サイドゴアブーツもレッド・ウィング。力強い足元を演出できる2型をレコメンド

サイドゴアブーツもレッド・ウィング。力強い足元を演出できる2型をレコメンド

ポスト・スニーカーの存在として勢力拡大中のサイドゴアブーツ。みんな大好きな『レッド・ウィング』にも、秀作があることをご存じでしょうか。気になる全貌をチェック!

2022.03.05
SHARE
記事をお気に入り
遠藤 匠

執筆者

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。 記事一覧を見る
...続きを読む

タフに履きこなしたいサイドゴアブーツが、『レッド・ウィング』にあった

タフに履きこなしたいサイドゴアブーツが、『レッド・ウィング』にあった

アルカヤ靴店(928ウイング)

アルカヤ靴店(928ウイング)

お気に入り追加

空前のスニーカーブームに対する反動から盛り上がりを見せるブーツ人気。それをけん引しているのが、折から人気継続中のサイドゴアブーツです。勢力図的には、ドレスライクなスタイルを得意とする英国系ブランド、そして『ブランドストーン』に代表される実用重視系ブランドが多数派の様相を呈している模様。ですが、TASCLAP世代の皆さんならきっと思い入れがあるであろうあのブランド、そう『レッド・ウィング』も足入れする価値のある秀作を手がけているのです。

タフに履きこなしたいサイドゴアブーツが、『レッド・ウィング』にあった 2枚目の画像

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

詳しくは後述しますが、『レッド・ウィング』が手がけているサイドゴアブーツは型数こそ限られるものの、いずれも同社らしいタフな世界観を十分に堪能できる仕上がり。ワークブーツでお世話になっている私たち世代にはたまらないオイルドレザーや代名詞であるトラクション・トレッド・ソールを採用したサイドゴアブーツもあり、絶賛復権中のジーンズやチノ、カーゴパンツといったアメカジ系パンツの相棒にもおあつらえなのです。

レッド・ウィングがやっぱり好きだ。アメカジの定番が、今こそ気になります

スニーカー・シューズ

レッド・ウィングがやっぱり好きだ。アメカジの定番が、今こそ気になります

アメリカンワークブーツのスタンダード『レッド・ウィング』。ブランドの歴史や魅力について読み解きつつ、押さえておいて損のない5種類の定番モデルをご紹介します。

那珂川廣太

2021.11.19

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

スニーカー・シューズ

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

老舗ブーツメーカーとして世界的に名を馳せる『レッド・ウィング』。誰もが通るブランドだからこそ、その着こなし方で差を付けるべきだ。人気の5モデルにフォーカス。

牟田神 佑介

2021.01.05

レザーもラストも異なる、『レッド・ウィング』のサイドゴアブーツ2種を比較

現在、『レッド・ウィング』のサイドゴアブーツの二枚看板を担っているのが、「クラシックチェルシー」と「ミルワン コングレスブーツ」という2型のモデルです。同じサイドゴアというスタイルを体現しているものの、採用しているレザーはもとより木型やソールといった仕様がまったく異なり、靴としての方向性やキャラクターのすみ分けがなされています。どちらかお好みの1足を選ぶためのヒントとして、双方の持ち味を見ていきましょう。

▼モデル1:脱ぎ履き楽々。エイジングも楽しみな「クラシックチェルシー」

▼モデル1:脱ぎ履き楽々。エイジングも楽しみな「クラシックチェルシー」

FIT HOUSE

FIT HOUSE

お気に入り追加

サイドゴアブーツ自体が19世紀のロンドン・チェルシー地区で流行したことにちなみ、英国風のモデル名を冠した本作。ですが、『レッド・ウィング』の十八番であるワークブーツ然とした佇まいはしっかりと生かされています。オイルをたっぷり染み込ませたエボニー・ハーネスレザーは、堅牢にして経年変化の味わい深さも魅力。履き込むほどにブラウンの下地色が表面に浮かび上がり、エイジング好きにはたあまらないヤレ感を楽しめるのです。クッション性に優れるラバーソールや抗菌・防臭効果に富むライニングといった実用性に重きを置いた設計も相まって、足元に力強さをもたらしてくれます。

▼モデル1:脱ぎ履き楽々。エイジングも楽しみな「クラシックチェルシー」 2枚目の画像

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

採用しているラストは、ワークブーツでもお馴染みの“#8”。ぽっこりフォルムのつま先からトゥにかけて程良いボリュームを設けつつ、かかとから履き口に向かって美しく立ち上がるラインの採用より心地良いフィット感を獲得しています。デザイン面においてもこのシルエットは機能しており、武骨さの中に大人らしさも感じさせる足元を印象付けてくれます。

▼モデル1:脱ぎ履き楽々。エイジングも楽しみな「クラシックチェルシー」 3枚目の画像

FLISCO

FLISCO

お気に入り追加

足首に吸い付くようにフィットするシャフト部分は、エラスティックのおかげで締め付け感は一切なし。ヒールのプルストラップがあるおかげで、脱ぎ履きも苦になりません。アッパーに採用したエボニー・ハーネスレザーは非常に肉厚で、2枚の革を貼り合わせた二重構造となっており、ワークブーツに必要不可欠な堅牢性を担保しています。

▼モデル1:脱ぎ履き楽々。エイジングも楽しみな「クラシックチェルシー」 4枚目の画像

FIT HOUSE

FIT HOUSE

お気に入り追加

ワークテイストを感じさせるボリューミーなアウトソールは、中底としてクッション性に優れる“ポロン素材”を用いることで衝撃吸収性を高め、適度な反発力で歩きやすさを向上。抗菌・防臭効果が期待できるエアメッシュをライニングするなど、快適さや清潔感も意識した作り込みがなされています。

▼モデル2:ドレスライク、でもグッとタフな「ミルワン コングレスブーツ」

▼モデル2:ドレスライク、でもグッとタフな「ミルワン コングレスブーツ」

FALCON

FALCON

お気に入り追加

「クラシックチェルシー」と比べるとワーク色控えめで、ドレスライクな足元に導いてくれるのが「ミルワン コングレスブーツ」です。『レッド・ウィング』においては、「キャバリーチャッカ」に代表されるクラシックドレス・ラインの流れを汲むモデル。“コングレス”とは英語で議会を意味し、議員が履くような高級感のある靴というのが名称の由来なのだとか。アッパーは「ベックマンブーツ」でお馴染みのフェザーストーンレザー仕立て。この革は、牛一頭からごく少量しか取れない希少性の高い皮を原皮として使ったオリジナルレザーで、オイルとワックスをたっぷり染み込ませているため独特の透明感を楽しめ、耐久性にも優れています。

▼モデル2:ドレスライク、でもグッとタフな「ミルワン コングレスブーツ」 2枚目の画像

BOOTSMAN 楽天市場店

BOOTSMAN 楽天市場店

お気に入り追加

高さを抑えたトゥ周りからの流れるようなフォルムが、ミルワンラストの持ち味。ラストには2016年にミルスペックのオフィサーシューズ用として開発されたミルワンラストを採用しており、これは1950年代に米国海軍で使われていたネイビーラストをベースに開発されたものなのだとか。なんと、この名称がモデル名にも冠されています。「クラシックチェルシー」と比べてアウトソールのコバの張り出しが抑えられているため、横顔にもシャープさが感じられる点にも注目。サイドゴアの幅も脱ぎ履きのしやすさをスポイルしない範疇で、すっきりとしたフォルムに作り込まれています。

▼モデル2:ドレスライク、でもグッとタフな「ミルワン コングレスブーツ」 3枚目の画像

アースマーケット

アースマーケット

お気に入り追加

アウトソールには、クラシックドレス・ラインの「キャバリーチャッカ」や「ジラードブーツ」と同じ“グロコード・メダリオン・ソール”を採用。「クラシックチェルシー」の“トラクションソール”と比べると厚みがグッと押さえられており、ドレスライクな印象を与える仕上がりです。

▼モデル2:ドレスライク、でもグッとタフな「ミルワン コングレスブーツ」 4枚目の画像

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

高さを押さえた甲部からパンツの裾周りが段差なくつながるようなシルエットゆえ、カジュアル靴でありながらどこか品良く見える足元を演出してくれます。アッパーのフェザーストーンレザーは革自体が非常にきめ細やかで、ケアを怠らなければ履き込むほどに美しいツヤを放ち、スタイリッシュさえ印象付けてくれること請け合いです。

同じ『レッド・ウィング』のサイドゴアでも、短丈派なら「ロメオ」をチェック

同じ『レッド・ウィング』のサイドゴアでも、短丈派なら「ロメオ」をチェック

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

長丈のブーツに苦手意識がある人も抵抗なく履けるモデルとして、「ロメオ」の存在もお忘れなく。本作はブーツではなくポストマンシューズの流れを汲むモデルで、全米の郵便配達員が愛用した「ポストマン・オックスフォード #101」の派生形。レースアップだった仕様を、スリッポンとして履けるサイドゴア仕様に変更したモデルです。アッパーの革も「#101」と同じシャパラルレザーを使用。これはガラスレザーに近い加工レザーで、仕上げ段階で塗り込む塗料により特有のツヤと耐久性を付与したもの。ひものない甲部のすっきりとしたフォルムを、品良く引き立てる効果も発揮します。

同じ『レッド・ウィング』のサイドゴアでも、短丈派なら「ロメオ」をチェック 2枚目の画像

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

アウトソールも、ポストマンシューズ由来のクッションクレープソール仕様。郵便物が満載のバッグを担いで歩く郵便配達員の足への負担を軽減すべく開発されたクッション性自慢のソールゆえ、長時間履いた際の疲れにくさは折り紙付きです。

同じ『レッド・ウィング』のサイドゴアでも、短丈派なら「ロメオ」をチェック 3枚目の画像

GMMSTORE

GMMSTORE

お気に入り追加

サイドゴアならではの品の良さと快適さを享受しつつ、短靴特有の軽快さを味方につけられるのが「ロメオ」の長所。ロールアップしたパンツや9分丈パンツでくるぶし見せして履けば足元に抜け感をもたらせて、特徴的な顔付きもアピールできるとあり一石二鳥です。

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

スニーカー・シューズ

そのデザインに理由あり。ポストマンもやっぱりレッド・ウィング

『レッド・ウィング』と聞くと名作「アイリッシュセッター」や「ベックマン」が思い浮かぶ。だが、「ポストマン」シリーズもまたコアなファンを抱え続ける人気銘柄だ。

牟田神 佑介

2022.03.01

男の相棒。レッド・ウィングのアイリッシュセッターと、今一度向き合う

スニーカー・シューズ

男の相棒。レッド・ウィングのアイリッシュセッターと、今一度向き合う

ワークブーツの永遠の定番『レッド・ウィング』の「アイリッシュセッター」。あまりにも身近であるが故に見落としがちな名作ブーツの魅力を、今一度おさらいしましょう。

那珂川廣太

2022.03.15

永世定番。ベックマンを知らずにレッド・ウィングのブーツは語れない!

スニーカー・シューズ

永世定番。ベックマンを知らずにレッド・ウィングのブーツは語れない!

ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

山崎 サトシ

2022.03.17

メンズブーツブランド厳選20。国内外から名門メーカーばかりを選別

スニーカー・シューズ

メンズブーツブランド厳選20。国内外から名門メーカーばかりを選別

冬。それはブーツが輝きを放つ季節。存在感のある面構えに信頼に足るタフさ。コンフォートシューズばかりがもてはやされる今だからこそ、ブーツを履くことに意味がある。

押条 良太

2021.11.05

サイドゴアブーツが万能すぎ! 男のオンにもオフにも使えるブランドと参考コーデまとめ

スニーカー・シューズ

サイドゴアブーツが万能すぎ! 男のオンにもオフにも使えるブランドと参考コーデまとめ

革靴ならではの上品なルックスと、スリッポンのような着脱の利便性。両者を兼備するサイドゴアブーツの魅力とおすすめブランド、メンズらしい合わせ方をご紹介します。

近間 恭子

2021.12.08

レッド・ウィングはオックスフォードも名靴揃い。鉄板の3モデルを徹底解説

スニーカー・シューズ

レッド・ウィングはオックスフォードも名靴揃い。鉄板の3モデルを徹底解説

ワークブーツブランドを代表する『レッド・ウィング』ですが、オックスフォードと呼ばれる短靴もまた名靴揃いなんです。“らしさ”が息づく定番を見ていきましょう。

遠藤 匠

2022.03.19

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

時刻を知る以上の価値を問いかける、ラドー。最先端素材で追求し続ける腕時計の“美”

腕時計に時刻を知る道具以上の価値を求めるなら、『ラドー』はいかがだろう? 独自のテクノロジーが生み出すデザインは、普遍的な“モノとしての美しさ”を教えてくれる。

SPONSORED by ラドー

続きを読む

あのGA-2100シリーズがさらなる進化。ファッションのプロたちは話題のGショックをどう見るか?

『Gショック』のニュースタンダードとして誕生し、瞬く間に人気モデルとなった「GA-2100」がこの春、さらに進化。その出来栄えをファッションのプロはどう評価するのか?

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

日本の男にはアテッサがある。節目を迎えた名門が提案する、スタイルに効く腕時計

『アテッサ』は35年にわたり、独自のテクノロジーで時代のニーズに応え続けてきた。究極の実用時計は、日本の男たちの腕元に“スタイル”という恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by シチズン時計株式会社

続きを読む

ポール・スミスと考える“腕時計とシャツ”の相性学。初夏コーデに映えるのはこんな4本

好デザインを誇る『ポール・スミス』の腕時計は、この夏人気再燃中のシャツコーデを格上げする最良の一手に。着こなしの魅力をより引き立てる、珠玉の4本をご紹介します!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP