ナイキのワッフルトレーナーで駆け出そう。このレトロさが今また欲しい!

ナイキのワッフルトレーナーで駆け出そう。このレトロさが今また欲しい!

ワッフルアウトソールとクラシックな大きめスウッシュが特徴の『ナイキ』の「ワッフルトレーナー」。レトロなムード漂う1足は大人コーデの足元にもうってつけです。

2022.04.13
SHARE
記事をお気に入り
本間 新

執筆者

本間 新
ファッションを中心に様々な雑誌やWEB媒体で執筆を行っているエディター/ライター。中でもスニーカーに特化し、年間400本近くのスニーカーレビュー記事を制作している。 記事一覧を見る
...続きを読む

『ナイキ』の超名作「ワッフルトレーナー」。その歴史を知る

『ナイキ』の超名作「ワッフルトレーナー」。その歴史を知る

セレクトショップFrenz

セレクトショップFrenz

お気に入り追加

1974年当時のジョギングブームが到来したアメリカで、『ナイキ』からトレーニングシューズとしてリリースされたシューズ「ワッフルトレーナー」。『ナイキ』の創設メンバー1人であるデザイナーのビル・バウワーマン氏が洋菓子のワッフルを焼く型の形状から着想を得たという、四角形のラグを碁盤の目状に配置したトレッドパターンのアウトソール「ワッフルソール」を「ワッフルトレーナー」に初めて搭載しました。

『ナイキ』の超名作「ワッフルトレーナー」。その歴史を知る 2枚目の画像

セレクトショップFrenz

セレクトショップFrenz

お気に入り追加

その後もワッフルソールは「LDV」や「チャレンジャー」など、『ナイキ』が過去にリリースした名ランニングシューズにはもちろん、現在も「エア マックス」シリーズに採用され続け、『ナイキ』を象徴するディテールの1つとなっています。そして70年代当時は、トレーニングシューズをタウンユースとして着用するニーズが高まってきた時期でもあったため、そのニーズに一層応えられるよう、軽快でスタイリッシュなカラーリングが取り入れられていたのも特徴です。いわば今の『ナイキ』がそうであるように、スポーツとファッションが融合する先駆けとなったシューズといえるでしょう。

ナイキのスニーカー34選。新作と人気作、コラボモデルからおすすめを厳選!

スニーカー・シューズ

ナイキのスニーカー34選。新作と人気作、コラボモデルからおすすめを厳選!

老若男女を問わず、多くのフォロワーを獲得し続けている『ナイキ』のスニーカー。最新モデルからコラボまで、今入手できるラインアップから20モデルを厳選してご紹介!

本間 新

2022.01.08

ナイキのランニングシューズ、レベル別早見表

スニーカー・シューズ

ナイキのランニングシューズ、レベル別早見表

他ブランドを圧倒するほどの性能と人気を獲得している『ナイキ』のランニングシューズ。話題の厚底シューズからファッション性も高いデザインまで注目モデルを披露します!

山崎 サトシ

2018.08.01

現在は「ワッフルトレーナー」の復刻モデルが『ナイキ』から続々リリース

現在は「ワッフルトレーナー」の復刻モデルが『ナイキ』から続々リリース

セレクトショップFrenz

セレクトショップFrenz

お気に入り追加

「ワッフルトレーナー」は、ワッフルソールの優れたグリップ力のほか、レトロなディテール使いやスマートなフォルムで絶大な人気を獲得。現在リリースされている復刻モデルの多くが「ワッフルトレーナー2」で、当時のカラーリングや素材を忠実に再現したモデルはもちろん、他モデルのカラーリングを纏ったとアレンジ版も展開されています。

ちなみに「ワッフルトレーナー2」とは、1974年に登場した「ワッフルトレーナー」をベースに、トゥ周りのマッドガードやライナーなどディテールのマイナーチェンジを繰り返して、1977年にリリースされたモデルのことです。

『ナイキ』のワッフルトレーナーといえばココ。3つの特徴をクローズアップ

ワッフルトレーナーを特徴付けるポイントは3つ。現代にも受け継がれているアウトソールをはじめ、70年代ならではのクラシックなディテール使いが魅力的な一足です。

特徴1

碁盤の目状にラグを敷き詰めたワッフルソールを搭載

碁盤の目状にラグを敷き詰めたワッフルソールを搭載

シューズナッツ

シューズナッツ

お気に入り追加

「ワッフルトレーナー」というモデル名にも由来する最大の特徴といえるのが「ワッフルアウトソール」。これは、四角形のラグを碁盤の目状に配置してトレッドパターンを形成したアウトソールです。先述のようにデザイナーのビル・バウワーマン氏が、洋菓子のワッフルを焼く型の形状から着想を得たもので、『ナイキ』のスニーカーにおけるアイコニックなディテールのひとつとなっています。

特徴2

クラシック感を盛り上げる、フォームが露出したシュータン

クラシック感を盛り上げる、フォームが露出したシュータン

SELECT SHOP LOWTEX

SELECT SHOP LOWTEX

お気に入り追加

『ナイキ』のクラシックモデルで多く見られるのが、フォームが剥き出しになったシュータン。クラシックな雰囲気を再現するのに欠かせないディテールの1つです。また柔らかく心地良い肌触りも魅力です。

特徴3

大きめのスウッシュで70年代の雰囲気を再現

大きめのスウッシュで70年代の雰囲気を再現

スニケス

スニケス

お気に入り追加

『ナイキ』のスニーカーの時代によって異なるディテールの1つといえるのが、スウッシュの大きさです。70~80年代にかけては「ブレーザー」をはじめとした大きめがメインで、90年~2000年代にかけてはジュエルスウッシュに代表される小さめが主流、と大きく分類されます。70年代にリリースされた「ワッフルトレーナー」においては、もちろん大きめなスウッシュを採用。『ナイキ』という存在感を前面に押し出しています。

購入する前に確認を。気になる「ワッフルトレーナー」のサイズ感

購入する前に確認を。気になる「ワッフルトレーナー」のサイズ感

EST premium

EST premium

お気に入り追加

1970年代にランニングのトレーニングシューズとしてリリースされた「ワッフルトレーナー」は、足にピッタリとフィットするよう設計された当時のシルエットを再現しているので、若干小さめの作りとなっています。そのため、選ぶ際にはハーフインチ大きめを狙うのがベター。より快適な履き心地のためにインソールの追加を考慮するなら、1インチアップもおすすめです。

今買える! 『ナイキ』「ワッフルトレーナー」のラインアップをチェック

現在のスニーカー市場で「ワッフルトレーナー」のメインとなるのが「ワッフルトレーナー2」の復刻モデル。その中から今おすすめしたい旬な素材使い&カラーリングの秀逸モデルを一挙ご紹介します!

アイテム1

ワッフル トレーナー 2

ワッフル トレーナー 2

山男footgear

山男footgear

お気に入り追加

ホワイトをメインにモノトーンでまとめてクリーンな雰囲気へと仕上げられたこちら。きめの細やかなナイロンをメインにマッドガードやアイレットなどのディテールをスエードで構成し、レトロなテイストと優れた耐久性を兼ね備えています。シュータンのフォームがうっすら透けて見えて、さりげないアクセントに機能しているのもポイントです。

アイテム2

ワッフル トレーナー 2

ワッフル トレーナー 2

EST premium

EST premium

お気に入り追加

オリジナルのシルエットやフォルムを継承しながら、素材使いやディテール使いで巧みにアレンジ。アッパーはインレイ&オーバーレイともにスエードを採用しており、クラシックで落ち着きのあるテイストへとクラスアップ。そして注目すべきはフロントのマッドガードです。サイドにモデル名を略した「WT-II」の文字を刻み、その存在感をアピールしています。

アイテム3

ナイキ ワッフル トレーナー 2 SD

ナイキ ワッフル トレーナー 2 SD

シューズナッツ

シューズナッツ

お気に入り追加

アメリカ人の偉大な登山家であるジョン・ロスケリー氏とリック・リッジウェイ氏が山への行き帰り用のアプローチシューズとして着用していた『ナイキ』の「LDV」。こちらはそんな歴史を讃えて「ワッフルトレーナー2」を「LDV」のカラーリングでアレンジしたものです。さらにヒールにあしらわれた難峰「k2」を連想させるディテール使いもポイントで、かつての偉業をオマージュした1足へと仕上げられています。

アイテム4

ナイキ ワッフル トレーナー 2

ナイキ ワッフル トレーナー 2

スニケス

スニケス

お気に入り追加

トレーニングシューズをタウンユースとして履き始めた1970年代後半、ジーンズやチノパンなどカジュアルスタイルにも取り入れやすいようリリースされたカラーリングを復刻したのがこちら。ブルー×ユニバーシティゴールドの絶妙なカラーバランスは世界中で絶大な支持を獲得し、後に「ダンク」など『ナイキ』を代表するさまざまなモデルでも採用されています。

アイテム5

ナイキ ワッフル トレーナー 2 SP

ナイキ ワッフル トレーナー 2 SP

セレクトショップFrenz

セレクトショップFrenz

お気に入り追加

鮮やかなブルーと、ビビッドなレッドのオーバーレイによるコンビネーションアッパーがインパクト大。フォルムやディテール使いはオリジナルを忠実に再現しながら、遊び心の溢れる色使いが魅力的です。さらに注目すべきはスウッシュとヒール。ツヤやかなシルバーグレーで飾ってアクセントに機能させているほか、リフレクターとしての機能も。

大人コーデにレトロなスパイスを。ワッフルトレーナーを取り入れたコーデサンプル

シンプルかつクラシックなルックスが魅力的な「ワッフルトレーナー」。普段のコーディネートをより洗練された雰囲気へと導くのに最適です。

コーデ1

シンプルなフォルムとカラーで大人コーデに格上げ

シンプルなフォルムとカラーで大人コーデに格上げ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オーバーサイズのミリタリーコートにカモフラージュパンツを合わせたワイルドなコーディネートは、シューズでバランスをキープするのが◎。モノトーンで統一されたシンプルな「ワッフルトレーナー」はスタイリッシュな足元を演出してくれます。

コーデ2

レトロなカラーリングを効かせた好例

レトロなカラーリングを効かせた好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カラフルな配色が揃う「ワッフルトレーナー」だからこそ、ポップなカラーを挿し色として取り入れたいところ。こちらはセットアップスタイルにイエローを効かせた好例。インナーのプリントでもイエローを拾ったさりげない色合わせにも注目です。

コーデ3

スポーティな足元で武骨なセットアップに新鮮さをプラス

スポーティな足元で武骨なセットアップに新鮮さをプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウトドアテイスト漂うカジュアルセットアップが主役。スポーティでスマートなシルエットの「ワッフルトレーナー」が、武骨な装いに新鮮さと洗練された雰囲気を加えています。

コーデ4

カジュアルなジャケパンスタイルにもフィット

カジュアルなジャケパンスタイルにもフィット

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スマートなフォルムの「ワッフルトレーナー」ゆえに、細身のボトムスともバランス良くキマります。きれいめなジャケパンスタイルとも難なくマッチし、軽快に仕上がります。

レトランのど真ん中。ナイキのチャレンジャーに、改めてチャレンジ

スニーカー・シューズ

レトランのど真ん中。ナイキのチャレンジャーに、改めてチャレンジ

ストリートを再席巻しそうなレトロランニングスニーカーの代表格『ナイキ』の「チャレンジャー」。その優れたデザインを改めて検証しつつ、注目モデルを一気に披露します!

本間 新

2021.06.28

ナイキといえばこれ。エアフォース1って今、どうなってるの?

スニーカー・シューズ

ナイキといえばこれ。エアフォース1って今、どうなってるの?

我々にとっての鉄板スニーカーといえば『ナイキ』の「エアフォース1」! 同モデルを改めて振り返りつつ、環境配慮モデルも含めた幅広いバリエーションをご紹介します。

本間 新

2021.05.21

“エア以前”の人気者。ナイキのブレーザーが、ファッション的に気分です

スニーカー・シューズ

“エア以前”の人気者。ナイキのブレーザーが、ファッション的に気分です

復刻からエシカル系、今のシーンをけん引するハイテクモデルまで幅広く揃う『ナイキ』の「ブレーザー」。その魅力を読み解きつつ、ホットなモデルを一挙に披露します!

本間 新

2021.04.11

レトロな雰囲気がドンズバ。ナイキのコルテッツが今の気分にハマる!

スニーカー・シューズ

レトロな雰囲気がドンズバ。ナイキのコルテッツが今の気分にハマる!

『ナイキ』のコルテッツが、最近また注目の的に。その理由をひも解きながら、おすすめモデルからコーデまでコルテッツの良さを深掘りします。

近間 恭子

2021.02.12

エアヴェイパーマックス最新ガイド。ナイキエアの注目作8選

スニーカー・シューズ

エアヴェイパーマックス最新ガイド。ナイキエアの注目作8選

2017年の登場以来、『ナイキ』の象徴・エアマックス ファミリー屈指の人気を誇る「エア ヴェイパーマックス」。コーデ例とラインアップの視点からその魅力を掘り下げよう。

TOMMY

2020.11.17

何が人気? 新作は?? 定番スニーカーブランドからおすすめ30モデルを厳選

スニーカー・シューズ

何が人気? 新作は?? 定番スニーカーブランドからおすすめ30モデルを厳選

スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作や注目作も合わせてご紹介します。10ブランド、全30モデルは必見!

TASCLAP編集部

2022.09.08

この記事の掲載アイテム一覧(全5商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ナイキ』ワッフル トレーナー 2
    『ナイキ』 ワッフル トレーナー 2
  • 『ナイキ』ワッフル トレーナー 2
    『ナイキ』 ワッフル トレーナー 2
  • 『ナイキ』ナイキ ワッフル トレーナー 2 SD
    『ナイキ』 ナイキ ワッフル トレーナー 2 SD
  • 『ナイキ』ナイキ ワッフル トレーナー 2
    『ナイキ』 ナイキ ワッフル トレーナー 2
  • 『ナイキ』ナイキ ワッフル トレーナー 2 SP
    『ナイキ』 ナイキ ワッフル トレーナー 2 SP

掲載アイテムをもっと見る(-7商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP