祝20周年!ジバンシィ、ウルトラマリン限定版が登場

祝20周年!ジバンシィ、ウルトラマリン限定版が登場

30代の方で、初香水が『ジバンシィ』のウルトラマリンだったって人も多いのでは? あれから20年。これを記念してウルトラマリンの限定モデルが数量限定で登場しました。

編集イトウ

2015.07.26

ジバンシィ(GIVENCHY)
香水・フレグランス

30代以降には懐かしく映るウルトラマリンとは

1995年に『ジバンシィ』が発売したウルトラマリン。現在のトレンドの1つとなった“ブルーフレグランス”“マリンノート”“ユニセックス”というカテゴリを日本に浸透させたパイオニアとして、当時の若者に大ブーム。年代や性別を問わず、また多くの著名やセレブからも支持を集めた伝説的なモデルです。

そしてこれが20周年を記念して登場したウルトラマリン ブルー スピリット!!

7月24日に登場したフレグランス『ジバンシィ』ウルトラマリン ブルー スピリットは、ウルトラマリンの発売20周年を記念して登場した数量限定モデル。ウルトラマリンらしい爽やかなデザインを踏襲したパッケージは、30代以降にはたまらなく懐かしい気持ちにさせてくれるハズです!

今回の香りは、ウルトラマリンから継承する、自由を謳歌し、自然をこよなく愛する、力強いスピリットを感じさます。フレッシュなライムが弾けるジューシーなトップノート。次第にグリーンミントやカルダモンが香る爽快感から、サンダルウッドやフローズンベチバーの落ち着いた香りに変化。心地よい変化を楽しみましょう。

知ってた? ウルトラマリンのニューバージョンの一部をご紹介!

サマーシーズンにピッタリ! ウルトラマリン ブルースカイ オードトワレ

2008年に発売されたユニセックスパフュームのウルトラマリン ブルースカイ オードトワレ。シャープで精悍なグリーン・シトラスを香り立たせるトップから、しなやかで芯の強さを感じさせるエレガント・フローラルを広げるミドルへ。ラストはオーソドックスなウッディ・スウィートで締めくくられています。

やさしい香りが幸せを運ぶ、アンサンセウルトラマリンオードトワレ

ウォータフルーツの透明でフレッシュな印象から、自然を感じさせる、ウッディなラストノートへと変化。水しぶきのような透明な爽快感が魅力。ウルトラマリンの特長であるユニセックスに使えるフレグランスです。

海をイメージさせる力強いモデル、ウルトラマリン ワイルドサーフ

海とサーフィンを愛するスピリットを表現した、ウルトラマリン ワイルドサーフ。フレッシュで力強いシトラスカクテルの香りが楽しめる今作は、始まりから終わりまで爽やかなか続きます。メンズっぽい力強さもあるので、今夏のお供にいかがでしょう?

男性ヘア&ファッション誌でエディターとしてのキャリアをスタート。ジーンズと白の無地T、スニーカーがお決まりです。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

    おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

    香水はいい香りを漂わせるだけでなく、印象付けにも効果的。だからこそ、自分が演出したい雰囲気に合わせて、香水を選ぶことが重要なんです。おすすめの香水を紹介します!

    植木 麻利子

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    メンズヘア定番のツーブロックのなかでも、おすすめの髪型を一挙公開。「ツーブロックとは」という基本やオーダー方法、スタイリング剤に関する参考記事もご紹介します。

    深澤 正太郎

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    ボサボサはNG。かっこいい大人のひげスタイルと整え方の基本

    ボサボサはNG。かっこいい大人のひげスタイルと整え方の基本

    ワイルドでたくましい雰囲気を高めるひげですが、作り方で印象が良くも悪くも転ぶので周到な手入れが必要。上手に付き合ってひげスタイルをよりかっこよく演出しましょう。

    橋本 裕一

    何がおすすめ? 美容ライターが選ぶブルガリの人気香水10選

    何がおすすめ? 美容ライターが選ぶブルガリの人気香水10選

    『ブルガリ』の香水はメンズ香水の定番として知られています。人気の背景や『ブルガリ』ならではの魅力、そしておすすめの『ブルガリ』の香水をご紹介。

    大島 有希

    BACK