見た目に惚れて味にも惚れる。ORIGAMIはコーヒードリッパー界の人気モノ

見た目に惚れて味にも惚れる。ORIGAMIはコーヒードリッパー界の人気モノ

ここ数年人気を高めている『ORIGAMI(オリガミ)』のコーヒードリッパー。特徴的なフォルムで機能もデザインもハイレベル。魅力からラインアップまで詳しく解説します。

2022.03.09
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。 記事一覧を見る
...続きを読む

競技会の優勝者が愛用。話題を集める『ORIGAMI(オリガミ)』のコーヒードリッパー

競技会の優勝者が愛用。話題を集める『ORIGAMI(オリガミ)』のコーヒードリッパー

TSUJIMOTOcoffee

TSUJIMOTOcoffee

お気に入り追加

最近にわかに人気を集めている『ORIGAMI(オリガミ)』のコーヒー用ドリッパー。愛用している一流バリスタも増えているようです。その存在が注目されるようになったきっかけは、2018年の「Japan Brewers Cup(ジャパンブリューワーズカップ)」。優勝者が『ORIGAMI』のコーヒードリッパーを使っていたことでした。さらに2019年には、「World Brewers Cup(ワールドブリューワーズカップ)」のチャンピオンも使用していたことで、『ORIGAMI』の実力が世界的に認められ、人気が一気に高まったのです。

競技会の優勝者が愛用。話題を集める『ORIGAMI(オリガミ)』のコーヒードリッパー 2枚目の画像

旭珈琲 楽天市場店

旭珈琲 楽天市場店

お気に入り追加

『ORIGAMI』という印象的なブランド名は、折り紙で作ったようなギザギザのフォルムに由来。その独創的な形状がスタイリッシュな印象を感じさせます。しかし前述の通り、人気の理由はデザイン面だけではありません。それ以外にも多々あるので、以下で詳しくご紹介していきましょう。

ORIGAMI コーヒードリッパーが人気を集めている3つの特徴

『ORIGAMI』のコーヒードリッパーが人気となっている理由はいくつかありますが、主なポイントを3つピックアップ。デザインだけでなく機能も優れているからこそ、一過性のブームで終わることなく支持する人が着実に増えているのです。

ポイント1

ギザギザだからこその独特な機能性

ギザギザだからこその独特な機能性

旭珈琲 楽天市場店

旭珈琲 楽天市場店

お気に入り追加

『ORIGAMI』ドリッパーには、20個のリブ(溝)があります。そのギザギザの形状は見た目の個性だけでなく、機能面の個性にも直結。溝によってドリッパーとペーパーの間に生まれる隙間が空気の流れを作り出し、お湯の抜けをスムーズにしてくれるのです。お湯が溜まりにくいからこそ、お湯が抜けるスピードがコントロールしやすくなり、多彩な抽出が可能に。だからこそ、技術の高いバリスタに支持されています。

ポイント2

陶磁器の名産地で生産する高い品質

陶磁器の名産地で生産する高い品質

キッチン雑貨shopガンバレ奥さん

キッチン雑貨shopガンバレ奥さん

お気に入り追加

『ORIGAMI』が製造されているのは、陶磁器の名産地として知られる岐阜県美濃地方。美濃焼で知られるエリアです。伝統的な手仕事と最新設備のテクノロジーを融合させることで、高品質なアイテムの安定供給を可能にしています。コーヒー用のドリッパーは磁器なのに加え、折り紙のように薄い作りも特徴。優れた熱伝導性を実現しています。それに加え、品質が高いだけでなく価格を抑えているのも魅力です。製造元と販売元が同じグループ企業ゆえに中間業者を省略でき、コストカットにつながっています。

ポイント3

全16色もの豊富なカラーバリエーション

全16色もの豊富なカラーバリエーション

キッチン雑貨shopガンバレ奥さん

キッチン雑貨shopガンバレ奥さん

お気に入り追加

製販一体の生産背景がある『ORIGAMI』だからこそ、豊富なカラー展開も実現しています。部屋のインテリアはもちろん、カフェなどの店内にもマッチするカラーが選べるように配慮しているのです。装飾的な要素を省いたミニマルなデザインだからこそ、好きな色が選べる楽しさは大きな魅力。プロダクトの中でもコーヒードリッパーのカラーバリエーションは圧倒的で、全16色ものラインアップを誇っています。

『ORIGAMI』のコーヒードリッパーにはどんな種類がある? サイズと素材に注目しよう

『ORIGAMI』のドリッパーはカラーバリエーションが充実していますが、それだけでなくサイズもSとMの2種類から選ぶことができます。さらに、素材違いのタイプもスタンバイ。アイテムの種類をご紹介しましょう。

アイテム1

主に1人で楽しむならこれ。『ORIGAMI』ドリッパーS

主に1人で楽しむならこれ。『ORIGAMI』ドリッパーS

TSUJIMOTOcoffee

TSUJIMOTOcoffee

お気に入り追加

まずは磁器製ドリッパーのSサイズ。一度に淹れるコーヒーが1~2人分という人にピッタリの大きさです。写真のカラーはホワイトで、大人っぽいモノトーン系では他にブラックとマットグレーも選べます。耐熱温度差は120度で、電子レンジや食洗機にも対応。

アイテム2

複数人分淹れるにはこちらが最適。『ORIGAMI』ドリッパーM

複数人分淹れるにはこちらが最適。『ORIGAMI』ドリッパーM

TSUJIMOTOcoffee

TSUJIMOTOcoffee

お気に入り追加

こちらはドリッパーのMサイズ。2~4人分のコーヒーが淹れられます。このカラーはターコイズで、ブルー系だけでもマットブルー、ネイビーが選択可能です。さらに、レッド、ピンク、マットピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、マットグリーン、パープル、ブラウン、マットベージュも展開。

アイテム3

利便性の高い素材違いも。『ORIGAMI』ドリッパーエアーS

利便性の高い素材違いも。『ORIGAMI』ドリッパーエアーS

TSUJIMOTOcoffee

TSUJIMOTOcoffee

お気に入り追加

『ORIGAMI』では、磁器製だけでなく、AS樹脂製のドリッパーもラインアップしています。軽くて衝撃に強く、持ち運びしやすいのが利点。冷めにくい素材なのでお湯の温度がキープしやすいのもメリットです。こちらもカラーが豊富で、ホワイト、ブラック、マットグレー、マットベージュ、マットグリーン、マットピンクの6色展開。どれも半透明でクリアな質感です。生産数が少なめなので、見つけたら早めに確保することをおすすめします!

『ORIGAMI』のドリッパーには専用フィルターあり。でも、他社製品も使えます

『ORIGAMI』のコーヒードリッパーが持つ特長を最大限に引き出すには、オリジナルの専用フィルターを使うのが最善策です。ただし、条件が合えば他社製のフィルターを使うことも可能。おすすめのフィルターをご紹介します!

フィルター1

間違いないのはやっぱり純正品。『ORIGAMI』ペーパーフィルター

間違いないのはやっぱり純正品。『ORIGAMI』ペーパーフィルター

Eureka

Eureka

お気に入り追加

専用フィルターには「アバカ」が使われています。アバカはマニラ麻とも呼ばれる天然繊維で、通液性が抜群。つまり、『ORIGAMI』ドリッパーの「お湯の抜けが良い」という特性を生かすことができます。また、ドリッパーの形状にフィットするウェーブ型もポイント。お湯がフィルターと触れる面積が大きく、雑味の少ないクリーンなコーヒーに仕上がりやすくなっています。

フィルター2

円すい型ならこちらはいかが? 『カフェック』アバカ コーヒーフィルター

円すい型ならこちらはいかが? 『カフェック』アバカ コーヒーフィルター

FRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店

FRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店

お気に入り追加

『ORIGAMI』のドリッパーは、他社製でもサイズの合った「円すい型」か「ウェーブ型」のフィルターを使うことができます。お馴染み『ハリオ』のV60用フィルターも使用可能ですが、筆者が円すい型でもっともおすすめしたいのがこれ。専用フィルターと同じくアバカが使われているのが特徴です。また、独自の両面クレープ仕様もポイント。一般的なフィルターの紙は片面が押しつぶされてしまっているのですが、このフィルターは特殊な製紙技術によって両面ともシワが残っています。通液性が抜群なのに加え、より多くの微粉を吸着してくれるので、一層クリーンなコーヒーに仕上がります。

フィルター3

同数のリブで相性良し。ウェーブ型なら『カリタ』ウェーブフィルターがおすすめ

同数のリブで相性良し。ウェーブ型なら『カリタ』ウェーブフィルターがおすすめ

コーヒーのコクテール堂

コーヒーのコクテール堂

お気に入り追加

波打つ造形が特徴のウェーブ型フィルターの中でもおすすめのが『カリタ』製。『ORIGAMI』ドリッパーと同じく20個のリブ(溝)があるため、フィットしやすいのが長所です。また、底が平らになっているのも特徴的。コーヒー液が適度に溜まって均一化されるため、お湯の注ぎ方にブレがあっても味が変化しづらくなっています。その一方、底に穴が3つ開いているのもポイント。1か所に集中せず、長時間コーヒーが溜まることを防いでくれます。雑味成分が少なく、味が一定になりやすいので、ハンドドリップコーヒー初心者は、ぜひこのフィルターから使ってみてください。

ドリッパーと一緒に使いたい。『ORIGAMI』のコーヒー関連アイテムをチェック

『ORIGAMI』はドリッパー以外にもいろいろな商品を展開しています。ここでは、ブランドの軸であるコーヒー関連のプロダクトからおすすめ品をピックアップしてご紹介!

アイテム1

『ORIGAMI』ドリッパーホルダー(木製)

『ORIGAMI』ドリッパーホルダー(木製)

お弁当グッズのカラフルボックス

お弁当グッズのカラフルボックス

お気に入り追加

ドリッパーを使う際に欠かせないのが、ドリッパーホルダーです。カップやサーバーの上にホルダーを置き、ドリッパーを固定して使用します。このホルダーは、『ORIGAMI』のコーヒードリッパーならSサイズにもMサイズにも対応。素材はアカシウッドで、温かみを感じさせる質感です。

アイテム2

『ORIGAMI』AS ドリッパーホルダー(樹脂製)

『ORIGAMI』AS ドリッパーホルダー(樹脂製)

美・健・屋

美・健・屋

お気に入り追加

こちらもホルダーですが、素材がAS樹脂。内側の穴がドリッパーのギザギザにフィットする造形になっているので、しっかり固定することができます。同じ樹脂製のドリッパーとセットで使用すると、統一感が生まれておしゃれです。ホルダーのカラバリは両素材とも1色のみ。ドリッパーだけでなくインテリアやキッチンとの相性も考えながら選んでみてください。

アイテム3

『ORIGAMI』キャニスター

『ORIGAMI』キャニスター

京都匙亀

京都匙亀

お気に入り追加

『ORIGAMI』はキャニスターも販売。ドリッパーとお揃いのデザインでコーヒー豆の鮮度をキープしつつ保存することができます。ドリッパーと連動したギザギザな外見が特徴的。カラーも充実していて、ホワイト、ブラック、ターコイズ、イエロー、オレンジの5色展開です。何色か揃え、コーヒー豆を産地や種類でわけて保管すると便利!

アイテム4

『ORIGAMI』アロマコーヒーサーバー

『ORIGAMI』アロマコーヒーサーバー

京都匙亀

京都匙亀

お気に入り追加

コーヒーサーバーも数種類ラインアップしています。どのサーバーもコーヒーのアロマを閉じ込める形状。洗いやすい大きな口径や、液だれしづらい注ぎ口も共通するポイントです。ここでピックアップしたのはスタンダードなタイプで、直線的なボディのフォルムが特徴的。他のサーバーは丸みを帯びたデザインなので、好みに合わせてセレクトしましょう。

アイテム5

『ORIGAMI』6オンスカップ

『ORIGAMI』6オンスカップ

ブランディングコーヒー

ブランディングコーヒー

お気に入り追加

『ORIGAMI』はコーヒー用カップのバリエーションも多彩です。これはカプチーノ用のカップで、適度な厚みが保温性を確保。カップ内部の底までつながるカーブが対流を生み、エスプレッソとミルクがスムーズに混ざり合います。カラー展開が豊富で、ドリッパーと同じ16色から選べるのもポイント。マグカップやラテボウルを含め、サイズ展開も充実しています。

アイテム6

『ORIGAMI』フレーバーカップ 飲み比べセット

『ORIGAMI』フレーバーカップ 飲み比べセット

TSUJIMOTOcoffee

TSUJIMOTOcoffee

お気に入り追加

コーヒーのアロマが楽しめるフレーバーカップも『ORIGAMI』には充実。計算し尽くした形状が香りを閉じ込め、飲み口から広がるフレーバーを楽しむことができます。こちらはフォルムの異なる3タイプのセット。直線的な形状の定番カップに加え、ワイングラスや樽の形をモチーフにしたカップが一挙に揃うので、香りの感じ方や飲みやすさの違いを比べることができます。取っ手がついたアロママグも含め、自分にとってコーヒーが楽しみやすいカップを探してみましょう!

アイテム7

『ORIGAMI』センサリーフレーバーカップ

『ORIGAMI』センサリーフレーバーカップ

美・健・屋

美・健・屋

お気に入り追加

こちらもアロマを引き出すカップ。2019年のワールドブリュワーズカップで優勝したジア・ニン・ドゥ氏との共同開発で生まれたスペシャルな逸品です。ボディの膨らみで液面を広くしつつ、狭まった部分でアロマを閉じ込め、飲む際に最大限の香りが楽しめるように工夫されているのがポイント。カラーはホワイトとピンクの2色展開です。

アイテム8

おうちバリスタ スタート4点セット

おうちバリスタ スタート4点セット

インタークリスティーヌ

インタークリスティーヌ

お気に入り追加

これから『ORIGAMI』のプロダクトを揃えたいなら、エントリーセットなどが便利です。『ORIGAMI』の公式サイトでも「おうちコーヒーセット」が販売されていますが、販売店ならではのセットも狙い目。これは独自の4点セットで、「ドリッパーS」「ドリッパーホルダー」「ペーパーフィルター」「アロマガラスコーヒーサーバー」を一度に揃えることができます。

コーヒードリッパーを選ぶ前に。知っておきたい基礎知識と16のおすすめ

インテリア・雑貨

コーヒードリッパーを選ぶ前に。知っておきたい基礎知識と16のおすすめ

コーヒーがお好きなら、自分らしい味を追求できるハンドドリップで淹れるのがおすすめです。まず確保すべきはコーヒードリッパー。選び方からおすすめ品までを解説します。

平 格彦

2022.06.01

ハリオのV60が“コーヒードリッパー迷子”を救う。プロも惚れ込む魅力とは?

インテリア・雑貨

ハリオのV60が“コーヒードリッパー迷子”を救う。プロも惚れ込む魅力とは?

おいしいドリップコーヒーを淹れられると人気の『ハリオ』の「V60」。日本のみならず、サードウェーブコーヒーの本場アメリカでも支持され、プロも愛用するほどなんです。

近間 恭子

2021.09.23

イームズ夫妻も愛した逸品。ケメックスのコーヒーメーカーは美しくて実用的

インテリア・雑貨

イームズ夫妻も愛した逸品。ケメックスのコーヒーメーカーは美しくて実用的

『ケメックス』のコーヒーメーカーは機能美溢れるルックスが魅力。完成度の高さから、80年も愛され続けています。コーヒーをおいしく淹れられる秘密も含めて徹底解説!

平 格彦

2020.09.10

この記事の掲載アイテム一覧(全14商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ORIGAMI』ドリッパーS
    『ORIGAMI』 ドリッパーS
  • 『ORIGAMI』ドリッパーM
    『ORIGAMI』 ドリッパーM
  • 『ORIGAMI』ドリッパーエアーS
    『ORIGAMI』 ドリッパーエアーS
  • 『ORIGAMI』ペーパーフィルター
    『ORIGAMI』 ペーパーフィルター
  • 『カフェック』アバカ コーヒーフィルター
    『カフェック』 アバカ コーヒーフィルター
  • 『カリタ』ウェーブフィルター 155
    『カリタ』 ウェーブフィルター 155
  • 『ORIGAMI』ドリッパーホルダー(木製)
    『ORIGAMI』 ドリッパーホルダー(木製)
  • 『ORIGAMI』AS ドリッパーホルダー(樹脂製)
    『ORIGAMI』 AS ドリッパーホルダー(樹脂製)
  • 『ORIGAMI』キャニスター
    『ORIGAMI』 キャニスター
  • 『ORIGAMI』アロマコーヒーサーバー
    『ORIGAMI』 アロマコーヒーサーバー
  • 『ORIGAMI』6オンスカップ
    『ORIGAMI』 6オンスカップ
  • 『ORIGAMI』フレーバーカップ 飲み比べセット
    『ORIGAMI』 フレーバーカップ 飲み比べセット
  • 『ORIGAMI』センサリーフレーバーカップ
    『ORIGAMI』 センサリーフレーバーカップ
  • 『ORIGAMI』おうちバリスタ スタート4点セット
    『ORIGAMI』 おうちバリスタ スタート4点セット

掲載アイテムをもっと見る(2商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

日本の男にはアテッサがある。節目を迎えた名門が提案する、スタイルに効く腕時計

『アテッサ』は35年にわたり、独自のテクノロジーで時代のニーズに応え続けてきた。究極の実用時計は、日本の男たちの腕元に“スタイル”という恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by シチズン時計株式会社

続きを読む

時刻を知る以上の価値を問いかける、ラドー。最先端素材で追求し続ける腕時計の“美”

腕時計に時刻を知る道具以上の価値を求めるなら、『ラドー』はいかがだろう? 独自のテクノロジーが生み出すデザインは、普遍的な“モノとしての美しさ”を教えてくれる。

SPONSORED by ラドー

続きを読む

ポール・スミスと考える“腕時計とシャツ”の相性学。初夏コーデに映えるのはこんな4本

好デザインを誇る『ポール・スミス』の腕時計は、この夏人気再燃中のシャツコーデを格上げする最良の一手に。着こなしの魅力をより引き立てる、珠玉の4本をご紹介します!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

あのGA-2100シリーズがさらなる進化。ファッションのプロたちは話題のGショックをどう見るか?

『Gショック』のニュースタンダードとして誕生し、瞬く間に人気モデルとなった「GA-2100」がこの春、さらに進化。その出来栄えをファッションのプロはどう評価するのか?

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP