首周りがさびしい。そんなときはポリスのネックレスに頼ればいい

首周りがさびしい。そんなときはポリスのネックレスに頼ればいい

春夏シーズンを迎えるとスタイルは簡素になりがち。特に首周りにさびしさを感じるなら、ネックレスは必須だろう。そこで今注目の『ポリス』のアイテムにフィーチャーする。

小林 大甫

小林 大甫

SHARE
記事をお気に入り
2021.08.18

サングラスでもお馴染み『ポリス』。実はネックレスをはじめとしたアクセサリーも人気

サングラスでもお馴染み『ポリス』。実はネックレスをはじめとしたアクセサリーも人気

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1983年にイタリア・ミラノで創立した『ポリス』は、個性的でスタイリッシュなアイウェアからその歴史をスタート。瞬く間にランウェイからストリートまでを巻き込み、生活にサングラスが欠かせない海外セレブやスポーツ選手たちがこぞって着用したことによりワールドワイドなブランドとしての地位を確立。日本においてもサングラスを筆頭に、腕時計やジュエリーへとその人気を拡大。そして現在、イタリアンブランドらしい品格とエレガンスさを兼ね備えた独自の世界観が評価されいて、なかでも特にファッションアイテムとしてちょうど良い主張をしてくれるネックレスはおしゃれな大人たちから厚く支持されている。

ハイセンスなデザインが魅力。ポリスのサングラスを夏の相棒に

バッグ・ファッション小物

ハイセンスなデザインが魅力。ポリスのサングラスを夏の相棒に

イタリア発の『ポリス』はアイウェアから始まったブランド。特にサングラスが人気で、セレブやスポーツ選手から支持を得ています。独自の魅力からおすすめ品までご紹介!

平 格彦

2021.08.02

なぜ『ポリス』のネックレスが支持されるのか? その3つの魅力

実物を持っていないとしても名前は聞いたことがあるであろう『ポリス』。同ブランドがイタリアンファッションの中心であり続け、なおかつ日本人からも支持されるのはなぜか、その大きな理由について深掘りしていこう。この魅力がわかれば、おのずと1つは『ポリス』のネックレスを手元に置きたくなるはずだ。

魅力1

シンプルかつクールなデザインが多く、着こなしと合わせやすい

シンプルかつクールなデザインが多く、着こなしと合わせやすい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ファッションの多様化やジェンダーレスの波を受けて、ことアクセサリーにおいてもその垣根はかなり曖昧なものになってきている。例えば、インターネットで“メンズ ネックレス”と検索をかけようものならその種類は多岐にわたり、なかには甘めなテイストのものも多く出てくるだろう。そんな中でも『ポリス』は創業からクールかつスタイリッシュで男性的なモチーフやデザインを追い求めてきているため、男らしいスタイルを好む大人にマッチするというわけだ。

魅力2

好みの1品を見つけやすい豊富なバリエーション

好みの1品を見つけやすい豊富なバリエーション

腕時計本舗

腕時計本舗

お気に入り追加

“シンプルかつクールなデザイン”といえど、その意匠を長年追い続けている『ポリス』だからこそ多数のバリエーションを展開している。メンズネックレスの筆頭モチーフであるドッグタグやクロスをはじめ、プレートタイプやラウンドトップ、はたまたチェーンネックレスまでその守備範囲はとても広い。とはいえ、デザインの多様性があるなかでも『ポリス』らしさはすべてから感じられるため、このブランドから選ぶ意義もしっかりと味わうことができる。

魅力3

高級感がありながら、手頃な価格帯で手が出しやすい

高級感がありながら、手頃な価格帯で手が出しやすい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ポリス』のネックレスはサングラス同様、セレブが着用しても遜色のないエレガントさが追求されている。そのため、その多くがシルバーやゴールドカラーでデザインされており、見た目としての高級感がしっかり担保されているのだ。しかも、それぞれが決して安っぽく見えないうえに、カジュアルに普段使いできるよう最大限コストパフォーマンスを意識された品々として完成されている。価格帯は1万円~2万円ほどと、本格アクセサリーブランドとしては破格のレンジのため、手に取りやすい点は大きな魅力といえるだろう。

洒落者の大人が実践。『ポリス』のネックレスを使ったコーデサンプルをご紹介

ここでは実際に『ポリス』のネックレスを愛用するユーザーをご紹介していこう。今回厳選したのは、それぞれ自分らしいファッションで、素人離れしたスタイリング術を披露している3名。どのように『ポリス』のアイデンティティを自分らしく昇華しているのか、非常に参考になるサンプルとなっている。

コーデ1

デイリースタイルの小気味良いスパイスに

デイリースタイルの小気味良いスパイスに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白Tとブルーシャツのレイヤードにブラックパンツという普遍的でクリーンなスタイリング。上半身の淡いカラーリングだけではどこかぼんやりとしてしまうため、『ポリス』のプレートネックレスでメリハリをオン。ネックレスとニットキャップ、腕時計とシンプルにブラックカラーを使うことで、派手すぎず洒脱に作用させることが可能だ。

コーデ2

モードなテイストに沿う華奢なエレガンス

モードなテイストに沿う華奢なエレガンス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

丸みのあるフォルムとツヤ感のある素材が唯一無二の存在感を放つジャケットを主役に、モノトーンでまとめ上げたモードなコーデ。このような着こなしはかしこまりすぎないよう、白Tとスニーカーでラフさを演出するのが吉。ドレッシーさとカジュアルさを両立させるためにも、バランサーとしてシルバーの繊細なネックレスが生きてくる。この一手があるだけでグッとエレガントさが増幅。

コーデ3

大人リゾートルックの彩りとアクセントに

大人リゾートルックの彩りとアクセントに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックとブルーを織り交ぜた夏らしいショーツスタイルは、カラーリングだけでなく素材感やTシャツのステッチなど目を引くディテールを豊富にちりばめた。そのため、単純なネックレス使いではどうしても他の主張に負けてしまうため、重ね付けすることで首元にもしっかりアイキャッチを設定。品のある『ポリス』のゴールドネックレスが、コーデの良いスパイスとして機能している。

首周りの頼れる存在。『ポリス』のネックレス、今おすすめしたい13アイテム

最後に今マストハブなネックレスカタログを披露。暑い季節はTシャツスタイルが多くなり、それに伴って首元のさびしさを感じることも多くなるはず。それだけに今からでもしっかりとチェックして、シンプルコーデのお供としてぜひご検討を。

アイテム1

トークン

トークン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オクタゴン型のモチーフにブランドイニシャルの“P”を彫り刻んだ定番ネックレス。今作は「ピッコロ コレクション」というモチーフを小さくしたシリーズで、よりシンプルに着けこなすことが可能。彫り込まれた内部はあえて凹凸を残すことで立体感を表現。『ポリス』のアイデンティティを感じたいのであれば、まず選びたい一品だ。

アイテム2

シン

シン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワイルドさとエレガントさを兼ね備える喜平タイプのチェーンネックレスは、1980~90年代ファッションカルチャーへの回帰によって今ふたたび熱を帯びているアイテムだ。この1品は適度なボリューム感と収まりの良い長さに設定されているので、“やんちゃ感”もなく、ワンポイントとして重宝すること請け合い。シンプルな白Tなどに華やかさを追加したいときにぜひ。

アイテム3

ハロウ

ハロウ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドロゴの刻印がデザインされたリングモチーフを、オールゴールドカラーで仕上げた1品。直径3cmほどのトップと、アジャスター込みで70cmという長めのチェーンによりインパクトは絶大だ。ジャケットやシャツの中から覗かせることで、ゴージャスなワンポイントとなること請け合い。イタリアンな色気を漂わせるならこれとないアイテムだ。

アイテム4

ピュアリティ

ピュアリティ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルなプレートタイプのトップに、小さくブランド名が刻印されたスタイリッシュなネックレス。大きすぎず、ハデにならないベーシックなデザインだけに、これからの季節のちょっとしたワンポイントとして起用したい。もちろん、アウターを着ていてもきちんと主張してくれるちょうど良いサイズ感なので、オールシーズンで相棒にしたくなる1品だ。

アイテム5

グリフィノ

グリフィノ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ピック型のトップにイニシャルロゴとブランドロゴを配したクールなデザインが目を引く。なかなか見かけないモチーフなだけに、シンプルながらも他と差別化を図れるネックレスだ。チェーンは50cm~という使い勝手の良い長さで設定され、かつやや華奢なタイプを採用しているので、きれいめなアイテムとの相性も抜群。華やかなゴールドカラーもラインアップされている。

アイテム6

デュルビュイ

デュルビュイ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

編み込みされたロープのようなディテールを施したチェーンネックレスは、都会的な雰囲気を漂わせるブラックステンレスを採用。太すぎず細すぎないちょうど良いボリュームに設定されているので、チェーンネックレスとしてそのまま使うも良し、お気に入りのトップを見つけて組み合わせるも良しだ。今ならモノトーンのクールな着こなしと合わせるのもいいだろう。

アイテム7

ヴェルナッツァ

ヴェルナッツァ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジグザグの意匠が施されたラウンド型のベースにターコイズをはめ込んだ一作。カラバリではブラックはオニキス、ホワイトはマザーオブパールを使用するなど石選びにもこだわりを覗かせる。シックなカラーが多い『ポリス』のラインアップだが、色を使用したアイテムを取り入れたいならこちらを。華奢でミニマムなデザインなので、パートナーとシェアしやすいのもポイントだ。

アイテム8

ボタンアップ

ボタンアップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブラックとシルバーのアシンメトリーなデザインに、ブランドロゴのエンブレムを施した高級車のキーのようなモチーフが斬新な一品。トップのサイズは4×2.2cmとボリュームはしっかりめ。チェーンも最大70cmまで使えるため、存在感を漂わせるにはうってつけだ。ゴールドカラーほど目立たせたくはないが、ネックレスでさりげなく主張したい、という人に最適だ。

アイテム9

アルンヘム

アルンヘム

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

エッジを効かせたバータイプのトップは、さりげなくロゴを全体に刻印させて適度なアクセントをプラス。ステンレススチール製のオールシルバーカラーで、かつ縦長のモチーフゆえ、首から提げたときの印象はクールかつスタイリッシュ。上品なシャツやテーラードジャケットなどドレッシーなアイテムと合わせると、より一層その魅力を味わえるに違いない。

アイテム10

タリファ

タリファ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

定番のクロスモチーフをシンプルかつミニマルにデザイン。エッジを効かせたカットを施し、さりげなくブランドロゴの刻印をせっとしているため立体感のある作りとなっている。数多くの意匠を凝らされたクロスネックレスが溢れている中、ここまで無駄を省きながらも洗練された印象を与えるネックレスはなかなかないだろう。

アイテム11

リアクター

リアクター

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ギアのような凹凸あるサークルモチーフを採用し、トップにはイニシャルロゴとブランドロゴを刻印したアイコニックな1品。サークル中央部分には別カラーを採用しており、なかでもこの鮮やかなブルーはアイキャッチとして大きく作用してくれること間違いなし。写真のようにジーンズなど色を拾ったコーディネートでより上級者な佇まいに。

アイテム12

グレース

グレース

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

より男らしくキメたいならこちらのクロスモチーフを。既出モデルの「タリファ」のシンプルさとは異なる力強いクロスデザインを施した本作は、「グレース」という名の通り神にささげるシンボル的な意味合いをデザインソースにしている。主張も強いため、ブレスレットやピアスなど他部位のシルバーアクセサリーとのバランスを考えてコーディネートしたい。

アイテム13

タジク

タジク

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

チェーンを囲うようにデザインされた新鮮なトップが、ミニマムで洗練させた印象を与える。中央にブランドロゴを刻印したブラックパーツを組み込むことでシルバーオンリーよりも一歩踏み込んだアクセントを与えてくれる。45cmの華奢なチェーンも相まって首元にさりげないドレス感を漂わせるため、襟つきトップスからチラリと覗かせても面白い。

ネックレスはコーデ格上げの特効薬。モノ選びの基準と12の人気ブランド

バッグ・ファッション小物

ネックレスはコーデ格上げの特効薬。モノ選びの基準と12の人気ブランド

大人はシンプルなコーディネートが基本。だからこそ、ネックレスでさりげなく差をつけるのがおすすめです。選び方のポイントに加え、買いのアイテムも一挙に紹介!

平 格彦

2019.07.23

都会派の大人へ。ライオンハートのネックレスが選ばれている3つの理由

バッグ・ファッション小物

都会派の大人へ。ライオンハートのネックレスが選ばれている3つの理由

大人が着けやすいクールで都会的なネックレスをお探しなら、『ライオンハート』は要チェック。その理由と、おすすめのネックレスやチェーンを一気にご紹介します!

平 格彦

2021.01.10

おしゃれなアクセサリーブランド10選。大人におすすめのアクセとは?

バッグ・ファッション小物

おしゃれなアクセサリーブランド10選。大人におすすめのアクセとは?

大人の着こなしは“派手すぎずベーシック”が基本。ならばこそスパイスとなるアクセは重要だ。一点投入するだけでいつものスタイルを格上げしてくれる注目作を集めた。

TOMMY

2019.08.08

小林 大甫
小林 大甫
アパレル業界から出版社編集を経て、エディター&ライターとして独立。紙・WEBを問わず男性ファッションを中心に執筆中。読者に寄り添えるファッション提案がモットー。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP