航空時計の伝説。ブライトリングのナビタイマーは、男の基礎教養だ

航空時計の伝説。ブライトリングのナビタイマーは、男の基礎教養だ

航空用回転計算尺を搭載し時計界に革新をもたらした『ブライトリング』の「ナビタイマー」。時計好きは知っていて当然!? ルックス面でも今なお新鮮な同作を掘り下げます。

石井 良

石井 良

SHARE
記事をお気に入り
2021.05.31

『ブライトリング』の代名詞。迷ったら、「ナビタイマー」が間違いない

『ブライトリング』の代名詞。迷ったら、「ナビタイマー」が間違いない

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

腕時計を計器として捉え、大空を翔る飛行士たちを支えてきた『ブライトリング』。実用性を重視した骨太さと、それでいてスーツなどにも似合うドレス感、そしてロマンに溢れる時計は、いつの時代も世の男性にとって憧れの的として存在してきました。男が選ぶ腕時計ブランドとして、間違いない選択肢の1つといえるでしょう。そんな『ブライトリング』が誇るフラッグシップといえば「ナビタイマー」です。本記事では、ブランドの顔であると同時に、クロノグラフウォッチの代名詞的存在でもあるこのモデルを深掘りしていきます。

ブライトリング10傑。プロフェッショナルのための計器を腕元に

腕時計・ウォッチ

ブライトリング10傑。プロフェッショナルのための計器を腕元に

20世紀初頭、ライト兄弟の有人動力飛行などによって幕を開けた航空史。その時代から『ブライトリング』は大空への挑戦をサポートするべく、優れた航空時計を輩出している。

ワダ ソウシ

2018.05.23

クロノグラフウォッチの基礎知識。1番身近な複雑機構を知ろう

腕時計・ウォッチ

クロノグラフウォッチの基礎知識。1番身近な複雑機構を知ろう

腕時計の中で最も身近な複雑機構、クロノグラフ。あなたはどのくらい語ることができますか? 時計好きを自称するなら知っておきたい“いろは”をギュッとまとめました。

石井 良

2020.12.07

時計史においても重要。「ナビタイマー」について、知っておくこと

時計史においても重要。「ナビタイマー」について、知っておくこと

GMT

GMT

お気に入り追加

「ナビタイマー」といえば、クロノグラフに航空用回転計算尺を備えたフェイスが象徴的。ベゼルを回転させるだけで乗除算、速度・距離・所要時間・燃費の計算を簡単に行える仕組みで、登場した1952年当時、それはそれは画期的でした。なぜなら、まだ当時はすべてがアナログな時代。航法に必要な計算は、パイロット自らが複数の道具を用いて行っていたのです。それらを腕の上で行えるようにした「ナビタイマー」は、まさに“プロフェッショナルのための計器”。ブランドの哲学を最も端的に表すモデルというわけなんです。

時計史においても重要。「ナビタイマー」について、知っておくこと 2枚目の画像

GMT

GMT

お気に入り追加

そんな「ナビタイマー」ですが、誕生当時から現代まで基本的なスタイルを変えていないというのも魅力の1つ。3つ目のクロノグラフをベースに、回転計算尺の細かな目盛りと数字を配した文字盤は、視認性を追求してたどりついたもの。この独特のフェイスが、実に「ナビタイマー」らしい完成された機能美を発揮しているのです。また、ケースもプロフェッショナルの過酷なミッションに耐えられるよう、冷間鍛造で成形された高品質なものを採用します。そんな男くさい計器然としたスペックにもかかわらず、特に7連ブレス搭載モデルなどはラグジュアリーさもひとしお。そのギャップもファンが多い理由です。

『ブライトリング』らしさ満点。「ナビタイマー」の存在感は着こなしにも有用だ

『ブライトリング』らしさ満点。「ナビタイマー」の存在感は着こなしにも有用だ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

男らしくも機能美に溢れた「ナビタイマー」は、ファッションへの対応力もしっかりと備えています。何せ基本的なデザインを変えないまま約70年も売れ続けているロングセラー。移りゆくトレンドにも左右されない、確かなスタイルが唯一無二の世界観を作り出すのです。マッシブなケースと密度の高いソリッドな文字盤が醸す男らしい存在感、そして、古さを感じさせないクラシカルさと、細部にまで気を配った仕上げの美しさからくる上品さがその秘密。

『ブライトリング』らしさ満点。「ナビタイマー」の存在感は着こなしにも有用だ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

例えば、定番のジャケットの腕元に据えれば、品格を物語るどっしりとした雰囲気に。打って変わってTシャツ1枚のカジュアルな着こなしでは、大人の風格が漂うワンランク上の着こなしへと導いてくれます。『ブライトリング』の中でも、よりスポーティな「クロノマット」よりもクラシックなデザインであることで品良く見え、「プレミエ」ほどエレガントではなく、『ブライトリング』らしい骨太さもある。だからこそ、ビジネスからカジュアルまで、幅広い着こなしにマッチしてくれるのです。

顔も、機能も、シリーズもさまざま。今手に入れたい「ナビタイマー」6本

そんな「ナビタイマー」ですが、現在では多用なタイプのモデルが登場しています。自社開発のムーブメントを積んだ正統派や、袖口への納まりが良い小ぶりなモデル、アイデンティティである回転計算尺をあえて排した3針モデルまで。ここからは、気になる6本を見ていきましょう。

1本目

ナビタイマー B01 クロノグラフ 43

ナビタイマー B01 クロノグラフ 43

腕時計専門店 銀座NJタイム

腕時計専門店 銀座NJタイム

お気に入り追加

バルジュー72、ヴィーナス178、バルジュー7740にクロノマティックなど、時代によってその時々の最良のムーブメントを搭載してきた「ナビタイマー」。2009年に自社開発・製造のキャリバー01を積んだモデルが、1つの完成系といわれています。70時間のパワーリザーブを誇るだけでなく、操作禁止時間帯がない機構となっていることで、故障のリスクも少なく安心して使い続けられる1本となっています。

2本目

ナビタイマー1 オートマチック38

ナビタイマー1 オートマチック38

宝石広場

宝石広場

お気に入り追加

『ブライトリング』といえばクロノグラフ、というほどにブランドを象徴するディテールであったクロノグラフをあえて排したシンプルな3針モデル。実は1950年代にも3針は登場していて、こちらもその当時を思わせるスタイルが特徴的です。回転計算尺は残されているので、「ナビタイマー」らしさはそのまま。また、ケース径は38mmと小ぶりで、トレンド感もしっかりと備えています。

3本目

ナビタイマー クロノグラフ 41

ナビタイマー クロノグラフ 41

腕時計専門店 銀座NJタイム

腕時計専門店 銀座NJタイム

お気に入り追加

「ナビタイマー」といえば、縦にインダイヤルを配置したスタイルを思い浮かべる方もいるでしょう。そのインダイヤルが初代モデルと同じように文字盤と同色であることも、ファンの心をつかむディテール。こちらは、ケース径41mmと少し小ぶりなサイズに、3時位置のロゴは、1940年代から50年代に使用されていた“B”マークを採用しています。

4本目

ナビタイマー B03 クロノグラフ ラトラパンテ 45

ナビタイマー B03 クロノグラフ ラトラパンテ 45

世界の時計市場

世界の時計市場

お気に入り追加

最も高価な「ナビタイマー」の1つがこちら。『ブライトリング』初の自社開発ラトラパンテ(スプリットセコンド・クロノグラフ)を実現したキャリバー03を搭載しています。2本のクロノグラフ針で異なる2つの時間を計測することができるコンプリケーション(複雑機構)で、ケースはローズゴールド。見た目にもラグジュアリーを極めた1本です。

5本目

ナビタイマー クロノグラフ GMT 46

ナビタイマー クロノグラフ GMT 46

腕時計専門店 銀座NJタイム

腕時計専門店 銀座NJタイム

お気に入り追加

意外と知られていない存在なのが、GMTモデル。こちらは、バルジュー7754をベースとしたキャリバー24を搭載するモデルで、ケース径が43mmから46mmへとサイズアップされているのが特徴。カジュアル使いがメインなら、よりボリューミーな腕元を演出できる大径モデルを選ぶのもアリですよ。

6本目

ナビタイマーREF.806 1959リ・エディション

ナビタイマーREF.806 1959リ・エディション

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

2019年に発表されたこちらは、1959年のナビタイマーを忠実に再現したモデル。初代モデルをベースにした「オールド ナビタイマー」など、過去にインスパイアされたデザインはこれまでにもありましたが、ここまで忠実に再現されたのは初めて。現代のスペックで蘇った日常使いのヴィンテージ。1,959本の限定エディションです。

「モンブリラン」と「ナビタイマー」。その違いをきっちり知っておく

「モンブリラン」と「ナビタイマー」。その違いをきっちり知っておく

つるや質店

つるや質店

お気に入り追加

最後に触れておきたいのが、見た目がそっくりな「モンブリラン」です。ぱっと見てわかる違いは、中央の赤いデシマルメーター。航法の計算を単純化できるスケールで、「ナビタイマー」の先祖である初代「クロノマット」にも採用されていたもの。つまり、時代に合わせて進化をしてきた「ナビタイマー」に対して、1940年~50年代のヴィンテージデザインを貫いているのが「モンブリラン」というわけ。ケース径38mmのジャストサイズと昔懐かしいスタイルで、今でも根強い人気を有しています。ブランドの歴史にも深く関わる1本です。

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

腕時計・ウォッチ

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

2021.06.15

メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

腕時計・ウォッチ

メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

夏目 文寛

2020.10.22

パイロットウォッチを攻略。人気ブランドと選び方の基本を総まとめ

腕時計・ウォッチ

パイロットウォッチを攻略。人気ブランドと選び方の基本を総まとめ

パイロットウォッチはダイバーズと並び、腕時計の重要なジャンルの1つ。今回はパイロットウォッチとはどのような時計なのか、その解説と人気ブランドをご紹介します。

黒野 一刻

2020.04.24

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。歴史とともに知る10の名門ブランド

腕時計・ウォッチ

ミリタリーウォッチを語れる男になろう。歴史とともに知る10の名門ブランド

戦場における実用品として誕生したミリタリーウォッチ。そのルーツを知れば、愛用の1本にもっと愛着がわいてくるはずだ。その歴史に迫りつつ、人気ブランドを掘り下げる。

牟田神 佑介

2020.06.17

石井 良

人一倍影響されやすい散財ライター

石井 良
編集・ライターのアシスタントを経て独立。「ファイン」「LEON.jp」などでカジュアルを中心に手掛けるほか、企業広告、オウンドメディアにて執筆。絡まった糸を解くようなわかりやすい記事作りがモットー。(良い意味で)興味が散漫で影響されやすく散財する日々。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

青と白の共演。セイコー140周年記念限定モデルは、未来を示す光となるか

140年にわたる『セイコー』の歴史を祝し、続々と限定モデルがリリースされている今年。第2弾より、白と青をテーマにした爽やかなカラーリングの5モデルをご紹介します。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

2021年のダイバーズは“色挿し”が鍵。ティソの名作シースターを、この夏どう着けこなす?

シンプルな夏スタイルと好相性なダイバーズウォッチ。同ジャンルをより効果的に着こなしに取り入れたいなら、今年はこんな “色挿し”はいかがでしょうか?

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

夏を快適に乗り切るために。“暑さ・汗・臭い”に打ち勝つTシャツを手に入れよ!

暑さ、汗、臭い。これからの時期、男たちにとって乗り越えるべき障害は少なくない。だからこそ『ナノ・ユニバース』の三本の矢ならぬ3種のTシャツが何かと心強い!

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

セラミックスのツヤに見惚れる。今考え得る、国産クォーツウォッチの最高峰

『グランドセイコー』から登場するセイコー140周年の記念モデルは、高機能なクォーツGMT。ブランドの未来を指し示す、最上クラスの国産クォーツウォッチが誕生です。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

“本物”を求める大人たちへ。今必要なのは、歴史に裏打ちされたダイバーズの名品だ

夏を目前に控え、今年も高まりつつあるダイバーズウォッチ熱。いい大人がどんな1本を選ぶべきかに焦点を当て、最適かつ最良のモデルを割り出していきます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

高級腕時計ファンに捧ぐ。Apple Watchをハイエンドに導く、ただ1つの方法

機能的なApple Watchに惹かれつつも、見た目のガジェット感の強さから敬遠しがち……。そんな悩める高級腕時計好愛好家に、ハイエンド化の奥の手をお届けしましょう。

SPONSORED by プリンチペプリヴェ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事