名門チューダーが誇るフラッグシップ、ブラックベイの現在

名門チューダーが誇るフラッグシップ、ブラックベイの現在

“ロレックスの弟分”なんて捉え方はもはや古い。デザイン面、技術面でも独自の道を突き進む『チューダー』。「ブラックベイ」はブランドの現在を映し出す旗艦モデルです。

押条 良太

押条 良太

SHARE
記事をお気に入り
2021.08.10

人気急上昇中の『チューダー』。立て役者の名は「ブラックベイ」

人気急上昇中の『チューダー』。立て役者の名は「ブラックベイ」

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

「今後プレミア化が加速しそうな時計ブランド」を予想したとき、大本命の一角に挙げられるのが『チューダー』です。2018年に日本での正式な展開がスタートして以降、人気はうなぎ上りで完売モデルが続出しています。そんな『チューダー』のルーツは1926年に設立された『ロレックス』のデュフュージョンブランドで、名称とバラのロゴはエリザベス女王を輩出した英国の名家に由来します。『ロレックス』の技術やパーツを使用しながらも、手の届きやすい価格を実現したブランドは英国を中心に知名度を上げ、結果的に『ロレックス』のステータスを高めることにもつながりました。

人気急上昇中の『チューダー』。立て役者の名は「ブラックベイ」 2枚目の画像

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

以前は“ロレックスの弟分”というイメージの強かった『チューダー』ですが、近年はデザイン面、技術面においても独自の路線を歩んでいます。2012年に登場した「ヘリテージ ブラックベイ」こと「ブラックベイ」は、そんな新生『チューダー』のシンボル。往年の『ロレックス』の「サブマリーナ」をベースにしながらも、ブランド独自のパーツの数々を搭載した初代モデルは大ヒットを記録しました。以降、自社製ムーブメント搭載モデル、ブロンズ、オールブラックなど、新作が登場するたびに話題をさらう人気モデルへと急成長! 入手がさらに困難になる前に、コレクションにぜひ1本加えておきたいものです。

チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

腕時計・ウォッチ

チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

2018年の時計界のビッグサプライズといえば、『チューダー』の日本正規展開である。長年に渡るユーザーの期待に応えるコレクション。改めて、その魅力を解き明かす。

ワダ ソウシ

2020.07.01

単なる復刻にあらず。至高のダイバーズに昇華された「ブラックベイ」

単なる復刻にあらず。至高のダイバーズに昇華された「ブラックベイ」

GMT

GMT

お気に入り追加

2012年に登場した「ブラックベイ」は『チューダー』というブランドの“現在”を体現するフラッグシップモデルです。その初代に当たる「Ref.79220」は『ロレックス』が擁する1970年代の「サブマリーナ」をベースにしたダイバーズウォッチ。鮮やかなレッドベゼルや“イカ針”と呼ばれるスノーフレーク針も注目されましたが、とりわけ時計ファンの目を釘付けにしたのがダイヤルに配されたバラのモチーフ。これは1969年以前のアンティークモデルに見られたもので、以降は盾のモチーフが使われるようになりました。このチューダー・ローズの復活に興奮を覚えた時計ファンは少なくないでしょう。

単なる復刻にあらず。至高のダイバーズに昇華された「ブラックベイ」 2枚目の画像

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

ちなみに、そんな「ブラックベイ」と同じ年にリリースされ、面影も似ている「ぺラゴス」というモデルもあります。世界各国の海軍に時計を供給してきた『チューダー』の歴史を受け継ぐモデルはチタン製のケース・ベゼル・ベルトを持つブランド独自のダイバーズウォッチ。水圧に応じた自動調整機能を持つブレスレットなど潜水時計としての機能性が追求された仕様が自慢です。『チューダー』らしい正統デザインが好みなら「ブラックベイ」、ダイバーズウォッチとしての機能性を重視するなら「ぺラゴス」、という選び方もありでしょう。

ダイバーズウォッチの最高峰。ロレックスのサブマリーナについて知っておくこと

腕時計・ウォッチ

ダイバーズウォッチの最高峰。ロレックスのサブマリーナについて知っておくこと

長らくトレンドとなっているスポーツウォッチ。なかでも『ロレックス』の「サブマリーナ」は誰もが憧れる存在です。なぜそこまでの人気を誇るのか、魅力を深掘りします。

石井 良

2020.09.06

多彩な顔ぶれ。「ブラックベイ」のラインアップを知っておく

デビュー後、わずか9年ながら、ニューモデルが続々とリリースされている「ブラックベイ(ヘリテージ ブラックベイ)」。GMTやクロノグラフ、ユニセックス使いが可能な32mmなど時計ファンの幅広い嗜好に応える多彩なバリエーションが揃います。「ヘリテージ ブラックベイ フィフティ-エイト」を筆頭に、プレミア化が進むモデルがどんどん増えているため、お目当ての1本を見つけたら、できるだけ早い入手が賢明です。

1本目

ヘリテージ ブラックベイ Ref.79230R

ヘリテージ ブラックベイ Ref.79230R

ブランドウォッチ ジュビリー

ブランドウォッチ ジュビリー

お気に入り追加

2012年にデビューした「ブラックベイ」の初代モデル「Ref.79220」、その進化バージョンの中でも特に希少性の高いモデルです。トレードマークでもあるレッドの逆回転防止ベゼルに加え、ゴールドカラー×ブラックがコンビ使いされたダイヤルがヴィンテージの趣を醸成。搭載ムーブメントは独自開発のMT 5602。70時間のパワーリザーブを持つCOSCクロノメーター認定のハイスペックムーブメントです。SS(ステンレススチール)ケース、サイズ41mm、自動巻き。

2本目

ヘリテージ ブラックベイ ダーク Ref.79230DK

ヘリテージ ブラックベイ ダーク Ref.79230DK

ブランドウォッチ ジュビリー

ブランドウォッチ ジュビリー

お気に入り追加

看板モデルの「Ref.79230」をクールにアレンジ。ブラックPVDコーティングが施されたケース&ブレスレットをはじめ、トップがレッドに彩られたマットブラック仕上げの逆回転防止ベゼル、マット仕上げのブラックダイヤルが相まって精悍なイメージを強めています。ニュージーランドのラグビー強豪チーム「オールブラックス」が着用するモデルとしても有名ですね。自社製ムーブメントのMT5602搭載。SSケース、サイズ41mm、自動巻き。

3本目

ヘリテージ ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ Ref.79012M-0001

ヘリテージ ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ Ref.79012M-0001

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

「ブラックベイ」の中でも随一の人気を誇るモデル「フィフティ-エイト」。1950年代に流行した39mmケースをはじめ、1958年に登場した通称「ビッグ・クラウン」こと「Ref.7924」の美点を随所に受け継ぐ1 本です。今年リリースされたブロンズバージョンには、かつて海軍の艦船の耐食しやすい部分に用いられたブロンズ×アルミニウムの合金を使用。味わい深い色味や経年変化も見どころです。ブロンズケース、サイズ39mm、自動巻き。

4本目

ヘリテージ ブラックベイ フィフティ-エイト 925 Ref.M79010 SG-0001

ヘリテージ ブラックベイ フィフティ-エイト 925 Ref.M79010 SG-0001

れんず 楽天市場店

れんず 楽天市場店

お気に入り追加

ブランド初となるシルバーケースが採用された「フィフティ-エイト」の素材バリエーション。使用されているシルバー925は経年変化が起こりにくい素材で、SSとはひと味違う高級感のある風合いが持ち味です。さらに文字盤やベゼルに採用されたトープと呼ばれるやさしいグレーカラーと相まってエレガントなムードを演出。ケースバックはムーブメントを鑑賞できるシースルー仕様になっています。シルバーケース、サイズ39mm、自動巻き。

5本目

ヘリテージ ブラックベイ クロノ Ref.79360N

ヘリテージ ブラックベイ クロノ Ref.79360N

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

『チューダー』初のクロノグラフ誕生から今年で50周年。節目の年にリリースされたクロノグラフは“イカ針”と呼ばれるスノーフレーク針や横並びの2つ目のインダイヤル、6時位置の日付機能という同ブランドの伝統に則ったデザイン。マットブラックと白のインダイヤルが織りなすコントラストが生む高い視認性も特長です。70時間のパワーリザーブなど実用性に定評のある自社製ムーブメント、MT5813を搭載。SSケース、サイズ41mm、自動巻き。

6本目

ヘリテージ ブラックベイ GMT Ref.79830RB

ヘリテージ ブラックベイ GMT Ref.79830RB

スイスウォッチ 楽天市場店

スイスウォッチ 楽天市場店

お気に入り追加

2018年の登場直後から入手困難な状況が続く「ブラックベイ」の人気モデルには、ローカルタイムと2つのタイムゾーンの時刻を知ることができるGMT機能を搭載。トップにバラのモチーフが刻まれたリューズをはじめ、ネイビー×レッドのアルミニウム製ベゼル、1950~60年代に見られたリベットブレスがレトロなムードを演出します。ムーブメントは70時間のパワーリザーブを誇る自社製のMT5652。SSケース、サイズ41mm、自動巻き。

7本目

チューダー ブラックベイ 41 Ref.79730

チューダー ブラックベイ 41 Ref.79730

GINZA RASIN 楽天市場店

GINZA RASIN 楽天市場店

お気に入り追加

「ブラックベイ」のファーストモデルである「Ref.79220」をモデルチェンジした1 本がこちら。ダイヤルの盾ロゴをはじめ、バラの刻印が施された大ぶりなリューズトップ、3時位置のカレンダー、ステンレス製ベゼル、赤色の防水性能表記などが主なアップデートポイントです。また、ブレスレットもヴィンテージなテイストを醸し出すリベット仕様にチェンジされています。自社製ムーブメントのMT5612を搭載。SSケース、サイズ41mm、自動巻き。

8本目

ヘリテージ ブラックベイ P01 Ref.70150

ヘリテージ ブラックベイ P01 Ref.70150

スイスウォッチ 楽天市場店

スイスウォッチ 楽天市場店

お気に入り追加

1950年代から米国海軍にダイバーズウォッチを納入していた歴史を持つ『チューダー』。「PT01」は、60年代後半に開発された軍用のプロトモデルにインスパイアされたツウ好みなモデルです。大きめの42mmケースや12時間表記ベゼル、4時位置のリューズ、ラグとベゼルロックが一体化したストラップなど数々の特徴的なディテールを搭載。ラフなカジュアルスタイルにもマッチする質感のレザーベルトを装備。SSケース、サイズ42mm、自動巻き。

9本目

ヘリテージ ブラックベイ 32 Ref.79580

ヘリテージ ブラックベイ 32 Ref.79580

ジャックロード 【腕時計専門店】

ジャックロード 【腕時計専門店】

お気に入り追加

レディース仕様にサイズダウンされた32mmケースと回転式ベゼルが省略されたシンプルなデザインがキモ。ポリッシュ&サテン仕上げが施されたスチールケースやツヤのある黒ダイヤルも手伝って、フォーマルなスーツスタイルにもしっくりくる顔つきに。また、サファイアクリスタル風防はドーム型が主流の「ブラックベイ」では珍しいフラット型の風防を採用。モダンなイメージ演出に一役買っています。SSケース、サイズ32mm、自動巻き。

10本目

ヘリテージ ブラックベイ 36 S&G Ref.79503

ヘリテージ ブラックベイ 36 S&G Ref.79503

GMT

GMT

お気に入り追加

モデル名の“S&G”の由来でもあるステンレススチール×イエローゴールドのコンビ使いといい、黒ダイヤルに浮かび上がるチューダー・ローズといい、大人の色気が滲み出る人気モデル。回転式ベゼルが省略されたことでエレガントなイメージが強まるとともに、アイコニックなスノーフレーク針やリューズの存在感が強調されています。腕元をすっきり演出する36mmケースもポイントです。SS×イエローゴールドケース、サイズ36mm、自動巻き。

メンズが腕時計を選ぶ5つの基準。機能、ルックス、それともブランド力か

腕時計・ウォッチ

メンズが腕時計を選ぶ5つの基準。機能、ルックス、それともブランド力か

腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

夏目 文寛

2021.08.13

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

腕時計・ウォッチ

高級腕時計ブランド46選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

2021.06.15

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

腕時計・ウォッチ

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

2021.05.24

王者ロレックス。我々を惹きつけてやまない人気モデルを知る

腕時計・ウォッチ

王者ロレックス。我々を惹きつけてやまない人気モデルを知る

『ロレックス』ほど機能と価値を備えるブランドも珍しい。時計界では後発ながら、革新的なアイデアと確かな技術により現在の地位に上り詰めた稀な存在。その魅力に迫る。

ワダ ソウシ

2020.06.10

押条 良太

暮らしを豊かにする、“定番”の魅力を探究

押条 良太
「MEN′S CLUB」編集部を経て独立。「OCEANS」「Begin」、「UOMO」、「LEON」、「GQ」などのメンズ誌やブランドのカタログ、広告を手がける。得意分野はドレスからアメカジ、靴、ウェルネス、美容と幅広い。シングルフィンログをこよなく愛するサーファーでもある。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

小さな違いが生み出す比類なきエレガンス。特別仕様の“GS”が大人の腕元にもたらすもの

腕時計の本質を追い求め、着用者に違いをもたらす稀有なブランド『グランドセイコー』。そのタイムレスな魅力と合わせて、販路を絞った特別なモデルを解説していきます。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

いつもの1足、1着から考えるサステナブル。ヴァンズの試みに、乗っかってみない?

近頃、さまざまなブランドがサステナブルに取り組んでいるが、『ヴァンズ』のそれは一味違う。環境はもちろん、大人のおしゃれにも多くの恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by ヴァンズジャパン

続きを読む

ハイパフォーマンスな“ラグスポ”の大本命! 新作ティソ PRXの実力を徹底検証

2021年初頭、発売と同時に各方面の話題をさらった「ティソ PRX」に、待望の自動巻きモデルが登場です。時計市場にさらなる衝撃をもたらす秋の大本命、その実力とは?

SPONSORED by ティソ

続きを読む

オープンハートから覗く機械式が男心をくすぐる。次なる腕時計はオロビアンコの1本で

ビジネスマンから支持される『オロビアンコ』のベストセラーモデル「オラクラシカ」は、価格以上の高級感と遊び心が魅力。長年売れ続けるには、相応の理由があるんです。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

革靴好きスタイリストが話題の1足を徹底レビュー。GUの本革シューズは買いなのか?

衝撃的な価格設定でファッションシーンの話題をさらっている『GU』の「リアルレザーシューズ」。その真なる実力を、革靴に一家言ある人気スタイリストとともに検証します!

SPONSORED by GU

続きを読む

レトロ顔の新作ソーラー時計に注目。フォッシルの新作は大人の腕元にちょうど良い

日本にインスパイアされた「THE JAPAN COLLECTION」の第2弾「DF-01」。レトロな顔に実用性と素材へのこだわりを込めた、その完成度やいかに?

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事