットアップでワンランク上の洒落者に

オン・オフでの有用性や着こなしの幅広さ、そして圧倒的なこなれ感で人気を集めるベージュのセットアップ。さまざまな側面からその魅力を深掘りしていこう。

小林 大甫

2021.06.14

この記事の掲載アイテム一覧(全12商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ソフネット』スコーピオン ベーシック ボタンダウンシャツ
    『ソフネット』 スコーピオン ベーシック ボタンダウンシャツ
  • 『グリーンレーベルリラクシング』ガーメントダイ リングドット レギュラーカラーシャツ
    『グリーンレーベルリラクシング』 ガーメントダイ リングドット レギュラーカラーシャツ
  • 『センスオブプレイス』カラールーズオープンカラーシャツ
    『センスオブプレイス』 カラールーズオープンカラーシャツ
  • 『ユナイテッドアローズ』ツイル バンドカラーシャツ
    『ユナイテッドアローズ』 ツイル バンドカラーシャツ
  • 『ステュディオス』QRコードプリント長袖シャツ
    『ステュディオス』 QRコードプリント長袖シャツ
  • 『アダム エ ロペ』オーバーサイズ スキッパーシャツ
    『アダム エ ロペ』 オーバーサイズ スキッパーシャツ
  • 『チャオパニックティピー』OSOROウォッシャブルリネンバンドカラー7分袖シャツ
    『チャオパニックティピー』 OSOROウォッシャブルリネンバンドカラー7分袖シャツ
  • 『タケオキクチ』スローダイ ローン シャツ
    『タケオキクチ』 スローダイ ローン シャツ
  • 『アーバンリサーチ ドアーズ』パナマドビー7分袖シャツ
    『アーバンリサーチ ドアーズ』 パナマドビー7分袖シャツ
  • 『パブリック トウキョウ』シアーオーバーシャツ
    『パブリック トウキョウ』 シアーオーバーシャツ
  • 『フリークスストア』リラックスフィット レギュラーカラーシャツ
    『フリークスストア』 リラックスフィット レギュラーカラーシャツ
  • 『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』7分袖 コットン/リネン ノーカラーシャツ
    『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』 7分袖 コットン/リネン ノーカラーシャツ

掲載アイテムをもっと見る(0商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP