キャンプマットがあればアウトドア泊でもぐっすり。快眠が叶う12のおすすめ

キャンプマットがあればアウトドア泊でもぐっすり。快眠が叶う12のおすすめ

テントでの寝心地に多大な影響を与えるキャンプマット。製品によって断熱性やデザインなどに違いがあるため、自分のスタイルに合うモノをしっかり見極めましょう!

ai sato

ai sato

SHARE
記事をお気に入り
2021.11.01

快適な睡眠を実現。キャンプマットはオールシーズン必須です

快適な睡眠を実現。キャンプマットはオールシーズン必須です

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

テントや車など普段と違う環境で寝ることもあって、アウトドアシーンでの睡眠は疲労度が残りがち。快眠を得られなければ翌日のパフォーマンスにも影響が出てしまうため、ぜひとも睡眠の質は上げたいところです。というわけでキャンプマット(=テントマット)の出番です。これさえあれば、地面の凸凹や冷たさなどの影響を受けにくくなり、寝心地がグーンとアップ! 快適な睡眠を手に入れることができるんです。

キャンプマットってそもそも何? 導入することで得られるメリットとは

キャンプマットはアウトドアシーンでの快眠に必須であることがわかったところで、早速その魅力をクローズアップ! そもそもキャンプマットとはどんなアイテムなのか? そして取り入れることでどんなメリットがあるのか? そのあたりからひも解いていきましょう。

メリット1

硬い&凸凹の地面でも快適な眠りをサポート

硬い&凸凹の地面でも快適な眠りをサポート

モダンデコ

モダンデコ

お気に入り追加

テントで寝る場合、どうしても地面の状態が直接影響してくるというのが辛いところ。平坦ではなかったり、砂利などの凸凹が気になったりと、テント内は基本的には寝づらい場所です。そこで快適に寝るために大活躍してくれるのがキャンプマット。寝袋の下に敷くことで、地面の硬さや凸凹などをきちんと和らげてくれて、マットレスの代わりになってくれます。というわけで、快適な睡眠を得るためには欠かせないアイテムなんですね。

メリット2

高い断熱効果が底冷えを軽減

高い断熱効果が底冷えを軽減

AND・DECO OUTDOOR

AND・DECO OUTDOOR

お気に入り追加

寒さが厳しい冬はもちろん、たとえ夏でも夜は想像以上に冷えるのがアウトドアシーンの常識。どんなに高性能の寝袋を使っても、底冷えしてしまって眠れなかった……なんていう経験がある人もいるのでは? そんな寒さ対策にも抜群の効果があるのがキャンプマットなんです。これを1枚敷くことで、地面からダイレクトに受ける寒さの影響が軽減され、寝袋のパフォーマンスもバッチリ! 真冬や寒冷地でのキャンプなど、より断熱性を求めるシチュエーションであれば、数あるキャンプマットの中でもしっかりと厚みのあるモノを選びましょう。 

代表的な3タイプはこちら。キャンプマットの種類を知っておこう

キャンプマットといっても、その素材や断熱性はさまざま。手軽に購入できてコンパクトなタイプや、クッション性のあるモノなど、使用する季節やテントとの相性など、自分のキャンプスタイルと合うモノを選びたいところ。そのためにも、代表的なキャンプマットの種類をここでチェックしましょう。

種類1

コスパに優れる銀マット

コスパに優れる銀マット

ヒロチー商事 ハーレー 楽天市場店

ヒロチー商事 ハーレー 楽天市場店

お気に入り追加

一般的に1番使われているのは、通称“銀マット”。正確にはアルミシート付きの発泡式マットです。ホームセンターなどで1,000円程度から手に入れることができ、たたんだり丸めたりと収納も簡単。薄い製品が多いですが、そこまで寒さを気にしなくても過ごせるような春や秋のキャンプであれば問題ナシ! 自分でサイズ調節ができるモノも多いので、大きめなモノを用途に合うサイズにカットしたり、二重に敷いたりとアレンジ自在。コスパと携帯性に優れたマットを探しているなら、こちらがおすすめです。

種類2

EVAフォーマット

EVAフォーマット

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

軽くて弾力性のあるEVAと呼ばれる合成樹脂を使ったマットです。発泡素材なので厚みがあってかさばりますが、見た目より軽く広げるだけですぐ横になれる手軽さが人気。断熱性に優れており、底冷えを防ぎたいというシチュエーションには最適です。また、銀マットより硬めで表面に凹凸が付いているEVAマットは、多少ラフな地面の上にも敷けるうえに耐久性も◎。地面の状態が多少悪くても、このタイプのマットがあれば睡眠の質を下げずに済むはずです。

種類3

インフレーターマット

インフレーターマット

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

エアマットと同じく空気を入れて膨らますマットですが、その空気を自動で入れられるのが最大の特徴。バルブを開けてマットを広げれば自然と空気が入るとあって、自力で空気を入れなければならないエアマットよりも設営しやすく便利です。自分好みの寝心地にするためには、最終的に空気入れや自分で息を吹き込んで調節する必要はありますが、軽くてコンパクトに収納できるので、流行りのソロキャンプにはもってこい。ただ、風船と同じ構造なので、パンクにだけは注意しましょう。

キャンプでもぐっすり快眠。エアーベッドをテント泊の相棒にいかが?

アウトドア・キャンプグッズ

キャンプでもぐっすり快眠。エアーベッドをテント泊の相棒にいかが?

圧倒的な快適さで睡眠を格上げするエアーベッド。持ち運びが楽なことからキャンプや車中泊で使用する人が急増中! 寝袋とは一味違うアウトドア寝具を導入してみましょう。

金山 靖

2021.06.20

どんな場所でも快眠が叶う、キャンプマットのおすすめ12選

アウトドア泊でのキャンプマットの重要度がわかったところで、早速おすすめのアイテムをピックアップ! 睡眠の質を左右するものだからこそ、しっかりとそのタイプや質をチェックして、自分のキャンプスタイルにぴったりのマットを選ぶのがポイントです。

アイテム1

『キャプテンスタッグ』シルバーキャンピングジャバラマット<S>

『キャプテンスタッグ』シルバーキャンピングジャバラマット<S>

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

さっと広げて敷くだけで気軽に使えるアルミシート付きの発泡マットです。薄くたためるうえに、収納や携帯する場合にも便利なゴムバンド付きというのが高ポイント。薄手ながらアルミシートと発泡ポリエチレンを重ねてあるため、きちんと冷気をシャットアウトしてくれるのがうれしいですね。かさばらずに価格もお手頃とあって、何枚か重ねたりテント全体に敷き詰めたりと、使い方の幅が広いというのも魅力的。

新潟県燕三条市発。キャプテンスタッグは日本の正統アウトドアブランドだ

アウトドア・キャンプグッズ

新潟県燕三条市発。キャプテンスタッグは日本の正統アウトドアブランドだ

“身近な名品”という言葉が似合うアウトドアブランド『キャプテンスタッグ』。「買いやすさ」「使いやすさ」を信条に掲げる名門は日本のキャンパーたちの頼れる存在です。

押条 良太

2021.10.30

アイテム2

『サーマレスト』Zライトソル レギュラー

『サーマレスト』Zライトソル レギュラー

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

空気を取り込む凸凹フォームで保温性を高めたZライトは、耐久性がありながらソフトな質感が自慢。そこにさらにアルミのシートをプラスすることで、断熱性をアップさせたのがこちらの3シーズン用のマットです。アルミが付いていないモノと比べると、暖かさが20%増しになっており、Zライトフォームのおかげで快適な寝心地もお墨付き。アコーディオン式に折りたたむ収納なので、設置も片付きも簡単で、車に1つ積んでおくのにもおすすめです。

アイテム3

『サーマレスト』Zライト

『サーマレスト』Zライト

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

こちらも凸凹のフォルムが空気をしっかりと取り込んで、温かさをキープしてくれるZライトフォームのマット。タフさや柔らかな素材感はそのままに、アルミなしのシンプルなデザインで、3シーズンにわたってより軽快な使い心地が楽しめます。簡単に折りたためるので、収納するときも楽ちん。渋めの色合いは、最近注目されているミリタリーテイストなキャンプギアとも相性抜群です。

アイテム4

『バンドック』フォールディングマット

『バンドック』フォールディングマット

スポーツオーソリティ 楽天市場店

スポーツオーソリティ 楽天市場店

お気に入り追加

すっきりコンパクトに収納できるフォールディングマットの中でも、コスパの良さでは群を抜いていると評判の1枚がこちら。タフに使えるシングルサイズの発泡マットとしては、かなりお手頃価格とあって、キャンプ初心者にもおすすめ。中級者以上でも、とりあえず車の中に1つ置いておきたいときなどに気軽に取り入れられますよ。使うときも収納するときも、パッと広げたりたたむだけだったりという、シンプルな作りも◎。

アイテム5

『オガワ』フォームマット2

『オガワ』フォームマット2

ナチュラム キャンプ専門店

ナチュラム キャンプ専門店

お気に入り追加

15mmのしっかりとした厚さと120cmの横幅でソロキャンプにはもちろん、ダブルサイズのマットとしても大活躍。この余裕のサイズでありながら、収納や携帯用のパッキングサイズはきちんとコンパクト。しかも付属のバッグに入れればさらに持ち運びやすいというのも魅力です。シングル2枚よりも場所を取らないため、カップルや親子で使うならこれ1枚を常備しておくのもありです。

アイテム6

『ロゴス』セルフインフレートマット

『ロゴス』セルフインフレートマット

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

表裏で爽やかなグリーンと暖かみのあるオレンジと別々のカラーを採用した、リバーシブルデザインのマット。シーンや季節などで使い分ければ、違った表情のマットとして楽しめるのが魅力ですね。バルブを開ければ自動で空気が注入できるインフレータータイプで、エアークッションならではの軽やかなクッション性と、セッティングの簡単さでアウトドア初心者にもやさしいアイテムとなっています。

アイテム7

『ロゴス』セルフインフレートマットDUO

『ロゴス』セルフインフレートマットDUO

ニッチ・リッチ・キャッチ

ニッチ・リッチ・キャッチ

お気に入り追加

同じく『ロゴス』のセルフインフレートマットのダブルサイズバージョンです。カップルや家族2人で使うならこちらがおすすめ。ソロタイプと同じく表はネイビー、裏はベージュのリバーシブルデザインとなっており、好みに合わせて使い分けが可能。ちなみにこちらは限定カラーなので、さりげなく人と差をつけるにもぴったり。もちろん自動で厚さ7cmまで膨らむ高弾力クッションで、寝心地の良さもお墨付きです。

ファミリーキャンパー御用達。ロゴスのキャンプグッズとウェアが使える

アウトドア・キャンプグッズ

ファミリーキャンパー御用達。ロゴスのキャンプグッズとウェアが使える

キャンプブームの影響でアウトドアブランドが注目されています。なかでもコスパの良さや家族向けグッズの豊富さでキャンパーから人気なのが『ロゴス』。その魅力をご紹介!

ai sato

2019.10.20

アイテム8

『カモック』インシュレーテッド ポンゴ

『カモック』インシュレーテッド ポンゴ

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

クールなグレーがスタイリッシュなこちらのマットは、睡眠時の寒さを防ぐために合成断熱材を使って断熱性をアップ。そのおかげで3シーズン使えるマットに仕上がっています。独特の形状が印象的ですが、これはハンモックでのキャンプに使えるように作られたモノ。この先細りの形なら、ハンモックの上でも平らな寝床を作ることができ、不要な滑りを防いでくれます。

アイテム9

『スノーピーク』インフレーターキャンピングマット 2.5w

『スノーピーク』インフレーターキャンピングマット 2.5w

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

高いクッション性とやさしい寝心地で人気の高いインフレーターマット。こちらはシングルサイズですが、サイドのベルクロを使って連結すればワイドサイズとして使うこともできます。マット内には軽量なウレタンフォームが内蔵されているほか、裏地にはノンスリップ加工が施されるなど、快適な睡眠のためのこだわりが盛り沢山! さらにインフレーターマットはパンクが心配ですが、こちらはリペアキット付きなので、万が一のアクシデントにも対応可能です。

アイテム10

『ディーオーディー』ソトネノキワミ M

『ディーオーディー』ソトネノキワミ M

XPRICE楽天市場店

XPRICE楽天市場店

お気に入り追加

厚さ10cmの体を包み込むような寝心地が自慢のマットに、高さの調節できる枕の付いたセット。マットは自動で膨らむオートマチックエアバルブ、枕はエアポンプ機能付きでマットの空気量の調節に使えます。マットの外側には丸洗いできるシーツが付いており、清潔に使えるのもうれしいポイント。こちらはダブルサイズとして使えるMサイズですが、他にSとLサイズもあるので、人数やテントの大きさに合わせて選びましょう。

アイテム11

『サーマレスト』プロライトプラス

『サーマレスト』プロライトプラス

山渓オンラインショップ楽天市場店

山渓オンラインショップ楽天市場店

お気に入り追加

空気を均一に含むことができる断熱性の高いアトモスフォームを、独特のダイカット方式でさらに重量を減らし、軽さと暖かさを両立させたインフレーターマット。このフォーム素材を使うことで、万が一パンクした場合でも最低限のクッション性と断熱性をキープできるため、キャンプ上級者からの信頼も厚いモデルです。スリムなフォルムは、収納のしやすさだけでなく、マミー型の寝袋とも好相性というメリットが。

アイテム12

『コールマン』キャンパーインフレーターマット ハイピーク ダブル

『コールマン』キャンパーインフレーターマット ハイピーク ダブル

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

シックなカラーと広々としたダブルサイズが印象的なこちらは、バルブを開くだけで、最大で厚さ10cmのマットレスが完成し、自宅のベッド並みの寝心地を実現。バルブには逆止弁が付いているため、収納時や加圧時にも空気の逆流を防ぐことができるという、使い勝手の良さも人気の要因。膨らみが足りないときには、付属の収納ケースをポンプ代わりにして空気を送り込むことができるというのも便利ですね。

寝袋を正しく選んで朝までぐっすり。快眠が叶うおすすめシュラフ15選

アウトドア・キャンプグッズ

寝袋を正しく選んで朝までぐっすり。快眠が叶うおすすめシュラフ15選

キャンプでの快眠に欠かすことのできない寝袋(シュラフ)。いったいどんなモノを選べばいいのか? 初心者が迷いがちなその選び方とおすすめアイテムをレクチャーします。

ai sato

2021.10.08

キャンプで睡眠の質を上げる、コットの正しい選び方と使い方

アウトドア・キャンプグッズ

キャンプで睡眠の質を上げる、コットの正しい選び方と使い方

キャンプをするなら寝袋を買い揃えようと思うのが普通だと思いますが、私ならコットをおすすめします。より快適に寝られるのはもちろん、何かと使い勝手が良く重宝します。

池田 やすゆき

2020.07.31

ポップアップテント&ワンタッチテント20選。購入する前に知りたい選び方

アウトドア・キャンプグッズ

ポップアップテント&ワンタッチテント20選。購入する前に知りたい選び方

アウトドアレジャーで手軽に設営できるポップアップテントやワンタッチテントが人気急上昇。これから購入するなら知っておきたい選び方やおすすめモデルをご紹介します!

ai sato

2021.08.12

注目編集者
ai sato

インテリアやアウトドア記事をメインに担当

ai sato
サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP