短丈で小粋に。バブアーのトランスポートに熱視線

短丈で小粋に。バブアーのトランスポートに熱視線

英国生まれの永世定番ブランド『バブアー』。「ビデイル」や「ビューフォート」が有名ですが、今っぽく装うなら昨今復刻された「トランスポート」こそが筆頭候補でしょう!

2022.01.03
SHARE
記事をお気に入り
押条 良太

執筆者

暮らしを豊かにする、“定番”の魅力を探究

押条 良太
「MEN′S CLUB」編集部を経て独立。「OCEANS」「Begin」、「UOMO」、「LEON」、「GQ」などのメンズ誌やブランドのカタログ、広告を手がける。得意分野はドレスからアメカジ、靴、ウェルネス、美容と幅広い。シングルフィンログをこよなく愛するサーファーでもある。 記事一覧を見る
...続きを読む

古着愛好家が歓喜した復刻。『バブアー』の「トランスポート」とは

古着愛好家が歓喜した復刻。『バブアー』の「トランスポート」とは

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

さまざまなジャンルの復刻モデルが話題をさらう昨今のファッションシーン。その中でも特に世の服好きたちから脚光を浴びたのが、『バブアー』の「トランスポート」でした。『バブアー』のベーシックなアイテムを軸にした「ホワイトレーベル」から復刻された同モデルは、大定番の「ビデイル」や「ビューフォート」と比べると、どちらかというと知る人ぞ知る存在。しかし、長過ぎず、かつ短過ぎない“ちょうどいい短丈”は、幅広い着こなしにマッチするうえ、軽快なイメージは今の気分にもマッチ! コーチジャケット感覚で“カジュアルに着られるバブアー”としてブレイクを果たしたのです。本記事ではそんな今1番ホットな『バブアー』の魅力を深堀りします。

▼歴史:販売期間は約10年間。弾数も少ない希少な『バブアー』

▼歴史:販売期間は約10年間。弾数も少ない希少な『バブアー』

「トランスポート」の魅力を語る前に、まずは『バブアー』の歴史をおさらいしておきましょう。英国をはじめ、世界中のアウトドアマンに愛される『バブアー』のルーツは、1894年にイングランド北東部のサウスシールズ港で生まれた防水防寒衣料メーカー。独自のワックスで加工されたコットンが使われた防水ジャケットが有名で、エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子という3つのロイヤルワラント(英国王室御用達)の栄誉に浴する名門中の名門ブランドです。代表モデルは「ビデイル」や「ビューフォート」「ボーダー」など。それぞれデザインやディテールは共通する部分が多いのですが、モデルによって着丈が異なるため印象がガラリと変わります。

▼歴史:販売期間は約10年間。弾数も少ない希少な『バブアー』 2枚目の画像

今回注目する「トランスポート」はそんなラインアップの中でも隠れた名作。しかし展開時期が1990~2000年代と短いこともあって、知名度はそれほど高くなく、ヴィンテージ市場でも入手が難しいレアモデルとなっています。『バブアー』好きの間でも「名前は知っているけど、実物を見たことがない」という人も少なくありませんでした。

▼特徴:「トランスポート」の丈感は、「スペイ」以上「ビデイル」未満

▼特徴:「トランスポート」の丈感は、「スペイ」以上「ビデイル」未満

「なぜ今、トランスポートが良いのか?」。その1番大きな理由は、前述したように着丈にあります。インラインで展開される「トランスポート」の着丈は65cm(サイズ38)。乗馬用に開発された「ビデイル」は75cm(サイズ38)で、フライフィッシングの際に水に浸かりにくいよう設計されたショート丈の「スペイ」は60cm(Mサイズ)。この“スペイ以上、ビデイル未満”の着丈が絶妙の塩梅で今のスタイリングにぴったりハマるのです。

▼特徴:「トランスポート」の丈感は、「スペイ」以上「ビデイル」未満 2枚目の画像

▼特徴:「トランスポート」の丈感は、「スペイ」以上「ビデイル」未満 3枚目の画像

「トランスポート」が今の気分にしっくりくる理由は着丈の他にも。例えば、左右にあしらわれたハンドウォーマーと直線的な裾のデザイン。こうしたコーチジャケットを思わせるスポーティなディテールのおかげで、きれいめなトラッドスタイルだけでなくストリートなカジュアルスタイルにも違和感なく合わせることが可能なんです。加えて全体的にゆったりとしたシルエットも今どきのスタイリングとの相性も抜群。つまり、「トランスポート」は『バブアー』の数あるモデルの中でも汎用性がずば抜けて高い、といえるのです。

レイヤードに最適。「トランスポート」ならではの短丈をどう着こなすか

『バブアー』の「トランスフォート」がスタイリングにもたらす恩恵を検証しましょう。このモデルをメインアイテムにした3体のコーディネートをピックアップしました。存在感を生かしてシンプルに着こなすもよし、短い着丈を生かしてレイヤードするもよし。万能アウターというべきその実力をご覧ください。

着こなし1

トレンドのワイドパンツを合わせ、大人のモノトーンスタイルを構築

トレンドのワイドパンツを合わせ、大人のモノトーンスタイルを構築

WOODY HOUSE online

WOODY HOUSE online

お気に入り追加

コーデュロイ襟やワックスドコットンなど、もともと存在感がある『バブアー』はシンプルなスタイリングでも十分サマになるパワーアウター。この着こなしではハイネックの無地のニットとワイドなカーゴパンツで旬のエッセンスを取り入れています。加えて全体の色数を抑えたカラーコーデによって大人の落ち着きを表現。重くなりがちな冬のモノトーンコーデも、「トランスポート」の絶妙なショート丈のおかげで軽やかに映ります。

着こなし2

レイヤードで見せるユルカジスタイルにはコーチジャケット感覚で

レイヤードで見せるユルカジスタイルにはコーチジャケット感覚で

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ストリートやアメカジなど、カジュアルな着こなしとの相性の良さが「トランスポート」の最大の強み。例えば、トップスにオーバーサイズのスウェットとストライプシャツをレイヤードし、スウェットパンツを合わせたユルめのカジュアルスタイルにも◎なわけです。短めの着丈から見えるスウェットとシャツの裾が、こなれたリラックス感を演出。特にベージュ系のカラーを選べば『バブアー』特有の重さが和らぎ、着こなし全体がナチュラルな雰囲気に。

着こなし3

ブルゾン代わりにさらり。いつものアメカジを大人っぽく格上げ

ブルゾン代わりにさらり。いつものアメカジを大人っぽく格上げ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメカジアウターの代わりに『バブアー』を羽織る。これが1番今っぽい「トランスポート」の着こなし方でしょう。こちらのスタイリングもしかり。ネイビーのカレッジ調スウェットに白いバギー風ワイドパンツとくれば、コーチジャケットやブルゾンがアウターのセオリーです。そこにあえて「トランスポート」を合わせることで、スタイリングが大人っぽく格上げされる、という算段。このモデルのようなフード付きなら、よりカジュアルとの親和性が高まります。

有力セレクトショップがこぞって注目。『バブアー』の「トランスポート」別注3型

いかに「トランスポート」が旬なのか。そのことを如実に表すのが別注やコラボモデルの多さです。毎年、各セレクトショップは『バブアー』の別注モデルをリリースしますが、今シーズンは特に「トランスポート」が大豊作。存在感抜群のホワイトやフード付きなどヒネりの効いたモデルが揃います。

1着目

『バブアー』×『シップス』ナイロン トランスポート

『バブアー』×『シップス』ナイロン トランスポート

SHIPS シップス

SHIPS シップス

お気に入り追加

『バブアー』といえば、ワックスドコットン生地が代名詞。しかし、『シップス』別注の「トランスポート」は高密度ナイロンを使用しています。軽量で撥水性・防水性があり、春・秋・冬の3シーズンの着用が可能です。さらにカラーは『バブアー』では珍しいホワイト。鈍い光沢感と相まって、お馴染みのグリーンやカーキとはひと味違う上品な雰囲気に。WEB限定という希少性も所有欲をくすぐるポイントでしょう。他に鮮やかなイエローのモデルもラインアップ。着丈は66cm(サイズ38)。

2着目

『バブアー』×『417 エディフィス』トランスポート フーデッド

『バブアー』×『417 エディフィス』トランスポート フーデッド

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

その名の通りフードがプラスされた、『417 エディフィス』の別注モデル。ドローコードで大きさを微調整できる立体的なフードが着こなしのスポーティなアクセントになります。さらにボタンで簡単に着脱できるため、着こなしや気分に合わせて2通りの着方が楽しめます。ボディはストレッチ性と撥水性のある高密度ポリエステル。繊細なピーチ加工が施されたタフタ素材がコットンのようなナチュラルは風合いを醸し出します。着丈はやや長めの69cm(サイズ38)。

3着目

『バブアー』×『アーバンリサーチ』トランスポート 3レイヤー フォー UR

『バブアー』×『アーバンリサーチ』トランスポート 3レイヤー フォー UR

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

『アーバンリサーチ』による別注モデルは、表面が特殊ポリウレタンフィルムになったナイロン100%の3レイヤー生地。耐水性や透湿性、防風性といった機能面もさることながら、表面の微起毛がまるでコットンのような豊かな表情を生み出します。また、アイコニックなタータンチェック柄の裏地は総裏仕様にアレンジされており、袖口をロールアップすると、柄がチラ見えする趣向も粋。袖口もやや広めにアレンジされています。着丈は66cm(サイズ38)。

“大人バブアー”に適役。ビューフォートは紳士のためのミドル丈

ウェア・コーデ

“大人バブアー”に適役。ビューフォートは紳士のためのミドル丈

英国の雄『バブアー』といえば「ビデイル」が大定番。しかしビジネスシーンにおける使用を考慮するなら、やや着丈の長い「ビューフォート」も知っておくべき存在でしょう。

山崎 サトシ

2021.10.29

人気4定番を攻略。バブアーのコーデ術をファッショニスタに学びたい

ウェア・コーデ

人気4定番を攻略。バブアーのコーデ術をファッショニスタに学びたい

毎年冬の街を席巻している『バブアー』ですが、周囲とコーデがカブるとおしゃれの楽しさが半減することも。そうならないよう自分なりの装いを楽しむヒントをご紹介します。

遠藤 匠

2021.10.27

バブアーの次なる1着。ひざ上丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

ウェア・コーデ

バブアーの次なる1着。ひざ上丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

「ビデイル」を筆頭に、名作揃いの『バブアー』。その中でも今の気分を反映するなら、ロング丈の「ボーダー」か、ショート丈の「スペイ」が狙い目です!

平 格彦

2021.10.21

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

ウェア・コーデ

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

一生モノに出会う30代。人生の節目に手に入れる1着として、英国のロイヤルワラントブランド『バブアー』のビデイルを候補に入れておきたい。

牟田神 佑介

2021.10.20

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

ウェア・コーデ

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

英国で誕生し、紳士の必須ブランドとして長きにわたって愛されている『バブアー』。その変わらぬ人気の秘密を、その歴史と名品の数々から読み解いていきます。

髙須賀 哲

2021.10.11

今買えるノンオイルのバブアー10着。ワックスなしでさらっと着たいのだ

ウェア・コーデ

今買えるノンオイルのバブアー10着。ワックスなしでさらっと着たいのだ

英国生まれの永世定番アウター『バブアー』。武骨なワックスドコットンが代名詞ですが、今買うなら、着心地もお手入れも楽ちんな“ノンオイル”のモデルが気分です。

押条 良太

2022.02.06

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP