これぞ“おしゃれ”の宝庫。新生ナノ・ユニバースを、モデル2人が着こなしたら【動画アリ】

これぞ“おしゃれ”の宝庫。新生ナノ・ユニバースを、モデル2人が着こなしたら【動画アリ】

この春リブランディングを開始した『ナノ・ユニバース』を、人気モデルが訪問。その“今”を探りつつ、注目アイテムによるセルフコーデもお披露目していきます。

2022.04.11
SHARE
記事をお気に入り
TASCLAP編集部

執筆者

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。 記事一覧を見る
...続きを読む

今春、変化を始めた『ナノ・ユニバース』。仲良しモデルが話を聞きに行ってみた

今春、変化を始めた『ナノ・ユニバース』。仲良しモデルが話を聞きに行ってみた

1999年にデビューして以来、これまで20年以上にわたりファッションシーンを第一線でけん引している『ナノ・ユニバース』。そんなセレクトショップ界の雄が2022年3月より大規模なリブランディングを開始し、各所で話題をさらっています。はたしてどのような変化を遂げたのかいち早く体感すべく、TASCLAPでも人気のモデル、ショーゴ&呉山賢治が『ナノ・ユニバース』のプレスルームを訪問! 同じモデルエージェンシー「VELBED.」に籍を置き、仕事はもちろんプライベートでも仲の良い2人が感じた『ナノ・ユニバース』の“今”とは?

“マルチレーベル”で再構築。『ナノ・ユニバース』はこう変わった

“マルチレーベル”で再構築。『ナノ・ユニバース』はこう変わった

ショーゴと呉山賢治の2人に新生『ナノ・ユニバース』について教えてくれたのは、関東のエリアマネージャーを経験後、メンズプレスを担当する古山直登さん。「この春『ナノ・ユニバース』は“マルチレーベルストア”としてリブランディングをスタートしました。これからは“LB.01”~“LB.06”まで、それぞれ指針の異なる6つのレーベルを展開していきます」。その中でも主軸となるのは、高級ドレスレーベル“LB.01 Statement(ステートメント)”と、ヴィンテージやワーク、ミリタリーを基盤とした高級カジュアルレーベル“LB.02 Bibliography(ビブリオグラフィー)”。そして、従来の『ナノ・ユニバース』のスタイルをブラッシュアップした“LB.03 Section(セクション)”の3レーベルです。

“マルチレーベル”で再構築。『ナノ・ユニバース』はこう変わった 2枚目の画像

お気に入り追加

“マルチレーベル”で再構築。『ナノ・ユニバース』はこう変わった 3枚目の画像

お気に入り追加

TASCLAPがとりわけフォーカスしたいのは、“LB.01”、“LB.02”のセカンドラインに位置する“LB.03”。「こちらのレーベルは、従来の『ナノ・ユニバース』に1番近い位置付け。これまでのお客様にも手に取っていただきやすくなっていると思います」。以前より追求してきたベーシックや機能性という要素を踏まえつつ、細部をよりファッショナブルにアップデートしているのがこの“LB.03 Section”の大きな魅力。プライス面において、TASCLAP世代にうれしいレンジを実現しているのもうれしいですね。これまで仕事に私生活にと濃く深く『ナノ・ユニバース』に触れてきたショーゴと呉山賢治にとっても、身近な存在となりそうです。

あなたはどちら派? 新レーベルで作る、洒落者2人の春コーデ対決!

主要レーベルの新作を一通り見ていたモデルたちに、プレスの古山さんからコーデバトルの提案が! 洒落者で知られるショーゴと呉山賢治は、“LB.03 Section”からいったいどのようなアイテムを選び、コーディネートを組むのでしょうか。

なお、今回の訪問の様子はYouTube「TASCLAP CHANNEL」にて絶賛公開中です! 新生『ナノ・ユニバース』についてのより詳しい解説はもちろんのことモデル同士の息の合った掛け合い、スタイリングに試行錯誤する様子も垣間見ることができますよ。ぜひ記事と合わせてチェックしてみてください。では、続いて動画には収まりきらなかったアイテム詳細や着こなしのポイントをショーゴと呉山賢治の順に見ていきましょう!

▼ショーゴの着こなし: デニムセットアップを軸とした、男気溢れるレイヤードコーデ

▼ショーゴの着こなし: デニムセットアップを軸とした、男気溢れるレイヤードコーデ

▼ショーゴの着こなし: デニムセットアップを軸とした、男気溢れるレイヤードコーデ 2枚目の画像

「見てすぐに気に入った、『ラングラー』の別注デニムセットアップを軸にコーデを組んでみました。ワークやミリタリーっぽいテイストでまとめたかったので、アウターには『バブアー』別注のジャケットを合わせています」とショーゴ。インナーに爽やかなボーダーカットソーをチョイスし、上手くアク抜きしているのも技ありポイント。サイズバランスは全体的にゆったりめで、ほんのりとリラックス感も漂わせます。「ハリウッドスター(!?)みたいでかっこいい!」とライバルの呉山賢治も大絶賛!

着用アイテム1

『バブアー』別注オーバーサイズ ビデイル

『バブアー』別注オーバーサイズ ビデイル

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

1980年に乗馬用コートとして登場した名作「ビデイル」に『ナノ・ユニバース』が別注。トレンドを意識したオーバーシルエットにリサイズしており、厚手のインナーともレイヤードしやすくなっています。また、ポケット部分の配色を切り替えるなど、遊び心溢れるデザインアプローチも◎。素材はストーンバイオ加工を施したコットンポリエステルで、最初から着慣れた風合いを楽しめます。

着用アイテム2

『ラングラー』別注27MW

『ラングラー』別注27MW

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

名門アメカジブランド『ラングラー』とのジョイントワーク。同ブランドの誇る定番ウエスタンシャツ「27MW」を基盤として、現代的なリラックスフィットへと昇華しています。カラーはインディゴとオフホワイトの2色展開となり、インディゴは10オンス、オフホワイトは8.5オンスのデニム生地を使用。胸元にはお馴染みの“W”ステッチが入り、アクセントとなっています。着用による今後のエイジングも楽しみ!

着用アイテム3

『ラングラー』別注JEAN

『ラングラー』別注JEAN

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

上の「27MW」とセットアップで着用できる別注ジーンズ。タックを入れて腰周り~ワタリをゆったりとさせる一方、膝下はシュッと絞りを効かせてメリハリの良いワイドテーパードシルエットを作り出しています。なお、素材にはライトタッチな10オンスデニムを採用。サラッとした風合いなので、春夏でもコンフォートに足を通すことが可能です。

▼呉山賢治の着こなし:トラッドを意識しつつ、今季的なリラックススタイルを実現

▼呉山賢治の着こなし:トラッドを意識しつつ、今季的なリラックススタイルを実現

▼呉山賢治の着こなし:トラッドを意識しつつ、今季的なリラックススタイルを実現 2枚目の画像

「ニットポロをインして春らしいトラッドさを出しながら、太めのシルエットで楽ちんに仕上げてみました。あと、このポロシャツは胸元にボタンがないのが良いんですよね。せっかく体を鍛えているので、やっぱりちょっとアピールしたいんです(笑)」。全体をモノトーンカラーでシックにまとめながら、足元の白スニーカーでさりげなくトーンアップしているのも◎。「賢治はいつも細身が多いけど、こういうワイドなパンツも似合うね」と、ショーゴからの評価も上々です。

着用アイテム1

2WAYモッズコート

2WAYモッズコート

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

一見するとシンプルなモッズコートですが、実はボディの下部がデタッチャブルとなった2WAY仕様。あるときはコート、そしてまたあるときは下部を取り外してブルゾンと、その日の気分やコーディネートに応じてスタイルをシフトできます。素材にはサラッと軽やかなコットンナイロン素材をチョイスしていて、快適さも申し分ありません。

着用アイテム2

ミックスヤーンスキッパーニットポロ

ミックスヤーンスキッパーニットポロ

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

スポーツアイテムの代表格たるポロシャツながら、上品なニット素材だとご覧の通りトラディショナルな雰囲気に仕上がります。3色のコットン糸を組み合わせて、深みと奥行きのある表情に仕上げているのもこだわりポイントです。さらに生地は適度なシャリ感があるため、不快なベタつき感とは無縁。ボタンを省いた洒脱なスキッパーデザインも涼しげな印象をアシストします。

着用アイテム3

ワンタックデニムパンツ

ワンタックデニムパンツ

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

ウエストのワンタックや前身頃のセンタークリースによって、まるでスラックスのようなムードを纏わせた1本。ラフなアメカジコーデ~上品なトラッドスタイルまで、幅広いテイストをカバーしてくれる好アイテムです。そのうえ、ウエストゴムによってデニムでありながらルームウェア級のコンフォートさを実現しているのもうれしい限り。7回染めによる“特濃”なインディゴカラーも見どころで、はき込むと美しいブルーへと育っていきます。

『ナノ・ユニバース』の新作を取り入れつつ、それぞれアプローチやテイストの異なるスタイリングを披露してくれたショーゴ&呉山賢治。ご覧の通りどちらも素敵なコーディネートのためTASCLAP読者諸兄の中でも票が割れるところでしょうが、果たしてプレス・古山さんはどちらに軍配を上げたのか。その結果と理由、発表を受けての二人の反応。詳細は、動画本編にてお楽しみください!

どこを切っても新鮮。新しい『ナノ・ユニバース』は、“おしゃれ”の宝庫だ

どこを切っても新鮮。新しい『ナノ・ユニバース』は、“おしゃれ”の宝庫だ

お気に入り追加

どこを切っても新鮮。新しい『ナノ・ユニバース』は、“おしゃれ”の宝庫だ 2枚目の画像

お気に入り追加

まったく新しいマルチレーベルストアへと舵を切った『ナノ・ユニバース』。今回フィーチャーした“LB.03”はもとより、ご紹介しきれなかった“LB.04”~“LB.06”まで新鮮な気持ちで向き合えるアイテムが目白押しで、訪れた2人も終始テンション高く本当の買い物のように楽しんでいるのが印象的でした。劇的な進化、その1歩を踏み出した『ナノ・ユニバース』は、まるで“おしゃれの宝庫”。今後もファッションにおけるさまざまな楽しさを提案を我々にしてくれることでしょう。

--------------------------------------
※掲載の金額はすべて税込み価格です
--------------------------------------

Photo&Movie_Motoyuki Sasaki
Hair&Make_Taichi Yoneo
Model_Shogo、Kenji Kureyama
Text_Satoshi Yamasaki

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP