さりげない“ミリ感”を味方に。カーキのコート、その作法を解説

さりげない“ミリ感”を味方に。カーキのコート、その作法を解説

保守的に見え過ぎず、男らしさを醸せるコートの色として改めて注目したいのがカーキ。ミリタリー感漂う男の定番カラーを味方につけるための作法、そして選択肢を深掘り!

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.21

メンズファッションの定番色。秋冬のコートもカーキが都合良い

メンズファッションの定番色。秋冬のコートもカーキが都合良い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コートの季節を迎えると、毎年のようにモヤモヤするのが色選び。例えばお手軽に大人感を出せる黒は、着こなしの占める面積が広い分重たい印象になりがちです。そしてネイビーは無難な半面、かっちり感が強過ぎてコーデの幅が狭いし、かといってベージュは取り入れ方を1つ間違うとおじさん見えするのでやや上級者向け……。そんな定番色ならではの一長一短が、悩みの種につながるんですよね。ですが、そんな迷える男たちに救いの手を差し伸べる配色が意外と身近にあるってご存じですか? そう、それが今回フォーカスを当てるカーキです。

メンズファッションの定番色。秋冬のコートもカーキが都合良い 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ちなみにここでいうカーキとは、いわゆるオリーブ、あるいは軍モノにおけるオリーブドラブのこと。何が良いのかというと、まずミリタリーを連想させる配色ゆえに男らしさを味方につけられること。これにより、地味さやコンサバ感なしのコート姿に導くことができます。また、服飾史においてもミリタリー自体がもはやメンズファッションの基礎科目となっていて、デフォルト化しています。なので、実はカジュアルな装いはもちろん、ドレスな装いにも馴染みやすく、容易にコーデを完成させることが可能なんです。大人のコートの配色として考えれば、カーキは“弁慶に薙刀”な存在といっても過言ではありません。

カーキのコートと相性が良い色は? コーデとともに学ぶカラーマッチング

カーキ色のコートを生かすも殺すも、コーデに合わせる色次第なところがあります。果たして持ち味であるミリタリー感、あるいはそれに由来する男らしさを味方につけながらどんな印象変化を楽しめるのでしょうか。良きお手本になりそうなコーデサンプルから見ていきましょう。

カラーサンプル1

カーキ×ブラック:男っぽさを補完しつつアーバン&ストリートな空気を醸成

カーキ×ブラック:男っぽさを補完しつつアーバン&ストリートな空気を醸成

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パンツやシューズに黒を足すことで、カーキ本来の男らしさをブーストしつつソリッドな空気感を加味。コートはオーバーサイズを選び、パンツをフレアにすれば今どきのストリートテイストを醸すのも朝メシ前です。カーキが占める割合が多い分、パンツの黒が重たく見えないという利点もあります。

カラーサンプル2

カーキ×ベージュ:土っぽい組み合わせが、こなれた大人カジュアルを演出

カーキ×ベージュ:土っぽい組み合わせが、こなれた大人カジュアルを演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今度は、パンツにベージュを加えた場合のスタイルサンプルを見てみましょう。カーキとベージュは、どちらも土っぽさが漂う配色にして、ミリカジ(=ミリタリーカジュアル)の定番色同士。ゆえに、これぞ「ザ・アメカジ」ともいうべき安定の男らしさを印象付けられます。その一方で、どちらもアースカラーとしても認知されているナチュラルな配色という側面も。リラックス感のあるコート姿を目指すなら、この色合わせが近道になりますよ。

カラーサンプル3

カーキ×グレー:ホワイトよりも取り入れやすく、今っぽさを前面に押し出せる

カーキ×グレー:ホワイトよりも取り入れやすく、今っぽさを前面に押し出せる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カーキ色のコートが放つ男らしさをちょっとだけいなして、大人な印象に引き寄せたいときに使えるのがグレーを加えるこの色合わせ。写真のコーデで合わせているのは、グレンチェック柄のスラックスですが、グレーを効かせたことでクリーンさとタフさが同居する装いに落とし込めています。オフホワイトや白にも同様の効果が期待できますが、夏っぽさが前面に出てしまいがち。コートの季節感とトレンド感の訴求という意味合いでは、やはりグレーが好適といえそうです。

カテゴリごとにピックアップ。カーキのおすすめコート12着

カーキコートの長所や色合わせの勘どころがわかったら、お次は自分好みの1着を見つけるステップに駒を進めましょう。選択肢となるのは、4タイプ。モッズコートやキルティングコートといったこの色に馴染みのあるコートに加え、今季はステンカラーコートやダッフルコートといったトラッド顔コートにもカーキのものがお目見え。同じカーキ色でもその印象は“四者四様”です。

▼カテゴリ1:カーキといえば、これ。3シーズン活躍する「モッズコート」

▼カテゴリ1:カーキといえば、これ。3シーズン活躍する「モッズコート」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

モッズコートといえば、米軍が1950年代から60年代にかけて採用していた野戦用パーカーのこと。その出自からしてカーキという配色が板についているのは、言わずもがな。加えて、ミリタリー服とアメカジの親和性の高さも手伝って、いつものカジュアルに自然に取り入れることができます。また、海外ではウェルドレッサーと称賛される洒落者たちがドレス系の装いに取り入れることもしばしば。この冬はトラッド再燃の機運も高まっていますので、スラックスやジャケットの良き相棒にもなってくれそうです。ライナーの着脱によって、ロングシーズン着られる点も魅力。

モッズコートのざっくり感がまた恋しい。今らしい選び方と、おすすめ10着

ウェア・コーデ

モッズコートのざっくり感がまた恋しい。今らしい選び方と、おすすめ10着

ミリタリー人気の再燃から、久しぶりに袖を通してみたい機運が高まっているモッズコート。今着るにあたって意識したい作法やモノ選びのキモとは? 基本から掘り下げます。

遠藤 匠

2021.10.19

1着目

『ワイエムシーエルケーワイ』M-65フィールドパーカー レプリカ

『ワイエムシーエルケーワイ』M-65フィールドパーカー レプリカ

ミリタリー百貨シービーズ

ミリタリー百貨シービーズ

お気に入り追加

M-51フィールドパーカーの後継モデルとして1965年に誕生した、M-65フィールドパーカーを忠実に再現したレプリカモデル。先代モデルとの違いは、一体型だったフードを着脱式に変更され、ヘルメット対応の大型フードにサイズ調整が施されたこと。また、エポーレットを廃止し、ライナーがウールパイルからキルティングに変更されたのも1965年以降のモデルからといわれています。

2着目

『ロスコ』M-51 フィッシュテールパーカー

『ロスコ』M-51 フィッシュテールパーカー

Jalana(ジャラーナ)

Jalana(ジャラーナ)

お気に入り追加

こちらは、M-51型フィールドジャケットの民生用モデル。手がけているのは、米軍サプライヤーとしてさまざまな装備品を供給してきた『ロスコ』です。度詰めのコットンサテンボディやブラス製ジッパーといった本格ディテール満載で、当時の軍規格に限りなく近い佇まいを再現しています。フードは取り外せない作りですが、着脱可能なキルティングライナーが付属。エポーレットが男らしさの主張に一役買ってくれます。

3着目

『ヒューストン』ワイパー別注 M-51フィールドパーカー

『ヒューストン』ワイパー別注 M-51フィールドパーカー

ミリタリーショップWAIPER

ミリタリーショップWAIPER

お気に入り追加

「ヒューストン」のM-51フィールドパーカーが、「踊る大捜査線」の衣装として採用されていたというのは有名な話。本作は、そんな同社の定番に対し、ミリタリー系セレクトショップの『ワイパー』が別注をかけたこちらは、従来モデルと比べて身幅とアームを少しすっきりとさせ、サイズバランスを取るために着丈も気持ち短めに設計されています。着脱式のライナーは、ボディはパイル地で両袖がキルティング仕様になったハイブリッド型。

▼カテゴリ2:ミニマルゆえに映えるカーキ。「ステンカラーコート」の汎用性が心強い

▼カテゴリ2:ミニマルゆえに映えるカーキ。「ステンカラーコート」の汎用性が心強い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

正統派のすまし顔コートの代名詞であるステンカラーコートにも、カーキ色は増殖中。スーツやジャケットスタイルに新鮮さを持ち込める一方、インナーの色やデザインで遊んでも、コート自体の折り目正しさが大人らしさを担保した装いに落とし込んでくれます。

永世定番。ステンカラーコートの人気ブランド完全制覇

ウェア・コーデ

永世定番。ステンカラーコートの人気ブランド完全制覇

オン・オフで活躍してくれるアウターはなにかとうれしいもの。例えば容姿端麗にして楽に羽織れるステンカラーコート。なかでも信頼に足る実績十分な逸品は即手にしたい。

菊地 亮

2021.10.25

ステンカラーコートを春秋冬とおしゃれに着こなすためにすべきこと

ウェア・コーデ

ステンカラーコートを春秋冬とおしゃれに着こなすためにすべきこと

シンプルで汎用性が高いステンカラーコートは、大人の必需品。よりおしゃれに、大人らしく着こなすための選び方と、春・秋・冬の3シーズン活用できる着こなし方をご紹介!

平 格彦

2021.01.29

1着目

『グレンフェル』スリム キャンベル

『グレンフェル』スリム キャンベル

Cinq essentiel

Cinq essentiel

お気に入り追加

エリザベス女王からのロイヤルワラントを授かった英国の老舗による、正統派のステンカラーコート。ですが、採用しているコットンギャバジンは非常に高密度に織られたもので、防風性と耐久性に加え、撥水性も備わっています。「スリム キャンベル」自体は、定番として人気を博しているモデルで、トップボタン以外は比翼仕立てなのですっきりと印象で着こなせます。

2着目

『マッキントッシュ』GTS ダンカン

『マッキントッシュ』GTS ダンカン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『マッキントッシュ』のステンカラーコートといえば「ダンケルド」が有名ですが、本作はそれをオーバーサイズにアレンジした新定番。ウールにナイロンを混紡し、温かみと軽さを兼備させたツイルには、撥水性も備わっている一方、ほんのり浮かぶ光沢で高級感を印象付けることも。身幅と袖にゆとりがあり、今どきのゆったりシルエットで着こなせます。

3着目

『バブアー』ニュー バーレー

『バブアー』ニュー バーレー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

乗馬用コートとして誕生した「バーレー」という定番モデルに対し、現代的なアップデートが施されたのが本作。インナーカフスや脇下のベンチレーション穴といったディテールはそのままですが、着丈を膝が隠れるくらいの長丈に変更。表地はオイルドクロスではなく、撥水性に優れる2レイヤー素材を採用して軽やかな着心地に仕上げられています。

▼カテゴリ3:今年はこういう選択肢も。旬感も担保してくれる「キルティングコート」

▼カテゴリ3:今年はこういう選択肢も。旬感も担保してくれる「キルティングコート」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

古き良き乗馬コートからミリタリーライナーから派生したモノまで、キルティングコートにおいてもカーキは馴染み深い配色。とりわけ後者は、ミリタリー人気が再燃中という時流を味方につけられるという意味合いでも注目すべき価値は大いにありそうです。

上品かつ機能的。キルティングジャケットが大人な着こなしにハマる!

ウェア・コーデ

上品かつ機能的。キルティングジャケットが大人な着こなしにハマる!

保温性の高さはもちろん、軽くてボリュームを抑えた細身のシルエットが特徴のキルティングジャケットは、大人に最適のアウターだ。さっそくその理由を紹介していこう。

大中 志摩

2020.11.04

1着目

『バブアー』ニュー バーレー キルトナイロン

『バブアー』ニュー バーレー キルトナイロン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気モデルの仲間入りを果たしているロングコート仕様の「ニュー バーレー」に、キルティングボディのモデルがお目見え。微光沢が浮かぶナイロンツイルにダイヤモンドキルトを走らせたこの生地も、オイルドクロスと並ぶブランドの顔として広く認知されています。シルエットをスポイルしない絶妙な厚みの中綿で、確かな保温力も確保。

2着目

『ラベンハム』レイドン

『ラベンハム』レイドン

star&bars

star&bars

お気に入り追加

同社のキルティングコートの最古参モデルといえば「ミルデン」ですが、この「レイドン」はそのモディファイド版。「ミルデン」の王道感のあるボックスシルエットを細身のフィッティングに仕上げているのが特徴で、アームホールも可動域はしっかり確保しながらすっきり着られるサイズ感に。ジャケットの上にも羽織れますが、ニットやシャツに直接羽織ってもサマになるシルエットを意識して作られています。

3着目

『タイオン』ミル Vネック ダウンコート

『タイオン』ミル Vネック ダウンコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウターとして主役も張れるインナーダウンで頭角を表しつつある、タイオン」。瓢箪キルトでミリタリー感を前面に押し出したこちらのコートも、中綿ではなくダウンを贅沢にフィリングしています。表地はリップストップ織りのポリエステル生地なので、タフさは申し分なし。左右の裾には、ファスナーで開閉できるサイドベント兼ベンチレーションも備わっています。

▼カテゴリ4:冬にカーキを取り入れるなら「ダッフルコート」がさりげない

▼カテゴリ4:冬にカーキを取り入れるなら「ダッフルコート」がさりげない

WEAR

WEAR

お気に入り追加

旬のビッグシルエットで着るコートの選択肢として、セレクトショップからの提案を目にする機会が増えているのがダッフルコートです。教科書通りにカッチリ着るというより、ゆる~い印象に振り切って着るのが今の気分。なので、その配色も王道感のある紺やベージュではなく、力が抜けて見えそうなカーキがテンション的にもちょうど良いんです。そもそもはミリタリー由来の服ですが、今となっては文化系っぽい香りが漂うコートという位置付けに。なので、カーキの軍モノ感に苦手意識がある人にもおすすめです。

ダッフルコートに今季も注目。定番&ハイコスパなおすすめブランド15選

ウェア・コーデ

ダッフルコートに今季も注目。定番&ハイコスパなおすすめブランド15選

冬アウターの定番であるダッフルコートですが、クラシックファッション人気が継続していることもあり、今季も狙い目です。その選び方とブランドをご紹介!

山崎 サトシ

2020.11.19

ダッフルコートを大人っぽく着こなすための4つのテクとお手本コーデ

ウェア・コーデ

ダッフルコートを大人っぽく着こなすための4つのテクとお手本コーデ

ダッフルコートの注目度の高さはご存知の通り。ともすれば幼く見えたり野暮ったく見えたりするアウターですが、大人はどうおしゃれに着こなすべきでしょうか?

平 格彦

2020.12.06

1着目

『インバーティア』ニュートン アボット エキストラロング

『インバーティア』ニュートン アボット エキストラロング

粋な着こなし 楽天市場店

粋な着こなし 楽天市場店

お気に入り追加

ダッフルコートの歴史を語るうえで、必ずその名が浮上するのが、かつて『エルメス』のために生地を供給していたムーアブルック社という老舗生地屋。生産効率は非常に悪いものの、生地目がはっきりと浮かび上がるヘリンボーン生地は他にはない美しさゆえ、多くのメゾンブランドに愛されていたのだとか。このコートは、そんな伝説的なヘリンボーン生地をかつてムーアブルック社が使用していた旧式の織機を見つけ出して再現したもの。生地自体の厚さからは想像もできない軽やかな着心地は、紛れもない逸品であることを実感させます。

2着目

『グローバーオール』3681

『グローバーオール』3681

BOOTSMAN 楽天市場店

BOOTSMAN 楽天市場店

お気に入り追加

ダッフルコートの代名詞ブランドといえば、1951年の創業以来、英国内での生産を守り続けている『グローバーオール』。本作は、日本人の体型に合わせて製作されたスリムフィットの「920」をベースに、着丈を長く設計したロングコートモデル。採用しているメルトンは、裏地なしでも仕立て映えするウールとナイロンの混紡素材。堅牢な作りのレザーループや本水牛トグルなど、愛着を持って長く着るものとして仕立てられたコートであることを感じさせる意匠が満載です。

3着目

『ロンドントラディション』モンティ

『ロンドントラディション』モンティ

JACKPOT

JACKPOT

お気に入り追加

英国の老舗ファクトリーブランドが手がけたこちらは、流行に左右されないほどよくゆとりを持たせたシルエットに木製トグルを3つだけ施したすっきり顔が特徴。フードの開き具合は縁にあしらわれたスナップボタンで自在に調節でき、被っているときのフィット感に加えてフード自体のシルエットも自在に調整が行えます。

カーキに合う色とは? 着こなしをおしゃれに見せる5つの好相性カラー

ウェア・コーデ

カーキに合う色とは? 着こなしをおしゃれに見せる5つの好相性カラー

メンズの大定番カラーであるカーキ。似合う色を理解して適切に着こなすことができれば、コーデのおしゃれ度は格段にアップします。スタイルサンプルとともに詳しく解説!

平 格彦

2021.03.19

使い勝手抜群! カーキパンツで作るコーディネート集

ウェア・コーデ

使い勝手抜群! カーキパンツで作るコーディネート集

旬なミリタリーテイストを連想させるカーキ色のパンツが人気。ジーンズに匹敵する汎用性と新鮮みを両立する有能なアイテムなので、1本持っておいて損はありません。

平 格彦

2021.04.17

ミリタリー系もテーラード系も。流行のカーキジャケットについて知りたい!

ウェア・コーデ

ミリタリー系もテーラード系も。流行のカーキジャケットについて知りたい!

今季の流行アイテムであるカーキジャケット。王道はミリタリー系アウターですが、きれいめなテーラード型も注目度高め! 両雄の新作とコーデのポイントに迫ります。

山崎 サトシ

2017.10.17

コートの種類を再認識。チェックすべき10種のデザインと着こなし方

ウェア・コーデ

コートの種類を再認識。チェックすべき10種のデザインと着こなし方

目移りするほどに豊富なメンズコートの種類。定番から旬モノまで、押さえておきたい型を10種にまで絞り込み、着こなし例と合わせて解説します。

平 格彦

2021.09.24

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

ウェア・コーデ

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。特にここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

TASCLAP編集部

2020.11.06

万能すぎる黒コート。デザイン別に見るおしゃれなコーデサンプル集

ウェア・コーデ

万能すぎる黒コート。デザイン別に見るおしゃれなコーデサンプル集

アウターの中でも群を抜いて着回し力が高い黒コートを、今っぽくおしゃれに着るにはどうすればいいのでしょうか? その正解をデザイン別のコーデ例とともにご紹介します。

近間 恭子

2021.01.10

注目編集者
遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP