初級者向け。ブッシュクラフト風キャンプの楽しみ方と持って行くべき10のギア

初級者向け。ブッシュクラフト風キャンプの楽しみ方と持って行くべき10のギア

キャンプ好きの間で注目度を高めているブッシュクラフト。便利なグッズを活用した快適なキャンプとはひと味もふた味も違う、新しいアウトドアの楽しみ方が広がります!

2022.01.22
SHARE
記事をお気に入り
池田 やすゆき

執筆者

ビジネススタイルからアウトドアまで幅広く執筆

池田 やすゆき
「FINEBOYS」編集部を30歳で独立。以後フリーのファッションエディター&ライターとして「MEN’S EX」「LEON」「GQ」「AERA STYLE MAGAZINE」など各メンズ誌・WEB版のほか、企業広告、オウンドメディアにて執筆。BBQインストラクター、第二種電気工事士など資格多数。目下の目標は危険物取扱者乙種4級取得。 記事一覧を見る
...続きを読む

今話題のブッシュクラフトって、何だ?

今話題のブッシュクラフトって、何だ?

ナチュラム 楽天市場支店

ナチュラム 楽天市場支店

お気に入り追加

ブッシュクラフトとは、最低限のギアだけ携えて野山でキャンプする遊び方。本格的な人はナイフとシェルター(タープ)1枚でサバイバルのようなキャンプを行います。わかりやすいのは『アイ・アム・冒険少年』のあばれる君でしょうか。無人島を脱出するまで、ナイフ1本で寝床を作り、火を熾し、水を得て、料理をこなす――アレこそがブッシュクラフトです。要は便利なギアはすべて家に置いていって、できるだけ自然を利用する究極のアウトドアといってもいいでしょう。

今話題のブッシュクラフトって、何だ? 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

とはいえ日本では、その辺の野山に勝手に入ってキャンプすることは禁じられています。趣味が講じて山や雑木林を購入した、というならブッシュキャンプはやり放題ですが、一般的に本格的なブッシュクラフトは難しいのが現状です。キャンプ場でならOKなので、あえて設備が整っていないキャンプ場を選ぶのが手です。ファミリーキャンプとは対局にある、不便を楽しむことが目的なので、お湯の出るキッチンも、ウォシュレット付きのトイレも、電源サイトも使いません。できるだけ自然を使ってキャンプにトライしてみましょう。買ってきた薪ではなく、ナイフを使って枯れ枝を削ったり、ライターの代わりにファイヤースターターで火を熾したりするだけでも十分自然を楽しめますよ。食事はガスバーナーの代わりに焚き火で料理を。テントの代わりにシェルターを作るのはハードルが高いので、テントだけは愛用しているものを使うのがおすすめです。

今話題のブッシュクラフトって、何だ? 3枚目の画像

EBiSUYA アウトドア (OUTDOOR)店

EBiSUYA アウトドア (OUTDOOR)店

お気に入り追加

ブッシュクラフトは自分のキャンプレベルに合わせて自由に楽しめば良いのです。そういわれると「ブッシュクラフトってハードル高そう……」と思っていた人でも、できそうなことがたくさんあることに気づくはずです。本記事では、初心者でも楽しめるように、一部だけ自然を利用するブッシュクラフト風キャンプをご提案! 自分なりにアレンジして、キャンプの楽しみ方を広げてもらえれば幸いです。

初心者向け。ブッシュクラフトなキャンプはこう楽しむ!

寝床、調理、ライフラインなど、まずはできそうなところから始めてみるのがポイントです。以下でいくつか楽しみ方を提案します。

楽しみ方1

火熾しをブッシュクラフトしてみる

火熾しをブッシュクラフトしてみる

RepairFactory楽天市場店

RepairFactory楽天市場店

お気に入り追加

ブッシュクラフトでは火熾しをするのにマッチやバーナーを使いません。木の棒を擦り合わせたり、ファイヤースターターで火花を熾したりして着火します。小枝や枯れ木をナイフで削ったくずなど、燃えやすいものに火を移して徐々に炎を大きくし、燃えやすくしてから太薪をくべていくのがコツ。薪は枯れ木を集めるのが本格的ですが、適したものが見つからない場合もあるので購入した薪でもOKです。

火熾しをブッシュクラフトしてみる 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

火熾しするための道具は「ファイヤースターター」を使います。火打ち用ストライカーで火打ちロッド表面を擦り火花を散らして、小枝や木のくずに着火します。このように、着火剤を使わず薪に火を付けることが至難の業だとわかるだけでもブッシュクラフトの入り口を体験することができるはずです。

楽しみ方2

料理をブッシュクラフトしてみる

料理をブッシュクラフトしてみる

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

本格的なブッシュクラフト料理を目指すなら、食材は狩猟・採取したいところですが、さすがにハードルが高いので、スーパーなどで買い揃えていきましょう。調理にはバーナーを使わず、ファイヤースターターで熾した火を使います。クッカーを使うと煤で真っ黒に汚れるので、スキレットなど直火使いできる調理器具がおすすめ。鉄板を直接焚き火に掛けたり、野菜など串に挿して火で炙ったりしてもおいしく食べられるのでトライしてみてください。

料理をブッシュクラフトしてみる 2枚目の画像

山渓オンラインショップ楽天市場店

山渓オンラインショップ楽天市場店

お気に入り追加

また調理だけでなく皿や箸、スプーンやフォークを手作りするのもブッシュクラフト流。しかし突き詰めていくとかなりレベルが高くなっていくため、手持ちのアウトドア調理器具や食器を活用するので良いと思います。

楽しみ方3

テントをブッシュクラフトしてみる

テントをブッシュクラフトしてみる

Ne.S.T

Ne.S.T

お気に入り追加

ハードルが上がりますが、ポールと幕体を使うテントではなく、1枚の巨大な布と落ちている枯れ木を使ってシェルターを作るのもブッシュクラフトの醍醐味です。布はタープを利用したり、防水布や帆布を縫い合わせて持参したりする上級者もいます。1枚の布をどのように木と組み合わせれば、雨風をしのげるシェルターが作れるのか、試行錯誤してみるのも良いですが、動画などでプロの技を確認してから出掛けるようにしましょう。

テントをブッシュクラフトしてみる 2枚目の画像

Ne.S.T

Ne.S.T

お気に入り追加

なんとかシェルターが作れても硬い地面の上で快適な睡眠は取れませんので、インフレータブルマットやシュラフ(寝袋)、ブランケットやラグマットなどは必須です。いろいろ持って行くのはブッシュクラフト風ではないと思われるなら、ハンモックを使う手もあります。またシェルターでは雨風は防げても、室内を温かく保つことはできません。テントをブッシュクラフトするなら夏場に行うか、完全武装の雪山用寝袋&寝床のセットのご用意を。

ブッシュクラフトなキャンプに持って行くべき10のギア

普段のキャンプで使っている便利な道具類はひとまず置いて、最小限のギアだけで行うのがブッシュクラフトの基本です。完全なサバイバルはさすがに現実的ではないので、キャンプ場の設備をできるだけ使わないよう、持って行くべき10のギアを厳選しました。

アイテム1

サバイバルの必需品「ナイフ」

サバイバルの必需品「ナイフ」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

まずはナイフ。初心者が使うなら錆に強いステンレスやカーボンブレードがおすすめです。山へ分け入ったり、薪を削ってフェザースティックを作ったり、調理用に食材を刻んだり、大抵の作業がこなせます。食事の際に箸やスプーン、フォークなどを作るのにも使えます。

アイテム2

大切な焚き火の燃料となる薪作りに「斧」

大切な焚き火の燃料となる薪作りに「斧」

ミナト電機工業

ミナト電機工業

お気に入り追加

ブッシュクラフトでは薪は自然界から手に入れるもの。ならば薪割り用に手斧やノコギリを持って行きたいところなのですが、生木では火が付きにくいので、薪は購入するのもやむを得ず。その代わり、手斧で細かく割って火が付きやすくしたりする作業をお忘れなく。

アイテム3

火を熾すのはマッチより「ファイヤースターター」

火を熾すのはマッチより「ファイヤースターター」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

マッチやバーナーを使わず、自らの手で火を熾すのがブッシュクラフトの醍醐味でもあります。その際、使うのは木の棒と板とを擦り合わせるか、ファイヤースターターで火の粉を飛ばすか。着火しやすいように麻ひもを解いたものなども用意しておきましょう。

アイテム4

直火禁止の場所では「焚き火台」を使う

直火禁止の場所では「焚き火台」を使う

リコメン堂スポーツ館

リコメン堂スポーツ館

お気に入り追加

日本では個人所有の山林で勝手にブッシュクラフトをすることではできません。となると自然の多いキャンプ場が現実的。直火ができるキャンプ場なら石を組んで竈を作りますが、直火不可のキャンプ場では焚き火台がマストです。焚き火台を使ってブッシュクラフト? と思われるかもしれませんが、逆をいえば高規格キャンプ場でもマナーさえ守ればブッシュクラフトを体験できるのです。

キャンプに欠かせない焚き火台のおすすめ18選。選び方のポイントも徹底解説

アウトドア・キャンプグッズ

キャンプに欠かせない焚き火台のおすすめ18選。選び方のポイントも徹底解説

焚き火台は今やキャンプの必需品ですが、どんなタイプを持っていくかでキャンプの楽しみ方は大きく変わってきます。正しい選び方とおすすめ品について見ていきましょう。

池田 やすゆき

2020.12.18

アイテム5

炎を使いこなすための「焚き火五徳」

炎を使いこなすための「焚き火五徳」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

直火の焚き火は竈に五徳を置くことで、鍋を置いたり食材を焼いたり、さまざまな調理ができるようになります。焚き火台の上に直接乗せてもOK。長さのあるシンプルな五徳は必ず用意していきましょう。

アイテム6

調理道具は炎に直接掛ける「スキレット」

調理道具は炎に直接掛ける「スキレット」

APEX Tokyo-Bay

APEX Tokyo-Bay

お気に入り追加

ブッシュクラフトではバーナーを使いません。焚き火の炎を使って調理しますので、調理器具は炎に強いものを用意しましょう。鉄製のダッチオーブンやスキレットが間違いないですが、スキレットが使いやすいと思います。また直火に強い焚き火フライパンを用意しても良いでしょう。

アウトドア派の必需品。スキレットを選ぶ&使うための基本とおすすめ11選

アウトドア・キャンプグッズ

アウトドア派の必需品。スキレットを選ぶ&使うための基本とおすすめ11選

おいしい料理を簡単に作れて、調理後はそのままテーブルに出すことのできるスキレット。あればキャンプではもちろん、自宅やちょっとした屋外での食事が楽しくなります!

平 格彦

2022.04.13

アイテム7

テントを使わず寝るなら「タープ」

テントを使わず寝るなら「タープ」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

テントを使わず、1枚布のタープを使い、ロープワークで立ち上げたシェルターで過ごしたい方は必須。専用のアウトドアタープもありますが、スクエアタープなら手持ちのものでOKです。設営の仕方はさまざまあるのでYouTubeなどで探してみてください。

タープは快適な空間作りの必需品。選び方とおすすめ15選

アウトドア・キャンプグッズ

タープは快適な空間作りの必需品。選び方とおすすめ15選

キャンプやバーベキューで日差しや雨を避けるのに便利なタープ。上手く活用すればアウトドアシーンでの快適性がアップするので、外遊びにぜひ取り入れたいアイテムです。

ai sato

2021.07.05

アイテム8

快適な寝床には「インフレータブルマット」

快適な寝床には「インフレータブルマット」

FUTURE FOX

FUTURE FOX

お気に入り追加

できるだけ自然の環境でキャンプするのがブッシュクラフトですが、寝るときぐらいは快適な環境で横になりたいもの。そのためマットやシュラフは、普段のキャンプと同じレベルのものを持って行きましょう。季節が良ければ、シュラフの代わりにブランケットでも良いでしょう。

キャンプマットがあればアウトドア泊でもぐっすり。快眠が叶う12のおすすめ

アウトドア・キャンプグッズ

キャンプマットがあればアウトドア泊でもぐっすり。快眠が叶う12のおすすめ

テントでの寝心地に多大な影響を与えるキャンプマット。製品によって断熱性やデザインなどに違いがあるため、自分のスタイルに合うモノをしっかり見極めましょう!

ai sato

2021.11.01

キャンプで睡眠の質を上げる、コットの正しい選び方と使い方

アウトドア・キャンプグッズ

キャンプで睡眠の質を上げる、コットの正しい選び方と使い方

キャンプをするなら寝袋を買い揃えようと思うのが普通だと思いますが、私ならコットをおすすめします。より快適に寝られるのはもちろん、何かと使い勝手が良く重宝します。

池田 やすゆき

2020.07.31

寝袋を正しく選んで朝までぐっすり。快眠が叶うおすすめシュラフ15選

アウトドア・キャンプグッズ

寝袋を正しく選んで朝までぐっすり。快眠が叶うおすすめシュラフ15選

キャンプでの快眠に欠かすことのできない寝袋(シュラフ)。いったいどんなモノを選べばいいのか? 初心者が迷いがちなその選び方とおすすめアイテムをレクチャーします。

ai sato

2021.10.08

アイテム9

水の確保は「ウォータータンク」で

水の確保は「ウォータータンク」で

防災スペシャルショップ

防災スペシャルショップ

お気に入り追加

川の水を飲んで顔を洗うワイルドライフを目指したいところですが、水場を当てにしないブッシュクラフトにウォータータンクは必須です。テントの脇に置いておいて、川から汲んできた水のつもりで使うことで気分を盛り上げましょう。

水分補給に、洗い物に。ウォータージャグがあればキャンプがもっと心地良い

アウトドア・キャンプグッズ

水分補給に、洗い物に。ウォータージャグがあればキャンプがもっと心地良い

水をたっぷり蓄えられるウォータージャグは、アウトドアアクティビティを強力にサポートする便利アイテム。用途に応じたモデルを手に入れ、外遊びを快適に楽しみましょう!

髙須賀 哲

2021.08.21

アイテム10

万が一に備えて「救急用具」

万が一に備えて「救急用具」

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

便利な道具を使わず、自然の木々を使うブッシュクラフトでは、なにかと小傷は付き物です。消毒液や絆創膏、虫刺されの薬などもお忘れなく。

ソロキャンプには何が必要? まず揃えたい道具リストと失敗しない選び方

アウトドア・キャンプグッズ

ソロキャンプには何が必要? まず揃えたい道具リストと失敗しない選び方

ここ数年ですっかり人気が定着したソロキャンプ。大自然の中、1人で過ごすという非日常的な体験を楽しむために、揃えるべき道具とその選び方をここでレクチャーします。

ai sato

2022.05.08

キャンプツーリングを始めよう。揃えたい道具一式をピックアップ

アウトドア・キャンプグッズ

キャンプツーリングを始めよう。揃えたい道具一式をピックアップ

オートバイに乗り始めたら、いつかはやってみたいキャンプツーリング。憧れの旅を実現するにはどんな持ち物が必要か。道具選びのポイントと積載のコツを教えます。

和田 義弥

2018.09.26

キャンプの服装ってどうすればいい? コーデの考え方と着こなし正解集

ウェア・コーデ

キャンプの服装ってどうすればいい? コーデの考え方と着こなし正解集

春・夏・秋はキャンプが気軽に楽しめるシーズン。どうせ行くなら、服装もチューニングして存分に楽しみましょう。季節別に、揃えるべきアイテムと着こなし術を解説します。

平 格彦

2022.03.17

ジッポがアウトドアギアとして人気再燃中。定番ライターの魅力と使い勝手を解説

アウトドア・キャンプグッズ

ジッポがアウトドアギアとして人気再燃中。定番ライターの魅力と使い勝手を解説

渋いおじさんの喫煙用アイテムと思いきや、実はキャンプやアウトドアシーンで密かに人気を集めているジッポ。嘘だと思ったら、要注目。その理由をしっかり解説します!

那珂川廣太

2022.05.27

この記事の掲載アイテム一覧(全10商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『モーラナイフ』アウトドアナイフ
    『モーラナイフ』 アウトドアナイフ
  • 『フルターフォッシュ』万能斧 ハチェット・オールラウンド
    『フルターフォッシュ』 万能斧 ハチェット・オールラウンド
  • 『ザ フレンドリー スウィード』木製ハンドルファイアースターター
    『ザ フレンドリー スウィード』 木製ハンドルファイアースターター
  • 『アニュージュアル』焚き火スタンド
    『アニュージュアル』 焚き火スタンド
  • 『ディーオーディー』秘密のグリルさん コンパクト
    『ディーオーディー』 秘密のグリルさん コンパクト
  • 『ペトロマックス』グリルファイヤースキレット
    『ペトロマックス』 グリルファイヤースキレット
  • 『DDハンモック』DDタープ
    『DDハンモック』 DDタープ
  • 『フューチャーフォックス』インフレータブルマット
    『フューチャーフォックス』 インフレータブルマット
  • ウォータータンク
    ウォータータンク
  • 『セーフティライフ』ポイズンリムーバー
    『セーフティライフ』 ポイズンリムーバー

掲載アイテムをもっと見る(-2商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP