憧れハイブランドをキャップで。お馴染み20ブランドから選んだおすすめ帽子

憧れハイブランドをキャップで。お馴染み20ブランドから選んだおすすめ帽子

ハイブランドの世界観を気負いなく味方につけられるアイテムのひとつに、キャップがあります。これがあるだけで着こなしの仕上がりが段違いゆえ、持っていて損なしです!

2022.05.04
SHARE
記事をお気に入り
遠藤 匠

執筆者

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。 記事一覧を見る
...続きを読む

手に取りやすいハイブランドアイテム。シンプルコーデをキャップでアゲよう

手に取りやすいハイブランドアイテム。シンプルコーデをキャップでアゲよう

フェルマート

フェルマート

お気に入り追加

小面積なアイテムゆえ、数あるハイブランド製品の中でも気負わず気軽に取り入れられ、さりげないブランドアピールが可能なのがキャップです。ロゴが鎮座していてもこれ見よがしな印象にはならず、比較的お手頃なプライスで手に入れられる点も魅力といえます。また、コーディネートにおいては、これひとつ盛るだけで“Tイチ”や“シャツイチ”といったシンプルな装いを見栄え良く見せることが可能に。着こなしを“仕上げる”アイテムとしても、頼りになる存在なのです。

即戦力の20アイテム。今買えるハイブランドのキャップをレコメンド

ハイブランドがストリートファッションとの距離感を縮めていることもあり、キャップの選択肢はかつてないほど豊富に! 揃い踏みした、格上げ効果絶大なキャップからおすすめをご紹介。

アイテム1

『グッチ』オリジナルGGキャンバス ベースボール キャップ

『グッチ』オリジナルGGキャンバス ベースボール キャップ

ブランドストリートリング

ブランドストリートリング

お気に入り追加

総柄のGGキャンバスの強さが気になる人も、黒キャンバスに同色で柄を編み込んだ本作なら抵抗なく取り入れられるはず。両サイドにはウェブ ストライプのディテールが施されており、横顔でのブランドアピールも可能です。丸みを帯びた6パネルのクラウンが頭部にすっきりとフィットし、長めのブリムの縁に施されてレザートリミングで高級感を印象付けることも。

アイテム2

『ヴァレンティノ ガラヴァーニ』ベースボールキャップ

『ヴァレンティノ ガラヴァーニ』ベースボールキャップ

モダンブルー楽天市場店

モダンブルー楽天市場店

お気に入り追加

被り心地も見た目も爽やかな白メッシュキャップのフロントパネルに鎮座するのは、レインボーカラーに彩られた“VLTN”ロゴ。後頭部のアジャスターは、メッシュキャップにありがちなスナップバックではなく、無段階の調節が可能な面ファスナーにメタルバックルを加えたタイプ。ガンメタル色のバックルにもブランドロゴが刻印されています。

アイテム3

『ヴェトモン』シンク・ディファレントリー・ロゴ・キャップ

『ヴェトモン』シンク・ディファレントリー・ロゴ・キャップ

ブランドプラネット

ブランドプラネット

お気に入り追加

『バレンシアガ』をラグジュアリーストリート路線でブレイクさせた立て役者であるデムナ・ヴァザリア氏が、兄弟で立ち上げた『ヴェトモン』。その世界観を体現する本作は、かつてApple社が打ち出した“THINK DIFFERENT”という広告キャンペーンのパロディとなるロゴデザインが目を引きます。後頭部のアジャスターは、調節しやすい面ファスナータイプ。

アイテム4

『ロエベ』ロゴキャップ

『ロエベ』ロゴキャップ

GRANDE TOKYO

GRANDE TOKYO

お気に入り追加

新生『ロエベ』をけん引するクリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソン氏が、“自然を愛し、活動的な服を着て、地球のあらゆる場所を冒険する男性”を体現するコレクションとして打ち出したのが、「Eye/LOEWE/Nature(アイ/ロエベ/ネイチャー)」。その世界観を体現するロゴを、ビッグサイズの刺繍で施したのが本作です。アジャスターには、アウトドアテイストのフックタイプを採用。

アイテム5

『フェンディ』ブラックナイロン ベースボールキャップ

『フェンディ』ブラックナイロン ベースボールキャップ

ワールドインポート 楽天市場店

ワールドインポート 楽天市場店

お気に入り追加

『フェンディ』のロゴパッチをストリート映えする配色で施した、爽やかな被り心地のナイロンキャップ。6パネルのクラウンは深すぎない設計で、硬めのバイザーがキリッと立ち上がるため、浅被りがよく映えます。クラウンと共地のストラップを用いたアジャスターは、素早い調節が可能な面ファスナータイプ。

アイテム6

『オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー』ベースボールキャップ

『オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー』ベースボールキャップ

ブランド品セレクトショップ MIXON

ブランド品セレクトショップ MIXON

お気に入り追加

斜めに走るストライプを筆頭に、インパクト強めなブランドアイコンが揃う『オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー』。ですが、本作はクラシカルなロゴをあえての極小サイズで施したデザインが新鮮さのアピールに一役買ってくれます。クラウンとブリムは、ワーク系のカバーオールに使われるような打ち込みの強いダック地仕立て。ちょっとした汚れやほつれさえ、味として楽しめそうです。

アイテム7

『セリーヌ』イニシャル スナップバックキャップ

『セリーヌ』イニシャル スナップバックキャップ

インポートセレクト musee

インポートセレクト musee

お気に入り追加

エディ・スリマン氏のクリエイティブディレクター就任後、2019年SSシーズンより打ち出したミニマルな書体のブランドロゴが浸透中の『セリーヌ』。ですが、街でのカブりを防いで違いを印象付けるなら、新作キャップで打ち出したこちらのイニシャルロゴがおすすめです。ロゴ自体はプリントでも刺繍でもなく、スタジャン風のパイルワッペンでアメリカンテイストを付与しています。

アイテム8

『プラダ』リナイロン ベースボールキャップ

『プラダ』リナイロン ベースボールキャップ

AXES(アクセス)楽天市場店

AXES(アクセス)楽天市場店

お気に入り追加

世代を超えた認知度を誇るアイコンへと復活を遂げた、『プラダ』のトライアングルロゴ。それをフロントではなく、横顔でさりげなく主張できるのが本作です。採用した生地は、海で回収されたプラスチック、漁網などのリサイクル素材。Re-Nylon(リナイロン)と呼ばれるこの再生ナイロンも、現在の『プラダ』のモノ作りに欠かせない存在となっています。

アイテム9

『ジバンシー』ベースボールキャップ

『ジバンシー』ベースボールキャップ

フェルマート

フェルマート

お気に入り追加

ストリートウェアブランドの『アリクス』を立ち上げたマシュー・ウィリアムズ氏をクリエイティブディレクターに招聘し、新しい魅力を放っている『ジバンシー』。メンズにおいては、コレクションの大半がブラックを基調にしたスタイルが特徴的です。ミニマルに徹したこのロゴキャップにも、その洗練された世界観を体現。アジャスターは、アメカジやストリートテイストの付与にもうってつけなスナップバック仕様です。

アイテム10

『ポロ ラルフローレン』USAベースボールキャップ

『ポロ ラルフローレン』USAベースボールキャップ

donuts (ドーナッツ)

donuts (ドーナッツ)

お気に入り追加

アイコニックなポニーロゴがワンポイントで鎮座するキャップでお馴染みの『ポロ ラルフローレン』。ですが、製品洗いで味出しされたコットンツイルに星条旗刺繍が映える本作でも、古き良きアメリカのスタイルを体現する同社ならではの世界観を味方につけられます。とはいえポニーロゴがいなくなったわけではなく、左後頭部に刺繍で施されているなど、後ろ姿の見どころの演出にも抜かりなしです。

アイテム11

『モンクレール』ベースボールキャップ

『モンクレール』ベースボールキャップ

drawers(ドロワーズ)

drawers(ドロワーズ)

お気に入り追加

フランスの国鳥である雄鶏をトリコロールカラーで描いた、ダウンジャケットでお馴染みのあのロゴパッチがフロントパネルに鎮座。面ファスナーを採用したアジャスターのストラップには、フルレングス表記のブランド名が刺繍で描かれています。フロントパネルは継ぎ目のない一枚はぎで、頭頂部をダーツで摘むことで美しいシルエットを表現。

アイテム12

『エンポリオ アルマーニ』キャップ

『エンポリオ アルマーニ』キャップ

エクセル ブランドショッピング

エクセル ブランドショッピング

お気に入り追加

『エンポリオ アルマーニ』のアイコンとして知られるイーグルロゴとブリムの縁をリンクさせた配色が、清々しさを放つ本作。クラウン部分はハリとコシのあるコットンキャンバスでしっかりと成形され、ブリムもあらかじめカーブさせてあるので、サッと被るだけでサマになってくれます。

アイテム13

『メゾン マルジェラ』ロゴ刺繍キャップ

『メゾン マルジェラ』ロゴ刺繍キャップ

GLANCEED(グランシード)

GLANCEED(グランシード)

お気に入り追加

ジェットキャップ特有の武骨さを清潔感溢れるアイボリーカラーで中和し、フロントパネルに溶け込む同色ロゴ刺繍で控えめなブランドアピールを可能にしたのがこちら。アジャスター部分は、カチッと着脱できるフック仕様で、アウトドアテイストを加えています。

アイテム14

『バーバリー』ベースボールキャップ ヴィンテージチェック

『バーバリー』ベースボールキャップ ヴィンテージチェック

アメイジングサーカス

アメイジングサーカス

お気に入り追加

ブランドロゴがどこにも施されていなくても、ベージュを基調とした格子柄に赤のオーバーペンが走る“ハウスチェック”を見れば『バーバリー』謹製であることは一目瞭然です。スナップバック仕様のアジャスターは、引っ掛かり部分の突起を誇張したデザインが個性的。後頭部には、“BURBERRY LONDON ENGLAND”というシグネチャーを描いたパッチがアイキャッチとして施されています。

アイテム15

『リプレイ』キャップ ウィズ ビル

『リプレイ』キャップ ウィズ ビル

ストリートファッションMIYOSHIYA

ストリートファッションMIYOSHIYA

お気に入り追加

子供っぽさを打ち消すモノトーンカラーを採用し、フロントパネルのロゴもプリントではなく、立体的なラバーパネルで高級感を印象付けたメッシュキャップ。ガーメントダイや後加工の巧みさに定評のあるブランドだけあって、ブリムの縁やフロントパネルの一部に小面積で施したダメージ加工による味出しも絶妙です。

アイテム16

『エルメス』メンズ キャスケット キャップ ライリー

『エルメス』メンズ キャスケット キャップ ライリー

買付道-JJブランド専科-

買付道-JJブランド専科-

お気に入り追加

『エルメス』メンズ キャスケット キャップ ライリー 2枚目の画像

買付道-JJブランド専科-

買付道-JJブランド専科-

お気に入り追加

綾目がきれいに整ったコットンツイルに、発色抑えめのインディゴ色が品良く映えるロゴキャップ。左前パネルでこれまた上品に主張する“H”刺繍は、よく見ると2色の“H”が重なり合うように描かれ、目を楽しませてくれます。アジャスターには2段階の調節ができるセリエボタンが採用されており、どこかGジャンの腰アジャスターを彷彿とさせるそのスタイルも新鮮です。

アイテム17

『アミ・アレクサンドル・マテュッシ』ロゴキャップ

『アミ・アレクサンドル・マテュッシ』ロゴキャップ

セレクトショップ Diva Closet

セレクトショップ Diva Closet

お気に入り追加

『ディオール』でキャリアをスタートさせたデザイナーのアレクサンドル・マテュッシ氏が立ち上げ、ラグジュアリーストリートシーンにおいても重要な位置付けのブランドとなっている『アミ・アレクサンドル・マテュッシ』。“心の友”を意味するハートロゴが目を引くキャッチーなキャップは、側面に施された大きめのアイレットもブランドの遊び心を体現するディテールとして知られています。

アイテム18

『ベルルッティ』スクリットキャップ

『ベルルッティ』スクリットキャップ

サンエー 世界の一流品

サンエー 世界の一流品

お気に入り追加

『ベルルッティ』を象徴するモチーフのひとつとして知られているのが、18世紀のカリグラフィを着想源とする“スクリット”柄。このモチーフを、ジャカードの織りを屈指して美しい総柄として描き出したのが本作です。鏡面仕上げのバックルを施したレザー製のアジャスターストラップも上質感溢れる仕上がりで、エンボス加工で浮かぶブランドロゴも印象的。

アイテム19

『ブルックスブラザーズ』GFコットンツイル ベースボールキャップ

『ブルックスブラザーズ』GFコットンツイル ベースボールキャップ

SHUFFLE STORE

SHUFFLE STORE

お気に入り追加

マイケル・バスティアン氏の新クリエイティブディレクター就任によって、原点回帰と新しいアメリカンクラシックの提案により注目を浴びている『ブルックスブラザーズ』。全8色のカラバリで展開される本作は、どの色もどこかノスタルジックなスモーキーカラーが絶妙で、フロントパネルの中央に描かれたゴールデンフリースロゴ刺繍のプチサイズ具合も実にさりげなくて大人好みです。

アイテム20

『ジェームスパース』カモフラージュトラッカーキャップ

『ジェームスパース』カモフラージュトラッカーキャップ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

アメリカ西海岸のエフォートレスなライフスタイルを体現する『ジェームスパース』。同社の創業のきっかけは、創業者のジェームス・パース氏が理想的なベースボールキャップが見つからなかったので自作し、それを高級セレクトショップの「マックスフィールド」で販売したことだったのだとか。被ったときのブリムの角度などを計算し尽くしたこのメッシュキャプからは、そんなパース氏のこだわりが感じられます。“YOSEMITE”というロゴは、同社のアウトドドアやフィットネスウェアを扱うラインの名称。

大人はこれを指名買い。メンズキャップの人気13ブランドから25品を厳選

バッグ・ファッション小物

大人はこれを指名買い。メンズキャップの人気13ブランドから25品を厳選

キャップはときにカジュアルコーデと好相性な小物として、ときにきれいめな着こなしのハズし役として重宝。大人メンズによく馴染むブランドとアイテムを選りすぐりました!

TASCLAP編集部

2022.07.08

ベースボールキャップを大人コーデに取り入れよう。おしゃれな被り方とおすすめ20選

バッグ・ファッション小物

ベースボールキャップを大人コーデに取り入れよう。おしゃれな被り方とおすすめ20選

人気再燃中のベースボールキャップ。とはいえ、“やんちゃ”な雰囲気から敬遠してきたという方もいるでしょう。そんなあなたのための選び方&コーデ術をご紹介します。

TASCLAP編集部

2022.07.07

欲しいのは“映える”スニーカー。ハイブランドから厳選した20足をピック

スニーカー・シューズ

欲しいのは“映える”スニーカー。ハイブランドから厳選した20足をピック

ストリートとラグジュアリー、双方の長所をセンス良く味方につけられる秀作が揃い踏みしたハイブランドのスニーカー。足元に違いをもたらす主役感は、やはり魅力的です。

遠藤 匠

2022.03.27

メンズの鉄板ハイブランド20選。これを知っておけばファッション好きの仲間入り

ウェア・コーデ

メンズの鉄板ハイブランド20選。これを知っておけばファッション好きの仲間入り

大人の着こなしの“切り札”といえば、なんといってもハイブランド。1点投入すればスタイリングの印象を一変させるパワーアイテムの存在は、知っておいて損はないだろう。

押条 良太

2022.06.04

春夏はハイブランドのTシャツにお任せ。今検討すべき18枚を厳選

ウェア・コーデ

春夏はハイブランドのTシャツにお任せ。今検討すべき18枚を厳選

身に着けるアイテム数が少なくなる夏。簡単に、かつぶっちぎりにおしゃれになる方法とは? その答えのひとつとなるのが、1枚でコーデがキマるハイブランドTシャツです。

押条 良太

2022.07.26

大人におすすめしたい人気の帽子ブランド20選。未来のお気に入りはここにある!

バッグ・ファッション小物

大人におすすめしたい人気の帽子ブランド20選。未来のお気に入りはここにある!

着こなしを格上げするのに重宝する帽子。どれを選んだら良いかわからない……という人のために、「これさえ押さえておけば大丈夫!」な人気の帽子ブランドをお届けします。

近間 恭子

2022.08.15

この記事の掲載アイテム一覧(全20商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『グッチ』オリジナルGGキャンバス ベースボール キャップ
    『グッチ』 オリジナルGGキャンバス ベースボール キャップ
  • 『ヴァレンティノ ガラヴァーニ』ベースボールキャップ
    『ヴァレンティノ ガラヴァーニ』 ベースボールキャップ
  • 『ヴェトモン』シンク・ディファレントリー・ロゴ・キャップ
    『ヴェトモン』 シンク・ディファレントリー・ロゴ・キャップ
  • 『ロエベ』ロゴキャップ
    『ロエベ』 ロゴキャップ
  • 『フェンディ』ブラックナイロン ベースボールキャップ
    『フェンディ』 ブラックナイロン ベースボールキャップ
  • 『オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー』ベースボールキャップ
    『オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー』 ベースボールキャップ
  • 『セリーヌ』イニシャル スナップバックキャップ
    『セリーヌ』 イニシャル スナップバックキャップ
  • 『プラダ』リナイロン ベースボールキャップ
    『プラダ』 リナイロン ベースボールキャップ
  • 『ジバンシー』ベースボールキャップ
    『ジバンシー』 ベースボールキャップ
  • 『ポロ ラルフローレン』USAベースボールキャップ
    『ポロ ラルフローレン』 USAベースボールキャップ
  • 『モンクレール』ベースボールキャップ
    『モンクレール』 ベースボールキャップ
  • 『エンポリオ アルマーニ』キャップ
    『エンポリオ アルマーニ』 キャップ
  • 『メゾン マルジェラ』ロゴ刺繍キャップ
    『メゾン マルジェラ』 ロゴ刺繍キャップ
  • 『バーバリー』ベースボールキャップ ヴィンテージチェック
    『バーバリー』 ベースボールキャップ ヴィンテージチェック
  • 『リプレイ』キャップ ウィズ ビル
    『リプレイ』 キャップ ウィズ ビル
  • 『エルメス』メンズ キャスケット キャップ ライリー
    『エルメス』 メンズ キャスケット キャップ ライリー
  • 『アミ・アレクサンドル・マテュッシ』ロゴキャップ
    『アミ・アレクサンドル・マテュッシ』 ロゴキャップ
  • 『ベルルッティ』スクリットキャップ
    『ベルルッティ』 スクリットキャップ
  • 『ブルックスブラザーズ』GFコットンツイル ベースボールキャップ
    『ブルックスブラザーズ』 GFコットンツイル ベースボールキャップ
  • 『ジェームスパース』カモフラージュトラッカーキャップ
    『ジェームスパース』 カモフラージュトラッカーキャップ

掲載アイテムをもっと見る(8商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP