ジョージコックスはパンクスだけのものじゃない! 大人にすすめたいその理由

ジョージコックスはパンクスだけのものじゃない! 大人にすすめたいその理由

ツイストを刻むテディーズから、ポゴダンスを跳ぶパンクスの足元まで飾ってきた『ジョージコックス』のシューズ。音楽好き御用達な靴の新たな魅力を、改めて読み解きます。

那珂川廣太

那珂川廣太

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.31

そろそろ革靴の気分。今、新調するなら本場英国を感じるこんなブランドを

ここ数年続いたスニーカーブーム。特にトレランシューズの台頭以降の足元選びは、ボリューミーでコンフォートなソールを装着したスニーカー一辺倒ともいうべき状況でした。しかし、そろそろそんな潮目が変わりそうな気配。複数のメゾンブランドからヒールブーツがリリースされ、長らく続いていたスニーカーから再び革靴が注目を浴びる流れになってきました。

そろそろ革靴の気分。今、新調するなら本場英国を感じるこんなブランドを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

とはいえ、体に染み付いた楽な靴を履く快感はなかなか忘れられないところ。そこでTASCLAP編集部が注目したのが、かっちりしたルックスの革靴でありながら、トレンド感のある分厚いソールと高いクッション性を備えたアイテム。そう、『ジョージコックス』です。英国・ノーザンプトン生まれな老舗としての格もありつつ、音楽好きからモードな着こなしまで取り入れられてきた『ジョージコックス』は、足元選びのネクストトレンドになり得る存在ではないでしょうか!?

初めてのラバーソールはここだった。音楽とともにあった『ジョージコックス』の100年

初めてのラバーソールはここだった。音楽とともにあった『ジョージコックス』の100年

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イギリス靴の聖地、ノーザンプトンで1906年に誕生した『ジョージコックス』。当時は有名デザイナーやショップの靴を製造するOEMファクトリーとして活動してきましたが、その名が一躍知られるようになったのが1949年に世界で初めて革靴にゴム底を採用した「ブローセル・クリーパーズ」を発売したこと。日本では“ラバーソール”の呼び方でお馴染みの靴ですが、当時は紳士靴にゴム底を張るなど、極めてありえない行為。加えて名前も“brothel Creepers”(=売春宿を忍び歩きする人)となかなかにブラック。発売当初はあまりの異形ぶりに英国紳士のほとんどが驚き、眉をひそめたことは想像に難くありません。

初めてのラバーソールはここだった。音楽とともにあった『ジョージコックス』の100年 2枚目の画像

Z-MALL

Z-MALL

お気に入り追加

そして、そんな異形の靴に目をつけたのが、当時のイギリスの不良たち。テディボーイズと呼ばれた彼らは労働階級ながらサヴィルロウで仕立てたエドワード7世風の懐古主義的なドレープジャケットにスリムジム・タイを結び、タイトなスラックスを履く伊達男。異彩を放つ見た目なうえに、足音がしないためダンスや悪さする時にもぴったりな「ブローセル・クリーパーズ」は、傾奇者の彼らにとってまさに求めていた1足でした。

彼らテディボーイズはイギリスにとって音楽とファッションと不良文化が初めてクロスオーバーした、英国におけるカウンターカルチャーの源流ともいえる存在。彼らが『ジョージコックス』を愛したことで、その後にやってくる60年代のモッズや70年代のパンクスのファッションにも取り入れられ、若者のスタイルが変遷した後も『ジョージコックス』は変わらずに反骨精神を表す靴として彼らの足元を飾り続けることになったのです。

初めてのラバーソールはここだった。音楽とともにあった『ジョージコックス』の100年 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「セックス・ピストルズ」のジョニー・ロットン氏、「クラッシュ」のジョー・ストラマー氏といったUKパンク勢はもとより、甲本ヒロト氏やチバユウスケ氏といった日本のミュージシャンも愛用。そのインパクト溢れるルックスから、映画や漫画で作中人物の衣装として目にする機会も多い『ジョージコックス』。そのオリジナリティはデザイナーの創造力も刺激するようで、『コム・デ・ギャルソン』や『サカイ』、『アンダーカバー』などをはじめ、毎シーズンのようにさまざまなブランドとコラボレーションを発表しています。『ジョージコックス』の見た目は好きだけれど、別にパンクスではないし……という人はコラボアイテムを選ぶのも手ではないでしょうか。

ラバーソールだけが『ジョージコックス』ではない。英国銘柄ゆえの職人技術にも注目

ラバーソールだけが『ジョージコックス』ではない。英国銘柄ゆえの職人技術にも注目

THREE WOOD 楽天市場店

THREE WOOD 楽天市場店

お気に入り追加

そのルックスやカルチャーとのかかわりばかりが語られがちな『ジョージコックス』ですが、実は作りも秀逸。日本企画のライセンスモデルなどは海外生産ですが、定番アイテムは今なおノーザンプトンのファクトリーで製造されており、英国靴らしいこだわりを味わうことが可能です。『ジョージコックス』同様に厚底のクレープソールを装着した靴は他にもありますが、その多くが生ゴムのテープでソールとアッパーを覆って接着するマッドガード製法と呼ばれる仕立て方であり、基本的に修理はNG。しかし『ジョージコックス』の「ブローセル・クリーパー」の場合は独自のウェルト製法を用いており、ソール交換が可能です。ただし使用する部材が他の靴と比べて特殊なため、修理店に対応可能かどう尋ねたほうが良いでしょう。また、70年代以降の『ジョージコックス』製品でも使用しているエアクッションソール(『ドクターマーチン』と同じソール)の場合はソールを熱圧着しており修理方法も特殊なため、ソール交換の難易度が高い点もご注意を。

まずは『ジョージコックス』の代表作。「ブローセル・クリーパー」をおさらい

まずは『ジョージコックス』の代表作。「ブローセル・クリーパー」をおさらい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

まず『ジョージコックス』で押さえておきたいのが、いわゆる厚底のクレープソール「ブローセル・クリーパー」を履いたモデルでしょう。なかでもこの「3588 ギブソン」はヴィヴィアン・ウエストウッド氏 とマルコム・マクラーレン氏が ロンドンのキングスロードで開いたセレクトショップ「セディショナリーズ」で取り扱われたことで当時のパンクスたちがこぞって履いた1足。マクラーレン氏がプロデュースしていた「セックス・ピストルズ」はもちろん、「ダムド」に「ストラングラーズ」「シャム69」「バズコックス」「ジェネレーションX」とそうそうたるメンバーの足元を飾ってきた名作シューズとして知られています。90年代後半には『ミルクボーイ』のボンテージパンツや『クリストファーネメス』のクロップドデニムと一緒に、原宿のキッズたちの間で人気を博したのも記憶に新しいところです。

まずは『ジョージコックス』の代表作。「ブローセル・クリーパー」をおさらい 2枚目の画像

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

その最大の特徴であるソールは実は厚さによって複数のバリエーションがあり、ソールが厚くなるに従ってIV、V、VIと数字が増えていきます。ちなみにVソールでつま先約23mm&かかと部35mm、VIソールでつま先28mm&かかと部40mmといった具合。クッション性の高さは言うまでもなく、足長&身長補正の効果もあるため、履けば視界が変わって自分のスタイルに少し自信が湧くところもうれしいオマケです。ちなみにソールの内部は40mmみっちりとゴムが詰まっているわけではなく、軽量化や安定性の確保のために構造材で底上げされているため、ソール交換はマメにおこなうのがおすすめです。また、見た目通りしっかりと重いため、厚手のソックスと合わせたほうが良いでしょう。

ソールの種類も多種多様。『ジョージコックス』のレパートリーおすすめ12選

定番の「クリーパーソール」を採用したモデル以外にも、エアクッションソールのモデルからリップルソールのモデル、スニーカーまでさまざまなバリエーションを備える『ジョージコックス』。トレンドは20年周期で繰り返すといわれるものですが、そろそろ同ブランドが再び注目を浴びそうな気配が濃厚です。

1足目

14307 チャッカ

14307 チャッカ

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

お気に入り追加

『ジョージコックス』といえば白×黒や赤×黒のコンビカラーのモデルやレオパード柄のハラコなど、ロックなカラーや素材を使った短靴仕様が定番。しかし今履きたいのは、逆にこんなモデルではないでしょうか? 6ホールのチャッカタイプで、サンドベージュのスエードレザーのアッパーならロックやパンク以外のスタイルにもフィットしつつ、ボリューム感も抜群。しなやかな素材のため、履きはじめから足馴染みが良い点も魅力です。ホールド感に優れるチャッカタイプなら、ネックの重さも気にならないでしょう。

2足目

3705 ギブソン

3705 ギブソン

BOOTSMAN 楽天市場店

BOOTSMAN 楽天市場店

お気に入り追加

ラウンドトゥの「3588 ギブソン」よりも、テディボーイズ&ロカビリー感の強いアーモンドトゥを採用したのが「3705 ギブソン」。ソールもVIソールと比べて約5mm薄いVソールが装着されており、つま先の柔軟性が確保されているため歩きやすいのもうれしいところ。

3足目

12508 ガラシュブローグ

12508 ガラシュブローグ

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

お気に入り追加

ロングウイングチップのアッパーに、ブローセル・クリーパーソールを装着したこちらのモデルはどことなくモードな雰囲気。さすがノーザンプトンブランドだけあって、ドレスなアッパーの仕立ても秀逸です。ドレスシューズのアッパーにラバーソールを履かせるのは『フット・ザ・コーチャー』が得意としているツイストですが、もちろんそれは“『トリッカーズ』に『ジョージコックス』のソールを履かせたらどうなるか?”というのが発想の原点だったハズ。こうしてラバーソールの本家からリリースされることを待ち望んでいた人も多いのでは?

4足目

13575 サドル オックスフォード

13575 サドル オックスフォード

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

お気に入り追加

ロカビリーな着こなしはもちろん、アメリカントラッドな着こなしに欠かせないサドルシューズ。ですが、あえて英国ブランドの『ジョージコックス』を選ぶという手はいかがでしょう。こちらは店舗別注によってレザーソールが装着されており、英国靴らしくトゥの丸みも穏やかでシルエットもすっきり。アメリカ製のサドルレザーでありがちなガラスレザーではなく、スムースレザーをアッパーに使用しているため、ドレスシューズの延長線上で履きこなせる品の良さも加わっています。

5足目

7409 エンジニアブーツ

7409 エンジニアブーツ

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

お気に入り追加

90年代後半から2000年代前半にかけて『ジョージコックス』が注目を浴びた理由の1つが矢沢あいの漫画『NANA』の存在。作中でもさまざまな登場人物が「ギブソン」をはじめとしたモデルを履いていましたが、こちらのエンジニアは映画版の『NANA』で中島美嘉氏演じる主人公が履いていたエンジニアブーツと同じもの。リップルソールの厚底仕様という攻めたソール構成に『ジョージコックス』らしさが光ります。

6足目

900B チェルシーブーツ

900B チェルシーブーツ

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

お気に入り追加

ハンブルグ時代の「ビートルズ」が履いていたことでもお馴染みのチェルシーブーツに、エアクッションソールを装着。ラバーソールだけでなく、エアクッションやレザーソールなど多様なソールを巧みに使い分けることができるのは『ジョージコックス』の強みであり、さまざまなブランドのOEMを担ってきた経験と実力のほどがうかがえる部分でもあります。

7足目

タッセルローファー

タッセルローファー

セレクトショップ JACKPOT STORE

セレクトショップ JACKPOT STORE

お気に入り追加

スキンズから愛用された『フレッドペリー』とのコラボレーションモデルでは、彼らの足元に欠かせないタッセルローファーをベースに選択。細身のラストにクレープソールを組み合わせており、『フレッドペリー』の黒×黄ポロシャツやサスペンダー、ライトブルーの「505」と組み合わせれば正統派なスキンズスタイルが完成!

8足目

14150 fホール

14150 fホール

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

お気に入り追加

パッと見は定番の「ギブソン」と同じように見えますが、こちらはサイドにグレッチのギターを彷彿とさせるマークが施された「fホール」。特にこちらの別注モデルは黒×赤の配色と相まってかなり音楽的要素が強いデザインのため、思いきりロック&パンクに履きこなすのも正解ではないでしょうか。

9足目

37B 3ホール ギブソン

37B 3ホール ギブソン

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

お気に入り追加

エアクッションソールを採用したオックスフォードタイプの3ホールブーツ。『ドクターマーチン』の歩き心地は好きだけれど、イエローステッチが施されているので会社で履くのはちょっと……とためらっている人はこちらをどうぞ。今でもMADE IN ENGLANDを守り抜いている点もうれしいポイントです。

10足目

ウイングチップレザーシューズ

ウイングチップレザーシューズ

CRAWLER

CRAWLER

お気に入り追加

ホワイトのピッグスエードを使ったアッパーに、厚めのエアクッションソールを採用したウイングチップ。タイトなモッズスーツと合わせるのはもちろん、アメリカ式のロングウイングのため、ホワイトバックスの感覚でプレッピーな装いにツイストを加える、といった着こなしも可能ではないでしょうか。

11足目

14481 8ホール インサイドジップ ダービー

14481 8ホール インサイドジップ ダービー

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

GEORGECOX SHOP FUKUOKA

お気に入り追加

シューレースをパラレルで通し、ガチガチに締めて履くのがUKワークブーツの正解。そのため脱ぎ履きが非常に面倒なのが難点ですが、こちらのダービーシューズは内側にジップが付いているため楽ちん。スエード素材のため足当たりも非常にしなやかで、ハード過ぎないルックスなのもうれしいところです。

革靴の紐の結び方。定番のシングルとパラレルを解説

スニーカー・シューズ

革靴の紐の結び方。定番のシングルとパラレルを解説

革靴の靴紐って、何となく結びがち。でも実は結び方によって印象やホールド感が変わります。シングルとパラレルという代表的な結び方2タイプを覚えて、使い分けましょう!

平 格彦

2021.03.02

12足目

15364 ギブソン パテント シャークソール

15364 ギブソン パテント シャークソール

THREE WOOD 楽天市場店

THREE WOOD 楽天市場店

お気に入り追加

クリーパーソールとエアクッションソールに加えて、『ジョージコックス』が靴作りで多用するのがシャークソール。もともとジャングル地帯のミリタリーブーツ用として開発されたシャークソールは、その名の通りサメの歯のようなギザギザなパターンが特徴。クリーパーやエアクッションと同様に弾むような歩き心地を備えており、ボリューム感ある見た目も印象的です。

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

スニーカー・シューズ

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

深澤 正太郎

2019.09.24

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

スニーカー・シューズ

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ

2019.09.19

注目編集者
那珂川廣太

アメカジ&アメトラを中心にラギッドな視点で解説

那珂川廣太
バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP