大人のシャツコーデ23選。人気のデザイン&季節別に見るおしゃれな着こなしテク

大人のシャツコーデ23選。人気のデザイン&季節別に見るおしゃれな着こなしテク

シャツは定番中の定番アイテムだけに、コーディネートがマンネリ気味……という人も多いのでは? そんな悩みを解消すべく、大人流のおしゃれなシャツの着こなしをご紹介。

2022.09.01
SHARE
記事をお気に入り
近間 恭子

執筆者

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。 記事一覧を見る
...続きを読む

ワードローブに必須のシャツ。人気のデザインや季節別にお手本コーデを紹介!

2022.02.02 酒井 翔悟のシャツのスタイリングの1枚目の画像

スタッフスタイリング(アーバンリサーチ)

スタッフスタイリング(アーバンリサーチ)

シーズンを問わず、男性のワードローブに欠かせないシャツ。1枚でもインナーでも活躍するのはもちろん、ときにアウターとしても使える万能アイテムでもあります。改めて気になるのは、シャツをおしゃれに着こなすにはどうしたら良いのかというロジック。そこで今記事では、デザインや季節別のシャツコーデをご紹介。これを見ればスタイリングの幅が広がること請け合いです!

シャツのタイプ別に見る、おしゃれな大人の最新コーデ集

まずはシャツのデザイン別にコーデを見ていきましょう。お馴染みの白シャツからトレンドのオーバーサイズ、アウターとしても使いやすいデニムシャツなどをピックアップ。シャツコーデをおしゃれに見せるヒントもピックアップしてみました。

▼シャツ1:まずは定番。「白シャツ」を使った好印象コーデ

シャツの基本であり、着回し力も抜群に高い白シャツ。それゆえにスタイリングに迷ってしまいますが、基本はシンプルに着こなすのが好印象です。さらに旬のオーバーサイズに仕上げたり、上下のシルエットに強弱をつけたりするなど、さりげないアレンジによりおしゃれ度もグッとアップしますよ。

コーデ1

ゆったりシルエットでシンプルコーデを今っぽく

ゆったりシルエットでシンプルコーデを今っぽく

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

白のボタンダウンシャツに、クリーンなチャコールグレーパンツを合わせたシンプルな着こなし。それでいておしゃれに見えるのは、上下ともにゆったりとしたシルエットに仕上げているから。さらに、両胸のパッチポケット、9分丈に仕上げたワイドパンツなど、各アイテムのディテールにより洒落感を添えています。

コーデ2

洒落感を高める抜群のシルエットバランス

洒落感を高める抜群のシルエットバランス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャストサイズの白シャツとゆったりめのベイカーパンツとのシルエットバランスが絶妙。フロントボタンはすべて留めてきちんと感を、袖口は無造作にまくってこなれ感を演出したところも見逃せません。シャツのボタンをすべて留めつつ、ジャケットやスニーカーは黒をセレクト、スタイリングを適度に引き締めているのもおしゃれに見える秘訣。

コーデ3

カーディガンとの重ね着でリラックス感を強調

カーディガンとの重ね着でリラックス感を強調

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツ×カーディガンのレイヤードは定番ですが、どちらもオーバーサイズにすることで今っぽい表情に。ボトムスもゆるめながらもクリース入りをセレクトし、リラックス感ある着こなしに適度なきちんと感をプラスしています。全体を黒と白のメリハリあるバイカラーで仕上げているのも◎。

大人メンズのための白シャツコーデ学。おしゃれに着こなす3つのヒント

ウェア・コーデ

大人メンズのための白シャツコーデ学。おしゃれに着こなす3つのヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に広がる。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

小林 大甫

2022.09.16

▼シャツ2:旬の「オーバーサイズ」を使った今どきシャツスタイル

引き続きトレンドとなっているオーバーサイズは、オーソドックスなシャツにこそ取り入れるべき。シンプルな着こなしでも一気にあか抜けて、今っぽく仕上げることができるんです。ただ、ボトムスが細身だと今っぽさが半減してしまうので、ボトムスも太めを合わせるのがベスト。

コーデ4

オーバーサイズシャツはボトムスも太めが好バランス

オーバーサイズシャツはボトムスも太めが好バランス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ライトベージュのシンプルなシャツも、オーバーサイズなら今っぽい表情。ボトムスも同様に太めで合わせることで、旬感をさらに増量させています。フロントボタンは止めないラフな着こなしにしていますが、パンツのクリースがアクセントとなり大人に必要なきちんと感も確保。

コーデ5

オーバーサイズも黒ワントーンならすっきり着こなせる

オーバーサイズも黒ワントーンならすっきり着こなせる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツもカーゴパンツも黒をチョイスすることで、オーバーサイズの合わせでも着膨れすることなくすっきりとした印象に。フロントボタンの上部だけ留め、深いグリーンのロンTを挿し色として効かせたテクニックもぜひ参考にしたいところ。足元は白スニーカーで軽やかに!

コーデ6

リラックス感を高めるシャツのこなし方が技アリ

リラックス感を高めるシャツのこなし方が技アリ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フロントボタンの下部2つ留めで、オーバーサイズならではのリラックス感を強調。インナーのTシャツもシャツと同色にすることで、大胆な着こなしながらもリゾートライクに品良く仕上がっています。トップスの雰囲気とマッチする、ワイドシルエットのチノパンというチョイスもおしゃれ。

オーバーサイズシャツが今の気分。推しのブランドとスタイリングのヒント

ウェア・コーデ

オーバーサイズシャツが今の気分。推しのブランドとスタイリングのヒント

シャツを普段使いするなら、今は、サラッと着るだけでキマるオーバーサイズが良い。となれば、ダラっと見せないための選びや着こなしは必須。ここではそのコツを解説!

菊地 亮

2022.09.17

▼シャツ3:「バンドカラーシャツ」でこなれ感満載の着こなしに

襟元がすっきり仕上がり、こなれた雰囲気を醸し出せるのがバンドカラーシャツの良さ。ここではセットアップのインナーとして取り入れたり、アウターとして使ったりと、さまざまな活用法をご紹介。どれも実践しやすくかつおしゃれに見えるので、ぜひ参考にしてみてください。

コーデ7

襟がないだけで、顔周りの印象がが一気にこなれる

襟がないだけで、顔周りの印象がが一気にこなれる

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

繊細なストライプが配されたバンドカラーシャツに、ネイビーのセットアップをスタイリング。ジャケットを脱いでもきちんと感とこなれ感を両得でき、さらにはブルー系で揃えているので爽やかな印象と清潔感も獲得できます。デートなどの休日着としてはもちろん、このコーデならビジネスカジュアルにも対応可能。

コーデ8

バンドカラーシャツの前開きで、大人っぽい抜け感をプラス

バンドカラーシャツの前開きで、大人っぽい抜け感をプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バンドカラーシャツはフロントボタンをすべて留めて着ることが多いですが、夏季はこちらのコーデのようにアウター感覚で取り入れるのもおすすめ。白と茶のニュアンスカラーで構築することで、カジュアルながらもどこか上品さが漂います。サンダルやライトな素材のバッグなど、夏らしい軽快さをプラスする小物使いにも注目を。

コーデ9

男っぽさと今っぽさ、きちんと感を絶妙な塩梅で融合

男っぽさと今っぽさ、きちんと感を絶妙な塩梅で融合

WEAR

WEAR

お気に入り追加

幅も丈もゆったりとした、ビッグシルエットのバンドカラーシャツとジーンズで武骨なシャツコーデを構築。それでいてジーンズがクリース入りで適度にきちんと感を持せているので、大人も実践しやすいはずです。足元はエレガントさ漂う、レザーのスリッポンシューズというバランスも秀逸。

バンドカラーシャツを着こなすために。知っておきたいコーデ術とおすすめ10枚

ウェア・コーデ

バンドカラーシャツを着こなすために。知っておきたいコーデ術とおすすめ10枚

シャツを気軽に楽しむならば、襟元に解放感のあるアイテムが良い。とくればバンドカラーシャツはまさに適役といえる。コーデを成功に導くコツと今選ぶべきアイテムを解説。

TASCLAP編集部

2022.03.10

▼シャツ4:「ストライプシャツ」はスタイリングの挿し柄に最適

着回し力で考えると、シャツは無地が鉄則。しかし、ストライプは柄の中でも取り入れやすく、意外とどんな着こなしにもマッチしてくれます。着こなしがシンプルになりがちなこれからの季節は、挿し柄としても活躍。同時に洗練された雰囲気も演出するので、大人にこそおすすめしたい柄です。

コーデ10

着こなしに抜け感をもたらすテクニックが秀逸

着こなしに抜け感をもたらすテクニックが秀逸

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ライトブルーと白の爽やかなカラーリングで構成した、オーバーサイズのストライプシャツを選択。第1ボタンのみを留めてAラインを構築することで、きちんとした印象をキープしつつもこなれたムードを醸し出しています。ボトムスやシューズは黒でまとめ、このストライプシャツを主役にしているのも◎。

コーデ11

デザイン性のあるストライプシャツなら1枚でも存在感抜群

デザイン性のあるストライプシャツなら1枚でも存在感抜群

WEAR

WEAR

お気に入り追加

柔らかなカラートーンで表現した、極太ストライプのシャツが目を引く着こなし。シャツアウターライクなムードを醸すボックスシルエットにより、すっきりとした腰周りを演出してくれます。ステッチワークが特徴的なワイドシルエットのジーンズとの組み合わせで、今っぽさも演出。

コーデ12

好印象を狙えるおしゃれな配色が魅力のリラックスコーデ

好印象を狙えるおしゃれな配色が魅力のリラックスコーデ

ABAHOUSE ONLINE

ABAHOUSE ONLINE

お気に入り追加

ブルーのストライプシャツと、ホワイトのパンツ。軽やかで品のあるカラーリングが、リラックス感ある着こなしをおしゃれに格上げ。くるぶしを出し、またブラックの革靴をチョイスすることで”すっきり見え”も叶えています。

押さえておきたい定番柄。ストライプシャツのコーデをおしゃれに見せる方法

ウェア・コーデ

押さえておきたい定番柄。ストライプシャツのコーデをおしゃれに見せる方法

定番柄でありながらトレンドとしても注目を浴びるストライプ。シャツで取り入れれば、大人っぽいのに爽やかで個性的なムードが演出可能です。コーデのポイントを徹底解説!

平 格彦

2022.03.31

▼シャツ5:「デニムシャツ」はきれいめに着こなすのが今っぽい

デニムシャツといえば、アメカジなどのカジュアルスタイルに取り入れるのがお決まり。ただ、おしゃれに見せるには意外と難易度が高めなので、大人はスラックスやセットアップなどできれいめに着こなすのがベター。スタイリングは簡単なのに、ワンランク上のおしゃれを演出できますよ。

コーデ13

スラックスとのマッチングが、デニムシャツを品良く着こなす近道

スラックスとのマッチングが、デニムシャツを品良く着こなす近道

WEAR

WEAR

お気に入り追加

味のあるデニムシャツをきれいめに着こなすなら、クリース入りのスラックスを合わせるのが手っ取り早い方法。相反するテイストを組み合わせることで、スタイリッシュな空気まで獲得できるんです。キャップやスニーカーなど、あえてラフな小物を合わせることでスラックスの存在感を強調しているのもポイント。

コーデ14

上品で女性ウケも◎な爽やかなデニムコーデ

上品で女性ウケも◎な爽やかなデニムコーデ

EDIFICE

EDIFICE

お気に入り追加

カッタウェイカラー(襟)という、ドレスシャツに見られるディテールを採用。デニム素材ながら、シャープで洗練された空気を醸し出しています。ボトムスには白のタックパンツをセレクトし、女性ウケも期待できる爽やかなカラーリングを構築。無造作にまくった袖やローファーの採用で、シンプルコーデにこなれ感をプラスしたところも見逃せません。

コーデ15

きれいめセットアップスタイルに、デニムシャツで程良い抜けをプラス

きれいめセットアップスタイルに、デニムシャツで程良い抜けをプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カジュアルなイメージが強いデニムシャツを、セットアップできちんと感ある着こなしに昇華。バンドカラーというのもポイントで、さらにタックアウトすることでビジネススタイルとは一線を画す“遊び”を醸し出しています。すべてネイビー系で揃えることで、知的なムードを漂わせているのもお見事。

季節別に解説。デニムシャツのコーデを洒脱に見せるヒントと着こなし実例24

ウェア・コーデ

季節別に解説。デニムシャツのコーデを洒脱に見せるヒントと着こなし実例24

着回しやすいデニムシャツは、それ1枚でもサマになるのが魅力。よりおしゃれに、こなれ感のあるコーデを導くためのポイントと着こなしの実例をご紹介します。

TASCLAP編集部

2022.09.09

春夏&秋冬。季節別に見る大人のシャツコーデ見本帳

オールシーズンで活躍するアイテムですが、リネンやウールといった季節ごとの素材を使ったシャツも多く展開されています。そこで「春夏」と「秋冬」の季節別にそれぞれのシャツコーデもご紹介。

▼シャツが主役になる「春夏」は、素材感やデザインを楽しむコーデを意識

1枚で着たり、アウター代わりに取り入れたり……。シャツが着こなしのキーアイテムにもなる春夏。そこでリネンシャツや半袖シャツなど使った、おしゃれなコーデ例をピックアップしました。女性ウケも期待できる、清潔感溢れるカラーリングにも注目です。

コーデ1

夏定番のリネンシャツは、やさしげな配色で好印象も取り込む

夏定番のリネンシャツは、やさしげな配色で好印象も取り込む

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

着こなしに清涼感やこなれ感をプラスできる、夏の代表素材ことリネンを使ったシャツ。トップスはブルーのアクセントが入ったベージュのシャツで、柔和で大人っぽいカジュアルなスタイリングに誘導。足首を見せることで軽やかさをプラスしているのも、GOODです。

コーデ2

ライトなカラーリングで、開襟シャツを洗練された印象に

ライトなカラーリングで、開襟シャツを洗練された印象に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今や春夏の定番デザインになっているオープンカラーシャツは、クリース入りのスラックスできれいめに着こなすのが気分。サックスブルーや白、ライトグレーという爽やかなカラーリングで構成しているので、女性ウケの良い好印象なシャツコーデに仕上がります。軽くまくった腕元も、季節感を主張します。

コーデ3

旬のオーバーシルエットで半袖シャツを攻略

旬のオーバーシルエットで半袖シャツを攻略

WEAR

WEAR

お気に入り追加

夏に欠かせないアイテムながら、ともすると野暮ったく見えてしまう半袖シャツ。その攻略法は、彼のように袖口も大きく開いたオーバーサイズをセレクトすることです。さらにボトムスもルーズなシルエットを選ぶと、抜け感のある今どきコーデを手に入れられます。サンダル×ソックスの足元も技ありです。

コーデ4

軽やかなシャンブレーシャツを効かせた、都会派ワークスタイル

軽やかなシャンブレーシャツを効かせた、都会派ワークスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

春夏シャツの代名詞でもあるシャンブレーシャツは、メランジ感のある軽やかな生地感が魅力です。ダブルポケットのワークデザインに合わせて、ボトムスもベイカーパンツをセレクト。一方でクリーンかつ軽やかな配色に仕上げることで男くささを払拭しており、同時に都会的なムードを漂わせています。

▼「秋冬」のシャツコーデは、レイヤードがおしゃれのカギ

コーデュロイやメルトンなど、見た目も暖かな素材を取り入れたくなる秋冬シーズン。アウターとして使えるシャツが多いのも特徴で、おしゃれに見せるには他アイテムとのレイヤードもポイントになってきます。ここでは、TASCLAP世代が真似したくなるレイヤードを実践しているシャツコーデを紹介していきましょう。

コーデ5

コーデュロイシャツとスウェットパンツの絶妙なバランスに注目

コーデュロイシャツとスウェットパンツの絶妙なバランスに注目

WEAR

WEAR

お気に入り追加

落ち着いたグリーンのコーデュロイシャツが、スタイリングの主役。スウェットパンツにはルーズなシルエットを選び、今どきなリラックス感を醸し出すことにも成功しています。第1ボタンを外してインナーの白Tシャツを覗かせるなど、こなれ感を高めるテクニックも秀逸。

コーデ6

表情あるインナーとの重ね着が印象的な、セットアップコーデ

表情あるインナーとの重ね着が印象的な、セットアップコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

厚みのあるニットメルトン生地を使ったCPOシャツとパンツのセットアップに、表情豊かなボアのプルオーバーをイン、とことんウォーミーに振った素材の合わせが、着こなしの鮮度アップに貢献しています。ゆったりめのサイズ感で、今っぽさを味付けしているのも見逃せないポイント。

コーデ7

旬のオーバーサイズで、アメカジスタイルを今どきに昇華

旬のオーバーサイズで、アメカジスタイルを今どきに昇華

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オンブレーチェックのネルシャツをアウター代わりに投入。インナーはパーカー、ボトムスはジーンズというアメカジ色の強いスタイリングですが、すべてオーバーサイズなのでトレンド感も漂います。ニット帽やスニーカーは黒で引き締めているのもGOOD。

コーデ8

秋冬だからこそ実践できるシャツレイヤードが斬新

秋冬だからこそ実践できるシャツレイヤードが斬新

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ウールのCPOシャツとワークシャツのレイヤードが新鮮。ゆったりシルエットでトレンドを意識しつつ、アースカラーで武骨で男っぽい雰囲気を醸し出しているのもおしゃれです。薄レンズのサングラスやハットなど、着こなしの洒落度をさらに高める小物使いもお見事。

シャツはこの13種類を覚えよう。生地&襟型別に特徴と着用シーンを解説

ウェア・コーデ

シャツはこの13種類を覚えよう。生地&襟型別に特徴と着用シーンを解説

オン・オフともに欠かせないアイテムであり、メンズのワードローブに必須のシャツ。生地と襟型にフィーチャーし、それぞれの種類について特徴と着こなし例をご紹介します。

近間 恭子

2022.03.04

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

ウェア・コーデ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

2022.03.14

チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ15ブランド

ウェア・コーデ

チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ15ブランド

チェックシャツといえば日常着における基本の“き”。ただ、その中にも多彩な種類があり、それぞれで持ち味が異なります。その特性と、おすすめブランドをまとめました。

平 格彦

2022.02.10

シャツを使った重ね着でコーデ格上げ。おしゃれに着こなす6つの方法とは

ウェア・コーデ

シャツを使った重ね着でコーデ格上げ。おしゃれに着こなす6つの方法とは

シャツは季節を問わず活躍するアイテムですが、その万能性を最大限に生かすには重ね着をマスターするのが1番。手軽におしゃれに装えるコーデメイク術をご紹介します。

近間 恭子

2022.11.15

迷ったらココが鉄板。メンズカジュアルシャツの人気ブランドリスト20

ウェア・コーデ

迷ったらココが鉄板。メンズカジュアルシャツの人気ブランドリスト20

シーズン不問で活躍するカジュアルシャツは、何枚持っていても困らない有能アイテム。選定時のポイントをご紹介しつつ、今“買い”のメンズブランドをレコメンドします!

山崎 サトシ

2022.09.17

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP