気軽に取り入れるべし。オペラシューズが主張する、濃厚なエレガンス

気軽に取り入れるべし。オペラシューズが主張する、濃厚なエレガンス

正統派のドレス靴でありながら、紐なし靴ゆえに実は気軽に履けるオペラシューズ。どこか抜け感が欲しい今どきなきれいめコーデの仕上げに、取り入れる価値は大アリです!

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.22

リラックス感に反する、フォーマルさ。オペラシューズって何モノだ?

日本のファッションシーンにおいても、洒落者たちの足元を彩る1足としてオペラシューズを見かける頻度が随分と増えてきました。ドレス寄りの装いを主力に位置付けているなら間違いなく戦力になってくれる靴ゆえ、ぜひチェックしておきたいところ。ですが、日本においてはレディース向けの靴というイメージが根強く、それが履いてみたい気持ちにブレーキをかけることも。本記事ではそうした誤解を解く意味でも、オペラシューズの出自や選びのポイントまで深掘りしてみることにしましょう。

リラックス感に反する、フォーマルさ。オペラシューズって何モノだ?

WEAR

WEAR

お気に入り追加

まず出自ですが、19世紀中頃のヨーロッパで、その名の通り、オペラなどの舞台観劇を鑑賞する際に男性が履くために作られた紳士用礼装シューズが起源。極めてフォーマル度の高い靴がルーツであり、由緒正しい紳士靴なのです。そんな“ハレの日”で履く礼装靴がルーツゆえ、リボン飾りやパテントレザーといったエレガントさ溢れる意匠が満載。オペラパンプスという名称で女性用に改良され広く受け入れられるようになったのも、こうした毛並みの良さに根差すところでしょう。

リラックス感に反する、フォーマルさ。オペラシューズって何モノだ? 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ですが、シューズとしてはいわゆる短靴。しかもフォーマル度の高い靴に欠かせない、靴紐がないスリッポンでもあります。つまり、正装靴にしか出せない品の良さと、ローファー的な雰囲気を併せ持つシューズというわけです。ちなみにフォーマル靴として仕立てられた正統派のオペラシューズには甲部にリボン飾りが施されていますが、普段使いを想定して仕立てされたモノにはこのリボン飾りを簡略化しているものも多数。エレガントなトゥシェイプを描くプレーントゥに落とし込まれたスリッポンデザインも、ファッション解釈のオペラシューズとして認知されています。そんなフォーマル感と気楽さを併せ持つ靴であるがゆえに、ドレスコードが緩和された現代のジャケットスタイルにおける仕上げの一手としてもうってつけなのです。

最初の1足で選ぶなら、スエードやベルベッドなどの起毛素材がベター

最初の1足で選ぶなら、スエードやベルベッドなどの起毛素材がベター

ring

ring

お気に入り追加

では、ここからはそんなオペラシューズを今履くにあたって意識したいポイントを整理してみましょう。まずは素材選び。そもそもが礼装靴なのでエナメル製が最もフォーマルにして正統ということにはなりますが、メンズが普段使いする靴としては色気があり過ぎて腰が引けてしまう人がおそらく多数派でしょう。靴自体がフォーマル顔ゆえ、ツヤやかな表革も相まってセクシーさが強く出がち。その点、スエードやベルベッドといった起毛素材であれば色気を中和でき、カジュアルにも落とし込みやすくなるのです。

最初の1足で選ぶなら、スエードやベルベッドなどの起毛素材がベター 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

とはいえ、フォーマル靴としての本領を発揮してほしいシーンであれば、躊躇なくエナメル仕立てのものに頼ってしまいましょう。パーティのような華やかな場所では、“わかっている感”とともにおしゃれ偏差値の高さも印象付けられます。

いわゆる“紐なし”だからこそ。オペラシューズはかかとで選ぶ

いわゆる“紐なし”だからこそ。オペラシューズはかかとで選ぶ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

選ぶ際の留意点として、忘れてはならないのがフィッティング。一般的なレースアップタイプのドレスシューズはつま先のフィット具合や捨て寸などを重視しますが、オペラシューズの場合はその逆サイド、つまりかかと側が大切。これは、オペラシューズは概してつま先側の幅が狭めだから。つま先側に合わせて選んでしまうと、かなり大きめのものを選ぶ羽目になってしまいます。順番としては、まずかかと側のサイズ感がちょうどいいものを選び、その上でつま先周りのフィット感とのバランスを見る、という流れが理想です。

アレンジの差が出来を分ける。オペラシューズの着こなし足元サンプル

普段使いするのは難易度が高そうなオペラシューズですが、要点さえ押さえればそう難しくありません。ポイントになるのは、パンツのシルエットやレングスとのバランス。そして、ソックスの有無や選び方。正解を導き出すためのスタイルサンプルで見てみましょう。

コーデ1

無造作感のあるロールアップを、ドレス感の中和剤に

無造作感のあるロールアップを、ドレス感の中和剤に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

まずは、じわじわきている総柄ニットにミリタリー系のチノパンを合わせた装いから。白ソックス見せで抜け感を出していますが、パンツの裾を無造作に折り返している点にご注目ください。左右のレングスをあえてチグハグで折るがゆえの力の抜けた感じが、オペラシューズのドレス感を中和する効果を発揮しています。難易度のハードルをグッと下げる裏技として、ぜひお手本にしたいテクニックです。

コーデ2

白ソックス魅せのワイドパンツで、品格と抜け感を両取り!

白ソックス魅せのワイドパンツで、品格と抜け感を両取り!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは、より太めなチノパン型のワイドパンツを合わせたスタイル。ワタリから裾までストンと落ちる極太シルエットですが、くるぶしにかかるかかからないかぐらいの気持ち短めのレングスなのがポイント。これにより、オペラパンプスのエレガントなフォルムがちょうどいい塩梅で引き立つことに。裾クッションを作ってもたつかせてしまうと、この軽快さとこなれた雰囲気は出せません。あえての白ソックスで抜け感に拍車をかけているのも、その一助に。

コーデ3

スラックス合わせは、あえてのハンパ丈が吉

スラックス合わせは、あえてのハンパ丈が吉

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今度は、ドレス顔のスラックスを合わせたコーディネート。ジャストレングスにしてしまうとトップスをカジュアルに寄せにくくなりますが、これはくるぶし見せの9分丈。しかも、素足履き(もしくはシューズインソックス履き)なので、Tシャツ&カーディガンというユルめな上半身とのバランスもしっかり取れた格好に。それでいて足元のオペラシューズから立ち上がる上品さを嫌味なく印象付けられます。

名門ブランドからも続々。オペラシューズの名品、おすすめ10足

現在は、英国やイギリスの歴史あるシューズブランドに限らず、国内外の新鋭もファッション解釈のオペラシューズを手がけています。作り手の世界観を足元のおしゃれの味方につけられる秀作をピックアップしました。

アイテム1

『トリッカーズ』チャーチル

『トリッカーズ』チャーチル

ring

ring

お気に入り追加

チャールズ皇太子御用達で知られるノーザンプトンの老舗が定番として作り続けている本作は、毛足が美しく整ったベルベット仕立て。継ぎ目なく流麗なトゥシェイプを描いたホールカットは、装飾性を省くことでエレガントなフォルムを強調。かかとのあるレザー仕立てのソールで歩きやすさを担保する一方、コバの張り出しがないため、素足履きしても極めて上品な足元を印象付けられます。

履き続けるべき価値がある。トリッカーズの革靴&ブーツ名作リスト

スニーカー・シューズ

履き続けるべき価値がある。トリッカーズの革靴&ブーツ名作リスト

今なお、多くのファッション好きを魅了し続ける『トリッカーズ』。その魅力をイチから掘り下げ、マスターピースと呼ぶにふさわしいラインアップを紹介します。

橋本 裕一

2019.10.15

アイテム2

『マグナーニ』オペラシューズ

『マグナーニ』オペラシューズ

Legare

Legare

お気に入り追加

スペイン発の『マグナーニ』が得意とするセミロングのノーズが印象的な本作も、ベルベット仕立て。リボン飾りの代わりにあしらわれた黒革のタッセルが、歩調に合わせてふさふさと揺れ動き、見どころの演出に一役買ってくれます。底付けは反りのいいマッケイ製法で、アウトソールにはしなやかかつ減りにくいスーパーフレックスソールを採用。

アイテム3

『バーウィック』4950

『バーウィック』4950

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

創業は1991年と、スペインの靴ブランドとしては比較的新しい『バーウィック』。モカ縫いを施したスエードアッパーに革パイピングを走らせ、ローファーに寄せたデザインに落とし込んでいます。とはいえ、サドルがないので流れるようなフォルムが引き立ち、ソールが薄いマッケイ製法を生かした低めの甲部も上品さを感じさせる佇まいに。

コスパの高い本格靴。バーウィックって知ってる?

スニーカー・シューズ

コスパの高い本格靴。バーウィックって知ってる?

品質・デザインともに優れたドレスシューズをリーズナブルな価格で提供している『バーウィック』。こだわりのモノ作りから、おすすめモデルまで迫ります。

近間 恭子

2019.09.12

アイテム4

『サントーニ』パテントレザープレーントゥスリッポン

『サントーニ』パテントレザープレーントゥスリッポン

ginlet(ジンレット)

ginlet(ジンレット)

お気に入り追加

イタリア生まれの本作は、エナメル加工された天然皮革であるパテントレザー仕立て。極めてフォーマルな革ゆえ色気が強過ぎるのかと思いきや、これはあえてのシワ加工を施したもの。そのため、ドレス感と脱力感が同居した、他にはないバランスのオペラシューズに仕上がっています。

サントーニのシューズでイタリア紳士を気取る

スニーカー・シューズ

サントーニのシューズでイタリア紳士を気取る

創業からわずか40年でイタリアのトップシューズブランドまで登りつめた『サントーニ』。老舗ブランドにも引けを取らない職人技とその魅力を深掘りします。

近間 恭子

2018.10.15

アイテム5

『リーガル』オペラシューズ

『リーガル』オペラシューズ

神戸の紳士靴専門店moda

神戸の紳士靴専門店moda

お気に入り追加

エナメル仕立てのアッパーにサテンのリボン飾りという、王道のスタイルに徹したオペラシューズ。ですが、足にやさしい履き心地のセミマッケイ製法を採用し、靴底はグリップ力があり、軽快に歩けるラバーソール仕立て。ゆえに、ジーンズやワイドパンツに合わせるカジュアルな装いにも合わせやすく、サクサクと街を歩けます。

革靴の王道。リーガルのおすすめシューズ15選

スニーカー・シューズ

革靴の王道。リーガルのおすすめシューズ15選

多くの男性に愛され、日本の革靴文化をけん引してきた『リーガル』。ビジネスマンから支持される同ブランドのおすすめモデルとともに、その魅力を改めて探ってみましょう。

近間 恭子

2021.03.08

アイテム6

『クインクラシコ』オペラシューズ

『クインクラシコ』オペラシューズ

クインクラシコ(Queen Classico)

クインクラシコ(Queen Classico)

お気に入り追加

本作は、神戸に本店を構える紳士靴の名店のバイヤーが企画から携わったオリジナル。美しく整えられたスエードで仕立てたアッパーは履き口が広めで脱ぎ履きがしやすい一方、かかとが抜けたりしにくく、ホールド感が高くなるよう設計されています。すっきりとしたフォルムを邪魔しない薄手のラバーソールは中央のパターンに工夫を凝らし、グリップ力を強化。

アイテム7

『アルフレッド バニスター』オペラスリッポン

『アルフレッド バニスター』オペラスリッポン

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

見た目からも革自体のしなやかさが伝わってくる、ソフトなスエード仕立て。リボン飾りを思わせるサドル風の切り替えを施し、それを履き口周りに一周させたディテールが特徴的です。しかもこれがあえてのスムーズレザー仕立てなので、全方位どこから見ても印象的なアクセントになっています。

アイテム8

『カルミナ』80829 スリップオン

『カルミナ』80829 スリップオン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『カルミナ』は、スペイン有数の靴メーカーが1997年に満を持して立ち上げたファクトリーブランド。そこに、日本の名店『トレーディングポスト』が発注をかけたのが本作です。装飾性をそぎ落とすことで、柔らかな曲線を描くフォルムが際立つスタイルを演出。シングルのレザーソールをマッケイ製法で底付けし、やさしい履き心地に仕上げられています。

アイテム9

『フィレンツェ アトリエ』オペラシューズ 3100-N

『フィレンツェ アトリエ』オペラシューズ 3100-N

本革てづくり靴工房 Casa de Paz

本革てづくり靴工房 Casa de Paz

お気に入り追加

甲部の高さを抑えつつ、ボールジョイントからつま先に向かってきれいにシェイプさせた本作は、熟練の靴職人が受注生産で仕立てるハンドメイド品。発色が良いヌバックアッパーの配色はブラックとブラウンが定番色ですが、全14色から選ぶことが可能です。圧巻のカラーバリエーションで遊ぶのも一興でしょう。

アイテム10

『ムッシュニコル』レザーオペラパンプス

『ムッシュニコル』レザーオペラパンプス

丸井(マルイ)楽天市場店

丸井(マルイ)楽天市場店

お気に入り追加

遊び心が欲しいときは、本作のようにエンボス加工に迷彩柄を施したものが戦力になってくれるかもしれません。起毛系のレザーではないものの、表面に綾織りのような凹凸が施されているのでツヤっぽく見えてしまう心配は一切なし。迷彩自体も黒とグレーのトーナルカラーなので悪目立ちなしでさりげない個性だけをアピールできますよ。

オペラシューズを長く履きたいなら、履く前のハーフソールを検討すべし

オペラシューズを長く履きたいなら、履く前のハーフソールを検討すべし

ナナパージュ

ナナパージュ

お気に入り追加

オペラシューズはソールの厚みを抑えたものが多いため、耐久性の面が気になるところ。実際グッドイヤー製法に限らず、マッケイ製法であってもオールソール交換は可能です。しかし、オペラシューズ自体のソールが薄いものが多いのでものによってはデリケートな場合も。コスパ的にも頻繁にオールソール交換をするわけにもいかないので、購入時にリペアショップでラバーソールを貼ってもらってハーフソール仕様にしておくのが懸命です。

スタイル不問のコインローファー。買いの15ブランド

スニーカー・シューズ

スタイル不問のコインローファー。買いの15ブランド

1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドをご紹介していきます。

近間 恭子

2021.08.31

ローファーのコーデに悩んだら。基礎から押さえる装いのノウハウ

スニーカー・シューズ

ローファーのコーデに悩んだら。基礎から押さえる装いのノウハウ

誰もがよく知るローファー。万能靴ともいわれるが、それを取り入れたコーディネートの基本とはいかなるものか。応用力を養うためにも基礎をイチから学んでおこう。

菊地 亮

2021.03.22

上品&リラクシング。レザースリッポンで足元から大人コーデを攻略しよう

スニーカー・シューズ

上品&リラクシング。レザースリッポンで足元から大人コーデを攻略しよう

品があるのに適度な抜け感を感じさせるレザースリッポンは、大人っぽいコーデの仕上げにうってつけです。選び方から着こなしサンプル、おすすめ品まで一気にご紹介!

平 格彦

2021.05.26

注目編集者
遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP