慣れ親しんだデニムをショートパンツでも。ハズさない大人コーデの作り方

慣れ親しんだデニムをショートパンツでも。ハズさない大人コーデの作り方

普段ジーンズを愛用しているならば、夏はデニムのショートパンツを活用してみましょう。アイテム選びや着こなしのコツさえ押さえれば、大人なコーデを築くのも簡単です!

2022.08.12
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。 記事一覧を見る
...続きを読む

ジーンズ好きはぜひ活用を。夏にはデニム生地のショートパンツが良いんです

ジーンズ好きはぜひ活用を。夏にはデニム生地のショートパンツが良いんです

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジーンズの魅力は改めて説明するまでもありませんが、長く愛用できるタフさ、味のある質感、着こなしやすい汎用性などが挙げられるでしょう。そうした特徴はデニム地のショートパンツにもそのまま継承されています。とくれば、夏のコーディネートで使わない理由はありません。ちょっとしたポイントさえ押さえれば、大人っぽい着こなしを構築することも容易。前述したジーンズの利点にショートパンツならではのリラックス感が加わって、夏用ボトムスとしてヘビロテで活躍してくれること間違いありません。

デニムショートパンツをはく前に。知っておくべきアイテム選びの三大ポイント

どんなコーディネートにも使いやすいデニム地のショートパンツですが、大人がはきこなすには、どんな1本を選ぶかが大切です。特に重要な3つのポイントをご紹介するので、すべての条件をクリアするアイテムを探してみましょう!

ポイント1

狙うはややゆったりめ。タイト過ぎるシルエットは避ける

狙うはややゆったりめ。タイト過ぎるシルエットは避ける

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ショートパンツはスリムなほど品が良いと思いがちですが、あまりに細身だと不自然に映ったり、アンダーウェアのように見えてしまったりすることがあります。コーディネート全体のバランスを考慮しつつ、適度にゆとりのあるシルエットのショートパンツを選ぶのがおすすめ。そうしたほうが、デニム独特のリラックス感が生きてきます。

ポイント2

長さは、ひざ丈~ひざ上5cm丈を目安に

長さは、ひざ丈~ひざ上5cm丈を目安に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ショートパンツ選びでは、レングスも重要。短くなるほど競泳用のスイムウェアやアンダーウェアのような印象に近づき、長くなるほどクロップド丈のパンツに近づきます。ショートパンツならではの開放感を打ち出すには、ひざが覗くくらいの丈を選ぶのがおすすめ。ひざ上5cmくらいの丈感がイチ押しで、長くてもひざがギリギリ隠れるくらいまでが好バランスです。ひざ周りのムダ毛などが気になる場合は、ケアしつつひざを出すようにしましょう。

除毛クリームで簡単セルフケア。男も楽してムダ毛を処理する時代

ビューティ・ヘルス

除毛クリームで簡単セルフケア。男も楽してムダ毛を処理する時代

メンズの美意識が年々高まる今、スキンケアだけでなくムダ毛に関してもしっかり気を配っておきたいところ。自宅で気軽に使えて便利な除毛クリームについて深堀りしよう。

山下 皓平

2021.09.19

最新ボディシェーバーで効率良くムダ毛処理。簡単で扱いやすい12アイテムはコレ

ビューティ・ヘルス

最新ボディシェーバーで効率良くムダ毛処理。簡単で扱いやすい12アイテムはコレ

ムダ毛は「あっても良い」という認識から「ないほうが良い」と考えられる昨今、ボディシェーバーが注目されています。その選び方とおすすめ品をご紹介しましょう。

齋藤 玲緒奈

2022.04.27

ポイント3

加工感が控えめなタイプを選ぶ

加工感が控えめなタイプを選ぶ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

デニム生地のショートパンツは、ジーンズと同じく加工の具合によって印象が大きく変わります。加工感が少ないほど上品に見えるのが基本。ハードなユーズド加工やダメージ加工が施されたタイプはかなりラフな印象になるので、大人っぽいコーディネート作りには不向きです。なお、全体的に均一な色落ち具合であれば、明るいトーンまで色落ちしたタイプでも上品に着用可能。濃淡のコントラストが抑えめで、ヒゲやアタリなどの味感が控えめなタイプを選ぶようにしましょう。

必修。デニムショートパンツを大人っぽくコーデに組み込む5つのテクニック

デニムのショートパンツを大人っぽくはきこなすためには、コーディネートの方法も大切。実例をピックアップしつつ5つの着こなしテクニックについて解説するので、気になるものから実践してみましょう!

▼テクニック1:白シャツでクリーンな品格を加味するのが定番技

デニムのショートパンツはカジュアルな雰囲気。それを中和すべく、クリーンで上品な白いシャツを合わせて全体のバランスを大人っぽく整えるというテクニックです。ブルー系カラーのシャツなどでも同様の効果が期待できますが、まずは王道の白シャツからマスターするのがおすすめ。

コーデ1

長袖のバンドカラーシャツを合わせて清潔感を演出

長袖のバンドカラーシャツを合わせて清潔感を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツのなかでも長袖タイプは特にエレガント。長袖を選びつつリラックス感を加味するなら、少し大きめなシルエットのシャツを選ぶのがポイントです。また、襟型がバンドカラーなら堅過ぎる印象になることがないためおすすめ。このお手本では、ダークなデニムショートパンツを選びつつ、黒のキャップ&スニーカーで大人っぽく引き締めています。

コーデ2

Tシャツ×ショーツのラフスタイルをシャツで格上げ!

Tシャツ×ショーツのラフスタイルをシャツで格上げ!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

Tシャツにデニムショーツ、足元はサンダルという気負わないスタイリングがベース。ただし、清々しい白シャツを羽織りものとしてプラスすることで、ひとさじの上品さも注入しています。ハットや首元に引っ掛けたサングラスなど、旬なリゾートテイストを感じさせる小物使いもGOOD!

▼テクニック2:ブルー系のチェックシャツで大人なカジュアルスタイルを構築

前述の白シャツに限らず、トップスをシャツにするだけで大人っぽいカジュアルスタイルの土台を築くことができます。アメカジやアメトラの定番であるチェック柄のシャツならデニム生地と相性抜群。ショートパンツと同系色となるブルー系をチョイスすれば、大人っぽいカジュアルスタイルが簡単に完成します。

コーデ3

タータンチェックのシャツを使った上品なアメカジスタイル

タータンチェックのシャツを使った上品なアメカジスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェックシャツにジーンズを合わせるのはアメカジの王道コーディネート。その定番スタイルのボトムスをショート丈にアレンジしたようなイメージの着こなしです。シンプルに着こなしつつ、ホワイトのローカットスニーカーを合わせてクリーンな品格も付加しています。

コーデ4

ギンガムチェックのシャツを用いた軽妙なアメトラスタイル

ギンガムチェックのシャツを用いた軽妙なアメトラスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アメトラスタイルの定番、ギンガムチェックのシャツをセレクト。ダークなショートパンツを選ぶことで、大人っぽい落ち着きを感じさせるコーディネートに仕上げています。スポーツサンダルとトートバッグをホワイトで統一し、清潔感のあるアクセントとして効かせた小技も巧妙!

▼テクニック3:ソックスを合わせて足元からトラッドな品格を醸成

ショートパンツのカジュアル感を緩和するテクニックとして、ソックスを活用する手もあります。デニム地のショートパンツにマッチするのは白いソックス。足元でトラッドな品格が確保できれば、コーディネート全体がおのずと大人っぽくまとまります。合わせるシューズは、サンダルではなく革靴やレザースニーカーがバランスGOOD。

コーデ5

モカシンシューズ×ソックスでトラッドな足元を形成

モカシンシューズ×ソックスでトラッドな足元を形成

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白いソックスにモカシンシューズやデッキシューズを合わせると、トラッドなニュアンスが生まれます。そんな上品な足元ならデニムショートパンツとも相性が抜群。トラッドなムードにリンクするポロシャツを選んでいますが、ビッグシルエットやボーダー柄で今っぽいリラックス感を演出しているのもポイント。

コーデ6

ジャケット×ソックスで上品なスニーカースタイルに

ジャケット×ソックスで上品なスニーカースタイルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニムショートパンツにスニーカーを合わせたコーディネートはカジュアルになりがちですが、ソックスを挟むことでトラッドなムードを注入。さらに、ブラックのテーラードジャケットを合わせてドレスな落ち着きも与えています。キャップとスニーカーをグレーでリンクさせ、モダンなアクセントを加味しているのもおしゃれ。

▼テクニック4:デニムのセットアップスタイルで個性を増幅

ショートパンツも他のパンツと同じく、セットアップで着こなすとスタイリッシュ。さらに、デニム生地の個性を強調することにもつながります。トップスはややルーズなシルエットが今どき。ラフになり過ぎないよう、ショートパンツは適度にスリムなタイプにするのがおすすめです。少し例外的ですが、シルエットでメリハリをつけながら大人っぽくまとめましょう!

コーデ7

ダークなセットアップで都会的にまとめた着こなし

ダークなセットアップで都会的にまとめた着こなし

WEAR

WEAR

お気に入り追加

インディゴブルーのデニム地を使ったショートパンツ&シャツジャケットのセットアップを着用。ダークな色味がシックな雰囲気を放っています。その一方で、生地にデニムならではの表情があってこなれたムードも漂っています。Tシャツとスニーカーをブラックで揃え、さらにクールに引き締めているのも有効なテクニックです。

コーデ8

男前なデニムセットアップにインナーで抜け感を加味

男前なデニムセットアップにインナーで抜け感を加味

WEAR

WEAR

お気に入り追加

程良いヴィンテージ加工が施された、『ジースターロゥ』のデニムジャケット&ショーツで男らしさを主張。その一方、インナーには鮮やかな色味のカットソーを取り入れ、ワイルドなデニムセットアップにほんのりとリラックスムードを加えています。この絶妙なテイストMIXはぜひ参考にしたいところ。

▼テクニック5:Tシャツを合わせるなら黒を選んで大人な落ち着きを

ジーンズ×Tシャツは夏のコーディネートの王道。それはデニムショートパンツも一緒です。白いTシャツで軽快に仕上がるのが定番ですが、大人っぽく仕上げるなら黒いTシャツがおすすめ。パンツもTシャツもシンプルなタイプを選び、小物で個性を加えるとバランス良くまとまります。

コーデ9

スト系の着こなしだって黒Tメインなら大人顔!

スト系の着こなしだって黒Tメインなら大人顔!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

'90sストリートテイストを思わせる着こなしですが、ミニマルな黒Tをメインに据えることにより大人感にも隙なくアプローチ。軽快さもスマートさも欲張った、理想的なコーディネートに仕上がっています。ハット&スニーカーをベージュ系カラーでさりげなく同調させれば、こなれ感はさらにアップ。

コーデ10

カラーをダークトーンで揃えてシックに仕上げた好例

カラーをダークトーンで揃えてシックに仕上げた好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダークなインディゴブルーのショートパンツを選びつつ、黒いTシャツを合わせることで落ち着いたコーディネートのベースを確立。デニム地のハットを合わることでショートパンツとの統一感を生み出し、こなれた大人のカジュアルスタイルを築いています。白いサンダルで軽やかな抜け感をプラスしているのもポイント。

今ならココからどうぞ。大人におすすめのデニムショートパンツ10選

コーディネートのイメージトレーニングが終わったら、デニム地のショートパンツをワードローブに加えましょう。大人がはきこなしやすい逸品ばかりを選りすぐってご紹介します。どれを選んでも大活躍間違いなし!

アイテム1

『ビームス』ワイドショーツ

『ビームス』ワイドショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージデニムの中で唯一ショーツとして販売された、1960年代の「550Z XX」をモチーフとした1本。当時のディテールを採用しつつ、シルエットは今どきなワイドシルエットへとモディファイしています。なお、素材は1947年製の「501XX」をサンプリング。紡績の際にあえて綿花の葉っぱのカスなどをブレンドして、古き良きデニム生地の粗野感を再現しています。

アイテム2

『ユナイテッドアローズ』ハイツイスト デニム ショートパンツ

『ユナイテッドアローズ』ハイツイスト デニム ショートパンツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

シャリッと軽やかな風合いが心地良い、コットン×ポリエステルの混紡デニム生地。バイオブリーチ加工でフィニッシュし、最初から履き慣れたような色合いを描き出しているのもポイントです。ゆったりフォルム×ショート丈という、トレンドを押さえたシルエットも『ユナイテッドアローズ』ならでは!

アイテム3

『ザ トゥエンティーセブン』デニム&ヒッコリー イージーショーツ

『ザ トゥエンティーセブン』デニム&ヒッコリー イージーショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

軽やかな着用感のデニムショートパンツは、ライトオンスのデニム生地を使用。ブリーチで明るく仕上げられたライトブルーが見た目の軽快感も演出しています。カラバリとしてワンウォッシュのインディゴブルーもラインアップ。いずれもフラットな色落ち具合が上品で、エレガントなシャツやテーラードジャケットとも好相性です。

アイテム4

『ザ・ノース・フェイス』バーサタイル ナイロンデニムショーツ

『ザ・ノース・フェイス』バーサタイル ナイロンデニムショーツ

LEA+RARE

LEA+RARE

お気に入り追加

ブランドを代表する定番アイテム「バーサタイルショーツ」を、表情豊かなナイロンデニム素材でアップデート。インディゴロープ染色により糸の中心部が白く残っているので、ナイロン製とはいえちゃんと色落ちも楽しめます。また、一般的なコットンデニムと比較して耐久性が高いのも長所。コンパクトに折りたためるので、外遊びの盟友としても◎です。

アイテム5

『レッドカード』 ストレッチデニムショーツ

『レッドカード』 ストレッチデニムショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

美しいシルエットで人気のジーンズブランド『レッドカード』のショートパンツです。セレクトショップ『エストネーション』による別注アイテムで、ストレッチの効いた生地を採用。イージーパンツ仕様で心地良い着用感に仕上げています。加工感が絶妙で、エレガントなコーディネートの着崩しにも最適。

レッドカードのジーンズは、なぜおしゃれな大人に愛されるのか? その定番と別注モデルを網羅

ウェア・コーデ

レッドカードのジーンズは、なぜおしゃれな大人に愛されるのか? その定番と別注モデルを網羅

ジーンズにこだわる大人が支持するブランドの1つに、『レッドカード』があります。その理由とともに、押さえておくべき逸品と着こなしのサンプルを解説しましょう。

平 格彦

2022.05.11

アイテム6

『リーバイス』シルバータブ ルーズフィット ショートパンツ

『リーバイス』シルバータブ ルーズフィット ショートパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2018年以来の復刻となる『リーバイス』の「シルバータブ」ラインより。1990年代を彷彿とさせる、オーバーサイズなシルエットが同ラインの持ち味です。この1本は、ストーンウォッシュ加工による適度なフェード感が印象的。短すぎないひざ丈仕様につき、短丈に抵抗があるショーツビギナーにもおすすめです。

アイテム7

『ノーティカ』5ポケットデニムショーツ

『ノーティカ』5ポケットデニムショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

14.5オンスを誇る、ガシッと肉厚なコットンデニムを素材にピックアップ。それゆえに耐久性は折り紙付きで、ガシガシはいてもへこたれません。また、ベルトレスで着用できるよう、ウエスト裏にはスピンドルをあしらっています。左裾には「ナイジェルグラフ」による書き下ろしロゴ刺繍が配置され、ちょっとしたアクセントに。

アイテム8

『ウィゴー』カットデニムラインショーツ

『ウィゴー』カットデニムラインショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

両サイドに2本のラインをレイアウトしたスポーティな個性派。微かにヒゲやアタリがある加工具合で味があり、独特なMIX感が新鮮です。ウエストにゴムとドローコードを採用したイージータイプで、快適なはき心地も確保。シンプルなアイテムを合わせ、パンツの魅力を引き立てるのがおすすめです!

アイテム9

『ワイルドシングス』シェルテックブッシュショーツ

『ワイルドシングス』シェルテックブッシュショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

昨今話題の機能素材・シェルテックを使用したデニムショーツ。遮熱・接触冷感・吸水速乾・軽量・紫外線防止と5つものファンクションを備えており、あらゆるオケージョンで快適性を約束してくれます。前身頃に大型のフラップポケットが付くため、収納性も申し分なし。カラバリでは濃紺のワンウォッシュモデルを用意します。

アイテム10

『ニューバランス』メット24 デニムショーツ

『ニューバランス』メット24 デニムショーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

都市生活者に24時間寄り添うアパレルコレクションとして展開されている「メット24」よりリリースの逸品。最大の特徴は、ポリエステル×ポリウレタンの“合繊100%”によるデニムファブリックです。約2年の歳月をかけて作り上げられたこの生地は色落ちしないという特性があり、美しいインディゴブルーをずっと楽しむことができます。その上、軽量性・伸縮性・撥水性といった機能性も兼備し、コンフォートな日常をアシスト。

大人がはくべきデニムブランド42選。長く付き合える理想のジーンズに出会う

ウェア・コーデ

大人がはくべきデニムブランド42選。長く付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うデニムブランドをしっかり押さえておきましょう。

那珂川廣太

2022.03.11

ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき20ブランド

ウェア・コーデ

ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき20ブランド

夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

TASCLAP編集部

2022.06.29

大人のショートパンツ攻略法。おしゃれな18コーデから着こなしテクを探る

ウェア・コーデ

大人のショートパンツ攻略法。おしゃれな18コーデから着こなしテクを探る

サマーシーズンに出番が増えるショートパンツを、大人はどう着こなせばいいのか。ベストな丈感から着こなし方、さらにはコーデ術まで、さまざまな視点からナビゲート!

近間 恭子

2022.07.07

ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

ウェア・コーデ

ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

今や大人カジュアルの必需品、ハーフパンツ。今夏も大活躍してくれること間違いなしです。定番とはひと味違う、こだわり満載の別注アイテムも続々登場しています!

TASCLAP編集部

2019.07.31

人気のスウェットハーフパンツ。狙うべき15ブランドと大人っぽく着こなすコツ

ウェア・コーデ

人気のスウェットハーフパンツ。狙うべき15ブランドと大人っぽく着こなすコツ

夏の休日コーデには、快適なはき心地や動きやすさを備えたスウェットハーフパンツがおすすめ。今狙うべきブランドから大人っぽく着こなすコツまでをご紹介します。

近間 恭子

2022.08.03

カーゴショーツの収納力に頼りたい。ミリタリー感がそそるおすすめ15本

ウェア・コーデ

カーゴショーツの収納力に頼りたい。ミリタリー感がそそるおすすめ15本

夏の休日コーデは、Tシャツにショートパンツといった軽装が基本。そこで困るのが手回り品の収納場所ですよね? そんなとき役に立つのが収納力抜群のカーゴショーツです!

那珂川廣太

2021.09.09

この記事の掲載アイテム一覧(全10商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ビームス』ワイドショーツ
    『ビームス』 ワイドショーツ
  • 『ユナイテッドアローズ』ハイツイスト デニム ショートパンツ
    『ユナイテッドアローズ』 ハイツイスト デニム ショートパンツ
  • 『ザ トゥエンティーセブン』デニム&ヒッコリー イージーショーツ
    『ザ トゥエンティーセブン』 デニム&ヒッコリー イージーショーツ
  • 『ザ・ノース・フェイス』バーサタイル ナイロンデニムショーツ
    『ザ・ノース・フェイス』 バーサタイル ナイロンデニムショーツ
  • 『レッドカード』ストレッチデニムショーツ
    『レッドカード』 ストレッチデニムショーツ
  • 『リーバイス』シルバータブ ルーズフィット ショートパンツ
    『リーバイス』 シルバータブ ルーズフィット ショートパンツ
  • 『ノーティカ』5ポケットデニムショーツ
    『ノーティカ』 5ポケットデニムショーツ
  • 『ウィゴー』カットデニムラインショーツ
    『ウィゴー』 カットデニムラインショーツ
  • 『ワイルドシングス』シェルテックブッシュショーツ
    『ワイルドシングス』 シェルテックブッシュショーツ
  • 『ニューバランス』メット24 デニムショーツ
    『ニューバランス』 メット24 デニムショーツ

掲載アイテムをもっと見る(-2商品)

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP