本場ではこちらが売れ筋。パラブーツのアヴィニョンに頼りたい

本場ではこちらが売れ筋。パラブーツのアヴィニョンに頼りたい

『パラブーツ』のUチップといえば「シャンボード」が有名ですが、実はパリジャンに愛用者が多いのは別のモデル。隠れた名靴といえる「アヴィニョン」にフォーカスします。

那珂川廣太

那珂川廣太

SHARE
記事をお気に入り
2021.07.14

準礼装にももってこい。『パラブーツ』の「アヴィニョン」って何モノ?

準礼装にももってこい。『パラブーツ』の「アヴィニョン」って何モノ?

ブルークウォッチカンパニー

ブルークウォッチカンパニー

お気に入り追加

アッパーに独自のレザーを使用しているだけでなく、ソールまで自社で生産している稀有なブランドが『パラブーツ』。日本では男性だけでなく女性からも支持されており、なかでもUチップ&チャッカなチロリアンシューズの「ミカエル」と、登山靴に由来するノルウェイジャン製法で仕立てられたタフなドレス系Uチップ「シャンボード」は、同ブランドを代表する二大巨頭です。しかし、実は本国であるフランスではそれらよりも売れているUチップがあるんです。それこそが「アヴィニョン」。本記事では、隠れた名靴である「アヴィニョン」の魅力についてご紹介いたします。

準礼装にももってこい。『パラブーツ』の「アヴィニョン」って何モノ? 2枚目の画像

ブルークウォッチカンパニー

ブルークウォッチカンパニー

お気に入り追加

「シャンボード」と「ミカエル」の魅力は、撥水性に優れたリスレザーをアッパーに使ったぽってりとボリューム感のあるシルエット。カジュアルなスタイリングに品を持たせたり、ジャケパンスタイルをこなれた印象に仕上げたりしたいときのキラーシューズとして人気を集めています。一方で、「アヴィニョン」はそれらと比較するとよりドレッシーな雰囲気。トラッドなスーツと組み合わせれば好相性を描くのはいうまでもなく、ジャケパンスタイルをカジュアルアップしたいときにも活躍してくれます。さらにはクリーンなジーンズと合わせたカジュアルなスタイリングにも◎と、さまざまなスタイリングに活躍してくれる万能選手が「アヴィニョン」なのです。

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

スニーカー・シューズ

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

誰もが知る名門シューズブランドであると同時に、勢いに乗った人気ブランドでもある『パラブーツ』。流行とは関係なくずっと愛用していける名作&人気モデルをご紹介。

山崎 サトシ

2019.09.27

汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

スニーカー・シューズ

汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

『パラブーツ』の定番として知られる「シャンボード」。質実剛健なデザインや、革靴ながらスニーカー以上に疲れないとも形容される履き心地の1足を徹底的に分析したい。

牟田神 佑介

2021.04.01

パラブーツのアイコン的存在。ミカエルの魅力とバリエーション

スニーカー・シューズ

パラブーツのアイコン的存在。ミカエルの魅力とバリエーション

名作が揃う『パラブーツ』の中でも、特に人気のモデルが2つある。1つ目は、シャンボード。2つ目が、今回紹介するミカエルだ。

小林 大甫

2019.09.26

3つのポイントで覚えよう。『パラブーツ』の「アヴィニョン」はココが特徴

カジュアルからドレスまでさまざまなシーンで履きこなされている『パラブーツ』の中でも、なぜ「アヴィニョン」がそれほどまでにさまざまなシチュエーションで使える靴なのか。ここではその秘密を解説します!

ポイント1

足元に品の良いアクセントを添える、Uチップとスプリットトゥ

足元に品の良いアクセントを添える、Uチップとスプリットトゥ

サントノーレ

サントノーレ

お気に入り追加

「アヴィニョン」が採用する“Uチップ”とは、もともとフランスでは狩猟靴として使われてきたカントリーシューズ。そのためドレス靴ながらどことなくカジュアルで武骨な雰囲気を残しており、それが足元に程良いアクセントを加えてくれる秘訣となっています。またUチップの中でも2枚の革をトゥの先端で縫い合わせるスプリットトゥというディテールを採用しているのも「アヴィニョン」の特徴。ラストの形状と相まってシャープでドレッシーなトゥに仕上がっています。また、モカ縫い部分もサイドの革の上に甲革をかぶせることでフラットな縫い目に仕上げる“乗せモカ”を採用している点もポイント。スプリットトゥと乗せモカという2つの仕様が組み合わさることで、履いたときに品良く見えるのです。

ポイント2

甲が低いシャープなシルエットが、ドレス感を担保する

甲が低いシャープなシルエットが、ドレス感を担保する

クラウド・シューカンパニー

クラウド・シューカンパニー

お気に入り追加

一般的なフランスのUチップはぽってりとしたトゥのものが多いですが、「アヴィニョン」の場合は親指の付け根からトゥに向かって先細りになったシルエット。そのため靴のサイズは同じでも捨て寸が長めに見えるため、一層ドレッシーな雰囲気を醸します。そして「アヴィニョン」が採用している194ラストはダブルモンクの「ウィリアム」でも採用されているのですが、大振りなストラップとトゥキャップがつく「ウィリアム」ですらスッキリとまとまりがあることからもわかる通り、194ラストは甲がかなり低めの設定。レースアップシューズの「アヴィニョン」であれば、よりシャープに履きこなすことができるのです。

エレガンスと男らしさの共演。パラブーツのウィリアムは大人の万能靴だ

スニーカー・シューズ

エレガンスと男らしさの共演。パラブーツのウィリアムは大人の万能靴だ

『パラブーツ』における知る人ぞ知る名靴として、洒落者からの支持率が高いのが「ウィリアム」。上品さと男気の両取りを狙えるそのポテンシャルの高さは見逃せません。

遠藤 匠

2021.01.06

ポイント3

サイドビューも抜かりなし。ラバーソールモデルも、薄めのグリフ2を採用

サイドビューも抜かりなし。ラバーソールモデルも、薄めのグリフ2を採用

サントノーレ

サントノーレ

お気に入り追加

そして『パラブーツ』の製法的な特徴が、自社でラバーソールの生産をおこなっていること。実はこれが意外に重要で、他のシューズメーカーでは中底+コルクフィラー+シャンク+ミッドソール+アウトソールという構造が一般的なのですが、ソールを自社生産するパラブーツの場合はこの組み合わせにとどまらずさまざまな構造の靴を作ることが可能で、つまりはサイドビューも自由自在ということ。「アヴィニョン」の場合はグリフ2というやや薄めのラバーソールを採用しており、グリップ性や耐久性を確保しつつスマートなルックスを両立させています。

似ているようで、ちょっと違う。「アヴィニョン」と「シャンボード」の違い

似ているようで、ちょっと違う。「アヴィニョン」と「シャンボード」の違い

インポートセレクト musee

インポートセレクト musee

お気に入り追加

購入の際に「アヴィニョン」と比較対象になるのが「シャンボード」。ともに雨に強いリスレザーをアッパーに使用したUチップであり、履きシワが大きく入り磨けば強い光沢が出るという美点は共通しています。両者の見た目上の違いでいえば、フォーマル度の高いスッキリとしたシルエットとディテールの「アヴィニョン」に対して、「シャンボード」はよりフランスのUチップらしいぽってりとしたシルエットであること。同じく甲の高さも、「アヴィニョン」よりも「シャンボード」のほうが高め。そのため甲が低めの人は「アヴィニョン」が、甲高幅広な足型の人は「シャンボード」のほうがマッチしやすいといえるでしょう。

似ているようで、ちょっと違う。「アヴィニョン」と「シャンボード」の違い 2枚目の画像

インポートセレクト musee

インポートセレクト musee

お気に入り追加

外側から見えない部分での違いでいえば「アヴィニョン」がグリフ2をアウトソールに採用し、中底+コルクフィラー+シャンク+ミッドソール+アウトソールという組み合わせを採用していることに対し、「シャンボード」ではシャンクと緩衝材一体型のパラテックスソールを採用。中底+ソールという、シンプルな構造を採用しているんです。もちろん歩き心地も両者で異なりますが、大きく違うのはソール交換時。「アヴィニョン」はアウトソールを剥がすだけで張り替え可能ですが、シャンボードでは出し縫いをカットしてアウトソールを剥がし、再び縫い合わせる必要があります。「シャンボード」は特殊な構造のため、ソール張り替え前と同じ歩行感を得るためには純正のパラテックスソールを使う必要があることに留意しておきましょう。

『パラブーツ』の「アヴィニョン」、色と素材で選ぶ5種

さて、ここまで「アヴィニョン」の魅力について語って物欲が高まってきたところで、今度はカラーや素材展開について解説しましょう。ワードローブでそれぞれ独特の個性を放つ、多様な「アヴィニョン」の表情をご覧ください!

1足目

ノワール/ブラック

ノワール/ブラック

インポートセレクト musee

インポートセレクト musee

お気に入り追加

まずは1足押さえておきたいのがこちら。黒やブラックというよりも、フランスらしく“ノワール”と呼びたい潔い黒さが魅力です。またアッパーのリスレザーは撥水性を確保するためにブライドルレザーのようにたっぷりとワックスが含まれているため、特に履き始めのころは気温が下がると蝋が表面に析出するブルーミング現象が起こります。拭けば再び革の内部に戻りますが、その変化を楽しむのもこの色ならうってつけでしょう。

2足目

カフェ/ブラウン

カフェ/ブラウン

クラウド・シューカンパニー

クラウド・シューカンパニー

お気に入り追加

ブラックと並んで購入候補に挙がるのが、夏場のリネンスーツや秋冬のツイードジャケットなどに軽さと温かみを加えてくれるとあって、シーズンを問わずに活躍してくれるブラウン。濃過ぎず明る過ぎず、控えめな赤みをたたえる絶妙な茶色はさすがレザーの色出しに長けたフランスのブランド、といったところです。

3足目

グリンゴ/オイルドヌバック

グリンゴ/オイルドヌバック

菅原靴店 (Sugawara Ltd)

菅原靴店 (Sugawara Ltd)

お気に入り追加

先程のブラックとブラウンはアッパーにリスレザーを使ったモデルですが、こちらはオイルドヌバックを用いたグリンゴ。ヌバックといっても毛足の短い革にさらにたっぷりオイルを入れているため一見するとスムースレザーのようで、防水性も兼ね備えています。化学薬品は一切使わず植物タンニンとミネラルだけを使ってなめされており耐久性に優れ、ぶつけてもオイルを入れれば傷が消えやすい点も魅力です。

4足目

スエード/マロンベル・スモーキー

スエード/マロンベル・スモーキー

Cott

Cott

お気に入り追加

アッパーに使用するレザーにも一家言あることが伝わってくるのが、こちらのスエード。一般的な明るいブラウンではなくダーティーバックスのような絶妙にスモーキーな色出しのおかげで、カジュアルな印象になりがちな素材に落ち着きを加えています。他人とカブりにくいアイテムのため、ワードローブに個性を演出する飛び道具として活用してはいかがでしょう。ちなみにやわらかな革のため、足あたりも良好です。

5足目

コードバン

コードバン

ROOTWEB

ROOTWEB

お気に入り追加

こちらはアメリカが誇る名革、ホーウィン社のシェルコードバンをアッパーに使用したモデル。ホーウィン社のコードバンは透明度の高さと肉厚さが特徴で、オイルもたっぷりと入っているためしなやかで靴に適した素材として知られています。また、コードバンは雨に濡れるとシミが出るなど繊細なイメージがありますが、その後に丁寧に磨きをかければ消えるなど意外と丈夫な革でもあります。

2019年登場。「BBR」シリーズにも「アヴィニョン」が

2019年登場。「BBR」シリーズにも「アヴィニョン」が

TAMAYA-GROUP楽天市場店

TAMAYA-GROUP楽天市場店

お気に入り追加

『パラブーツ』の中でも、素材やディテールを変更して発表されるシーズン限定ラインが「BBR」。過去には「ミカエル」や「シャンボード」を題材に発表し、これが若者を中心に人気を集めましたが、2019年には「アヴィニョン」も仲間入りしています。カーフの質感を備えつつオイルと樹脂を含んだドライレザーをアッパーに使用しており、ドレッシーながら雨に強く頑丈。また、通常の緑タグから「BBR」ラインの象徴であるトリコタグへ変更されている点も所有感をそそります。

名家ならではのローファー。パラブーツのランスはここが違う

スニーカー・シューズ

名家ならではのローファー。パラブーツのランスはここが違う

『パラブーツ』で真っ先に思いつくのはシャンボードかもしれないが、それだけじゃないのが名ブランドたる所以。ローファー型のランスもワードローブに招き入れたい名作だ。

菊地 亮

2019.09.25

ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

スニーカー・シューズ

ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

足元はビジネススタイルの要。見た目はもちろん、履き心地も重視したいところです。頼れる1足を見つけるために、シューズ選びのポイントや信頼できるブランドをご紹介!

近間 恭子

2021.09.01

男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

スニーカー・シューズ

男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

スニーカーもいいですが、男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。

近間 恭子

2021.08.26

足元で大人を装う。パラブーツのレザーサンダルが夏のキラーアイテムとなる

スニーカー・シューズ

足元で大人を装う。パラブーツのレザーサンダルが夏のキラーアイテムとなる

コーデがラフになりがちな夏だからこそ足元はしっかり引き締めておきたいところ。涼しくて、さらに大人に見える1足として『パラブーツ』のレザーサンダルをご紹介します。

那珂川廣太

2021.07.21

那珂川廣太

アメカジ&アメトラを中心にラギッドな視点で解説

那珂川廣太
バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

持つたび、溢れる高揚感。働くことを楽しめる土屋鞄製造所のバックパック&トート

働き方の変化に合わせてバッグを新調したい。とはいえ周囲を見渡しても似たり寄ったりなモノばかり。そこで輝きを放つのが『土屋鞄製造所』のバックパック&トートです。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

外遊びだけじゃもったいない! 毎日楽しめるスニーカーがキーンにはある

「ユニーク」などサンダルのイメージが強い『キーン』ですが、実は365日アツいのがスニーカー。アウトドアはもちろん街でも映え、シーンを問わず活躍してくれます。

SPONSORED by キーン

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

計算されたオーバーサイズ。チャムスのスウェット、今年はひと味違うってよ

“ちょうど良い日常着”として、この時期欠かせないスウェット。よりトレンド感ある装いを目指すなら、今季アップデートされた『チャムス』の新作群をおすすめします。

SPONSORED by チャムス

続きを読む

異彩を放つ限定色も登場。なぜ土屋鞄製造所のコードバンシリーズはこんなにも魅力的なのか

半世紀以上にわたり上質な革製品を作り続けてきた『土屋鞄製造所』。そのモノ作りの真髄ともいえるコードバンシリーズを深掘りし、多くの人に愛される理由を探ります。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事