スエードローファーを取り入れるべきメリットとおすすめ8選

今や大人の足元には欠かせないアイテムとなっているローファー。なかでも支持を集めているのが、表情豊かな質感のスエード素材です。その理由を詳しく解説します!

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2020.09.24

スエードとは? まずは革の違いを再確認

スエードとは? まずは革の違いを再確認

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そもそもスエードは、子羊や子牛などの革の裏面をサンドペーパーなどで毛羽立てたレザーのこと。フラットな表面感の表革に対し、起毛感のあるスエードは表情豊かで温かみのある質感が特徴です。

ちなみに、似たような質感にヌバック・ベロア・バックスキンなどがありますが、スエードとは明確に異なりますので、その違いもご紹介します。

▼ヌバック

▼ヌバック

mischief

mischief

お気に入り追加

ヌバックは革の表面を起毛させたもので、スエードに比べると毛足が非常に短く質感はなめらか。

▼ベロア

▼ベロア

mischief

mischief

お気に入り追加

ベロアはスエードと同じ製法で作られているものの、スエードよりも毛足が長いものを指します。起毛の質感が粗くカジュアルな風合いが特徴です。

▼バックスキン

▼バックスキン

セレクトショップ -閃き-

セレクトショップ -閃き-

お気に入り追加

バックスキンは、起毛している革を総称して使われることもありますが、正しくはオスの鹿革のことを指します。

スエードローファーを選ぶ3つのメリット

数ある素材の中でも、なぜスエードローファーが大人におすすめなのか。与える印象からスエードのもつ機能など、ここではその理由を詳しく解説します。

メリット1

足当たりがソフトで履き心地に優れる

足当たりがソフトで履き心地に優れる

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

見た目同様に柔軟性があり、履き始めから足当たりが良いのがスエードの特徴。これは筆者がスエードシューズを履いていて感じることですが、表革に比べると靴ズレもしにくいと思います。表革のローファーは靴ズレするから苦手という人もチャレンジしやすいはずです。

メリット2

着こなしに抜け感やこなれ感を演出できる

着こなしに抜け感やこなれ感を演出できる

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スエードローファーの魅力は、ローファーならではのラフさとスエードならではのこなれ感や抜け感が両得できることにあります。どちらかというとカジュアル向きのアイテムですが、革靴特有の上品さも持ち合わせているのでビジカジスタイルのハズしとしても活躍。また、タッセルローファーは足元に動きを、ビットローファーはエレガントなアクセントになってくれるので、ペニーローファーとともにおすすめです。

メリット3

シーズンレスで活躍する

シーズンレスで活躍する

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スエードローファーは起毛感があるからか、秋冬用の靴のイメージが強いかもしれません。でも、海外の洒落者たちは春夏にもスエードローファーを取り入れていることからわかるように、季節を問わずに重宝するアイテムなんですよ。また起毛感のおかげで雨粒が染み込みにくく、雨に強いというのも忘れてならないメリットです。

スエードローファーを選ぶポイントは?

とはいえスエードローファーならなんでも良いわけではありません。失敗しないためにアイテム選びのポイントを押さえておきたいところです。ここではどんな色やソールの素材を選べば良いかをご紹介します。

ポイント1

黒や茶などのダークカラーが着こなしを選ばず使える

黒や茶などのダークカラーが着こなしを選ばず使える

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スエードローファーは黒や茶のダークカラーをセレクトするのがベスト。というのも、最近はオン・オフ問わず、パンツとシューズにカラーコントラストをもたせないコーディネートが主流になっています。特にこれからの季節はダークトーンのボトムスの出番が多くなりますよね。ゆえに今購入してすぐ活躍させるなら、ダークカラーのスエードローファーがおすすめなのです。

ポイント2

ソールは雨に強くて履き心地抜群のラバー製を

ソールは雨に強くて履き心地抜群のラバー製を

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スエードは雨に強い素材ですが、ソールがレザー製では雨の日には不向き。なので、全天候でスエードローファーを活躍させるなら、ソールはラバー製のものを選ぶようにしましょう。スエードならではの柔らかな質感も相まって、抜群の履き心地も味わえますよ。

大人の装いと好相性。スエードローファーのおすすめ8選

スエードローファーがいかに大人におすすめかがわかったところで、今度はおすすめアイテムをピックアップ。どれも上記でご紹介したモノ選びのポイントを押さえたものばかりなので、即戦力として重宝するはずです。

アイテム1

『サンダース』×『アーバンリサーチ ドアーズ』ローファー

『サンダース』×『アーバンリサーチ ドアーズ』ローファー

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

1873年に英国高級靴の聖地であるノーサンプトンで設立した『サンダース』。『アーバンリサーチ ドアーズ』の別注品は、マッドガード仕様に変更されているのが特徴。クレープソールのテープをアウトソールに包み込むように巻きつけた独特な製法で、泥汚れに強いので天候を気にせず履くことができます。

実力派英国靴サンダース。その魅力と、知っておきたいおすすめ13足

スニーカー・シューズ

実力派英国靴サンダース。その魅力と、知っておきたいおすすめ13足

『サンダース』は、品質と価格帯の良好なバランスに厚い支持を得ている英国生まれの革靴ブランド。その魅力をチェックしつつ、大人の足元に似合う似合う10足を紹介する。

牟田神 佑介

2019.10.03

アイテム2

『ジーエイチバス』×『シップス』ローガン

『ジーエイチバス』×『シップス』ローガン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ジーエイチバス』は1876年にアメリカで創業し、世界で初めてローファーを作った会社としても知られています。そんな老舗シューズブランドに『シップス』が別注したのは名品「ローガン」。ラバーソールをブラックに変更することで、よりオンスタイルに対応しやすいシックな雰囲気を演出しています。

これぞ名作!ローファーの元祖ジーエイチバス

スニーカー・シューズ

これぞ名作!ローファーの元祖ジーエイチバス

ジーンズにもジャケパンにもマッチする高い汎用性が魅力のローファー。そのオリジンとして名高い米国老舗ブランド『ジーエイチバス』の人気モデルと履き方を紹介します。

岡田 太

2019.09.17

アイテム3

『バーウィック』タッセルローファー

『バーウィック』タッセルローファー

CRISPIN(クリスピン)

CRISPIN(クリスピン)

お気に入り追加

正統派の靴作りに定評がある、1707年にスペインで創業した『バーウィック』。こちらのスエードローファーは、丸みがありながらもスマートな印象のフォルムがポイントです。ネイビーカラーにタッセルをあしらった抜け感のあるデザインで、カジュアルはもちろんビジカジスタイルにも重宝しますよ。

コスパの高い本格靴。バーウィックって知ってる?

スニーカー・シューズ

コスパの高い本格靴。バーウィックって知ってる?

品質・デザインともに優れたドレスシューズをリーズナブルな価格で提供している『バーウィック』。その歴史や特徴、おすすめモデルまで迫ります。

近間 恭子

2019.09.12

アイテム4

『パラブーツ』ダックス

『パラブーツ』ダックス

CRISPIN(クリスピン)

CRISPIN(クリスピン)

お気に入り追加

フランス生まれの『パラブーツ』のローファーといえば「ランス」ですが、スエード製なら「ダックス」がおすすめ。お馴染みのノルウェイジャン製法ではなくグッドイヤーウェルト製法が採用され、ソールはこのモデルのために開発されたギャラクシー。ラバーソールながらもボリュームは控えめなので、ドレッシーな見た目を損なうことなく快適な履き心地を提供します。

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

スニーカー・シューズ

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

誰もが知る名門シューズブランドであると同時に、勢いに乗った人気ブランドでもある『パラブーツ』。流行とは関係なくずっと愛用していける名作&人気モデルをご紹介。

山崎 サトシ

2019.09.27

アイテム5

『ローク』lakec819

『ローク』lakec819

CLOZEST モッズメンズレディース

CLOZEST モッズメンズレディース

お気に入り追加

1880年にノーサンプトンで創業し、堅牢なグッドイヤーウェルト製法にこだわっている『ローク』。モッズが愛したタッセルローファーも人気で、今回は足元に絶大な存在感を放つキルトタッセルタイプをセレクト。履き心地の良さを追求するため、英国の熟練職人の丁寧なハンドメイドで仕上げられています。

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

スニーカー・シューズ

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

軽快な足元を演出し、着こなしを格上げしてくれると注目度の高いタッセルローファー。カジュアルだけでなくビジネスシーンにも取り入れられるそれは1足あると重宝する。

小林 大甫

2019.04.22

アイテム6

『クロケット&ジョーンズ』×『ユナイテッドアローズ』ボストン2 スエード

『クロケット&ジョーンズ』×『ユナイテッドアローズ』ボストン2 スエード

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イギリスの靴の聖地と呼ばれるノーサンプトンで誕生した『クロケット&ジョーンズ』。『ユナイテッドアローズ』別注のこちらは、ブランド定番のペニーローファー「ボストン」をスエードにアレンジしたもの。また、ラストについても日本人向けに改良されており、ヒールやウエストラインを狭めることでフィット感を向上させています。

アイテム7

『カミナンド』モンターニャビットローファー

『カミナンド』モンターニャビットローファー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

メキシコの伝統的なシューメイキングとハンドクラフトに惚れ込み、メキシコメイドのシューズを発信している日本発のシューズブランド。こちらのビットローファーはボリューム感満点ですが、白のラバーソールを採用することで軽快な足元を構築できます。しかも厚底なのでスタイルアップ効果も狙えますよ。

コーデに“華”を与える!ビットローファーをおさらい

スニーカー・シューズ

コーデに“華”を与える!ビットローファーをおさらい

ビットローファーは甲部分に馬具を模した装飾が施されたデザインが特徴。どんな長所があり、いかにコーデに組み込むかというノウハウからおすすめの1足までを解説する。

TASCLAP編集部

2020.07.10

アイテム8

『マネブ』ボボ

『マネブ』ボボ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

遊びと仕事の垣根を持たず、クリエイティブに活躍する30代に向けた日本発のシューズブランド。定番モデルの「ボボ」は、ペニーローファーのアッパーに対し、ソールはスニーカーソールを採用しているのが特徴です。クラシカルな見た目とは裏腹の快適な履き心地を味わえる1足。

最後に押さえておきたい。スエードローファーのお手入れ方法

スエードは意外と手入れが簡単。表革に比べて雨ジミになりにくく、起毛しているゆえに防水性にも優れています。さらにたいていのスエードシューズは、履き始めから防水加工が施されているのもうれしいポイント。

▼スエードローファーの日頃のお手入れ

▼スエードローファーの日頃のお手入れ

SAPHIR online shop PrimeAvenue

SAPHIR online shop PrimeAvenue

お気に入り追加

いくら雨に強い素材だからといって、ノーケアで良いわけではありません。日頃から手入れを心掛けましょう。まずは、生ゴムのブラシでブラッシングし、泥やホコリを払い落としながら毛並みを整えます。次に栄養・防水効果のあるスエード専用スプレーを全体に吹きかけます。適度な油分を与えることで、質感のキープや経年変化による色褪せ防止の効果があります。もしも色が褪せてしまった場合は、スエードと同色のスプレーで補色するようにしましょう。

▼雨でひどく濡れてしまった場合の対処法

▼雨でひどく濡れてしまった場合の対処法

YRMS WORKS

YRMS WORKS

お気に入り追加

まずは形が崩れないよう新聞紙などを丸めて入れ、風通しの良い場所で陰干ししましょう。シューキーパーを入れる場合は、スエード表面の水分がある程度飛んだ生乾きの段階で入れるのがベスト。完全に乾いたら、上記の工程でケアをすればOKです。

▼汚れてしまった場合の対処法

▼汚れてしまった場合の対処法

オレンジヒール

オレンジヒール

お気に入り追加

スエードシューズはローファーも含めてたいてい防水スプレーが施されているので、ほとんどは部分的な汚れにとどまります。その部分的な汚れは消しゴムタイプのスエードクリーナーを使うと、簡単に落とすことができますよ。最後に全体をブラッシングすることも忘れずに。

スエード靴は正しい手入れで長く履こう。今、大人におすすめの厳選10足

スニーカー・シューズ

スエード靴は正しい手入れで長く履こう。今、大人におすすめの厳選10足

大人っぽい足元を演出してくれるスエード靴。手入れが難しい素材だと思われがちですが、正しくメンテナンスしてあげれば、一生モノとして長く愛用できます。

髙須賀 哲

2020.04.07

ローファーのコーデに悩んだら。基礎から押さえる装いのノウハウ

スニーカー・シューズ

ローファーのコーデに悩んだら。基礎から押さえる装いのノウハウ

誰もがよく知るローファー。万能靴ともいわれるが、それを取り入れたコーディネートの基本とはいかなるものか。応用力を養うためにも基礎をイチから学んでおこう。

菊地 亮

2020.04.22

スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

スニーカー・シューズ

スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

近間 恭子

2020.07.15

スエードジャケットが描く大人らしさ。その長所を知って、長く付き合う

ウェア・コーデ

スエードジャケットが描く大人らしさ。その長所を知って、長く付き合う

ギラつきが出る懸念のある表革と異なり、肩の力を抜いて着られるのがスエードジャケット。品の良さを備えているため、大人のレザーアウターの本命候補といえそうです。

遠藤 匠

2020.10.19

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND