腰を据えて楽しみたい。ユッタニューマンのサンダルを履いて、わかること

腰を据えて楽しみたい。ユッタニューマンのサンダルを履いて、わかること

気軽に履けるスポーツサンダルが旬ですが、時間をかけて育てるレザーサンダルも気になる。そんな趣向を解する大人の男性には、『ユッタ ニューマン』がドンピシャです。

押条 良太

押条 良太

SHARE
記事をお気に入り
2021.08.23

サンダルはひと夏のものじゃない。数年かけて価値を知る『ユッタ ニューマン』

サンダルはひと夏のものじゃない。数年かけて価値を知る『ユッタ ニューマン』

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

今年の夏も盛り上がりを見せるサンダルブーム。履き心地が楽ちんで、おまけに価格的にも手を出しやすいスポーツサンダルがそのブームの中心を担っています。ただこの手のサンダルは、高級感や大人っぽさ、耐久性という点においてやや物足りなさを感じることも……。そうした不満を解消したいと考えるなら、ぜひ試したいのが『ユッタ ニューマン』のレザーサンダルです。まるで工芸品のようなオーラと上質なレザーが醸し出すクラス感、さらに長年履き続けられる丈夫さと味わいを増していく革の風合い。本記事では“サンダルのロールスロイス”と称えられる『ユッタ ニューマン』の奥深い世界をガイドします。

ドイツ生まれの職人が作るNY発の『ユッタ ニューマン』。そのモノ作りを知る

ドイツ生まれの職人が作るNY発の『ユッタ ニューマン』。そのモノ作りを知る

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

『ユッタ ニューマン』を創業したのはドイツ生まれの女性レザー職人、ユッタ・ニューマン氏。彼女は1980年代にニューヨークのレザー工房で修業を積んだ後、1994年にイーストビレッジに工房を併設した店を開きます。洗練デザインとハンドメイドによる高いクオリティを併せ持つアイテムの評判は口コミで広がり、著名なデザイナーやスタイリストたちがこぞって買いにくるようになりました。その後、1997年のニューヨークコレクションでナオミ・キャンベル氏がサンダルを着用したことがきっかけで大ブレイク。ワールドワイドなブランドへ急成長を遂げたのです。

長く履ける理由は、この2点にアリ。『ユッタ ニューマン』のサンダルの特長とは

『ユッタ ニューマン』がファンを虜にする理由の1つが、履き心地の良さ。レザーサンダルの域を超えたコンフォート性のカギを握るのは、履き続けるほどにしなやかさを増すレザーと、足の疲れを軽減する構造にありました。

特長1

長く愛してほしいから。オイルをたっぷり含んだラティーゴレザーの登用

長く愛してほしいから。オイルをたっぷり含んだラティーゴレザーの登用

travels (トラベルズ)

travels (トラベルズ)

お気に入り追加

『ユッタ ニューマン』のサンダルといえば、ラティーゴレザーと呼ばれる牛革。19世紀、西部開拓時代のアメリカで生まれたレザーは、もともと馬具用だけあって厚手で頑丈。そのため、履き始めこそ硬いものの、数日履けばだんだん柔らかくなり、足の形に馴染んできます。また、オイルをたっぷり含んだレザーは経年変化による味わいも絶品で、履き続けるうちに表面に透明感のあるツヤが生まれます。巷のスポーツサンダルでは味わえない、革ならではのフィット感と育てる楽しみ。これが『ユッタ ニューマン』が長く愛される理由です。

特長2

レザーサンダルには珍しい、分厚く取られたアーチサポート

レザーサンダルには珍しい、分厚く取られたアーチサポート

acoustics (アコースティックス)

acoustics (アコースティックス)

お気に入り追加

「足が疲れにくい」。『ユッタ ニューマン』の愛用者はそう口を揃えます。ラティーゴレザー製の肉厚ミッドソールも快適な履き心地の理由の1つですが、疲れにくさの決め手となるのが土踏まず部分の「アーチサポート」。こんもり盛り上がったこのアーチサポートが足の土踏まずをしっかり支えるため、長時間履いても足が疲れにくいのです。ちなみにアウトソールは同じドイツ生まれの『ビルケンシュトック』製。軽さとグリップ力、クッション性に定評のある同ブランドのソールは張り替えが可能。長く履き続けられる理由はここにもあります。

良い意味で主張しない。品良く履けるのが『ユッタ ニューマン』だ

良い意味で主張しない。品良く履けるのが『ユッタ ニューマン』だ

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

存在感があるのにシンプル。ゆえに『ユッタ ニューマン』のレザーサンダルは合わせる服を選びません。こちらはカーキのミリタリーアウターに黒いテック系ショートパンツというコーデ。スポーツ系のサンダルでもハマりそうですが、あえて黒いレザーサンダルを合わせることで足元が引き締まり、かつ全体の大人っぽい印象がアップしています。

良い意味で主張しない。品良く履けるのが『ユッタ ニューマン』だ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

赤いボタンダウンシャツとブラウンのワイドパンツという旬の秋色コーデに、『ユッタ ニューマン』を。足元にサンダルならではの抜け感を演出しつつ、ラティーゴレザーの質感が着こなし全体を品良く演出。アメカジからきれいめ、モードまで、さまざまなテイストの服にマッチするのも同ブランドならではです。

押さえるべきはこの4型。『ユッタ ニューマン』のラインアップ

プレミアムなレザー製で、一点一点が職人のハンドメイド。ゆえに『ユッタ ニューマン』はサンダルにしては少々値が張ります。だからこそ、モデル選びは自分の好みにぴったり合う1足を選びたいもの。代表的なモデルを挙げると、創業時から展開されている「アリス」、シンプルなワンストラップの「シモーネ」、甲のストラップがクロスした「フランク」などが売れ筋。流通数が少ないので、マイサイズが見つかったら入手はお早めに。

アイテム1

アリス

アリス

Cott

Cott

お気に入り追加

「アリス」は『ユッタ ニューマン』の名を世界に知らしめた大定番サンダルです。最大の特徴は親指を通すループ状のレザーストラップ。ロングパンツと合わせた際に、裾からチラ見えするこのパーツが『ユッタ ニューマン』のサンダルであることをさりげなく主張します。甲をホールドする肉厚のストラップをはじめ、インソールもラティーゴレザー。ヒール部分にはアイコンである黒猫のロゴマークが品良くデザインされています。

アイテム2

シモーネ

シモーネ

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

「アリス」と並ぶ人気を誇る定番モデル「シモーネ」。アッパーは甲をホールドするためのワイドストラップ1本だけ、という装飾性のそぎ落されたデザインが魅力的です。超がつくほどのシンプル顔ゆえに汎用性が高く、「アリス」以上に幅広い着こなしにマッチするほか、ラティーゴレザーの経年変化をばっちり堪能できます。シャワーサンダルのようにサラッと合わせられるのに、スタイリングが大人っぽくまとまるのも人気の理由です。

アイテム3

フランク

フランク

服道楽 -楽天市場店-

服道楽 -楽天市場店-

お気に入り追加

「フランク」の特徴はレザーストラップがクロスするアッパー。スタイリングのアクセントになるデザイン性もさることながら、親指から甲にかけてのフィット感が高くなるため、歩きやすいのもこのモデルのストロングポイント。また、ダークブラウンのラティーゴレザーには、黒いレザーよりも経年変化がわかりやすいというメリットもあり、レザー好きには狙い目のカラー。アウトソールは他のモデルと同じくビルケンシュトックソールです。

アイテム4

グレタ ラウンド

グレタ ラウンド

Explorer

Explorer

お気に入り追加

「アリス」をデザインのベースとしつつ、レザーのバックストラップが設けられた「グレタ ラウンド」。親指と甲、そしてかかとがホールドされることで、歩きやすさが格段にアップしています。さらにバックストラップと重厚なメタルバックルは着こなしのアクセントとしても効果的です。また、バックストラップのおかげでシューズ感覚でコーディネートできるため、汎用性も◎。「アリス」が欲しいけど、カブりが気になる……という方にぴったりの1足でしょう。

アイテム5

シモーネ スエード

シモーネ スエード

WOODY COMPANY

WOODY COMPANY

お気に入り追加

「シモーネ」には素材バリエーションが存在します。例えば、ストラップがスエードにアレンジされたこちらの「シモーネ スエード」。ベルベットのような毛並みを持つブラックスエードが足元をエレガントに彩ります。また、スエードならではの柔軟性もポイントで、おろしたその日からしなやかな履き心地を楽しめます。

オールレザーゆえ。『ユッタ ニューマン』のサンダルに必要なケアを知っておく

オールレザーゆえ。『ユッタ ニューマン』のサンダルに必要なケアを知っておく

靴磨きセットの銀座大賀靴工房

靴磨きセットの銀座大賀靴工房

お気に入り追加

お手入れは基本的に革靴と同じ。ブラッシングでほこりやゴミを払い、しつこい汚れはステインリムーバーで落とします。その後シュークリームで油分を加えましょう。ただ、シュークリームはブラシや布でしっかり馴染ませて、表面に残らないようにするのが肝心。もともとラティーゴレザーにはオイルがたっぷり含まれているため、表面に油分が残ると、カビが発生しやすくなります。

レザーサンダルを大人の街履きに。夏から秋まで活躍する狙い目10モデル

スニーカー・シューズ

レザーサンダルを大人の街履きに。夏から秋まで活躍する狙い目10モデル

サンダルは夏の定番だけど、街で履くにはラフすぎるかも……という方にはレザーサンダルがおすすめ。革の種類やデザインのバリエも豊富なので、好みの1足が見つかります!

近間 恭子

2021.08.06

サンダルの人気ブランド完全網羅。押さえておくべき鉄板15選

スニーカー・シューズ

サンダルの人気ブランド完全網羅。押さえておくべき鉄板15選

軽快で涼しいというだけでなく、トレンドとしても盛り上がっているサンダルは今シーズンもマスト。多岐にわたるカテゴリ別に、それぞれの鉄板ブランドをご紹介します。

山崎 サトシ

2021.06.15

足元で大人を装う。パラブーツのレザーサンダルが夏のキラーアイテムとなる

スニーカー・シューズ

足元で大人を装う。パラブーツのレザーサンダルが夏のキラーアイテムとなる

コーデがラフになりがちな夏だからこそ足元はしっかり引き締めておきたいところ。涼しくて、さらに大人に見える1足として『パラブーツ』のレザーサンダルをご紹介します。

那珂川廣太

2021.07.21

押条 良太

暮らしを豊かにする、“定番”の魅力を探究

押条 良太
「MEN′S CLUB」編集部を経て独立。「OCEANS」「Begin」、「UOMO」、「LEON」、「GQ」などのメンズ誌やブランドのカタログ、広告を手がける。得意分野はドレスからアメカジ、靴、ウェルネス、美容と幅広い。シングルフィンログをこよなく愛するサーファーでもある。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

いつもの1足、1着から考えるサステナブル。ヴァンズの試みに、乗っかってみない?

近頃、さまざまなブランドがサステナブルに取り組んでいるが、『ヴァンズ』のそれは一味違う。環境はもちろん、大人のおしゃれにも多くの恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by ヴァンズジャパン

続きを読む

小さな違いが生み出す比類なきエレガンス。特別仕様の“GS”が大人の腕元にもたらすもの

腕時計の本質を追い求め、着用者に違いをもたらす稀有なブランド『グランドセイコー』。そのタイムレスな魅力と合わせて、販路を絞った特別なモデルを解説していきます。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

ハイパフォーマンスな“ラグスポ”の大本命! 新作ティソ PRXの実力を徹底検証

2021年初頭、発売と同時に各方面の話題をさらった「ティソ PRX」に、待望の自動巻きモデルが登場です。時計市場にさらなる衝撃をもたらす秋の大本命、その実力とは?

SPONSORED by ティソ

続きを読む

外遊びだけじゃもったいない! 毎日楽しめるスニーカーがキーンにはある

「ユニーク」などサンダルのイメージが強い『キーン』ですが、実は365日アツいのがスニーカー。アウトドアはもちろん街でも映え、シーンを問わず活躍してくれます。

SPONSORED by キーン

続きを読む

オープンハートから覗く機械式が男心をくすぐる。次なる腕時計はオロビアンコの1本で

ビジネスマンから支持される『オロビアンコ』のベストセラーモデル「オラクラシカ」は、価格以上の高級感と遊び心が魅力。長年売れ続けるには、相応の理由があるんです。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

レトロ顔の新作ソーラー時計に注目。フォッシルの新作は大人の腕元にちょうど良い

日本にインスパイアされた「THE JAPAN COLLECTION」の第2弾「DF-01」。レトロな顔に実用性と素材へのこだわりを込めた、その完成度やいかに?

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事