サマーニット帽の特徴とおすすめのブランドを徹底紹介

ニット帽は冬のイメージが強いですが、アイテム数が少なく着こなしが簡素になる夏こそ出番! 夏に選ぶべき素材からおすすめのニット帽まで、余すとことなくご紹介します。

サマーニット帽の特徴とおすすめのブランドを徹底紹介

「夏でもニット帽って、暑くないのかな」って思いますよね?

着こなしを格上げできる小物として、おしゃれな人たちは季節に問わずニット帽を取り入れています。でも、夏のニット帽って暑くないのかなって思いますよね? おしゃれは我慢っていうから無理しているのかな?と思いきや、実は彼らは秋冬とは異なるニット帽を取り入れているんです。

で、秋冬となにが異なるかというと、ズバリ素材です。秋冬に使用されているのは、ウールやカシミヤといった防寒・保温性の高い素材。逆に夏は通気性が重要になるので、コットンやリネンなどがおすすめ。また、混紡素材も多く展開されていますが、こちらもコットンやリネンがベースになっているものがベターです。

「夏のニット帽って、おしゃれなのかな」って思いますよね?

キャップほどカジュアルにならず、ハットほどキメすぎにならない。つまり、ニット帽は絶妙なあんばいのヘッドアイテムといえます。

写真を見てわかるとおり、シンプルなスタイリングもニット帽をプラスすると途端におしゃれな印象に。通気性の高い素材なら見た目も暑苦しくないし、私的にも夏のニット帽、かなりアリだと思います!

初心者から上級者まで。サマーニット帽のおすすめ15選

ニット帽がどれだけ夏に活躍するかわかったところで、今度はおすすめのニット帽を初級・中級・上級別にご紹介。取り入れるだけで夏スタイルをおしゃれに格上げできるので要チェックです。

初心者には取り入れやすいベーシックなカラーがおすすめ

夏のニット帽になじみのない方は、まずはベーシックなカラーから。なかでもイチ押しは、ブラック・ネイビー・グレー。ただ、ホワイトは「頭を怪我しているの?」と見える可能性大なので(笑)、絶対に避けるようにしましょう。

『ビームス』

コットンにも勝る高い吸汗性を持つ機能素材“ドラロン”をコットンに混紡することで、快適なかぶり心地を実現したニット帽。折り返してかぶることもでき、コーディネートや気分によって2通りのかぶり方が楽しめるのも魅力です。

『サンディニスタ』

『サンディニスタ』定番のリブニットを採用したモデル。コットンのストレッチ性を最大限に生かしたリブ編みに仕上げることで、ストレスフリーのかぶり心地を実現しています。コットン100%mならではのマットな質感も◎。

『モンキータイム』

あぜ編みのニット帽。さらっとしたタッチの麻と、軽やかなアクリルをブレンドし涼やかに仕上がります。通常よりもゆったりめに仕立てているため、トップにたるみが生まれてルーズ感あるシルエットに。今年は2回折り返して被るのもGOODです。

『エンドレスサマー』

斜めに見える特殊な編地が特徴のニット帽。ブランドタグを付けただけのシンプルデザインながら日本製の確かな品質でシーンを問わずに使える商品です。薄手に編まれているので夏に大活躍!豊富なカラバリも魅力です。

『ラカル』

ベーシックカラーながらも夏らしい清涼感をもたせるなら、トーン明るめのグレーがおすすめ。コットンとアクリルをざっくりローゲージに編み上げた独特な風合いに、帽子ブランドならではのこだわりを感じます。折り返し部分にピスネーム入り。

中級者はレッドやブルーといった原色でセンスアップ

夏になると取り入れたくなるのが、レッドやブルーといった原色系。ウェアは難易度が高いけど、ニット帽ならアクセント使いにうってつけです。あくまでも着こなしはベーシックカラーで、原色一点挿しがおすすめ。

『ベンデイビスオリジナルス』

目が覚めるようなビビッドな発色が目を引くニット帽。コットン×リネンの混紡素材を使用しているので、肌触りも通気性も抜群です。夏らしく爽やかに変更した、おなじみのゴリラマークも絶妙なポイントになってくれるはず。

『クレプスキュール』

『ガーデン トウキョウ』が、『クレプスキュール』に別注したモデル。凸凹の編みに適度なコントラストをつけているので、イエロー単色ながらも表情豊かに仕上がっています。フィット感の高いコンパクトなサイジングもいい感じ。

『バックチャンネル』

ニット帽ではあまり見られないコットンベースのサーマル地を採用した変わり種。色だけでなく、風合いでも周りと差をつけたいという人におすすめのモデルです。トップにややゆとりをもたせたフィッティングもグッド。

『コーエン』

サラッとした生地感のニット帽ならば、暑いシーズンでも間違いなく重宝します。『コーエン』からリリースされているコチラは、青といっても落ち着いたトーンなので抵抗なくスタイリングに取り入れられるはず。

『ハイランド』

伝統的な特殊技法を守り続けている、創業100年以上を誇るイギリスのニットメーカー『ハイランド』。こちらのコットン100%のニット帽も、シンプルながらも品質の高さも感じられる仕上がり。ライトグリーンの発色も美しく、差し色にもうってつけです。

上級者はトレンドのペールトーンにトライ

今季は柔らかでやさしい印象を与えるペールトーンが旬! ニット帽に取り入れるだけで、コーディネートを今っぽくアップデートできます。さらに涼しげな印象も与えられるってのもいいんです。

『デラックス』

夏の陽気な気候にぴったりのフェード感あるオレンジの色みがこなれた印象。おなじみの白Tシャツ×デニムとの相性もバッチリで、プラスするだけでコーディネートをワンランク上に導くことができます。アメカジスタイルともマッチしますよ。

『ジャーナルスタンダード レリューム』

折り返すとお目見えする、日に焼けてあせたような加工感とのコントラストがポイント。男性は謙そんしがちなピンクでも、これならかわいくなりすぎることなく、取り入れやすいはずです。素材は通気性も肌触りもいいコットン。

『スティーブン・アラン』

通気性と肌触りに優れたコットンとリネンをていねいなリブ編みで仕上げ、心地よいフィッティングを実現。メランジ感あるライトブルーの色みと相まって、どこかこなれた印象を与えるというのも、このニット帽の魅力です。

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

美しいライムカラーがやさしいだけでなく、涼しげな印象も与えられるニット帽。コットンをベースにていねいに編み上げたリブニットは適度にボリュームがあり、コーディネートに組み込むだけでワンランク上へと導いてくれます。

『オーバーライド』

ペールトーンはソフトな印象を与える色ですが、こちらはメランジ感あるミントカラーに仕上げているので、ほかとは一線を画すこなれた雰囲気を演出。コットンをベースにしたサラッとした肌触りも特徴で、夏にぴったりのかぶり心地です。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る