ケルティはバックパックのパイオニア。70年の歴史が生んだ名品を知っておこう

ケルティはバックパックのパイオニア。70年の歴史が生んだ名品を知っておこう

バックパックの原型を作った始祖といえば『ケルティ』。創業70周年を目前に、守備範囲はウェアやギアにまで拡大中です。多岐にわたる名品たちの魅力を読み解きましょう。

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.09.22

1人の先駆者的アウトドアマンが作り上げたブランド『ケルティ』とは

稜線を描いた三角ロゴとブタ鼻(ピッケルホルダー)がトレードマークとなった温故知新なリュックが、世代やフィールドを問わず愛されている『ケルティ』。1952年の創業以来、アウトドアカルチャーの良き相棒であり続けたきた同社も、来年で70周年という大きな節目を迎えることになりました。改めてその足跡と名品に目を向けるには絶好のタイミングなのではないでしょうか。

1人の先駆者的アウトドアマンが作り上げたブランド『ケルティ』とは

WEAR

WEAR

お気に入り追加

創業当初の『ケルティ』は、今でいうところのガレージブランドの草分け的存在。建築家であり、アウトドア愛好家でもあった創業者のディック・ケルティ氏が、自宅のガレージで理想のバックパックを自作したことに端を発します。 現代のバックパックの基本構造は、ショルダーハーネスとウエストベルトを備え、これらによりかかるテンションでフィット感を高めて荷重を分散させるところがキモとなります。ですが、実はこの構造自体がケルティ氏の自作バックパックが原型になったもの。ケルティ氏が、“バックパックの父”と呼ばれる所以はここにあります。

1人の先駆者的アウトドアマンが作り上げたブランド『ケルティ』とは 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

1960年代後半から70年代にかけてアメリカでバックパッキングブームが巻き起こった際は、トレイルを闊歩するハイカーたちが『ケルティ』のバックパックをこぞって背負うという現象も。実は同社はアルミフレームを採用したバックパックの生みの親でもあり、当時のハイカーたちはそのスタビリティの高さの虜になっていたのです。現在はその製品ラインアップがグッと広がり、アウトドア黎明期の世界観を体現するタイムレスなスタイルを、多彩なバッグやアパレルに加え、タープに代表されるキャンプギアでも楽しめるようになっています。どうりで街でも自然の中でも、あの三角ロゴを目にする機会が増えているわけですね。

『ケルティ』の“軸”、バックパックをはじめとしたバッグ類はどれも白眉

『ケルティ』の“軸”、バックパックをはじめとしたバッグ類はどれも白眉

Beard Store

Beard Store

お気に入り追加

現代のバックパックの雛形を作ったパイオニア的存在だけに、現在も『ケルティ』のモノ作りの軸足はバッグに置かれています。そのラインアップは多岐にわたり、1970年代のアメリカで一世を風靡したリュックやデイパックに加え、その世界観をタウンユースに落とし込まれたアーバンラインや原点回帰した「80’sライン」といった主役級が揃い踏み。いずれもタイムレスなスタイルのバッグゆえ、街でもアウトドアでも良き相方になってくれます。

アイテム1

ワイド デイパック

ワイド デイパック

MAS ONLINE

MAS ONLINE

お気に入り追加

『ケルティ』の看板アイテムといえばティアドロップ型のデイパックですが、こちらは定番よりマチ幅を広げ、ワイドシルエットに仕上げられた兄弟モデル。容量は定番が18Lなのに対し、こちらは22Lとたっぷりめです。特徴的なピッケルホルダーをあえて省いた“ブタ鼻レス”なデザインも、コロンとした愛嬌のあるフォルムを引き立ててくれます。

アイテム2

マウンテニア・フレーム・パック 3

マウンテニア・フレーム・パック 3

MarQueraso Online Store

MarQueraso Online Store

お気に入り追加

初期から存在するオールドスクールなフレームパックの佇まいを、現在に受け継ぐのが本作。背面にアルミフレームが取り付けられた上下二気室構造で、フレームのボトム部には寝袋やマットをストラップで取り付けることが可能。ショルダーハーネスは、フレームに取り付けるためのピンの位置で幅を変えられる設計なので、体型に合わせたフィッティング調整をすることができます。

アイテム3

80’sファニー

80’sファニー

ナチュラム 楽天市場支店

ナチュラム 楽天市場支店

お気に入り追加

「80’sライン」にラインアップされたこちらのボディバッグは、80年代に使用されていたイエローロゴと当時のタープやテントを彷彿とさせるバイカラーのノスタルジックさがたまらない出来栄え。50mm幅という太めのストラップを採用することで荷物が重くなったときに体に食い込みにくくするなど、快適な使用感を担保する作り込みが散りばめられています。

アイテム4

アーバン フラットポーチ

アーバン フラットポーチ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「アーバンライン」にお目見えしたこちらは、同ライン特有のブラックアウトしたロゴが黒ナイロンボディに溶け込む街顔サコッシュ。バリスティックナイロンの使用により強度を高め、フロントのジップポケットと内側にある3つの仕切りポケットで収納性にも配慮した作り。長財布も収まるサイズ感で、ストラップを外せばクラッチ使いも可能です。

アイテム5

コンバーチブル

コンバーチブル

MandA

MandA

お気に入り追加

コンバーチブル 2枚目の画像

MandA

MandA

お気に入り追加

こちらは、国立公園で自然環境の保護活動に従事するレンジャーの世界観を表現した「レンジャーライン」のボディバッグ。コットンライクな風合いのポリエステルボディの上部を開き、中の袋を外に出すとデイパックとしても使える二刀流デザインを採用。これがあれば、出かけた先で想定外の衝動買いをしまったときも慌てずにすみそうです。ボディバッグで使用する際のストラップは、中にスッキリと収納可能。

アイテム6

イーダイ ミニトート

イーダイ ミニトート

ナチュラム キャンプ専門店

ナチュラム キャンプ専門店

お気に入り追加

サステナビリティに対する取り組みの1つとして誕生したのが、環境に配慮した染色を施したイーダイという生地を採用した「イーダイ シリーズ」。このミニトートにも使われているその生地は、一般的な染色に比べて水の使用量を85%減らせるうえに、化学物質を90%、CO2を12%それぞれ削減することが可能なんです。色落ちもしにくく、ご覧の通り鮮やかな発色を楽しめる染色でもあるのだとか。

『ケルティ』が培ったモノ作りのノウハウは、ウェアにも息づいている

『ケルティ』が培ったモノ作りのノウハウは、ウェアにも息づいている

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『ケルティ』がバックパック作りで培ったノウハウは、アパレルにおいても十分に発揮されています。しかも、同社がけん引してきたシーンはアルパインクライミングを頂点とする旧来のエクスペディション系アウトドアではなく、ハイキングやキャンプを通じてより身近な自然の中に身を置くバックパッキングという70年代発祥のスタイル。加えて、ここ数シーズンは各セレクトショップとのコラボも軒並み増加傾向で、街映えするウェアもますます充実。街と自然を自由に行き来するデュアルライフの中で快適さを求めるには、うってつけの一品が揃っているブランド。そういっても過言ではありません。

アイテム1

『シップス』別注 ウェザークロス メッシュ ノーカラー ジャケット

『シップス』別注 ウェザークロス メッシュ ノーカラー ジャケット

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

『シップス』別注によるこちらのアウターは、ポリエステル65%、コットン35%の混率でブレンドした65/35ウェザークロス仕立て。撥水性に優れる一方、ノスタルジックな風合いを楽しめるボディに、フィッシングジャケットを彷彿とさせる多ポケットのギア感もよく映え、手ぶらになりたいキャンプシーンでも強い味方になってくれます。

アイテム2

『フリークスストア』別注 ワンポイント ヴィンテージロゴ リップストップカーゴパンツ

『フリークスストア』別注 ワンポイント ヴィンテージロゴ リップストップカーゴパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

これは、『フリークスストア』別注のカーゴパンツ。採用した生地はコットンポリエステルなので、ガチな軍パンらしいギチギチに目の詰まったコットンツイルとは異なり、はき心地はすこぶる軽快。織り自体はリップストップゆえ、タフさも申し分なしです。骨太なシルエットと思いきや膝下はすっきりとテーパードさせているので、野暮ったく見える心配もなさそうです。

アイテム3

『シップス』別注 リバーシブル ビッグシルエット キルトブルゾン

『シップス』別注 リバーシブル ビッグシルエット キルトブルゾン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

裏返すとキルティングボディでも着られるリバーシブル中綿ブルゾンはインラインにも存在しますが、それを『シップス』による別注でビッグシルエットに落とし込んだのが本作。表地は撥水性に富むウェザークロスで、裏返すとひょうたんキルトを備えたミリタリージャケットのライナー風の顔立ちにチェンジ可能。キルティングジャケットとして着用する際は、左袖口のロゴワッペンでさりげないブランドアピールも叶います。

満を持して登場。『ケルティ』の「キャンピング アクセサリーライン」を知ってる?

満を持して登場。『ケルティ』の「キャンピング アクセサリーライン」を知ってる?

アルペン楽天市場店

アルペン楽天市場店

お気に入り追加

バッグが主軸のブランドだからといって侮るなかれ。ラインとしては後輩的な位置付けの「キャンピング アクセサリーライン」も、培ったノウハウをフル動員しての全力投球です。そのラインアップにはテントやタープに加え、クーラーボックスや保冷バッグ、チェアといった必携ギアが揃い踏み。テントサイトをマルッとお任せできそうな充実ぶりです。ギアのテイストを統一することは、絵になるサイトの近道。温故知新な『ケルティ』色で彩るのも一興です。

アイテム1

ウェイポイントタープ

ウェイポイントタープ

ビューティーファイブ

ビューティーファイブ

お気に入り追加

車のリア側に、ワンポールで簡単に設営できるカーサイドタープ。左右のリアホイールにウェビングベルトを通したら、付属のスチールポールを1本立て、天幕を張るだけで設営完了です。オールドスクールなブロックカラーの天幕は、SUV車との親和性も抜群。テールゲートを活用するオートキャンプは、荷物の積み下ろしの手間も省けて楽ちん。その快適さをこのタープで味わってみてはいかがでしょう。

車中泊を始める前に知りたい。あると便利なおすすめグッズや注意点

アウトドア・キャンプグッズ

車中泊を始める前に知りたい。あると便利なおすすめグッズや注意点

最近始める人が増えている車中泊。面倒なテントの設営が不要で気軽にキャンプが楽しめると注目されています。車中泊ならではの注意点や、快適にする便利グッズをご紹介!

池田 やすゆき

2021.04.13

アイテム2

フォールディングクーラー 45リットル

フォールディングクーラー 45リットル

creak

creak

お気に入り追加

使わないときは、本体をペタンとたためるセミハードタイプのクーラーボックス。カップホルダー付きの天板はテーブルとしても使え、ハードタイプとソフトタイプをいいとこ取りした使用感が魅力です。2サイズ展開で、これは350ml缶を最大で70本収納できる45Lサイズですが、25本収納可能な25Lも用意があります。

クーラーボックスの実力派20品。大型から小型までキャンパーのおすすめを厳選

アウトドア・キャンプグッズ

クーラーボックスの実力派20品。大型から小型までキャンパーのおすすめを厳選

バーベキューやキャンプには、冷たい飲み物や生鮮食料品を保管するためのクーラーボックスが不可欠。用途に応じたアイテムの選び方と使い方のコツをご紹介します。

池田 やすゆき

2021.05.21

アイテム3

サンシェード ウィズ サイドウォール

サンシェード ウィズ サイドウォール

FIELD SEVEN

FIELD SEVEN

お気に入り追加

3本のポールを本体のスリーブに通し、サイドウォール端の穴に差し込むだけで設営できる自立式のサンシェード。3面のうち、1面にだけ日差しを遮るためのサイドウォールが付いており、時間帯によって変化する日差しの方向にこのサイドウォールを移動させることが可能です。もちろん、ガイドラインを張ってペグ打ちすれば風が強い日も安心。

アイテム4

キャッシュ・ボックス・ラージ

キャッシュ・ボックス・ラージ

スポーツゴリラ

スポーツゴリラ

お気に入り追加

キャッシュ・ボックス・ラージ 2枚目の画像

スポーツゴリラ

スポーツゴリラ

お気に入り追加

樹脂パネルを天板とボトムに採用した、ラウンドジップの多目的ギアボックス。付属の面ファスナーの仕切りは収納するものによって位置を調節できるので、一眼レフカメラとレンズをちょうどよく収めることも。カトラリーや調味料といった散らかりがちなものの収納にも便利です。メッシュポケットは収納したものが一目瞭然で、必要なときはすぐに取り出すことが可能。

アイテム5

ビッギーブランケット

ビッギーブランケット

TOPPIN

TOPPIN

お気に入り追加

こちらは、大判サイズ(W203×H208cm)の中綿入りブランケット。ピクニックマットとして使用したり、二つ折りにして寝袋の下にマット代わりに敷いたり、とマルチな活躍が期待できます。重量は0.7kgほどで、専用のスタッフバッグに収納すれば車の荷室に積みっぱなしでも邪魔にならないコンパクトサイズ(直径17×H30cm)に。

アイテム6

シングルストーブケース

シングルストーブケース

アウトドア・スポーツ ソトノヒト

アウトドア・スポーツ ソトノヒト

お気に入り追加

シングルストーブケース 2枚目の画像

アウトドア・スポーツ ソトノヒト

アウトドア・スポーツ ソトノヒト

お気に入り追加

シングルバーナーは、OD缶と呼ばれるガス缶を、予備燃料も含めて何缶か一緒に持っていくのが基本。ですが、これがバラバラだと探すのが面倒なことも。そんな不便さも、こちらのバッグにひとまとめにすれば解消できます。容量調節自在なロールトップ式で、シングルバーナーと一緒に250gのOD缶を最大で4缶まで収納可能。開口部だけでなく、どこからでも荷物にアクセスできるセンターファスナーも、使ってみてありがたさが実感できるディテールです。

ガスバーナーの賢い選び方&使い方。キャンプで役立つ信頼の11モデルを手に入れよう

アウトドア・キャンプグッズ

ガスバーナーの賢い選び方&使い方。キャンプで役立つ信頼の11モデルを手に入れよう

ガスバーナーはアウトドアの必需品。キャンプでの本格的なアウトドア料理にはもちろん、釣りや外遊びに持っていけばいつでもどこでも温かいコーヒーが淹れられますよ。

池田 やすゆき

2021.08.18

アイテム7

キャンピングエプロン2.0

キャンピングエプロン2.0

ice field(アイスフィールド)

ice field(アイスフィールド)

お気に入り追加

キャンピングエプロン2.0 2枚目の画像

ice field(アイスフィールド)

ice field(アイスフィールド)

お気に入り追加

度詰めのコットンキャンバスで仕立てたこちらのエプロンも、薪を運ぶログキャリーとしても使える多目的設計。テントやタープを収納したスタッフバッグなど、手で持ちにくい荷物を運ぶキャリアーとしての活躍も期待できます。エプロンとして使用する際のウエストストラップは、サクッと着脱できるバックル仕様。結んだり解いたりする手間さえ不要です。

男にもエプロンが必要だ。タフ&おしゃれに使えるおすすめブランド10選

インテリア・雑貨

男にもエプロンが必要だ。タフ&おしゃれに使えるおすすめブランド10選

エプロン=女性のものという認識は今や昔。最近はエプロンを愛用している男性が増えています。選び方のポイントからおすすめのブランドまでを一挙公開!

近間 恭子

2021.05.12

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

バッグ・ファッション小物

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

TASCLAP編集部

2021.01.18

人気モデルをセレクト。ケルティのおすすめリュック10選

バッグ・ファッション小物

人気モデルをセレクト。ケルティのおすすめリュック10選

リュックを代表するブランドのひとつである『ケルティ』。カラバリの多さや別注品などで支持を得ている同ブランドのリュックの魅力や、人気モデルを紹介します。

平 格彦

2020.07.28

注目編集者
遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

“わかっている”引き算がありがたい。チャムスのゴアテックスアウターが、僕たちに響く理由

大人のアウトドアMIXは肩肘張らないこなれ感がカギ。頼れるスペックの中に引き算の美学を落とし込んだ『チャムス』のゴアテックスアウターなら、相棒として完璧です!

SPONSORED by チャムス

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

暖かいだけじゃもう物足りない。エーグルと探る、これからの冬アウターの条件とは

徐々に寒くなりアウターに手が伸び出すこの時期。今の時代に合ったその選び方を、フランス発の名ブランド「エーグル」の優れモノを軸に読み解いていきます。

SPONSORED by エーグル

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

シャカではじめる冬支度。サンダル譲りのコンフォートなシューズで装いを新たに

街に野遊びに、この夏お世話になった人も多いであろう『シャカ』のサンダル。しかし、同ブランドが活躍するのは夏だけにあらず。秋冬も頼れる逸品が揃っています!

SPONSORED by シャカ

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事