大人の美脚デニム。ヌーディージーンズを代表する5つのモデルの合わせ方

大人の美脚デニム。ヌーディージーンズを代表する5つのモデルの合わせ方

ゆったりとしたジーンズが流行っていますが、やっぱり細身も持っていたい! であれば大人の気分にハマる程良く細身のシルエットの『ヌーディージーンズ』がイチ推しです。

CANADA

2020.03.30

ヌーディージーンズ(NUDIE JEANS)
ボトムス
ジーンズ
着こなし・コーデ

体型にフィットする『ヌーディージーンズ』の“細身ジーンズ”で美脚を手に入れよう

2001年にスウェーデンで誕生した『ヌーディージーンズ(Nudie jeans)』。細身のシルエットに定評があり、はけば納得の“美脚”を演出できるジーンズは世界中でヒットしています。

細身に定評があることに加え、同ブランドの特徴はその豊富なバリエーションにあり。同じ細身ジーンズでも、裾に向かって細くなるテーパードやストレート、股上が浅いモノからジャストなタイプなど、幅広く細身のシルエットがラインアップされているのです。自分の気分や体型にぴったりな1本をきっと見つけることができるはず!

まずは押さえておきたい、『ヌーディージーンズ』の代表5モデルをチェック

同ブランドの中で、とくにおすすめしたいのは以下の5モデル。いずれも美しいシルエットと快適なはき心地を兼ね備えた、大人のためのジーンズです。それらをどう着こなすかも合わせてチェックしてみましょう!

モデル1シンフィン(THIN FINN)

『ヌーディージーンズ』のなかでも定番のスリムジーンズ。1950年代のキャロットジーンズを再解釈し、程良くゆとりのあるもも周りから裾へとテーパードさせたシルエットが特徴です。“NARROW LEG OPENING”という表記のとおり、すそ先はやや細めに仕上げられています。

大人の休日カジュアルにもってこいなシンフィン。すっきりとした細身シルエットのジーンズと白ニットでクリーンな着こなしに仕上げています。

シャツにネクタイのドレッシーなスタイルも、きれいなストレートシルエットのシンフィンなら品良くハマります。軽くロールアップした裾からは足首を覗かせて軽快さをプラス。

シンフィンは汎用性の高いモデルゆえに、今どきなストリートスタイルとも好マッチ。ボリューミーなMA-1と美シルエットのシンフィンのメリハリが効いたバランスに注目です。

モデル2タイトロングジョン(TIGHT LONG JOHN)

スーパータイトフィットの同モデルは、股上が浅くすっきりとした仕上がり。もも周りから裾にかけては非常に細身のストレートに仕上げられています。シンフィン同様に足元の裾口も細いため、「とにかくタイトなジーンズが欲しい」という方にはぴったりのモデルです。

厚手のニットカーデも細身のタイトロングジョンがすっきりと引き締めてスマートな印象に。さりげなく足首がのぞく丈感が下半身をさらに軽やかに見せてくれます。

ブラックのスキニージーンズはどんなコーデにもすんなり馴染み、レッグラインをすらりと見せてくれる万能選手。丈が少々長めでも、袖口が細いのでクシュッと裾をたるませてはけばOKです。

ミリタリージャケットで男らしさを醸しつつ、ブラックのタイトロングジョンとドレスシューズできれいめムードをプラス。裾をロールアップして、抜け感のある軽快なバランスに仕上げています。

モデル3グリムティム(GRIM TIM)

ももから膝にかけてはストレートで、裾先がやや細身に仕上げられているのがグリムティムの特徴です。程良くゆとりのあるシルエットなのでスキニーが苦手な人にもおすすめ。

グリムティムは程良い太さでカジュアルな着こなしにも取り入れやすい1本。こちらはしっかり着込んだアウターをジーンズですっきりと仕上げた好例です。裾をロールアップすることでバランスも調整。

プルオーバーにジーンズを合わせたシンプルなカジュアルコーデ。グリムティムは細身になった裾を多めにロールアップすることで、ゆったりした落ち着きのあるシルエットに。ブラックで統一した小物使いも巧みです。

こなれた色落ち感が印象的なグリムティムを、ベーシックなアイテムで引き立たせたシンプルコーデ。表情豊かなジーンズがコーデに深みを与えています。明るいオレンジのノーカラージャケットがアクセントに。

モデル4リーンディーン(LEAN DEAN)

ストレートとスリムのいいとこ取りなリーンディーン。シンフィン同様、テーパードシルエットですが、シンフィンよりも腰ともも周りにゆとりがあるのが特徴です。「太ももが気になるからタイトなモデルはちょっと……」と細身のジーンズを敬遠されている方におすすめしたい1本です。

スウェットやスニーカーといったシンプルなアイテムが、ジーンズの質の良さを強調。ファー付きの肉厚アウターを羽織ってもリーンディーンのすっきりしたシルエットは健在です。肩肘はらないムードが心地良い、大人の休日コーデ。

適度にゆとりを持たせたリーンディーンはストリートコーデとも好相性。ひざ下をきゅっと絞ったシルエットがボリュームスニーカーを引き立たせ、アクティブなムードに。モノトーンの落ち着いた色みに差し色の赤が効いています。

ナチュラルなトップスにロックテイストなライダース風コートとブーツをチョイス。程良いフィット感のリーンディーンで異なる2つのテイストを自然になじませて、清潔感のあるきれいめコーデにまとめています。

モデル5スリムジム(SLIM JIM)

程良くシェイプされつつも、もも周りからひざ下へとストレートなラインを形成するスリムジム。裾先のみがやや細く仕上げられているので、野暮ったさを感じることはありません。同ブランドならではの洗練されたストレートジーンズは、サイズアップして大人らしいカジュアルスタイルに落とし込むとおしゃれです。

クールなブラックのスリムジムを裾を思いきって切りっぱなしに。男らしいシルエットがアメカジ風の着こなしにマッチしています。絶妙な丈感のカットで足元にもしっかり抜け感を出し、ワンランク上のこなれ感を演出。

白シャツを合わせた爽やかなスタイリング。スリムジムのストレートなシルエットが、悪目立ちせずにコーデの名脇役となっています。

スリムジムはトレンドに左右されないベーシックなデザインも魅力。シンプルなアイテムで構築した着こなしも、シックな大人のムードに格上げしてくれます。薄手のレザージャケットと革靴で渋みもプラス。

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

メンズファッション誌編集長を経て、現在フリーランスエディター/ライター。好きなものは海、雑誌、パン。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人にレコメンド。白Tは肉厚&ビッグシルエットが◎

    大人にレコメンド。白Tは肉厚&ビッグシルエットが◎

    一年を通して活躍するTシャツ。使い勝手のいい白Tであることはマストなのですが、欲をいえばタフに使えておしゃれさも兼ね備えていたい。その“欲”、ぜひかなえましょう。

    伊藤 千尋

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    タックインを極める。おしゃれとダサいのその差とは

    タックインを極める。おしゃれとダサいのその差とは

    旬な着こなしテクといえばタックイン。ですが、一歩間違えると野暮ったく見える危険性も……。どこからおしゃれでどこからダサいのか、そのボーダーラインを知りましょう!

    山崎 サトシ

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

    TASCLAP編集部

    アイテムリスト

    BACK