改めてリーバイス517に熱視線。ブーツカットの源流について今、知っておく

改めてリーバイス517に熱視線。ブーツカットの源流について今、知っておく

多数の名作ジーンズを誇る『リーバイス』の中で、ブーツカットといえば「517」。その歴史を掘り下げつつ、今どきの着こなし見本から現行のラインアップまでご紹介します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.06.01

元祖ブーツカットジーンズ。『リーバイス』の「517」を、今またはいてみない?

元祖ブーツカットジーンズ。『リーバイス』の「517」を、今またはいてみない?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジーンズの生みの親として知られるブランド『リーバイス』には、多数の名モデルが存在します。ストレートシルエットの「501」がその代表格ですが、ブーツカットといえば「517」。その「517」が今、改めて注目度を高めています。

元祖ブーツカットジーンズ。『リーバイス』の「517」を、今またはいてみない? 2枚目の画像

BORN FREE E-SHOP

BORN FREE E-SHOP

お気に入り追加

ブーツカットジーンズの「517」は裾に向かって広がっているシルエットが特徴的。ここ最近のファッションシーンでは裾に向かって細くなるテーパードシルエットのパンツが長らく主流となってきましたが、その反動もあって、正反対のシルエットともいえる裾広がりのブーツカットが洒落者たちの間でじわじわと支持を集めているのです。

リーバイスのジーンズ総特集。三大ニーズ別におすすめをピックアップ

ウェア・コーデ

リーバイスのジーンズ総特集。三大ニーズ別におすすめをピックアップ

ジーンズの代名詞として知られる『リーバイス』。150年以上も続くブランドの歴史や世界中で愛されている理由、そしてビギナーが買うべきモデルまでをこの機会におさらい。

TOMMY

2021.01.22

リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

ウェア・コーデ

リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

ジーンズの源流たる『リーバイス』501。定番にして今なお進化するこのマスターピースを、当記事にて徹底解説。その歴史から現行シリーズまで網羅してお伝えします!

山崎 サトシ

2019.04.29

『リーバイス』「517」の歴史とともに知る。そもそもブーツカットジーンズとは

ブーツカットジーンズはその名の通り、ブーツに合わせるためのジーンズとして生み出されました。大きな特徴は、裾が広がったシルエット。これによりブーツの筒部分を覆うようにはけるようになっています。そして、この広がっていくひざ下のラインが縦長な印象を醸成し、脚長効果が期待できる点も大きな魅力といえるでしょう。

『リーバイス』「517」の歴史とともに知る。そもそもブーツカットジーンズとは

WEAR

WEAR

お気に入り追加

実は、世界初のブーツカットジーンズこそが『リーバイス』の「517」。日常的にブーツを履くカウボーイたちのために開発され、1971年に登場したのが始まり。当時は「サドルマンブーツジーンズ」という愛称で呼ばれていました。

『リーバイス』「517」の歴史とともに知る。そもそもブーツカットジーンズとは 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

その後、1970年代に拡大したヒッピーカルチャーの定番アイテムとして、「517」をはじめとするブーツカットのジーンズが大流行。以降もブーツカットジーンズはたびたび注目を浴び、ここ日本では1990年代の古着ブームで人気が沸騰したのはご存じの方も多いことでしょう。

ちなみに、ブーツカットは裾の広がり方がやや控えめ。『リーバイス』でいう「646」ような、裾がより大きく広がったシルエットはベルボトムと呼ばれます。そしてそれらを含め、裾が広がったシルエットを総称してフレアというのが一般的です。

今、はきたい形。ブーツカットデニムのおすすめ10選と最新コーデ術

ウェア・コーデ

今、はきたい形。ブーツカットデニムのおすすめ10選と最新コーデ術

懐かしくも新鮮なデニムとして注目されているブーツカット。巷に溢れる太デニムに食傷気味なら、いち早くトライしてみるべきです。選び方や着こなしはぜひ当記事を参考に。

山崎 サトシ

2021.05.19

人気再燃。フレアパンツのおすすめ10選と今っぽいコーデのヒント

ウェア・コーデ

人気再燃。フレアパンツのおすすめ10選と今っぽいコーデのヒント

ボトムスのトレンドはワイドパンツ全盛ですが、早い大人の間ではフレアパンツ人気が上昇中。巷にあふれかえる“太パン”に飽きたなら、周囲に先駆けて取り入れてみては?

山崎 サトシ

2021.08.31

時代に合わせた進化版。『リーバイス』517にはアップデートモデルも

時代に合わせた進化版。『リーバイス』517にはアップデートモデルも

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

前述の通り、『リーバイス』の「517」がブーツカットジーンズのオリジンとして登場したのは1971年。当時は、ひざ部分を細めに絞ったうえでひざ下に向けて広がっていくシルエットで、裾の広がりが強調され、美脚効果の高いフォルムになっていました。そのデザインは現行モデルにも踏襲されていますが、最近ではアップデート版の「517」も登場。ひざの絞りをやや緩くし、穏やかに広がるシルエットでモダナイズされています。この進化した「517」はストレートに近いフォルムなので、初心者でもはきやすいのが特徴。オーバーサイズをチョイスすれば裾のラフ感が高まり、ワイドパンツに近い感覚ではきこなすこともできます。

今はくならこんなふうに。『リーバイス』の「517」を使ったコーデ実例5選

ブーツに合わせるために生まれたブーツカットの「517」ですが、実はスニーカーとの相性も抜群。意外と自由にはきこなすことができます。お手本となるコーディネートを5パターンご紹介しますので、好きなスタイルに倣って「517」をはきこなしてみてください!

コーデ1

「517」の魅力をさりげなく生かしたシンプルコーデ

「517」の魅力をさりげなく生かしたシンプルコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上下を『リーバイス』のデニムアイテムで揃えたシンプルなコーディネート。インナーに白いTシャツ、足元に定番スニーカーを合わせたスタンダードな着こなしですが、ジーンズにブーツカットの「517」をチョイスしている点が今の時代にかえって新鮮に映ります。ブーツカットの美脚効果に加え、コンパクトなアウターでスタイルをより良く見せているのもポイント。

コーデ2

ラフなアメカジスタイルも「517」ならどこか新鮮

ラフなアメカジスタイルも「517」ならどこか新鮮

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カレッジテイストのロゴをプリントしたスウェットに、ジーンズとローテクスニーカーを合わせたアメカジスタイルがベース。ブーツカットの「517」が脚を長く見せ、ラフなコーディネートをスタイリッシュにブラッシュアップしています。大人なアメカジスタイルを築きたいときにも「517」は重宝!

コーデ3

ブラックの「517」を使ったクールなデニムスタイル

ブラックの「517」を使ったクールなデニムスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブーツカットジーンズ+デニムジャケットの組み合わせは上述の「コーデ1」のコーディネートと同じ。ただし、上下ともブラックにしつつインナーもダークトーンにすることで、こちらはクールにまとめています。ミュール型のサンダルもブラックでまとめて隙のない着こなしに。

コーデ4

「517」でスタイリッシュに決めたジャケットスタイル

「517」でスタイリッシュに決めたジャケットスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブーツカットジーンズの「517」にサイドジップブーツを合わせ、大人っぽいコーディネートのベースを確保。そこへクラシックなダブルブレストのジャケットを合わせ、落ち着きのあるジャケットスタイルに仕上げています。ジーンズ×ジャケットというゆるいリンクでお揃いコーデを築くいたのもおしゃれ!

コーデ5

「517」の裾を大きく折り返してさりげなく個性を演出

「517」の裾を大きく折り返してさりげなく個性を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トップスは『ユニクロ』のアイテムでまとめ、全体としてはシンプル。ただし、足元には個性を凝縮しています。まず、ジーンズの裾を大きく折り返してアイキャッチに。折り返すことでストレートに近いシルエットにアレンジしています。さらに、合わせたブーツは『メゾンマルジェラ』を象徴する「タビ アンクル」。足袋のようにつま先が2つにわかれていて独創的です。

通常ラインとLVC。『リーバイス』の517、今買えるおすすめの8本をピックアップ

ブーツカットジーンズの「517」は、『リーバイス』が誇る名作の1つ。だからこそ、『リーバイス』の通常ラインだけでなく『リーバイスヴィンテージクロージング(LVC)』でも復刻版がリリースされています。それぞれのアイテムラインアップを解説しますので、在庫があるうちに早めに入手しましょう!

▼『リーバイス』通常ラインの「517」

ジーンズのパイオニアである『リーバイス』は、歴史ある名作を多数擁していますが、時代の空気感に合わせてそれらの定番モデルをブラッシュアップし続けています。もちろん「517」も例外ではありません。正統派の現行ブーツカットジーンズは、まず『リーバイス』の通常ラインから選んでみるのがおすすめです。

アイテム1

517 ブーツカット リジッド

517 ブーツカット リジッド

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーセンティックなブーツカットジーンズ「517」のリジッドデニムバージョン。加工が施されていないので、デニムをゼロから育てていくことができます。硬めの生地ゆえ、はき始めは持ち前の美しいシルエットが引き立ち、高い美脚効果を期待できます。

アイテム2

517 ブーツカット AMA プレミアムインディゴ

517 ブーツカット AMA プレミアムインディゴ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ほんのりアタリが出る程度の加工感が絶妙。落ち着きあるダークトーンと、即戦力となるこなれた生地感が共存しています。濃いめのインディゴブルーだからこそ、引き締め効果が感じられ、コーディネートに落ち着きを与えてくれます。

アイテム3

517 ブーツカット AMA ミッドヴィンテージ

517 ブーツカット AMA ミッドヴィンテージ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

太ももの色落ち加減はもちろん、ヒゲやアタリもかなりリアル。ジャケットスタイルを着崩したり、リラックス感のあるコーディネートを築いたりする際に重宝するミッドヴィンテージ加工の1本です。ジーンズらしい汎用性も備え、オールシーズン活用できます。

アイテム4

517 ブーツカット ブラック

517 ブーツカット ブラック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブラックデニムのブーツカットジーンズは、美脚効果がさらにハイレベル。どんなコーディネートでもクールに引き締めてくれます。「517」のブラックバージョンはステッチまで黒で統一されているので、かなりクールな面持ち。

アイテム5

517 ストレッチデニム ブーツカット ミッドブルー

517 ストレッチデニム ブーツカット ミッドブルー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

名作の「517」をベースにしつつ、アップデートを加えたモデル。ひざの絞りを控えめにすることで、ナチュラルなフレアシルエットにアレンジされています。さらに、ポリウレタンを1%のみブレンド。デニムならではの風合いはキープしつつ、ストレッチ性をプラスして動きやすいブーツカットジーンズに仕上げられています。

▼『リーバイス ヴィンテージクロージング』の「517」

『リーバイス ヴィンテージ クロージング』は、『リーバイス』のアーカイブを忠実に再現しているライン。「517」に関しては、1971年~73年にレッドタブラインとして発売されていた初期モデルを復刻しています。他のブーツカットと比べてフレアな具合が程良いバランスなので、意外とはきこなしやすいジーンズです。

アイテム6

517 リジッド

517 リジッド

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

「517」の初期モデルを丁寧に再現したモデル。濃厚なリジッドデニムは、世界屈指のデニム生地メーカーとして知られるカイハラ社製です。14.2オンスのレッドセルビッジデニムなので、エイジングを存分に楽しめます。

アイテム7

1970S オレンジタブ 517 ファンタジア

1970S オレンジタブ 517 ファンタジア

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リアルなヴィンテージ感が漂うミッドウォッシュ加工の「517」。人気のオレンジタブを採用し、ディテールまでヴィンテージ調に仕上げています。軽快なトーンを生かしながら、リラクシングなコーディネートではきこなすのが今の気分です。

アイテム8

1970S オレンジタブ 517 ホワイトダヴズ

1970S オレンジタブ 517 ホワイトダヴズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ホワイトに近いアイスウォッシュのジーンズは爽やかなニュアンス。トップスのカラーを引き立てることができ、アースカラーやニュアンスカラー、ビビッドカラーやネオンカラーとも相性が抜群です。もちろん、ダークなトップスでクールにまとめてもOK。ホワイトジーンズと異なり、コーデに馴染みやすいこなれ感が漂っているのも魅力です。

大人がはくべきデニムブランド42選。長く付き合える理想のジーンズに出会う

ウェア・コーデ

大人がはくべきデニムブランド42選。長く付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うデニムブランドをしっかり押さえておきましょう。

那珂川廣太

2021.09.10

隠れた名作。リーバイス502の隠しきれない魅力とラインアップ

ウェア・コーデ

隠れた名作。リーバイス502の隠しきれない魅力とラインアップ

今、『リーバイス』の502が人気です。同ブランドといえばまず頭に浮かぶのが501ですが、なぜ最近になって502が注目されているのでしょうか? その理由を解説します。

髙須賀 哲

2021.03.22

大人の万能着。リーバイス505の春夏秋冬コーデを徹底解説

ウェア・コーデ

大人の万能着。リーバイス505の春夏秋冬コーデを徹底解説

『リーバイス』といえばもはや説明不要ともいえる、大人の定番。当記事では、501と並び根強い人気を持つ505シリーズについて、その魅力と着こなしを詳しく解説します。

Roaster

2017.08.17

ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる

ウェア・コーデ

ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる

120年以上もの歴史を誇るジーンズブランド『リーバイス』。同ブランドといえば501が最も有名だが、今回はモダンなシルエットで注目を集める511を紹介。

大中 志摩

2021.01.19

このゆるさが今、新鮮。リーバイスの550で旬なリラックス感を手に入れる

ウェア・コーデ

このゆるさが今、新鮮。リーバイスの550で旬なリラックス感を手に入れる

今、リラックスシルエットのジーンズが注目されています。王道ブランド『リーバイス』では、名モデルと名高い「550」が人気。支持される理由からコーデ例まで解説します!

平 格彦

2021.03.28

リーバイスレッドとは? 7年ぶりに復活した人気確定のラインアップ

ウェア・コーデ

リーバイスレッドとは? 7年ぶりに復活した人気確定のラインアップ

一斉を風靡した『リーバイス レッド』が7年ぶりに復活ということで、デニムシーンが色めき立っています。今一度同シリーズについて解説するとともに、最新作を一挙公開!

山崎 サトシ

2021.02.13

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

シャカではじめる冬支度。サンダル譲りのコンフォートなシューズで装いを新たに

街に野遊びに、この夏お世話になった人も多いであろう『シャカ』のサンダル。しかし、同ブランドが活躍するのは夏だけにあらず。秋冬も頼れる逸品が揃っています!

SPONSORED by シャカ

続きを読む

暖かいだけじゃもう物足りない。エーグルと探る、これからの冬アウターの条件とは

徐々に寒くなりアウターに手が伸び出すこの時期。今の時代に合ったその選び方を、フランス発の名ブランド「エーグル」の優れモノを軸に読み解いていきます。

SPONSORED by エーグル

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

“わかっている”引き算がありがたい。チャムスのゴアテックスアウターが、僕たちに響く理由

大人のアウトドアMIXは肩肘張らないこなれ感がカギ。頼れるスペックの中に引き算の美学を落とし込んだ『チャムス』のゴアテックスアウターなら、相棒として完璧です!

SPONSORED by チャムス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事