名作靴、その一角。ダナーのポストマンシューズをとことん深堀り!

名作靴、その一角。ダナーのポストマンシューズをとことん深堀り!

ドレス靴なのに程良くカジュアルで、スニーカー並みの快適さを誇るポストマンシューズ。本記事では米国ワーク靴の名門『ダナー』のポストマンに注目してみましょう。

那珂川廣太

那珂川廣太

SHARE
記事をお気に入り
2021.07.01

掛け値なしにマストハブ。ポストマンシューズは1足あって損なし!

掛け値なしにマストハブ。ポストマンシューズは1足あって損なし!

LAHAINA

LAHAINA

お気に入り追加

ポストマンシューズとはその名の通り、USポスタルサービス(アメリカ合衆国郵便公社)の職員が郵便配達の際に履くために作られた靴。そのためフォーマルなドレスシューズのルックスを備えつつ雨に強くて頻繁に磨かなくとも靴を美しく保てるガラスレザーをアッパーに使用し、芝生を傷つけないようにフラットなクッションソールを採用しているのが特徴です。また、長い時間歩くことを想定して作られた靴のため疲れにくいことはいうまでもなく、幅広い足型の人にフィットするラストを採用しています。そのためややぽってりとしたトゥの素直なシェイプに仕立てられており、スーツはもちろん、ジーンズと組み合わせるカジュアルスタイルまで、さまざまな着こなしにマッチする懐の深さも魅力です。

光沢を備えたドレス顔。『ダナー』のポストマンを選ぶメリットとは?

光沢を備えたドレス顔。『ダナー』のポストマンを選ぶメリットとは?

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

ポストマンといえば真っ先に頭に浮かぶのが『レッド・ウィング』ですが、本記事であえて注目したいのが『ダナー』。ご存じの通り『ダナー』は1932年にウィスコンシン州で創業したアメリカンブーツメーカーの老舗の1つ。登山靴やロガーブーツからビジネスをスタートした歴史や、世界に先駆けてゴアテックス素材をブーツに取り入れて軽量さと機能性を兼ね備えた名靴「ダナーライト」の存在が証明するように、タフなモノ作りと快適な履き心地を両立する稀有なメーカーでもあります。加えて近年はアメリカ軍向けにタクティカルブーツを制式納入している実績もあるため、“官公庁職員が使用する、タフで履き心地に優れた靴”であることを求められるポストマンを作るのに『ダナー』ほど適したメーカーはそうそうないといえるのです。

メリット1

肉厚ガラスレザーがもたらす、ワークシューズの域を超えたドレス感

肉厚ガラスレザーがもたらす、ワークシューズの域を超えたドレス感

THREE WOOD 楽天市場店

THREE WOOD 楽天市場店

お気に入り追加

ポストマンシューズに使用されるガラスレザーは、原皮をなめした後にガラス板に貼り付けて表面を平滑に加工。最後にラッカーなどの合成樹脂を塗布して仕上げられます。表面の傷や繊維ムラをごまかせるため一般的に質の低い原皮がガラスレザー用に回されますが、『ダナー』のポストマンで使用されているガラスレザーは非常に肉厚。また表面の樹脂加工も『レッド・ウィング』と比較すると厚めに施されており、一見するとガラスレザーというよりもパテントレザーのような強いツヤを放っています。

メリット2

『ダナー』オリジナルのダンキャットソールが快適な歩行体験を提供

『ダナー』オリジナルのダンキャットソールが快適な歩行体験を提供

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

ポストマンシューズで重視すべき点はグリップ力。というのも、USポスタルサービスではポストマンシューズに対してスリップレジスタンスというソールの滑りにくさに対する認定試験を義務付けており、試験に合格した靴には“SR/USA”という表記のタグを取り付けています。実際に『レッド・ウィング』では今もポストマンに“SR/USA”タグを採用し続けています。いっぽうで『ダナー』はスリップレジスタンス試験を行っていないものの、マウンテンブーツ作りで培った独自のダンキャットソールを採用。フラットなソールパターンながら全方向に対するグリップ力を確保することで、ポストマンシューズに必要なスペックを実現しています。

メリット3

丸みを帯びたワークシューズ然としたシルエットが、クラシックな空気を醸成

丸みを帯びたワークシューズ然としたシルエットが、クラシックな空気を醸成

ROOST

ROOST

お気に入り追加

アメリカ靴らしいぽってりとしたトゥとシルエットもポストマンの魅力。『レッド・ウィング』と比較して『ダナー』のポストマンはやや幅広なラストを採用していることもあり、よりぽってりとした雰囲気に仕上がっています。ちなみに『ダナー』は古くからオレゴン州の自社工場のほかに日本の協力工場を使って生産を行っており、実はこのポストマンもMADE IN JAPAN。『ダナー』が有するアメリカンブーツブランドの歴史と日本のきめ細やかな職人技術のコンビネーションによって、ワークシューズらしい武骨さとドレスシューズの気品を両立させているのです。

男らしい!ダナーのブーツを街でも山でもコーデの主役に

スニーカー・シューズ

男らしい!ダナーのブーツを街でも山でもコーデの主役に

自然豊かなポートランドが拠点のブーツメーカー『ダナー』。機能美光る同社のブーツは、山使いのみならず街履きとしても頼れる存在です。人気作をコーデ例とともに紹介!

山崎 サトシ

2019.10.01

世界初のゴアテックスブーツ。ダナーライトの質実剛健さに惚れ直す

スニーカー・シューズ

世界初のゴアテックスブーツ。ダナーライトの質実剛健さに惚れ直す

アウトドアを出自とするブーツの中でも絶対的な定番に位置付けられる「ダナーライト」。名靴として愛される理由は、質実剛健さと登山靴の常識を覆した履き心地にあります。

遠藤 匠

2021.01.14

このボリュームが本物だ。ダナーのマウンテンライトを徹底解説

スニーカー・シューズ

このボリュームが本物だ。ダナーのマウンテンライトを徹底解説

昔ながらの登山靴の佇まいとボリューム感が堪らない名靴として愛され続けている「マウンテンライト」。アウトドアMIXの切り札としての魅力と、街使いのコツをおさらい!

遠藤 匠

2021.01.30

競合『レッド・ウィング』と『ダナー』、どちらのポストマンを選ぶべき?

競合『レッド・ウィング』と『ダナー』、どちらのポストマンを選ぶべき?

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

さて、ここまで『レッド・ウィング』と『ダナー』のポストマンの違いについて比較しながら解説してきましたが、では実際はどちらがおすすめかというと、究極的には個人の好み。ポストマンシューズとしての歴史やアメリカ靴らしいラフな作りを重視するなら『レッド・ウィング』を、足の作りが甲高幅広で海外製ブーツが足に合わない、細かなステッチ目まで揃った丁寧な作りの靴が好み、ということなら『ダナー』を選んでみてはいかがでしょう。また『ダナー』のほうが実売価格で1万円ほど安く手に入るため、懐事情と相談しながら選んでも良いかもしれません。

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

スニーカー・シューズ

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

『レッド・ウィング』と聞くと名作「アイリッシュセッター」や「ベックマン」が思い浮かぶ。だが、「ポストマン」シリーズもまたコアなファンを抱え続ける人気銘柄だ。

牟田神 佑介

2020.12.21

『ダナー』のポストマン、そのバリエーションをチェック

官公庁職員のサービスシューズという性質上、本来はブラックのガラスレザーを使用するのが正統なポストマン。しかしガラスレザーはオイルが入らないため手入れする楽しみがないことや、シワが入った部分からひび割れが起こるといった理由から敬遠する人がいるのも事実です。また、コーディネートによっては黒以外の靴を履きたいこともあるでしょう。そのためもあってか『ダナー』ではブラックのガラスレザー以外の素材を使用したバリエーションモデルもラインアップしているんです。

バリエーション1

ポストマンブーツ

ポストマンブーツ

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

郵便局員のためのサービスシューズとして誕生した「ポストマン」のチャッカタイプであり、オリジナルは警察にも納入されていたモデル。『ダナー』ではオックスフォードとチャッカともにダークブラウンのガラスレザーをアッパーに採用したモデルをラインアップしており、より幅広い着こなしに取り入れることが可能です。

バリエーション2

ポストマン2

ポストマン2

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

『ダナー』の中でも30年以上にわたって愛されているベストセラーである「ポストマン」のラストやデザインはそのままに、アッパーにオイルドレザーを用いたモデル。ダンキャットソールよりも軽くクッション性に優れたビブラム社のEVAFLEXソールを採用し、よりライトな履き心地を手に入れています。

何でも合う、を実証。『ダナー』ポストマンシューズのおしゃれなコーデ実例

カジュアルなファッションからジャケパンスタイル、トラッドな装いまで幅広いシチュエーションで活躍するのがポストマンシューズの魅力。ここでは2種類のコーディネートを参考に、その実力を確かめてみましょう。

着こなし1

カジュアルなドレスシューズとしてポストマンを履きこなす

カジュアルなドレスシューズとしてポストマンを履きこなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

もともとサービスシューズとして作られたポストマンは、トラッドなコーディネートを程良くドレスダウンさせるのにぴったりなアイテム。こちらではミドルゲージのフィッシャーマンセーターとホームスパンのスラックスというシャギーなアイテムにスムースなツヤ感のあるポストマンを合わせ、素材感でコントラストをつけています。

着こなし2

ハードなインディゴ&デニムをポストマンでクリーンに

ハードなインディゴ&デニムをポストマンでクリーンに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

そしてポストマンはアメリカンワークシューズとしての出自も有しているため、ジーンズとの相性も良好。ジャケパンスタイルにジーンズ&ポストマンを取り入れるのはもちろんのこと、ハードなダメージジーンズと組み合わせたカジュアルなスタイリングでも品良く見せることが可能です。

あれ、これはポストマンじゃない? 『ダナー』の「マナワ」と何が違う?

あれ、これはポストマンじゃない? 『ダナー』の「マナワ」と何が違う?

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

最近はアウトドアブーツだけでなく、ドレスラインやサンダルなど、さまざまなアイテムをラインアップしている『ダナー』。その中でも同じ外羽根式プレーントゥのため、パッと見で「ポストマン」と間違えそうになるのが「マナワ」です。違いとしては「マナワ」はアッパーにクロムエクセルを採用しており、セパレートタイプのビブラム タイガソールを採用していること。またポストマンシューズはサービスシューズがルーツですが、「マナワ」は戦前のクラシックなワークブーツがモチーフ。ステッチダウン製法を採用しているためアッパーの革が分厚くコバも張り出し気味のため、ジャケパンやビジネスカジュアルに合わせるならポストマンシューズのほうが良いでしょう。

大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

スニーカー・シューズ

大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

ガラスレザーでぽってりしたプレーントゥのアッパーに、クッション性に優れたフラットソールを採用したポストマンシューズ。革靴の気品と履き心地を備えた万能靴をご紹介!

那珂川廣太

2020.09.04

那珂川廣太

アメカジ&アメトラを中心にラギッドな視点で解説

那珂川廣太
バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事