その釣り服、センス良し。アブガルシアのアパレルが“今”なワケ

その釣り服、センス良し。アブガルシアのアパレルが“今”なワケ

アウトドアMIXの新戦力として『アブガルシア』のアパレルラインが注目されています。釣り人気を追い風に秀作が次々とリリースされる数々の名品、果たしてその真価とは?

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2022.01.08

今どきアウトドアMIXは『アブガルシア』のアパレルラインにお任せ

『アブガルシア』というブランド自体は、今年で創業100周年を迎えたスウェーデン生まれの老舗釣り具メーカー。1921年の創業当初は懐中時計などの計器を手がけ、タクシーメーターの製造を経て、1941年に2代目の手で釣り具メーカーへと転身を果たしました。特に創業者の息子であった2代目は筋金入りの釣り好きだったらしく、転身後は代名詞である丸型リールを筆頭に、ロッド、ルアーを含む数々の名作を生み出すことになったのです。

今どきアウトドアMIXは『アブガルシア』のアパレルラインにお任せ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

とりわけ1952年に初期モデルが発売された「アンバサダー」という丸型リールが有名で、これがあまりも高性能であったがゆえにコピー商品が続出。世界のアングラーたちに、その名を轟かせたのです。現在は、ソルトウォーターフィッシング(海釣り)用のリールやロッド選びにおいても欠かせない存在となっている老舗中の老舗です。

今どきアウトドアMIXは『アブガルシア』のアパレルラインにお任せ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今どきアウトドアMIXは『アブガルシア』のアパレルラインにお任せ 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

そんな同社が満を持して立ち上げたアパレルラインは、あえて釣り具専門ではなく、アパレルショップのみで販売されているもの。そのため、フィッシングシーンでの使用も想定したテクニカルな作りである一方、街使いに映えるデザインに落とし込まれています。また、同社のアパレルに盛り込まれているディテールは釣りを想定したものであるため、従来のクライミングやキャンプ向けのウェアとはまた違う新鮮さがあるのも特徴。アウトドアMIXの新戦力として投入することで、脱・マンネリ効果も期待できるのです。

コーデ例で一目瞭然。『アブガルシア』のアパレルがなぜ街で映えるのか

街映えすると評判が高い『アブガルシア』のアパレルラインのお手並みを拝見していきましょう。ご紹介する着こなしサンプルの主役を張るウェアはフリース、シャツ、アウターとさまざまですが、いずれの装いもひと味違うアウトドアMIXに仕上がっています。

着こなし1

大容量ダブルポケットでフリースコーデに男らしさを注入

大容量ダブルポケットでフリースコーデに男らしさを注入

WEAR

WEAR

お気に入り追加

たっぷりとしたシルエットのワイドパンツに負けない存在感を放つフリースブルゾンは、『アブガルシア』のモノ。この手のアウターでは珍しい大型のダブルポケットが備わっていることで、ほっこり感と男らしさが同居したスタイルに落とし込むことに成功しています。一方でフリース自体がやさしい配色ゆえ、印象としては肩の力の抜けたリラックススタイルに仕上がっています。

着こなし2

ギア感みなぎる黒アウターで、都会的かつ骨太な装いに

ギア感みなぎる黒アウターで、都会的かつ骨太な装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは、『アブガルシア』が手がけた防水中綿アウターに主役を任せた着こなし。両袖の多機能ポケットが放つギア感が、ハットやサングラスによって演出した男らしさに拍車をかける効果を生み出しています。それでいてアウター自体は黒に徹したワントーンカラーでまとめられているので、佇まいとしては都会的な印象に保たれています。

着こなし3

クリーンな印象とタフさの両取りを狙った、一挙両得なシャツコーデ

クリーンな印象とタフさの両取りを狙った、一挙両得なシャツコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ゆったりとしたフィッシングシャツは『アブガルシア』謹製。耐久撥水素材のボディにフィッシングベストのような多ポケットが備わった作りですが、今どきのビッグシルエットシャツに落とし込まれているので、センタークリース入りのスラックスにも違和感なく馴染んでくれています。それでいて、左右非対称ポケットのおかげで個性を感じる装いに。

アウターからインナーまで。今買える、『アブガルシア』のおすすめアパレル10選

ここからは、フィッシングの世界観とスペックをタウン向けウェアで享受できる『アブガルシア』の秀作をご紹介。ひと目で違いがわかる佇まいでありながら、ロゴの主張が控えめかつ落ち着きある色使いゆえに手持ちの服にすんなり溶け込んでくれます。

アイテム1

ウォータープルーフコート

ウォータープルーフコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

3レイヤーの防水透湿シェルで仕立てられた、モッズコートのような丈感のコート。ロッドを振ったりする際の可動域を確保すべく、肩や袖周りに立体的パターンを採用しています。防水性においては、バスボート上での突然の降雨にも対応できるスペックを実現。顎までカバーできるスタンドカラーは、防風性の面でも優秀です。

アイテム2

ミリタリーパディングジャケット

ミリタリーパディングジャケット

ICORA(イコラ)

ICORA(イコラ)

お気に入り追加

ドロップショルダーとタックの入ったアーム、そしてゆとりを持たせた身幅は、まさに今どきブルゾンの佇まい。ですが、ボディ自体は中綿をフィリングした防水ストレッチ素材というテクニカルな1着に仕上がっています。存在感あるフロントポケットは、ルアーボックスを収納できるサイズ感。その側面のハンドウォーマーで手先を温めることも可能です。

アイテム3

ルアーボックスパンツ

ルアーボックスパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

モデル名が物語るように、左右の腰にルアーボックスを収納できる大型ポケットを装備。その下にはジップポケットも用意し、収納力が高められています。パンツ自体は丈夫なポリエステルツイルで耐久撥水加工が施されているため、万が一濡れても水切れ良く、内側まで浸透してくる心配なし。釣りに限らず、雨天でも快適さを担保してくれるパンツに仕上がっています。

アイテム4

ウォーターレペレント フィッシングシャツ

ウォーターレペレント フィッシングシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

従来はフィッシングベストで採用されている多ポケットを、タウンユースにも映える大人顔シャツに盛り込んだ1着。ボディは防水性に富むナイロンポリエステル製で、後ろ身頃に設けられた換気用のスリットがベンチレーションの役割を果たします。ロールアップした際にループ留めできる袖口は、印象変化を楽しむためのディテールとしても作用。

アイテム5

フィッシュハンティングジャケット

フィッシュハンティングジャケット

Deepinsideinc.Store

Deepinsideinc.Store

お気に入り追加

フィッシュハンティングジャケット 2枚目の画像

Deepinsideinc.Store

Deepinsideinc.Store

お気に入り追加

ヴィンテージのハンティングジャケットを元ネタにしつつ、襟を立ち襟からラペルに変更することで大人顔に。シルエットもオーバーサイズに仕上げることで、時代感も盛り込んでいます。本作のボディも防水ストレッチ素材を採用したもので、メッシュのライニングによって肌離れの良い爽やかな着心地に。合計11個のポケットによる収納力の高さは、手ぶらの外出で重宝します。

アイテム6

ウォーターレペレント フィッシングパーカー

ウォーターレペレント フィッシングパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

3レイヤーの防水生地のボディに耐久撥水生地のポケットを効かせ、骨太なアクセントを施したフード付きアウター。左右の前裾に鎮座するマルチポケットはルアーボックスの収納に対応したサイズ感で、こちらも側面にハンドウォーマーが備わっています。厚手のインナーを着用した際も脱ぎ着がしやすいようゆとりを持たせた袖口は、ベルクロでフィット感を高められる設計。

アイテム7

バグオフ ロングスリーブTシャツ

バグオフ ロングスリーブTシャツ

ナチュラム フィッシング専門店

ナチュラム フィッシング専門店

お気に入り追加

ミリタリーっぽい配色のポケ付きロンT……と思いきや、防虫&撥水加工を施した生地をボディに採用した機能的な作りが特徴。「バグオフ」というモデル名の通り、アウトドアにおいては虫避け効果が期待できます。防虫加工自体は無味無臭で安全性が高いもので、糸自体に練り込んであるため耐洗濯性も高い作りなのだとか。

アイテム8

ワンポイントロゴ ストレッチイージーパンツ

ワンポイントロゴ ストレッチイージーパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカ軍のトレーニングパンツにオリジナルの防水ストレッチ素材を用い、ゆったりはけるイージーパンツに落とし込んだのが本作。ドローコードでシルエット変化を楽しめる裾は、ブーツ着用時も脱ぎはきがしやすいスリット付き。スリットを開いた状態ではくことでフレア感も演出できます。メッシュライナーがもたらす、爽やかなはき心地も魅力。

アイテム9

ウォーターリペラント 2WAY フィッシングトラウザーズ

ウォーターリペラント 2WAY フィッシングトラウザーズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

本作は膝下がジッパーで外せる着脱式。ショーツとしてもはける、二刀流デザインに仕上がっています。生地自体は撥水加工が施されたポリエステルツイルで、コットンライクな風合いが特徴。シャカシャカ感がないので、街コーデにも素直に溶け込んでくれるのがうれしいですね。ヒップポケットは、車のリモコンキーなども安心して収納できるジップ付き。

アイテム10

コーデュロイ ルアーボックス ワイドパンツ

コーデュロイ ルアーボックス ワイドパンツ

Deepinsideinc.Store

Deepinsideinc.Store

お気に入り追加

落ち着きあるコーデュロイで仕立てたこちらのワイドパンツも、ルアーボックス収納可能な特大ポケットを左右に装備。コーデュロイ自体も速乾性に富むポリエステル製で、自転車やスケートボードで街を駆けるときにも快適さと動きやすさを担保できます。ウエストはクライミングパンツのようなアジャスター付きなので、ベルトレスで着用可能。

人気ブランドが熱視線! ジャンルを超えた『アブガルシア』のコラボアイテム5点

ファッションブランドや腕時計ブランドとタッグを組んだ別注アイテムにも、『アブガルシア』らしい秀作が目白押し! ジャンルを超えたコラボだからこそ違いを印象付けられる、そんな粒揃いのアイテムをご紹介。

アイテム1

『タイメックス』別注 コラボレーション ウォッチ

『タイメックス』別注 コラボレーション ウォッチ

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

『タイメックス』とのコラボ作となるこちらのミリタリーウォッチは、かつてアメリカ軍のために開発されたモデルをベースにしたモノ。インラインではレジン製だったケースをステンレススチールに変更したうえで、ビーズブラスト仕上げ(ガラスビーズなどの微粒子を吹き付ける加工)のブラックで『アブガルシア』のリールを想起させる佇まいに仕上げています。文字盤にはスウェーデンのミリタリーウォッチのデザインを取り入れ、裏蓋には『アブガルシア』の名作リールと同じスウェーデン王室の紋章を刻印。

アイテム2

『イズネス』別注 ビッグリバーシブルハーフジップスウェット

『イズネス』別注 ビッグリバーシブルハーフジップスウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デザイン集団『イズネス』とタッグを組んだ本作は、たっぷりとしたシルエットのハーフジップスウェット。カレッジプリントを施したボディを裏返すと、『アブガルシア』のワンポイントロゴを施したシンプル顔でも着用できるリバーシブル仕様です。Mサイズで身幅70cmというビッグシルエットのボディは、裾のドローコードを絞ることでボリューム感を調整することも可能。

アイテム3

『シアタープロダクツ』×『チャオパニックティピー』別注 プリントスウェット

『シアタープロダクツ』×『チャオパニックティピー』別注 プリントスウェット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

前身頃で主張するプリントは、1960年代に『アブガルシア』が使っていたロゴを復刻したもの。肩周りの可動域を確保したラグランスリーブを採用したボディは、重ね着してももたつかない中厚のスウェット仕立て。裏起毛ゆえ、保温力の高さも期待できます。

アイテム4

『イズネス』別注 BDUパンツ

『イズネス』別注 BDUパンツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

『イズネス』の別注による本作は、6ポケットのBDUパンツを防水ストレッチのナイロンシェルで仕立てたもの。ウエストは片方でフィット感を調節できるウェビングベルト仕様となっており、裾にはドローコードも付属。絞り込んでも、そのままストンと落としてもサマになります。

アイテム5

『シアタープロダクツ』別注 リュック

『シアタープロダクツ』別注 リュック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

主室に加え、左右のジップポケットにも収納力を持たせたバックパック。フロントの大型ポケットは中身が見えるメッシュ仕立てなので、頻繁に使う小物が迷子になりません。ボトムを1周させたジッパーを開くと本体のボトム部分が広がり、容量をアップすることも。本作のロゴも、1960年代に使用していたものの復刻版。

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

ウェア・コーデ

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2022.01.07

難しくない。フィッシングベストの簡単コーデ術とおすすめ10選

ウェア・コーデ

難しくない。フィッシングベストの簡単コーデ術とおすすめ10選

アウトドアトレンドの追い風を受け、フィッシングベストの支持率がシーンでうなぎ上りに。一見クセが強そうですが、コーデのコツを押さえればタウンユースにも役立ちます!

山崎 サトシ

2021.08.17

注目編集者
遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP